恋愛討論掲示板

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

■288 / 親記事)  知らぬが仏は女?男?
  
□投稿者/ おやまあ 47回-(2013/02/26(Tue) 07:10:05) [ID:nb4GJ32E]
    先日来、いや最近に限ったことではありませんが、彼氏の浮気発覚が発端で
    恋愛が、まるで青天の霹靂かのように突如としてドロドロした修羅場の様相を
    呈する話が・・・何件か印象に残っています。
    どうしてこう、男の浮気は常に恋愛渦中の厄介者として矢面に立つのだろうと。
    「やれやれ」という思いと共に、果たして世間の男女の真の実態は?と・・・
    以前からも聞き及んではいたものの、改めて直近の情報を収集してみましたら、
    人間の印象とか先入観や通説とは異なり、数字というのは冷徹です。

    さて討論ネタとは違うが、他人様の色恋沙汰を眺める視野としては欠かせない
    一面の再認識として。
    いくつもの社会調査のデータベースがあるので数値に多少のブレはありますが、
    おおむね偏りや推移の傾向的には実態とそう掛け離れていないのだろうと信じ、
    参考までに記してみます。
    リクルートの発行している主に25〜34歳の社会人を対象にした総合情報誌でも
    大規模調査をしたことがあり、結果はネット各所の数字と比してやはり平均的な
    線で表れています。

    あなたは浮気願望がありますか?の問いでは、
    男性は、だいたい75%が「イエス」。
    女性は、10%前後が「イエス」。

    ところが女性の10%というのは、サンプルも少ない対面式の聞き取り調査にて。
    これが個人情報はトク名の記入式アンケートでだと、約30%に上がります。
    更にインターネット経由の完全トク名の申告によると、約40%強になるそうです。

    まぁ願望はあくまでも願望に過ぎないよとも言えますので、では実際の浮気や
    不倫の経験になると・・・
    40代までの男性で浮気経験者は、33%。
    対する女性の浮気経験は、ほぼ近い30%。
    おおよそこのくらいのデータが出た調査が多くて、男女差は常に2、3%の僅差。

    では浮気や不倫をした回数は?
    これは男女共にほぼ同率の分布で、
    1回だけは15%、2、3回は30%。
    4回以上の人たちは、なんと55%くらいに跳ね上がる!

    ちょっとばかり古い調査ですが7、8年前に東京外語大の先生が東京/大阪の
    1000人の夫婦に当たって調査したところ、浮気経験ありは28、3%だったと。
    で、妻か夫かの比率はほぼ同数だったそうな。
    要するに男女に偏りなく既婚者の約3人に1人は浮気しているという実状です。

    新しいところでは昨年、某大手探偵社が新婚3年以内の夫婦を対象に調査。
    新婚3年以内にして浮気した人は、19%。
    しかしその19%のうち、再び2年以内に浮気をした人は、90%以上!

    他にもこの手の調査データはたくさんありますが、女性の浮気と不倫経験の
    率が男性のそれを上回っている調査結果は少なくありません。
    特に年代別で分析をした調査データを見ますと、年齢が若くなるほど女性の
    率が上がっていき、実は掲示板に登場するカップルで主流の「20代女性」は
    彼氏よりも浮気してるんじゃないかとさえ疑えるのです。
    10代であると圧倒的に女性の方が豪快らしい。(男10代の浮気は激減する)

    ついでに知った情報も書き添えます。
    数人の行政書士が浮気問題の処理経験、相談経験から「不倫なんたら」の
    本を執筆したらしいが、その中で曰く、「不倫が多い職場」。
    そこかしこで職員が不倫にまみれているダントツ1位の職場とは・・・「病院」。
    次いで2位は、老人ホームや介護施設の職員だったとのこと。
    (3位以下はとうてい職種ごとに分類できるような分布傾向は無し)
    この板の女性陣には医療関係者が何人かいらっしゃるようなので恐縮だが、
    事実関係として参考までに。
    僕個人は正直を言うと、自身の少なからずの実体験とその筋の見聞からも、
    上記には大いに頷けるのです。

    ちなみに、こうした調査ではたとえトク名であっても必ずしも全員が正直とは
    限らない。
    だが浮気経験の無い人が「経験あり」と回答するケースは通常ではほとんど
    考えにくく、むしろトク名アンケートにさえも徹底して隠し覆したい心理の人が
    いると憶測できるのが普通で、「あり」の実数は1割ほど増やして考察すると
    妥当なようだ。
    またこの種の設問へシラを切り通すのは男より女が多いと推測されています。
    それこそ心理学的には、女は性の面で保身本能が非常に強いかららしい。

    関連調査で男に対して「なぜ浮気がバレましたか?」といった質問への回答は、
    同じく男の僕としては情けなくなるくらいにベタなドジを踏んでいる例が多い。
    翻って、女(独身OL、妻)が打ち明ける浮気隠蔽工作や嘘の数々は、呆れるを
    通り越して震撼するほど図太く狡猾で、「引け目」のカケラも感じられない。(笑)
    この辺は、女性雑誌や女性社会学者が手がけた調査にぶつかると読めます。

    そうそう、もっとマズいのは。 これもどこぞでぶち当たって一読した調査データ。
    男(夫)が、「私は不倫しました。でも妻はしていないと思う」と言う声が一定数は
    あるのですが、「私は不倫していないが妻はしていると思う」という風に猜疑心を
    抱く率はものすごく極小なのですね。
    つまりは男女ともほぼ同数が、 もしかしたら女の方が多く浮気や不倫をしている
    実態との、整合が取れないのです。
    言い換えると、男が彼女や妻に隠すのは下手クソなのに、その逆で女が彼氏や
    夫へ知らぬ顔の半兵衛を決め込めているケースがかなりありそうだということ。

    男は浮気する動物だ。
    男の浮気癖でいつも傷つけられるのは女だ。
    ・・・こういった通説は根拠皆無の、いうなれば都市伝説のようなガセネタ。
    僕でさえもこうして再確認しないと、先入観をなんとなく払拭しきれない。
    ネット相談掲示板では「彼氏や夫の浮気に泣く女」の投稿が多いという現実も、
    「男は浮気する。女は(滅多に)浮気しない」という虚言が跋扈する一因らしい。

    結局、様々な角度から分析すると、男女ともに3人に1人は浮氣をしているようで、
    浮気問題のスレでレスする際、視野を正しく広めて言葉を選ばなきゃなぁ。(笑)

引用返信 削除キー/
■289 / ResNo.1)  Re[1]: 知らぬが仏は女?男?
□投稿者/ あい 15回-(2013/02/27(Wed) 04:26:15) [ID:k4ypp3Ny]
    おやまあさんこんにちわ。


    男女ともに1/3の浮気経験ありの調査結果は
    納得できるような気がします。
    離婚率の高さからいっても、妥当かも。


    > 翻って、女(独身OL、妻)が打ち明ける浮気隠蔽工作や嘘の数々は、呆れるを
    > 通り越して震撼するほど図太く狡猾で、「引け目」のカケラも感じられない。(笑)


    これは非常に納得しますね。


    > 男は浮気する動物だ。
    > 男の浮気癖でいつも傷つけられるのは女だ。
    > ・・・こういった通説は根拠皆無の、いうなれば都市伝説のようなガセネタ。


    最近は男性のほうが繊細で、浮気されたら絶対に別れる、と男性が言いますよね。
    許せない、と言いますね。
    なので、傷つけられるのが女性だけとは思わないのですが、
    子育てを含めた生活面や経済面での弱者が女性なのは変わらないですね。


    傷つけられると女性が言っているのは、実は
    気持ちの問題よりももっと現実的に心変わりされることによって
    経済面の保証がなくなること、なのではと常々思っていました。
    女性はしたたかなのです。


    男性のほうが傷つくと言うのは、プライドなんじゃないでしょうか。


    男女ともに浮気がめずらしくないとしても
    やっぱり相談では、浮気はダメなんじゃないですか。
    不倫は文化かもしれないし、
    浮気しちゃうときもあるのかもしれないけど、
    とりあえず信頼関係を損ねるようなことはダメですよね…。


    と思ったままに書いてしまいました。



引用返信 削除キー/
■290 / ResNo.2)  Re[1]: 知らぬが仏は女?男?
□投稿者/ 南 44回-(2013/02/27(Wed) 12:40:31) [ID:ZDMrhaDd]
    うーん…おやまあさんが、スレのテーマとして意図されていることが
    何度読んでも、よく理解出来ないのですが…?

    > 先日来、いや最近に限ったことではありませんが、彼氏の浮気発覚が発端で
    > 恋愛が、まるで青天の霹靂かのように突如としてドロドロした修羅場の様相を
    > 呈する話が・・・何件か印象に残っています。
    > どうしてこう、男の浮気は常に恋愛渦中の厄介者として矢面に立つのだろうと。
    > 「やれやれ」という思いと共に、果たして世間の男女の真の実態は?と・・・

    直近に相談板でいくつかそういった件があったか?というと、
    最近にこちらの討論板でも話題になった一件しか思い浮かず、
    取り立てて、相談板で男性の浮気に悩んでいる女性が多かった印象や
    格段に「浮気は、どんな理由があろうと男性が悪いもの」と男性側が
    矢面に立っている印象がないのですが、
    そもそもこちらの掲示板では、女性の相談者もかなり厳しく間違いを
    指摘されていて、女性だから甘いレスをされているということはないように
    思います。
    そもそもが恋人の浮気が発覚すれば、ドロドロした修羅場の様相になるのは
    自然な流れでしょう…。
    「あなたが私の恋人だ」ということが崩れかねないのですし、
    恐らくは、そこに二人で交わした言葉への嘘が見つかっての
    「浮気発覚」なのでしょうから、
    嘘をつかれたという、人間としての基本の信用も揺らぎましょう。
    それを、男が浮気して問題にするとはなんだ、女だって浮気をしているじゃ
    ないか!数字をみればそっちの方が多いぞ!男より女の方が汚いだろう!
    女に男の浮気を糾弾する理由なんかない!と、そういう主張では、もちろん
    ないですよね?
    というのが、そう読めるんだなあ…。
    でも、そもそも、男が!女が!と罵りあっても意味ないでしょうし、
    浮気をしない人に「女は浮気するんだよ!オマエがしないといったって
    世間じゃ男より多くやってるんだ!だからオマエだってきたねぇ!!」と
    言う人がいたとして、どう聞いてもどんでもない飛躍だと思うし、
    そうした主張にこうした数字を根拠に持ち出されても、ねぇ、という
    気がすごくするんですね。
    浮気をするかしないか、する人はどういうタイプか、浮気とはなにを指すか、
    その時の二人の関係性は、ということを抜きにして
    「男が浮気する確率は何パーセント、女は」とアンケート結果を示されても
    「ふーん。それどこで聞いた結果?で、いったいどういう利点があって
    そういうアンケートをしたのかしら??」という疑問しか、私には
    感じないのですが…。
    例えば私の知り合いのママ友が実は浮気をしていたとして
    「へぇ、見かけによらない!」あるいは「なにか生活に不満や心配事でも
    あったのかな」「人って分からないね〜」「でも、こうしてみると、彼女って
    悪いけど、だらしないところがありそうだよね」…云々という
    感想はあるだろうにしろ、「やっぱり女は浮気するもんだね」とは
    ならないです。あくまで個々のケースでしょう。

    なにをおやまあさんが仰りたいのかいまいち分からない……。
引用返信 削除キー/
■291 / ResNo.3)  Re[1]: 知らぬが仏は女?男?
□投稿者/ いなちゃん 11回-(2013/02/27(Wed) 23:49:03) [ID:bmCRH3Rd]
    No288に返信(おやまあさんの記事)

    女の方が、嘘が上手。浮気を彼氏や夫に気付かせる事は滅多にない。
    男の方が、嘘が下手。浮気をしたら、まず、彼女や妻に気付かれる。

    この法則は、概ね、当たっていると思いますね。

    男女の浮気者の割合は実は変わらない、というのは、かなり驚きましたが、まあそうなのかもしれないなーと、思います。
    知人友人見渡しても、男性でも女性でも、浮気する人もしない人も、いましたし。


    嘘をつく時の男女について、実験データがありましてね。
    嘘をつくと言っても、実験の為についてもらう嘘なんで(といっても被験者は実験だとは知らない)まあ、そこまで差し迫った嘘じゃないのに、男女で明らかな差が出ているとかで、かなり面白い。
    特殊なカメラで、嘘をつく時の視線の動きを撮影しているんですが。

    男が嘘をつく時は、目が泳ぐ。
    女が嘘をつく時は、むしろ、相手の目をシッカリ見る。
    ホント、面白い位に違いましたね。

    だから、男の嘘は簡単にばれ、女の嘘は簡単にばれない。
    とても納得行くものでした。

    まあ、昔のドラマなんかで、男の人が相手(相手は男女どちらもあり)に向かって「俺の目をシッカリ見て言えるか?」なんて言う場面があったような気もしますが、これなんか、男性は嘘をつく時目が泳ぐ(そして、相手もそうだと信じている)という特徴を、踏まえているんですね。

    多分、男性の方が、嘘をつく時に巧妙じゃない、腹が据わってない、小心者、良くも悪くも単純。
    女の方が、嘘をつくのは巧妙で、腹が据わってて、度胸があって、まあ、単純ではない。

    人間、個人差だけではなく、やはり性差というものはあると思っていますし、だから男はとか、だから女はとか、言う気はサラサラありません。
    どちらにも、良さも悪さもあると思う。「みんな違って、みんな良い」金子みすずじゃないですけど。
    で、どちらの肩を持つとかじゃなく、恋愛では、性差を踏まえた方が、成功し易いんじゃないかい?とは思う訳で。まあでも、ステロタイプに「女ってこういうもの」「男ってこういうもの」と思い込んでも、それはそれで失敗するかも。


    でまあ、話はずれましたけど。
    男女の浮気の割合が実際には変わらない、という統計結果が出た。けれど、やはり世間では「男性の方が浮気する人が多い」という認識がある訳で。やっぱりこれは、嘘の上手下手が大きく関わっているのでしょう。

    これはねー、本能で全部説明するってのは、私もイヤンなんですけど、やっぱり、女性だけが出産するってのと、関係はあると思うんです。
    女は、自分のお腹から子どもを産み出す訳だから、自分の子どもだって確証は最初からある訳です。でも、男性は、そうは行かない。妻や恋人が宿している胎児が自分の子どもだって保証はどこにもない。DNA鑑定ができる今の時代はともかく、昔は、根拠があやふやだった。
    で、女としては、自分が安心して子を産み育てる為には、庇護してくれる相手が必要な訳で。男性に、「自分の子」と信じさせなければならない。

    そこら辺は、現在でも事情が完全に変わった訳じゃなく、シングルで子どもを産み育てるのは何かと厳しいので、浮気した事実が恋人にばれると本当に拙いわけです、「お腹の子の父親は俺じゃないかも」なんて思わせるリスクは、避けたい。

    かくして、女は浮気をしてもそれを巧妙に完璧に隠す場合が多くなった。
    でも、そのようなリスクを負わない男性は、そこまで巧妙になれなかった。

    という事なんでは、ないでしょうか?まあ、私独自の考えではございませんで、あちこちで聞きかじった事の集大成ではありますが。


    そういえば、何の種類だったかは忘れましたが、つがったら簡単に相手を変えないと思われていた、ある鳥がいまして。
    でも、卵の遺伝子を調べると、驚くべき結果が出たと。

    その鳥は、尻尾が長いオスがメスに好まれるという特徴があり、同じ木に巣を作っている数組のつがいを調べてみると、一番尻尾が長いオスの遺伝子を持つ卵が、他の巣にもあったとか。
    オスは、メスに自分の子を産んでもらう為に、巣をつくり、一所懸命、卵を温めているメスの世話をします。
    けれど、メスが抱いている卵の内、別のオスが父親である卵が、混じっている。
    それでもオスは、自分の子ども「も」産み育ててもらう為に、そうせざるを得ないそうで。まあ、鳥が、「妻の不貞」を知っていて敢えて見逃しているのか、知らぬが仏なのか、そこは分かりませんけれども。


    でまあ、いくら個人差があると言っても、普通であれば、女が恋人の浮気に気付かないなんて、考えられないんです。直感が鈍いと自他共に定評のある(?)私ですら、1人目の夫が心変わりした時は、気付きましたもん。
    で、つい先ごろ締められたスレッドでは、彼氏の浮気に何年も気づかないなんてと、とても驚きましたが、多分(というか、ご本人にも自覚があったようなので、間違いなく)、あれは、スレ主さんが、気付きたくなかったんですね。
引用返信 削除キー/
■292 / ResNo.4)  Re[1]: 知らぬが仏は女?男?
□投稿者/ おやまあ 48回-(2013/02/28(Thu) 01:08:51) [ID:nb4GJ32E]
    お三方、独り言の雑談のようなスレにレスしてくださってありがとうございます。
    あくまで客観データを紹介しただけで、「だからどう思う」は読み手それぞれの
    自由な感想ですから、僕の頭に浮かんだ独り言を再び書くことにいたします。

    今回の投稿内容は、その冒頭にも延べましたように特に討論のネタとして
    書いたわけではありません。
    当コーナーは色恋に関連するアレやコレやの思いを雑談として投稿しても
    よい場所のようですし、意図がどうこうでなく、「参考までに」との報告です。
    もちろん「男の浮気ばかり矢面に立たされるが女だってしてんじゃん!」と
    反論したいのでもありません。

    が、女性からの相談に多い浮気問題を眺めた時の背景となる大前提には、
    通説によっていささかミスリードされた錯覚、思い込みも存在しがちなのを
    否めないのではと、僕はあらためて認識したのでした。

    皆様に対してはコレという討論のネタを提示してはいませんが、僕個人は
    たくさんの浮気関連のブログなどを読んで、ずいぶん面白いと感じました。
    というのは、「女も、男に負けず劣らず浮気や不倫はしているのだ」という
    データを引用して、つまりそれを知った上で恋愛や「男の見定め方」などを
    論じている人たちは「女性誌などの恋愛記事の綺麗事や恋愛教のウソは
    信じちゃダメだぞ!クサいものには蓋だからな」なんてことを言っている。

    片思い相談を除く相談スレで、彼氏の浮気が表立ったテーマではなくても、
    「浮気」という単語なら案外と登場します。
    「この不満以外では浮気もしない善い人なんですが」といった表現でです。
    浮気が発覚して謝罪する彼氏を、「今後は浮気しないと信じてもよいので
    しょうか?」という質問もよくあります。
    2人の男から選ぶのを迷っている子が、現彼氏を評して大好きなんですと
    言いつつも、「でも浮気を疑えるし・・・」と言い添えているスレがあります。
    確かな証拠と根拠はなくとも、「疑える」と感じただけで人生の岐路に立つ。

    多くの女性にとって、男の資質の良し悪しの判断や誠実度などを評価する
    時には、それほどまで彼氏や夫の浮気の将来的な可能性、または過去の
    浮気の有無が最重要な基準になるのか!と、まずはそんな印象が日頃の
    掲示板上のやり取りでは強いわけです。

    説明が難しいのですが、僕の感じていることをなんとか書いてみます。
    勘違いしていただきたくないのは、僕は「彼氏の浮気なんかどうってことは
    ないじゃないさ」と言いたいのではありません。
    また、先にも書いたように、「女だって浮気してるくせに」と、男の浮気性を
    擁護する反論をしたいのでもありません。
    多くの女性たちが彼氏や夫の浮気を徹底して忌み嫌うか、そんな男たちを
    軽蔑するようなら、それはそれで僕は別に異議は無いのです。

    でも、浮気癖の男や浮気がバレて苦しい釈明をしている男たちに対しては
    往々にして最低のダメ男のレッテルが女性陣からは貼られやすいと思う。
    浮気癖のある男と結婚したら将来の幸せは危ういとも予言されやすい。
    浮気の問題以外にも、様々な男の様々な難点も掲示板では報告されるが、
    浮気への弾劾と比較すれば、ある男の1つか2つの欠点をそう問答無用に
    否定することは少なく、そこには「浮気さえしなければマァマァ誠実な男」と
    評しがちな傾向は潜在的にあるでしょう。

    もっとわかりやすく例えてみます・・・
    ある彼氏の性格的なある難点を嘆く女性へは、彼を好きならそのくらいの
    欠点はあなたも受け容れるか、妥協や協調の努力も必要ですよ?と。
    こんな風にたしなめられることは珍しくないでしょう。
    だが、浮気した彼氏へ、「男の浮気なんかたいした問題ではありませんよ。
    彼には良い面がたくさんありそうじゃないですか。浮気くらい我慢しなさい」
    な〜んてね、こんなレスを見たことはありません。

    要するに、 男の誠実/非誠実、愛情の真摯さ/浅さ、まともな男/最低のダメ男、
    というような、究極の二極分類を判定しなければいけないような状況に立つと、
    浮気性か否かの一点が実に優秀なバロメーターかのごとく語られていないか。
    実際、浮気常習男の言い分なんかまるで信用できないと言う人もいる。
    なんたって浮気するようじゃダメ男、浮気はしないから少なくとも愛情は誠実と。
    現実を踏まえて考えますと、若い女性たちのこうした見方、感情的な論理には、
    とてもリスキーな盲点が含まれていると僕は思うのです。

    僕は我ながら、老若男女の独身者、また夫婦の、友人・知人は多い方かなと。
    そこで色々なカップルを思い浮かべてみます。
    周囲からも評判の、仲睦まじい夫婦が何組かいます。
    あのご主人、ホントに奥様を大切になさってるわねぇ〜、と隣近所でも高評価。
    せんだって夫婦仲良く散歩の途中で出くわし、「俺も今年で○才だよ。もうすぐ
    年金暮らしだぜぇー」とニコヤカに立ち話をした幼馴染の夫婦もいる。
    彼(夫)らも、浮気経験があることを僕は知っています。
    海外出張で毎晩、女遊びをしまくった経験のある夫も、僕は知っています。

    一方、ある主婦が、僕にしょっちゅう愚痴を言う。
    早い話がダンナの悪口だが、ダンナの浮気に関する愚痴ではない。
    聞く限り察する限り、そのダンナは昔から女遊びはしていないのだ。
    ものすごくケチで、風俗すら金がもったいないからと行きたくないタチの男だ。
    主婦の愚痴はダンナのガサツでダラシない暮らしぶり、自分勝手で横暴なこと、
    体調が悪くて寝込んでいても家事をまったくしてくれない思いやりの無さだとか、
    主婦が、決して楽ではない家計をつましくやり繰りしていても、ダンナは頻繁に
    車をぶつけたり交通違反をして、ふいの余計な出費を強いられたりとか・・・etc.
    そういう辛いことがあった時には、僕がギャグをまじえた励ましの言葉をかけて
    やらないと、すぐにウツっぽくなってしまう。
    「私に財力があれば即刻離婚するのに・・・」と、よく悔しがっている。
    そしてこうも言う。「30年前に冷静に思いとどまっていればねぇ (-_-;)」って。
    つまり交際時代にも今のダンナの性格の片鱗には気がついていたが、当時は
    若気の至りと恋愛が進行する勢いで、ほとんど問題視できなかったと。

    ダンナが浮気や不倫をしてなくとも、すっかり冷めてしまっている惰性の夫婦は、
    いわゆる仮面夫婦は、世間に少なくないのだろうなと僕は想像できます。
    反対に、隠れて浮気や不倫を経験した男も、温かく幸せな家庭を築けています。
    繰り返しますが、だからといって浮気を擁護したいのではありません。
    浮気男を不誠実な最低男だとステレオタイプに貶すような論調に根拠は無いと、
    僕はそう感じたのです。

    相談投稿をする女性たちは彼氏への不満を列挙しつつも「でも好きなんです」と
    オキマリの台詞を言う。
    だいたいその時点では思い切って別れまでを視野に入れている女性は少ない。
    相手の根本的な性格に起因している不満や不安へ、なんとかならないものかと
    ないものねだりの愚痴の投稿に過ぎなかったりする。
    けれど、彼氏の浮気事例が浮上した場合、さすがにてきめんに「別れ」が視野に
    入ってくるようで、やはり彼氏の浮気は破綻の決定的な事由になりやすいかと。
    女性によっては、彼氏の5年前の浮氣を知っても急に動揺して疑心暗鬼になる。
    別の女性との交際時代の出来事であってもだ。
    「私にも隠れて浮氣してるんじゃないか、されるんじゃないか?」と。
    仮に隠れ浮氣があっても、事実上は何年も仲良く順調に交際できてた実績より、
    「浮氣の有無」こそが最大限に大切な事柄になってしまう。
    この感情的な部分が、男と女ではずいぶん異なるなぁと思うのです。

    この辺で僕は面白いと・・・面白いと言うと語弊はあるかもしれないが、興味深く
    感じたのです。
    数多の恋愛相談を読んでいて、すべからく関係を壊すような助言は基本的には
    敢えてしたくないものでレスには書かないが、それこそ僕流の経験則、直感から、
    「そんな男(女)は好ましくない。将来必ず衝突した末に失望する」と思えるような
    着眼点は多々あります。むしろ浮気性かそうでないかの着眼点とは別にです。

    まず、将来への口約束、睦言なんかぜんぜん当てにならない。
    永遠の一途な愛を誓って結婚式を挙げ、3年以内に2割は不倫しているという。
    男女とも、自己申告の回答を基にすると3割内外は不倫をしているのだという。
    となると、「不倫などする男は、ごく一部のダメ男か大悪人」といった捉え方は
    幸か不幸か間違いであって、職場でも合コンでもかなりの確率でぶち当たる。
    女が男を選ぶ場合でも、男が女を選ぶ場合でも、ほぼ似たような当選率だ。
    隠れ浮気男や隠れ浮気女を選ぶ確率は、宝クジのビリ等賞よりも遥かに高く、
    こと浮気と不倫の問題における限りは、自分の惚れた異性を買いかぶるのも
    ホドホドにねと、強いて割り切りの姿勢をお勧めしたい心境になったのでした。
    そしてまた、浮気するか否かの可能性以上にも大切な、観察すべき人間性や
    性格面はあるのだよという点に、現実として言及したいのでした。

引用返信 削除キー/
■293 / ResNo.5)  追伸
□投稿者/ おやまあ 49回-(2013/02/28(Thu) 02:48:03) [ID:nb4GJ32E]
    今たまたま相談板で一つのスレをお読みし、僕の感想が補強されました。
    僕はレスをしませんでしたが、相談掲示板では開示された内容ですので
    ここで概要を引用しても差し支えないでしょう。

    彼氏がパチンコ狂で、お金をすべてパチンコに注ぎ込んでしまうばかりか、
    負ければてきめんに不機嫌になり、なかなかデートが実現しないどころか
    フテ寝で音信不通になってしまう。
    週末に「勝ったら、月曜日にご飯に行こう」なんてことまで言って彼女から
    4000円を借り、どうやらそれも負けたらしくメールへも応答なし。
    何か言えば重いと拒否され、過去に3回もフラれては復縁を果たしている。
    彼女が交通事故に遭っても気遣ってくれる様子なしでパチンコ三昧。

    ・・・こんな調子なのだけど、スレ主さんは定番の「でも大好きです」を言う。
    やっぱり「別れたくないんです」と言う。
    けっこう長く彼氏のパチンコへのハマリぶりを嘆く中、但し書きかのように
    「女慣れはしていないので浮気はしてません」という一文が差し挟まれる。

    この一文には、いかにも「浮気だけはしていないからマシですが」といった
    ニュアンスがものすごく強く僕には感じられます。
    これがまた、女性の投稿では珍しいパターンではないのですよね。

    交際に疑問を感じ始めたスレ主さんだが、別れる決心はつかないとのこと。
    仮にここで、「彼はパチンコで負けても他の女の子とは遊んでるらしい」とか、
    「浮気を疑える」という事実が浮上したら・・・どうなるでしょうか。
    さすがにスレ主さんも、「別れようと考えています」になるのではないかなと。

    僕個人的には、そんなダメ男の将来は期待薄だと、一を聞いて七くらいの
    判断を下してもほぼ間違いないと確信するが、 まさしく女性の彼氏評では
    「浮気さえしなければ、大好き」と感じてしまう人が多いのがわかります。

    もみじ嬢の建てた別スレのテーマにもつながるが、「女性の価値基準」って、
    建前でなくて現実にはいったい何なのか、男の僕には不思議で興味深い。
    いい大人でかなり酷い資質でも、 「浮気さえしなければ」首がつながってて、
    「でも大好き」と言ってもらえる彼氏の多いこと。
    僕が拾ったデータを通じて抱いた感想は、こういうことです。

引用返信 削除キー/
■294 / ResNo.6)  あい様
□投稿者/ おやまあ 50回-(2013/02/28(Thu) 09:59:45) [ID:nb4GJ32E]
    > 傷つけられると女性が言っているのは、実は
    > 気持ちの問題よりももっと現実的に心変わりされることによって
    > 経済面の保証がなくなること、なのではと常々思っていました。
    > 女性はしたたかなのです。

    追加のレスで僕の個人的に踏み込んだ感想を書いてみたのだけれど、
    その中で知り合いの「ダンナの愚痴を言う主婦」のお話を紹介しました。

    現在の彼女の場合も「自分に財力があれば離婚するのに」と言ってるが、
    かといって、もはや気持ち的には「ダンナを当てにしているし感謝してる」
    といった殊勝な感覚は薄いみたい。
    彼女はフランチャイズの小さなお店を運営していて家計のほぼ4割ほど
    稼いでる上に、仕事量としては店と家事の二束のワラジで大忙し。
    だからダンナに対しては、ほとんど負い目は無いわけ。
    「浮気でも何でもしていいから、性格を直せよ!」と罵ってます。(笑)
    ただ、やっぱり完璧な独り立ちは難しいというジレンマが悔しさのもとで。

    若い独身女性だと、恋人に浮気されたらさすがに気持ち的に傷ついて
    ショックなんだろうな、と・・・思えます。思ってしまっていました。
    信じていた彼氏に裏切られて男性不信になりました、などとも言ったり。
    しかし、よくよく考察すると釈然としない部分があると、敢えて言います。
    もちろん皆が皆ではないのだが、少なからずの掲示板上の女性が・・・
    僕に言わせると、信じていたもなにも、そもそもそんな男をよくこれまで
    信じていられたもんだなぁ!と感じるほど、低レベルの資質と振舞いの
    「彼氏」が登場するケースがままある。
    この点を追加と追伸のレスで感想として述べました。
    「浮気さえしなければ」、あなたにとってはそんなに魅力的なの!?と。

    どうも意地悪く突き詰めると、裏切られただの傷ついただのというのは、
    必ずしも狡猾に騙されたのでなく、 女性自らの思い込みと思い入れと
    色欲のエゴが裏切られたのだと。
    当初からそんな男を選んでいたあなたにも、相応の自己責任があると
    思えますけど?と。
    正直を言って、僕にはそう受け取れるケースも少なくないなぁ。

    となると、浮気されたら最悪だ!という心境には、あい女史の仰ってる
    将来の生活の保証うんぬんも根底にあるのかなと思えたりして。
    女性は、意識的にはそんなドライな理由で嘆いているのではない!と
    言いたいでしょうが、いうなれば本能にそういう執着があると。
    男性に播種本能(これが浮気性につながる)、狩猟本能があるように、
    女性には「巣作り本能」というのがあり、それが強力らしい。

    巣作り本能とは、子供を産み、そうして子供を安全に育てられる環境を
    整えるために精を出す本能なのだって。
    それ故、いったん捕まえたオスに心変わりされるのを極度に警戒する。
    コレ、浮気の揉め事における、当たらずとも遠からずの面なのか??
    だから、男へかなりの不満を漏らしつつ、なかなか別れたくないのか?


    > 浮気しちゃうときもあるのかもしれないけど、
    > とりあえず信頼関係を損ねるようなことはダメですよね…。

    その信頼関係ってのがねぇ、ウ〜ン、何というか、誤解されないように
    説明するのが難しい。
    先に投稿したレスの主旨と同様の感想なんです。
    「浮気したか、しないか」の二択が信頼の有無の絶対的基準だという
    考え方に立てば、浮気は信頼関係を台無しにしたことになるでしょう。
    そりゃあ浮気はあまり良い事じゃないし、浮気されたら信頼を失うとは
    思うけれども、 とにかく往々にして浮気問題が最高最大の事件として
    前面に出てき易いというか、男を最も手厳しく弾劾し易いというか・・・
    妙な違和感がある。どこか建前の予定調和のマヤカシがある感覚。

    だって前述のように、もともと信頼なんかできそうもない男の不誠実で
    冷淡で自己中が垣間見える数々の言行に何年間も目をつむっていて、
    こと浮気問題が露呈した途端に「こんな不誠実だったとは!」と驚いて
    いるような女性は、掲示板で珍しくないのだもの。
    昨今の特に若い女性たちへは彼氏の浮気以前に、もっと別の視点や
    考察での、真に深い信頼関係が求められている気がするんだよね。

    ずっと以前にも討論コーナーで僕や他の方が建てたいくつかのスレで、
    まともな男の選び方、女の選び方の話は何度も出てたんです。
    最近ももみじ嬢のスレがありますね。
    いわゆる遊び人との将来性みたいな雑談もあったと記憶しています。

    いなちゃんさんがよく言う、僕もまったく同感な説ですが、今どきの若い
    女性としては、飲み会で腰を抱かれて髪を撫でられ「可愛いね」などと
    おべっか使われた途端にスケベ男に惚れちゃったあげく、彼は女慣れ
    しているようなのですが大丈夫でしょうか?などと他人に質問している
    ヒマがあったら、もっと自分で観察できる面はいくらでもあるだろ!と。
    彼は電車内でお年寄りに席を譲ったりするか?
    デパートなどの人ごみの中で走り回る子供を鬱陶しそうに見るか?
    それとも思わず微笑みかけてしまったりするか?
    彼はチャリで信号無視しないか?夜はちゃんと保安灯をつけてるか?
    ・・・etc. なんてことの方が、よっぽど人を見る目の基本を押えられると。

    彼氏の浮気問題で巨大に育った最近のスレでだって、彼氏の浮気は
    悪事ではないと言ったら語弊はあるが、単に浮気したとか不倫したの
    事実よりも、職場で同時に2人の女へ手を出していたいう事実の方が、
    男の節操の無い無軌道さとタチの悪さを如実に表してあまりある。

    それに彼氏が職場の宴会の流れの付き合いで風俗に行ったとかでも
    目くじら立てて大騒動にしたりするものの、それを糾弾している女性も
    将来は3人に1人は浮気しているというていたらく。
    信頼関係って、望むらくは別次元の高みに見い出したいと思うんだよ。

    うまく説明できなくて申し訳ないが、あい女史におかれましては決して
    僕は浮気擁護の論をぶっているのではないことをご理解いただけると
    幸いでございます。

引用返信 削除キー/
■295 / ResNo.7)  Re[2]: 知らぬが仏は女?男?
□投稿者/ 南 45回-(2013/02/28(Thu) 10:14:30) [ID:ZDMrhaDd]
    2013/02/28(Thu) 15:45:03 編集(投稿者)
    2013/02/28(Thu) 15:39:54 編集(投稿者)
    2013/02/28(Thu) 12:26:39 編集(投稿者)

    私の息子は中学生になりましたけれど、最近めきめきと男っぽくなって
    きまして、それと同時に「本当に男性らしい。」が増えました。
    これは男の子を持つママ友と会うと常に笑い話や愚痴、心配ごとになるんですが、
    脱いだ靴下やシャツをぽいぽいっと廊下や部屋に落としていき、彼が、
    どのルートでうろうろしたのか分かる、とか。
    悪い点数の答案用紙が、点数の部分だけを折る程度で、
    部屋の真ん中に放り出してあるとか(それで隠しているんかい!)
    見たくない答案などは小さく折りたたんで筆箱の奥なんかに入れてしまい、
    そのまま忘れてしまうとか。
    いえ、そうでない男の子もいるにはいるとは思いますが、
    男の子を持つ母親同士が集まると、「そう!そうそうそう!」と、
    本当にこの手の話が…多いんです。
    これで、これだけは駄目だけど他の生活はきちんとやれていると思う女親は
    いません。
    きっとまだ靴下はベッドの下から何足も出てくるだろうし、忘れ物も
    多いだろうし、先週の小テストも悪かっただろうし、きっと、あの手紙も
    四次元ポケット化しているカバンの中。
    で、それを指摘すると、大抵、困ったことに、そうなんです。
    息子達の反応は
    「(無言ながらびっくりした顔で、「なんで分かったの!?」)………。」
    そりゃあ分かりますよ。
    目は泳ぐし、顔に「汗;」って書いてあります。

    男性が浮気が隠せない、嘘がうまくつけない(自分じゃなぜバレたのか分かって
    いない)なんていうのも、こんな感じで隠し通せないんでしょうか(笑

    といっても、「うちの場合は息子じゃなくて、お姉ちゃんがそのタイプ」
    という証言も複数ありますから、女性にもあるえることだとは思いますし、
    あるいは「男の子はそういうものよね」という世間の先入観が、
    「うちのは男の子だからさ」と、上のようなことをネタにするのを誘導する
    のかもしれませんし、
    またまた「男はこういうもの」と、世間から許されているというか諦められて
    いる部分もあるんだと思います。
    これ、同じことを女の子がやったら、「あなたは女の子なんだから!」という
    叱られ方をするんですよね。男の子だって叱られますが、女の子は余計に
    「女なのよ!」という言葉で叱られる。
    強引なような気もしますが、世間での「男は浮気するもの」という通説も
    同じことがあるような気がします。男は浮気するもの、という概念と、諦めと
    ある意味の許しと。これが女だったら「女なのに」という言葉で嫌悪感を
    強く示されるのかもしれません。

    もちろん、そこに、子供を生む側、子供の養育費を工面する側といった
    事情から「自分は誠意をもって遂行しているのに、あなたの
    それはないでしょう!」という考えがあるのは、当然だと思います。

    女性が浮気や不倫をしないものという先入観は私にはありませんが、
    数字もどこまで真実を間違いなく映し出しているか、分かりませんけれど、
    (アンケートへの回答を依頼した男女があらゆる層にうまく分布しているかも
    分からないし、聞いた際はうまく分布していたとしても、返事をした男女は
    偏っているかもしれない。あるいは質問がうまくなく、誘導されるような内容かも
    しれません。返答数がアンケート結果を信用するに足りる人数に至らない場合も
    あります)

    私の経験はどうなんだと聞かれれば、どこからが浮気なのよ?という
    問題が始まりますので、人によって解釈が違いそうなことを、しかも手短に
    経緯を端折って話すことは控えますが、しかし
    結婚後は浮気をしたことは一度もない。
    独身時代とは、気持ちも決意も全然違う。
    好みの男性かどうかで言えば日々魅力的な人には出会いますが、
    恋愛対象にはならない。恋愛のアンテナ自体が立ちません。

    ですから、私の個人的な意見としては、
    もし友達や私のパートナーが浮気や不倫をしていたとすれば、
    浮気の事実そのものよりも、「アンタの覚悟が足りてなくてアンテナが
    立った、そのことが信じられない」になるかもしれません。
    行為そのものより心持や覚悟の点ですね。
    その上で、嘘をついていたとか、ずるく立ち回ろうとしたとか、
    自分だけいいとこ取りをしていてうんと近くにいる人間(私や浮気相手や)
    の立場や気持ちをないがしろにしているとか。
    一番近くにいて、君が好きだと味方の振りをしていながら、実は一番
    私を騙そうとしていたなんて、お話になりません。
    ですから、そうした点を一番に見ますね。
    私以外の誰かを魂が欲するように好きになってしまって、
    私と彼女の間で悩みに悩み、どういう道を選んでいいか、のた打ち回った挙句、
    こういう道を選んだ、と(俺は決められないから女二人で決めてくれとか
    いうのは最悪)真剣に状況に対峙しているんだとしたら、私も真剣に考え
    ますよ。一緒になりたいのは彼女なんだと言えば、
    物凄く傷つくだろうけれど(実際似たようなパターンで傷ついたことが
    あるけど)気持ちとしては許すかもしれませんね。

    私は、浮気そのものよりも、それに付随して見える人間性を重視していますし、
    ですから、「浮気は止むものですか?」という御質問には、「見るべきところは
    そこじゃない!」と常に思いますね。
    過去の元彼たちも、浮気はしなくても、レストランのウェイトレスに対して
    横柄な態度で怒鳴るとか、老人に対して邪魔だと発言して憚らないとか、
    そういったところの方が完全NGでした。
    「ウェイトレスに怒鳴りまくるけど浮気の心配はなくて」なんて免罪符には
    絶対になりえないのです。
    分かってくださる方がどのくらいいるかちょっと分かりませんが、
    その状態をどう本人が対処するかというか、自分で尻拭いしてくるかと
    いうか。誰に対しても自分のしでかしたことに対して真摯に謝罪し責任が
    取れるか、あるいは納得させられるか。
    でも、結局、これらが出来る人は多くありません。
    結果として「浮気する人間は、後始末すら出来ない」ということが多いかと。
    ですから最初から「浮気するような人間は駄目」というロジックも
    ありえるかと思います。

    浮気されても好きで離れられないんですという御相談は多いですが、
    「いやそんなこといっても、悩んでいるのもあなたなんだから、どうにか
    したいんだったら、別れるか、せめて距離を取るかしてみなきゃしょうがない
    でしょう。それが嫌なら、悩むのをやめて納得しなさいよ…」
    としか言いようがないです…。
    好きで別れられないなら悩まなければいい。
    悩むのが嫌なら別れるなり同棲をやめるなり距離を取ればいい。
    どっちも出来ないなら悩んでいればいいんです。
    厳しいようですが、消極的ではありますが「別れるより、悩むのをやめようと
    決意するより、悩んでいる今の状態の方が楽。だから当面このままでいよう」
    と選んだ結果なんですから…。
    また、思うのが、浮気されても浮気されても好き、という方は、
    浮気する男性が好きなんですよね。
    浮気を繰り返す男性にありがちないくつかの要素、
    その時限りのことしか考えないとか、
    目の前のことばかりに気をとられてだらしないとか、
    自由で、奔放で、俺様で、好きになっても無駄で、掴まえ所がなくて、
    大人なのに常識知らずで、女にもてるのに戻ってくるところに優越感を感じ
    させてくれるとか、私が彼の傍にいることで生きる意味を与えてくれるとか、
    可愛くて、色気があって、すてき、と思っているんだと…。
    だから本人は意識していないけれど、悩むのも醍醐味なのでしょう。
    ただそれが行き過ぎに感じられるときに愚痴るけれど。
    全然なくなると、今度は物足りないんですよ。
    それで思い出しましたが、私は基本的に十代の相談板にはレスをしないのですが、
    十代の恋愛と二十代の恋愛ではまったく対処法が違うと思っているんです。
    以前、十代の方から、
    「浮気して何度も喧嘩した彼女に、二度と異性と口を利かないと約束した。
    それは守っているが、他のことで喧嘩をして、「好きかどうか分からなく
    なった。考えされて?」と言われてしまった。振られそうだ。どうしたら
    いいか」という御相談がありました。
    私の十代の頃を思い出すと、
    彼は、約束などなんのその他の女の子と親しく口を利きまくって、それなりに
    モテ、彼女をやきもきさせる方が、いいのかもしれないです。
    実は彼女の方も、安定した恋愛など、求めていないんじゃないかと思いました。
    十代のうちは、恋愛は華、華々しくあればあるだけいいわけで、
    他の女の子と口を利かない従順な男子で、他の女の子の人気も下がり、
    平穏な中でこちらの顔色を伺われたら、とたんにつまらなくなるものではないかしら。
    もしかすると、
    彼が「分かった!もう他の女と口を利かない!お前だけだ」と約束して、
    その答えに満足したときに、恋愛の盛り上がりのピークを超えてしまって、
    後はだらだらと刺激もトキメキもない、そこに些細な喧嘩が起こって、更に
    気分は下降線、で「好きかどうかわからなくなった」のかもしれない…。
    他の女の子と口を利かずにいれば彼女はずっと幸せ、というわけでもないのかも、と。
    それよりも、女の言うことなど聞いてはくれなくて、やたら周りに女の子が
    集まり、いつライバルが現れるかハラハラで、しょっちゅう喧嘩にも
    なるけれど、すぐに「やっぱオマエが一番。超好き。」なんてメールが
    くる方が、どんなにいいか。彼女は、そういう波乱万丈を恋愛の醍醐味として
    選んでいるのかもしれない…。
    これが二十代になると、男性も女性も変わっていき、十代のやりかたのままで
    いると、うまくいかなくなる。
    浮気性の人は、そこの切り替えが出来ずに、「このやりかたでいい」人たち
    なのかな、と思わないでもありません。
引用返信 削除キー/
■296 / ResNo.8)  いなちゃん様
□投稿者/ おやまあ 51回-(2013/03/01(Fri) 03:07:33) [ID:nb4GJ32E]
    > そこら辺は、現在でも事情が完全に変わった訳じゃなく、シングルで子どもを産み育てるのは何かと厳しいので、浮気した事実が恋人にばれると本当に拙いわけです、「お腹の子の父親は俺じゃないかも」なんて思わせるリスクは、避けたい。

    やっぱりこれが、あい様へのレスにも書いた、「巣作り本能」ってやつのようですね。


    > そういえば、何の種類だったかは忘れましたが、つがったら簡単に相手を変えないと思われていた、ある鳥がいまして。

    「おしどり」かな? ではなかったかな??
    いずれにせよ、そういう誤解が常識になっているような動物の例はけっこうたくさん
    あるようですよ。
    仲睦まじい夫婦を「おしどり夫婦」と昔から形容してますが、おしどり夫婦はとっても
    貞淑だなんて大嘘で、メスが卵を温めている間やヒナが少し育ってどうやら自立が
    できそうなのを確かめると、足しげく他のメスにところへ通ったり新たにハントしたり、
    かなりの遊び人だということです。
    また、メスはオスに隠れて浮気三昧、生まれた子供をいかにも1匹のオスの子供で
    あるかのようにしらばっくれて餌を運ばせるといった動物も多かったかと。

    おしどりはメスが卵を温めている時に横にピタリと寄り添っている姿がよく見られて、
    それで仲睦まじいイメージを抱き、「おしどり夫婦」の言葉ができたとか。
    どうしたって人間には、先入観から決め付けに至ってしまう誤解もありがちなようで、
    色恋の風景にもそれはあるのじゃないかと。
    赤の他人の限られた字数での状況説明や経緯に対して個々人が自分流の解釈と
    価値観のフィルターを通して脳内補完し、いつしか自ら「そうだよ!」「こうだよ!」と
    独自の感情を盛り上げてしまうが、案外とその感情を普遍的なものだと思い込んで
    しまっていたりする恐れもあるんじゃないかな。
    結果、レスの論調が異なってきたりする。
    感想や非難の程度が異なるのはおかしくないが、よくよく論理脈絡を付き合わせて
    読解してみたら、事実認識の仕方自体が違ってると。そう察したことは時々ある。


    > で、つい先ごろ締められたスレッドでは、彼氏の浮気に何年も気づかないなんてと、とても驚きましたが、多分(というか、ご本人にも自覚があったようなので、間違いなく)、あれは、スレ主さんが、気付きたくなかったんですね。

    これもまた、僕が追加レスで書いて言いたかったことです。
    厳しく考えると、パートナーの浮気にはほぼ気づいていながら、それを認めるのが
    イヤで無意識に「気づいてないつもり」で逃避していた場合、それもある種の罪で
    ないのだろうかと思うわけです。
    あちこちで何度も言いますが、僕は浮気を擁護したいのではない。
    けれど、仮に浮気を恋愛関係における重罪だとするならば、そんな重罪の犯行か
    兆しを知りながら告発しない人も、「犯罪教唆」「未必の故意」に当たるかと思う。

    恋愛関係というのは仁義に基づいた協力関係でもあると思うのです。
    完璧でない人間同士が親密に、かつ互いに手を取り信頼関係を育んでいくのは
    双方の義務でもあって、あとだしジャンケンで一気に責めるのはいささか不健全。
    例えば最終的に10人と浮気した彼氏を、5人目で止める努力はしたのか?と。
    男の浮気を彼女側へ責任転嫁する意図ではありませんが、ぶっちゃけて言えば、
    浮気の揉め事と喧嘩ばかりだが何故か腐れ縁で長く続くだとか、 綺麗事抜きの
    そんな関係も一つの形としてアリだと僕は思うんですよ。

    恋愛世界での犯罪の最たるものは浮気で、その犯罪者は主に男で、多くの男が
    犯罪予備軍であるといった先入観があって、浮気犯の男性が一斉に敵視されて、
    かわいそうな被害者は落ち度ゼロだと、そう錯覚したらマズいことじゃないかな。
    男女どちらも浮気しない関係を固めるには、 男女どちらにも反省点があるという
    視点で見ながら進んでいくべきじゃないかなと感じました。
引用返信 削除キー/
■297 / ResNo.9)  Re[3]: 追伸
□投稿者/ もみじ 13回-(2013/03/01(Fri) 07:07:45) [ID:ljqfKqA7]
    2013/03/01(Fri) 21:34:07 編集(投稿者)

    こうした調査で個別の事情まで踏み込むのは難しいですね。
    浮気の境界が厳しめだったり、明かしたくない人々もいるという事情も踏まえ
    3割くらいの男女が自覚的な浮気経験がある、とすれば
    まあそんなものかな・・・と思いますね。私の感覚値とも一致しています。

    ただ、もし女性の方が浮気の率が高いとすれば女性の方が浮気性だと取るのは
    勘違いで少数の男性が種を撒き散らしている(笑)との解釈が妥当に思います。
    一度限りの関係も含まれるのでしょうしね。

    女性の、浮気の価値観は20代後半くらいで大きく変わる気がします。
    恋愛や人間への極度の理想主義が取り除かれるにつれて
    浮気が一番の罪で裏切りという価値観が崩れてくる。
    先に結婚が見えてくることもあるのでしょうね。
    あいさんの仰る女性のしたたかさというものでしょうか。
    こういった掲示板ではあまりお見かけしませんが
    浮気を黙認し合っているおしどり夫婦(笑)も世の中には沢山いますよね。

    私は「女性は心の浮気、男性は体の浮気を一番に嫌がる」という説を信じていて
    男性に体の浮気を明かすのは恋愛のマナーとしてNGだと思っています。
    生理的にパートナーを受け付けられなくなる男性、多いはずなので。
    その辺、女性は本能的に嗅ぎ取っているのかもしれませんね。
    男性側も確信がない限りは目を瞑ろうとするでしょうし。
    南さんの仰る四次元ポケット(笑)のエピソード、
    男性が臭いものに蓋をする傾向がある、というのは
    ひょっとしたらこういうところにも現れているのかもしれません。

    南さんのお話、よく理解できます。
    浮気と本気を混同しない、同じコミュニティ内で複数人に手を出さない、
    尻拭いできる自信がないならやらない、責任を他人に押し付けないetc...
    といったことは浮気の作法だと思うのですね。
    基本的なお作法を身に付けていない人は遊び人の風上にも置けず。
    浮気できるだけの度量を持ち合わせているのは
    1割にも満たないのではないのかと感じています。
    ルール違反をするなら自己責任を肝に銘じろということなんですけどね。
    覚悟を持てないならば、はじめから足を踏み入れるべきではない。

    そう四角四面に割り切る人ばかりでも、怖いとも思うんですけれどね。
    個人的には、仮に結果的に周囲を傷つけることになってしまったとしても。
    女遊びをしたこともないのに倫理観に立って頭から浮気を否定する男性よりは
    まず経験をしてから価値観を作り上げる人を好ましく思います。
    浮気を肯定しているのではないですが。

    おやまあさんの仰るように許容量を突き詰めれば信頼関係で。
    目に見えないものを、見えるもので計ろうとすることが浅ましいと感じます。
    仰るように好きとか惚れた腫れたよりずっと上位の感情ですよね、信頼関係は。
    ある意味では理屈を超越したところにあって、
    心で感じることを忘れるとアンバランスですね。
引用返信 削除キー/

次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 >>

このスレッドに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:1 現在のレス数:21) → [スレッドの新規作成]

Pass/

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -