恋愛討論掲示板

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:1 現在のレス数:62) → [新規投稿する]
■523 / inTopicNo.61)  ピエロさんへ
  
□投稿者/ おやまあ 2回-(2014/03/15(Sat) 02:55:24) [ID:6u7f3K0N]
    ピエロさん、こんばんは。
    討論するためにというほどの題ではないが、他の人はどう考えるのだろうという
    疑問の呟きへ貴重なレスをありがとうございます。

    確かにピエロさんの日頃からの持論の、「ユーモア」はかなり大切かもしれない。

    僕は敢えて 「他の何は無くとも、最低限、 これさえあったらなんとなかるだろう」
    という「何か」を探るテーマで投稿しました。
    そう厳然と唯一無二の答は無いかもしれませんが、 あらためて考えてみますと、
    「恋人ができない。苦戦している」と言う男女の投稿文からは「ユーモア」だけは
    感じ取れた記憶はありませんね。

    当事者が真剣、必死、悲壮なのは十分に察せるし、実際に深刻に悩んでいる
    からであろうものの、あまりにも暗く重々しい雰囲気のみが伝わってきます。
    本来、色恋は楽しいものなはずです。ありていに言ってSEXだってそうでしょう。
    だから「あの女を口説き落とすのを楽しんじゃおうぜいっ!!」なんて気持ちが
    あってもよろしいのじゃないかと。
    僕はドジな失敗をした時などは 自分で自分へツッコミを入れて思い出し笑いが
    止まらなくなるような性格をしていますし、むしろ、それをネタに雑談して友達が
    爆笑する場面は少なくありません。(笑)

    ところが恋愛相談の片思い男性には、彼女への誘い方や発言に失敗したかと
    思える時に、そりゃもう人生の最大の不祥事でも起こしたように落ち込む様子。
    ああした心持ちでは明日への元気が出ない。
    ピエロさんのユーモア主義とは対極にある姿勢だと思います。


    > 段々大胆になり、隣に座った女性に
    > 「どう?元取った〜?」と、自分でも驚くほどで話しかけたら

    これはレスされてサラッと読めば、それほどだいそれたことだとは感じませんし、
    結果的にどう展開するか、あるいはどう展開させるかはケースによるでしょうが、
    総じて片思い人に典型的な独白からわかることは、この程度の声がけでさえも
    勇気がなくてできない男がほとんどのようです。

    僕には似たような、相通じそうな経験則があります。
    僕は、外国の有名リゾート地の何ヶ所か(おおむね家族連れか、女性同士か
    カップルしかおらず、男同士など滅多に見かけないような)へ 僕1人で仕事の
    出張で出かけたことが何回か。
    もちろん仕事をして会議にもちゃんと出ますが、1日くらいはオフがありますし、
    なにより1人でまともな夕メシを食いたくても苦痛でならなかった。
    だから、よく女の子の2人連れをナンパしました。(笑)
    「こんなとこへ1人で仕事できてて 今日もカッコワルイったらつまらないったら
    ありゃしなかった。もう明日には帰るけど最後の夕食を一緒にしてくれない?
    いいお店へ案内して奢るからさ」だとか、唐突だけど笑顔で正直に。
    これにはスケベ心も半分ありますが、あと半分はまさしく本心そのまま。
    一瞬、目を点にされて観察されましたが、一度も断られたことはありません。
    1対2ですが、とりあえず一夜は本心から楽しんで感謝しつつ もてなしちゃう。
    が、全ケース、狙った1人だけを帰国後の少々のお楽しみへつなげましたね。

    暗く大袈裟に考えず、ダメ元で、結果がまさにダメの場合なら、自分で自分へ
    トホホと苦笑しちゃう気構えで、別に悪いことをしてるのでもない!とも考えて
    堂々と実行したら、「案ずるより産むが易し」なのが僕の経験則です。
    特に旅先、リゾート地では女子の警戒心は緩む傾向ですので・・・
    国内旅行でも、「旅は道連れ」的な接近はハードルが低いかと思っています。
    まったく同じ状況で真似をしろとは言わないけれど、 クソ真面目、生真面目を
    形にしたような表情で礼儀満々のお誘いが最強とは限らない例じゃないかと。


    > 1名前の相性のいい女性から話しかける。
    >  話すと長くなるので割愛しますが、大脳生理学的な
    >  名前の相性があります。

    > 6とにかく笑ってもらう。
    >  そのためにはいろんな人に同じネタで
    >  手応えなどを確認するなど。

    難しいことは知りませんが、僕が高校生の頃から 好きになったりスケベ心を
    感じた女性に共通して多くいた、ある女性名があります。
    ザッと思い出すだけでも、同音異字で5人いたかな。
    (割りと平凡な名なのに、全員の字が違うのがすごい)
    で、同名の女の子に出会って、素直に名前をほめちぎったことがあった。
    「だってもう、○子って名前、大好きなんだも〜ん!!(T_T)」って。
    むちゃくちゃ素っ頓狂。理由もヘッタクレもない。独りよがりのチャラ男の勢い。
    とにかく縁があった名だから思い入れの自己暗示もあり、テンションは本物。
    女性は微笑んでました。はにかんでました。嬉しがってくれました。
    とにかく笑みを浮かべさせたのなら、広い意味で「笑わせた」のうちですよね。

    手前味噌で口幅ったいけれど、 僕が知り合って日が浅めな女性たちに与える
    強い印象の一つには「ギャップ」があるそうです。これはよく言われてきました。
    笑わせようとする言動やハイテンションなギャグでいきなり臨むと、ともすれば
    昨今では「チャラ男?」と評されてしまいそうです。
    しかしながら僕は、めちゃくちゃオモシロイ人でチャラ男としばしば思われた後、
    「こんなにマジメだったの!?」と驚かれがちです。
    逆にクソマジメから入った後、「これほどオモシロイ人だとは知らなかった」とも。

    でも、女性は真面目で誠実な男を好きという重要条件が広まっている割りには、
    初対面に近いカジュアルな場でクソマジメ風、誠実風を演じたところで、一気に
    好印象を与えられたとか一気に打ち解けられたという記憶は、ほとんど無い。
    せいぜい「可も無く 不可も無く」でしょう。
    そして双方ともに「可も無く不可も無く」のかしこまった表情で時間が流れていく
    空気の中で「こんど食事に行きませんか?」とは、とても言い出しにくい。
    なんというか、タイミングってものをつかめないし 成功の見通しも感じ取れない。

    では、まがりなりにも笑わせるか、微笑ませられたらどうか。
    間髪いれずにでも口にしやすいですよね。「ねぇねぇ!食事に行かない?」と。
    「○子って名前、大好きなんだよう〜〜!! あ、そだ!食事に行かない?」と。
    自分でさえ相手がどう応答するか心配するヒマも無いくらい、勢いでいけます。
    こういう場合、ノリというより相手のリラックス感とタイミングこそが必要でしょう。
    優しさだの誠実さだのは、本物であるなら、1回でもデートを実現できた暁には
    感じ取ってもらう過ごし方や会話はいくらでもあるはず。
    ピエロさんの「ユーモア主義」を、必須要素の候補の一つとしたいと思います。


    > ああ、自分に若さがあれば、
    > ダメでもいろんな口説き文句を言ってみたい。

    これは最近、しょっちゅう思っています。(爆)


    > ある意味口説き落とす楽しみってのを
    > 身につけるといいかもしれませんね。

    先述の通り。

引用返信 削除キー/
■522 / inTopicNo.62)  Re[1]: 絶対的、必須要素。「何」なんだ!
□投稿者/ ピエロ 1回-(2014/03/14(Fri) 20:59:21) [ID:mrS6nAnP]
    昔、おっ家内と交際し始めた頃、友達同士でスキーに行きました。
    自分の方はボーゲンからなんとか足がそろえられそうかな〜って
    程度でしたが、彼女の方やそのお友達は結構滑れて、上の方で
    滑っていました。自分は下の方で何度も往復。

    当時はスキー人口が多くてペアリフトの相乗りがざらで、
    老若男女問わず隣に座れば
    「どちらから?」とか
    「スキー始めてどれくらいなんですか?」
    など世間話をして、リフト降りるときには
    「また、一緒にすわったらよろしくお願いします。」
    な〜んてやりとりしていました。

    夕食後、みんなで夜も滑ろうということになり、
    昼間っからそんな会話ばっかりやっていたので、
    段々大胆になり、隣に座った女性に
    「どう?元取った〜?」と、自分でも驚くほどで話しかけたら
    女性二人で来ていて、部屋にはテレビないし
    つまらないのよね〜って話になり、
    誘われているのかも?と思いながらも
    彼女と一緒だったので遊びにも行けず、
    「それじゃぁーつまらないよね〜」と
    かわしてしまいました。

    ・・・某スレについては端から見ておりましたが、
    自分だったらどうするだろう?と思いますが、
    恐らく、
    「おや?今日は天使が参加してもいいんですか?
     え?違う?失礼しました。いや〜見間違えてしまいました。」とか
    そんな「ノリ」で最初はいいのかな〜と思いますね。

    思うに話しかけるときに、鏡じゃ無いけど自分に跳ね返ってくるのかと。

    それと相手を尊重するような言葉の振る舞いも
    余計な選択肢を与えるかと。

    まとめてみると、
    1名前の相性のいい女性から話しかける。
     話すと長くなるので割愛しますが、大脳生理学的な
     名前の相性があります。

    2話しかける立ち位置は「情の空間」の位置で

    3最初は上記のような大げさな冗談めいて話しかける。
     (イメージ的には高田純次くらいのノリで)

    4言葉の語尾に工夫を凝らす。

    5どこかミステリアスな部分がある雰囲気も作る

    6とにかく笑ってもらう。
     そのためにはいろんな人に同じネタで
     手応えなどを確認するなど。

    こんな感じで臨みます。

    ああ、自分に若さがあれば、
    ダメでもいろんな口説き文句を言ってみたい。

    ある意味口説き落とす楽しみってのを
    身につけるといいかもしれませんね。

    以前から恋愛をテニスに例えていますが、
    自分の誠実さをアピールすべく
    彼女に優しいボール、返しやすいボールを打つより、
    ゲームとして楽しいボールのやりとりができるような
    そんな感じでしょうか。

引用返信 削除キー/
■521 / inTopicNo.63)  絶対的、必須要素。「何」なんだ!
□投稿者/ おやまあ 1回-(2014/03/13(Thu) 06:35:58) [ID:6u7f3K0N]
    みんな、どうやって恋人を作り、ひいては結婚してるんだろうか。

    と、こんな突拍子もない興味を抱いたのは、今までも主に30代板ではたびたび
    あったけれど、最近とみに目立つ印象の「出会いの苦労話」に接していたから。
    男女ともに出会いの苦労話はあるけれど、僕は男だから自然と男目線で書く。

    上から目線なニュアンスになる危惧もあるが、他意は無い。
    また現実感を伴うよう、いささか乱暴、がさつな言葉使いもするかもしれないが、
    それも他意は無いのでご容赦。

    社会の変遷の諸事情で結婚がしにくいとか、結婚年齢があがっているといった
    事実はあるが、この際それらは考えに入れず、 「1日でも早く結婚したい!」と
    望んで悲壮なほど努力と苦労をしているのに願いの叶わない人たちについて。

    悲壮な苦労を続けてきた感覚値を誇張して言うきらいもあるだろうが、当事者の
    言葉で聞く限り、500人と会ってもお茶もしてもらえず、1000人にメールをしても
    返事をもらえぬていたらくは、いったい「何」が不足、もしくは欠落している故か?

    個人的に歯に衣を着せずに、はっきり言います。
    確かに その手の人たちとネット上のやり取りを通じて抱く個人的な印象としては、
    ダサい、モサいにーちゃんやオッサンが多い。
    容姿こそ実際に見えないから言及できないが、なにしろ文章も下手、レス者との
    コミュニケーションも一方的だったりピント外れだったり。
    誰もが常識的に「なら、カクカクシカジカじゃない?」と閃くような物事の理屈にも
    いささか鈍い傾向があるし、性格的に難点を感じる人のケースも多々あり。

    しかし、しかしですよ? 言いたいのはココから。

    世の中、ブス女だってブ男だって、けっこう結婚しているものだ。
    皆が皆、おしゃれでもなく、ダサい風体で歩き回っている男や女にも恋人はいる。
    僕は筆マメな方ですし 昔から企画書や上申書、稟議書だのと書類仕事も多くて
    作文には割りと慣れてはいるものの、大多数はそんなに文章書きが上手か?
    20代板の投稿文を読んでいても、少なくとも日本語の基本文法に則ってきちんと
    整って書かれている文章は滅多に無いほどで、誤字・誤用ならゴマンとある。
    それでも今風にメールに没頭し、男友達や女友達の数人は増やしてるのだろう。
    稚拙で幼稚な文章で異性を食事に誘ったりして、少なからず成功してるのだろう。

    学生時代からの友達にでも、「ったく、アイツは鈍いよな!」とからかわれ続ける
    タイプの1人や2人は必ずいました。
    「アイツとはいくら話しても話が通じにくくて、ほんとにイライラするよ!w」 なんて
    奴もたいてい身辺に1人や2人はいたものじゃないですか?
    ソイツらだって、やがては結婚したものだ。
    職場でも見回したら? たいがい実に性格の悪い奴もいるのではないですか?
    殺してやりたいほど性格の歪んでいるアイツも、あの上司も、結婚はしている。

    僕の高校時代からの友達に1人、おそろしくカタブツで女遊びなどにはぜんぜん
    興味を示さない朴念仁がいて 40代なかばまで独身で彼女もいなかったけれど、
    さすがに親やら親戚やらからの圧力とお見合いの強制で、ついには結婚した。
    それは要するにアレでも結婚を承諾してくれる女はいたってことで、その女房は
    お世辞にも美人とは呼べないが、それほどブスというほどでもない。

    身内の例も一つ言うと、僕の従弟の1人は学生の頃から学習障害じゃないかと
    心配されるほどの無口で口下手で、 一生懸命にしゃべってもボソボソと朴訥で、
    30歳過ぎまで彼女どころではなかったが、お見合いしてたいへんに人柄の良い
    嫁さんをもらえた。
    それというのも 従弟は社交性こそ劣って不利だったが、僕が言うのは変だけど
    ものすごく善良で親切で優しい男なんだ。

    翻って、お見合いパーティーや合コンやメル友系での苦闘ぶりをお話してくれる
    男たちは、このご時世でもいちおうちゃんとした会社勤めをなさっているようだし、
    言いたいことの一通りも理解できますし、察せる性格は決して大悪党でもなくて、
    どちらかといえば真面目だろう。なおかつ熱心さだけは人の何倍もある様子。
    従弟の例じゃないが、根がとても善良で親切な人だっていないこともないだろう。
    試行錯誤で接触を図った女性たちの人数たるや、相当数にのぼるのだろう。
    なのに・・・どうして、キッカケの兆しすらも得られないのだろうか????
    いったい、「何」が足りないのだ??


    その「何か」を皆でやり取りして模索するプロセスで、僕は時に違和感を感じる。
    したがって、討論コーナーで直裁に呟いておこうと思った次第。
    彼らは、理由は定かでないにしろ現実として恋愛弱者だ。
    そして藁をもつかみたいかのように助言を求める。
    ところが、こちらは助言という名目で、いくらでもダメ出しをできる。
    往々にしてダメ出しが中心になりがちだ。
    そのダメ出しが、あまりに理想的な「物語」を基準に置いたような、あるいはまた
    脳内で考えただけの抽象的、観念的ダメ出しじゃないか?と思えることがある。

    例えば某スレ主は、メル友系出会いサイトで送ったメール文を披露した。
    僕はそれまでレスの応酬のぶっきらぼうさに接してたものだから、正直なところ
    「ありゃ? ずいぶんと上手なメールを送ったんだね」と驚いた。
    とはいえ、実戦の武器としての評価は「可も無く、不可も無く」だ。
    何故かというと、当該スレのレスにも書いたがメールは減点法で採点されない。
    もしも一定レベルはクリアしていても、50通、100通、200通も受け取る女側では、
    「おお、この男がピンときた!」というのが1通か2通さえあれば、他はあっけなく
    捨てられてしまうのだ。
    これは僕がさんざんメル友遊びをした末の経験則です。
    僕が勝手に作り上げた経験則でなく、50通 100通と受け取っていた側の多くの
    女の子たちから聞かされて納得できた裏事情でもある。
    また僕は、「男たちから来たメール」を大量に読ませてもらった経験もしている。
    ほとんど五十歩 百歩で、件の彼のメールなんか無難に真面目そうで上手な方。
    むしろ出会い系メールは読解力のある人が読むと下心が露骨に見え隠れする。

    ここで僕が言いたいのは、件の彼のメールがあまりにもヘタクソで平板で魅力に
    欠けるが故に返事をもらえなかったのだという 「解答」を押しつけてしまったらば、
    真の「何か」へ近づけなくなるのではないかということ。
    ミス・リードの恐れは無いのか?ということ。
    もっと別の、「何か」が・・・あるのではないだろうか?と。

    複数の女性たちからダメ出しを食らうと、多くの男の心理的ダメージは大きい。
    特に女性特有の潔癖な恋愛観、理想論に基づくダメ出しを食らうと、多くの男が
    ミス・リードされやすいと僕は思っている。
    僕個人は、世の中の色恋と男女関係の実態は、建前論や理想論からは大幅に
    乖離しているものだとの体験的持論を持っているもので、上記の危惧は尚更だ。


    ぶっちゃけ メル友系で遊び気分にせよ真面目気分にせよ、なにはともあれ女を
    捕まえようと目論むなら、とりあえず手当たり次第に何通でも送信する気合いが
    無い限りは、男では1年かかったっておそらく芽は出ない。
    映画、音楽、読書、旅行、ドライブ、お酒、ゲームの内の3つか4つ選んだ趣味と、
    加えて血液型があるくらいの「プロフィール」なるもので、 いったいどんな人柄を
    知れるのだろうか。
    しかも、掲載されているプロフィールなんて誰もが上述のものと大同小異だ。
    あんなのをジックリ眺め、「君こそ!」と選ぶような吟味のしようなど無いのです。
    実在の人物像に具体性を伴ってピタリとはまる手紙など書きようが無いのです。

    他方、女の側は、数十通も来るのは想定内。
    50通もらい、50人の男へ律儀に返信する覚悟の上で掲載してると思いますか。
    気に入った何通かへは返信し、残りは捨てる自分自身を既に想定しているのだ。
    それこそ建前と綺麗事で言えば、女にもハナから誠実さのカケラも無いのです。
    男は何十通でも送る。大半の女は気に入った男へしか返信しない。
    これが、あの世界の男女双方にとって暗黙で公然のオヤクソク。

    おしなべて出会い系では、「次!また次!更にまた次!」が暗黙のオヤクソク。
    そうでもなければ逆に、あの手のシステムのメリットが無い。
    大手結婚相談所の紹介でも、しょせん「次!次!・・・」の男女の出会いでしょう。
    「あなただけ!」「どうしても君だけ!」なんて、システムと論理的に不整合だ。

    ですから僕は思った。考えた。 だが、わからない。
    建前じゃなくて、本当は「何」が必要なのか?と。
    「何」が足りないと、あれほど苦戦するのだろう?と。

    女扱いに長けた男と、そうでない男がいるのは現実だ。
    話術の上手い、下手の個人差はあるだろう。
    作文の上手い、下手の個人差もあるだろう。
    容貌の良し悪しもあるだろう。収入の高低もあるだろう。
    そうはいっても、なんだかんだで大多数は恋人もできるし結婚もできると思う。
    大学教授にも警察官にも、暴力団員にも暴走族にも、彼女や妻はできる。
    片や、100人の女へあの手この手で接近しても求愛しても鼻もひっかけられない
    境遇だなんて、ずいぶん極端すぎやしないか?
    誠実さうんぬん、優しさうんぬんといった恋愛教のお経には、もう食傷気味だ。
    20代板でレス無し放置や削除は、常にほぼ45%内外。
    掲示板上に限ってだが、恋愛に絡んでる女の半数近くが現に不誠実じゃないか。

    男にとって、色恋への分りやすい必須条件があるなら、「何」なんだ????

引用返信 削除キー/

<前の20件

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 >>

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:1 現在のレス数:62) → 閲覧専用のため新規作成できません

Pass/

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -