恋愛討論掲示板

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

■560 / ResNo.30)  もみじさんへ
  
□投稿者/ おやまあ 15回-(2014/03/23(Sun) 23:54:40) [ID:6u7f3K0N]
    こんばんは。

    > 彼女ができずに苦戦している多くの男性に欠けているなぁと
    > 感じるものの共通項は、人間に対する柔軟性、
    > 人を受け容れる寛容性なんですよね。

    大雑把に平たくは「頑固」と称してもよいかもしれません。
    が、「柔軟性が無くて頑固」といっても、これが案外チョット見の表面にあまり
    露骨でなく、いわば愛すべき頑固なオッサンともいささかニュアンスが違う。

    表面的には総じて人当たりが好くて多くの人と柔軟に楽しく接していられる
    個性のようなのだが、いざ一対一で向き合うと、そうしてざっくばらんに深く
    踏み込もうとすると、何とも表現しがたい、コワいような空気の壁というかを
    感じる男がいて・・・
    これは僕の感受性が鋭敏な方なせいでもあるか、知人にひとりふたりいる。
    もちろん決して悪人ではない。
    が、 その表現しがたいコワさみたいなものの正体を強いて追究してみると、
    そうだなぁ〜・・・まさに頑固な「不寛容」を奥深く抱えているという感じかな。
    ひとりとは割りと親しいので、確かにそう言い表せるかもしれない。

    わかる? おぼろげにでも察せますか?
    今思い出したのだけど面白いことに、彼は男の僕とならウマが合うのだが、
    以前、仲間うちの女性2人ほどが、ナイショ話で僕にこんな風に言った。
    「あの人は、顔が『俺に近づき過ぎるな』と言っている」って。
    「○○さんは笑顔でいても、『簡単に心は許さない』オーラを発してる」って。
    こんな感じ取り方においては、むしろ女性が非常に敏感なのかもしれない。
    そして奇しくも! セフレは作れても、ステディの女性は長年いないのです。

    件の男性が上記とまったく同様のタイプなのかどうかはわかりません。
    ただ、らい子さんへのレスで書いた通り、僕が気がついたことで大事な点は、
    こんな面こそは「会わないと、顔を向き合わないと、わからない」なのだよね。
    相談投稿者の、PC経由ではまず気づきにくい種類の個性ですね。


    > 「自分にはこれが足りないから相手にされない」という
    > 言い訳探しをして自己肯定いるだけで
    > 真に自分のことをダメ男だと思っているわけではなく。

    なるほど。


    > また、性格に難はなさそうだけれどモテないという人は、
    > 自然体にしてモテるタイプではなく
    > セックスアピールがあまり強くないんだと思います。
    > そういう人は難しいですね。

    ほんとに、こればかりは工夫しても容易じゃないなぁ〜。
    オスとしてのキャラから自然と滲み出すことに任せるしかないし。
    筋トレ続けて日焼けサロンに通えばOKというものでも・・・ww

    ただ、女性によっては嫌がられないとも限らないといちおう前置きした上で
    敢えて誤解を恐れず思うところを言うと、「女にガツガツする」っていうのは
    案外と大事だと僕は思っています。
    誤解を恐れずに言ってるのだから誤解されちゃっても仕方ないですけれど、
    この「ガツガツ」は、明示的にでも、内心で密かにでもどちらでもよいですが、
    掲示板ではよく「ガツガツするな」「ガツガツは伝わる、最も嫌われる」ような
    意見を見るので、なおさら敢えて僕は表明してみたいと思います。
    常に自分へ「女! おんなー!オンナァ〜〜〜っ!!」とテンションを上げて
    集中力を高めさせておくのは重要だと。

    これは女へアピールするための演技やテクでなくて、本気であることが必須。
    本気 本心だからこそ「オスの俺が メスとしてのお前を本当にほしい!」的な
    一直線に熱い思いが自然と滲むのであり 多くの女性へ好影響と思っている。
    普通に食べ物や映画の雑談をしてようと、常に背後にはこうした性的情動も
    あるのだということは必死で隠そうともしないし、恥じもしない、絶妙な態度。
    誤解を恐れず言ったが、もみじ嬢は理解してくださるだろうと信じます。wwww


    > コイツを落としてやろうという気迫(笑)

    > 滲み出る自信やetc…が伝わったのではないでしょうか。

    > 性欲と自信でしょうか。強力な原動力になりますから(笑)

    言い換えると、話や空気の流れ次第では コレら↑でもありますね。



    > ただ、「モテたい」のか「彼女が欲しい」のかは
    > 明確に区別すべきでしょうね。

    以前もどこかしらで1回か複数回か、僕は発言したおぼえがあるんだけど、
    男が「モテたい」とは、どういう目的で望むんだろうなぁ??
    「モテる」は、盲目的に望むほど特にメリットのある状態でもないんじゃない?
    むしろ厄介で煩わしいことや、気まずい思いをすることの方が多いのに。

    そりゃね、仮に女なら誰カレかまわずヤリたい!という男がモテまくったら、
    「俺って、なんと幸せな星の下に生まれたんだ (ToT)」と感謝するだろうがww
    そんな奴は滅多にいないし、いたら、いずれ身を滅ぼすか刺されるだろう。

    何でもが溢れかえっていた大量消費時代の感覚はもう過去のもの。
    必要なモノを 必要な時、必要なだけ入手してこそ、有り難味がヒシヒシと。
    それでこそ欲しいモノをよく研究、厳選、熱心に探し求めるでしょう。(笑)


    > どんなのにモテる人でも好みの女性とは
    > 全然付き合えないという人もいますし
    > モテなくても希望に敵った伴侶が
    > ただ一人見つければ良いわけで。

    そりゃそうなんだけど、これが簡単に理屈通りに運ばないのが難しいところで。
    いなちゃんさんへのレスで、もう露悪趣味なほど僕の正直な雑感を書いたが、
    日本の(?)恋愛慣習というか恋愛論には実に裏腹なところがあって。
    裏腹には、「欺瞞 vs 実態」と、「建前 vs 本音」の二通りあるように思えて・・・

    独身女性あこがれの「付き合う」とは w、本来はお試しじゃないかと思うんです。
    将来的な伴侶として選べるかは、お試しに付き合ってみないとわからない。
    でも、女の子が言う「付き合ってほしい」は、原則的に先付け手形を発行しろと
    言ってるようなものです。
    当初は意気投合でも、6ヶ月経過して やっと対立点を知るなんてのも普通かと。
    付き合っていないのにHした、キスした云々の心配と憤懣の投稿は多いけども、
    それどころか食事に誘っても 「付き合っていないのに、2人だけでは・・・」という
    感覚の持ち主の子さえいるじゃないですか。
    じゃあ、どうすりゃいいんだよ!? 男は。真に好みの子を探すには?

    僕は、だいぶ前の討論コーナーでだったか?
    もみじ嬢から、プレイボーイだと言われたことがあるんですよ?(笑)
    女好きな傾向は認めます。
    でも今になって自分を見詰めると、そこには僕なりの理由があったようだ。
    こんなことを初めて言うが、女がいないと精神的に不安定な男だったですね。
    まぁ、これは本題へ少し遠回りの話かもしれない。
    討論コーナーは普通の恋バナでもヨモヤマ話でも良いように規約にあるから、
    もみじ嬢が好奇心があればまた後で、ってことで。

    ともかく女性経験が多いほど、女性の口説き方や女性扱いには慣れる。
    だが、女性経験が多いと遊び人だとも言われる。
    時には過去の女性をまで嫉妬の対象にされて揉めている人の相談もある。
    口説き慣れていないから当然、口説けない。
    付き合いや扱いに慣れていないから、やっと付き合えても喧嘩が頻発する。
    出会ってハナから女性遍歴を話すと、遊び人の自慢と受け取られかねない。
    経験を隠して口説いたら、後々でウソをつかれていたと言われかねない。
    まことにもって裏腹です。

    でも、らい子さんと同意に至ったやり取りを参照してください。
    色々な意味で女を好きで 「女、オンナ!オンナってイイよね\(^o^)/」という
    エネルギー、熱意があるとアプローチのキッカケの間口は広がるでしょう。
    多分(世の恋愛教の記事などが説くところの)模範的な純真無垢な発想では、
    お見合いパーティーやメールはハードルが高過ぎる。
    まずデートが実現してから互いをよく知りましょうと、至極ごもっともに聞こえる
    考えではスタートにも立てず頓挫する現実は、ほんとに皮肉で裏腹だなと。

引用返信 削除キー/
■561 / ResNo.31)  Re[12]: NO TITLE
□投稿者/ ピエロ 3回-(2014/03/24(Mon) 00:59:00) [ID:mrS6nAnP]



    いつの間にかこんなに投稿が増えていたんですね。

    天使発言の件ですが、もちろん様子は見ます。

    10年以上前の話ですがPTAをやっておりまして、
    見た目で言えばきれいな方から普通の方、
    もっと言えば、自分の好みとは遠い方いろんな方がいて
    当然といえば当然なんですが、
    これがいろんな方と話したり、作業したりしていると、
    その女性の良さが分かってきて、恐らく旦那は
    彼女のそういったところを何年も前に見つけて、惚れて、
    結婚でもしたんだろうなとか思って、それを早くに見つけた
    旦那さんはすばらしいと思っていました。

    パーティーには参加したことありませんが、
    恐らく大勢の男性と話している女性は
    それだけ魅力があるのでしょうが、
    逆な見方をすれば断り方も慣れているんでしょうね。

    逆に声のかからない女性がいれば、
    (声のかけにくい雰囲気は別として)
    話しかけに行く可能性大です。
    せっかくお金払っておしゃれして来て
    いるのでしょうから、成功するかどうかは別としても
    いってみるでしょうね。きっと。

    なんて言えばいいのか難しいのですが、
    自分的にはガツガツというよりも
    「興味」から相手がどんな人で
    どんな考え方や趣味は何で、
    何故そこまで没頭できるのかなどから
    いろいろつきないと思うんですけどね。

    そんなこんなで
    自分的に出てきたキーワードとしては
     相手への興味
     ユーモア
     アソビゴコロ

    こんなところでしょうか。
引用返信 削除キー/
■563 / ResNo.32)  色々と思うこと
□投稿者/ 南 4回-(2014/03/24(Mon) 10:12:54) [ID:2c8nwfUQ]
    2014/03/24(Mon) 21:25:50 編集(投稿者)

    >世の中、見回してみて、恋人がいる人、結婚している人が、皆、ある水準以上の男女かと言えば、さにあらず。
    >逆に、一定以上の水準を持ち、魅力的と思える男女でも、相手がいない場合もあり。

    >恋人ができない・結婚できない男女の多くは、何かが悪いというより単純に、「お気の毒ですが縁がなかったようですねえ」と言うしか、ない訳ですね。

    >精神論をどれだけ語っても、男は金、女は容姿で何とかなるとも思っています。

    出会い系を離れて、リアルでの相手がいるいないのお話を考えると、
    いなちゃんさんの仰るこの部分、ライ子さんの仰るこの部分に同感です。

    私の知り合いに熟年離婚をした男性がおり、彼は奥さんに「せめて残りの人生、
    この人から離れて生きたい。同じお墓に入るのは嫌」と言わしめた方ですが、
    相当なお金持ちでして、お見合いをしてあっという間に次の奥さんが出来ました。
    籍は入れないそうですが、それでもいい、と女性は納得したそうです。
    その代わり毎年海外旅行に行くとか色々な条件があったようですが。
    見た目は、どう贔屓目に見ても「おじいさん」です。
    介護も近いご年齢ですが、すぐに若い奥さんが見つかるのは、お金がある人
    だから、という綺麗ごとではない現実ではないかしら。
    また、私の過去の知り合いで、「二十代の頃、お見合いで結婚した」という
    女性が、「私が挙げた条件は、子供のいない50代の離婚経験者。職業は
    開業医に限る」だったそうです。はっきりと「若い人よりお金があるからよ。
    結婚式は私がしたくないと言い、結婚費用相当額を私の口座へ入れてもらったわ」。
    上の女性たちは比較的美しい。

    「それでいいわけ?」と言いたくなる部分もありますが、
    世の中、このくらい割り切っている人々はけして少なくないようです。
    これまでの人生で、相手がお金持ちか、社会的地位があるかということで
    態度が変わり目の色が変わり声のトーンが変わる女性は少数ではありません
    でしたし(そういう方々は、対女性でも、同じように態度や目の色が
    変わりますけど)、彼女たちは現実において一定以上の水準で美人です。
    たまに平均以下かなと思われる女性が、彼女達と同様のことを
    しますと、女性達からの陰口バッシング嘲笑は凄まじい。
    彼女たちは、自分達が美しいからお金持ちの男性のお眼鏡にかなうと
    自負しているところもあるんでしょう。

    でも、翻って、お金持ちじゃなくても、美人じゃなくても、相手のある人は
    いるよね?というお話になると、勿論そういう例は、あります。
    こうじゃなきゃいけないというお話ではない以上、「ご縁だよね」
    としか言いようのないお話ではあると思うんです。

    先に、私は、出会い系の考察(?)で、
    「次点にいる人たちは、大勢すぎる」と言いましたが、おやまあさんは
    同意して下さってましたね。
    私は、ネットもリアルも、人間がやることですから大差はないと思っています。
    リアルでうまくいかないからネットに夢や理想を求めるのは変ですよね。
    背後にいるのは同じ人間ですからね。
    私からすると、「お金持ち」や「美人」だという強みを持つ人は、
    数多いプロフィールを並べたときに、やはり「他と比べてきらっと光る」し、
    相手を説得するだけの材料があるからモテるけれど、
    その次点にいる方たち、平均的な年収があり、平均的な容姿を持ち、
    平均的なコミュニケーションセンスがある、という人たちは、「大勢すぎる」
    んだと思う。ですから、なんとなく、いい人なんだけどねどまりになり
    がちなのでしょう。
    それでも相手がみつかる人もいますよ。ご縁があった…。

    これが私的にはしっくりきます。

    また、では、お金持ちや美人という分かりやすいシンボルではないにしろ
    異性から「魅力的だ」と思われ抜きん出る要素は、となると、
    これはありとあらゆる可能性があり(これまた、次点の魅力、とても強力では
    ないにしろ確かに多くの人が魅力と認める要素は、いきなり多岐に渡り
    数が多くなるはず)
    各人によって、どの要素にプライオリティーをつけるかは違うはず。
    だから、掲示板では、これじゃない?あれが足りないんじゃない?という
    多種多様なアドバイス、見ようによってはダメだしが起こりやすいんじゃ
    ないかなあと思います。

    私がぱっと思いついたメル友サイトのあれこれを
    おやまあさんは「なかなか鋭い」と仰いましたね。おやまあさんから見て
    当たっていることが多いのだとしたら、私は、多少鋭い方なのかもしれません。
    私からすると、
    「ちょっと考えれば分かることが、どうして、スレ主さんには分からない
    んだろう?」ということは多々あります。
    経験値の差かもしれませんしセンスの差なのかもしれませんが、
    ピンとくることで得する人もいれば損をする人もいるのでしょう。
    ぴんとこない人は、それだけ数を頑張らなきゃいけないのかもしれませんし
    そもそもセンスが足りなくてその場所は合わないのかもしれないし。
    そうした、個々人の向き不向きで出会いへの道の長さが左右されることもあると
    思います。
    でも、たまたまメル友サイトに初登録した人が、たまたま送ったメールが
    たまたまメール好きな女性のところに初日に届いて、たまたま「古物商巡りが
    好きです」なんて言葉が女性のツボに嵌り、とんとん拍子に…なぁんて
    展開もありますからね。ご縁の有無ってそれで終わっては見も蓋もなく
    討論としては面白くないでしょうが、大きいんじゃないかと私は思うかなあ。
    私は、「ご縁が大きいにしても、縁は結びにいくもの、細い縁なら太く育てる
    もの」かと思います。
    あるいは、「自分を客観視できてる?」という要素もあるでしょう。
    いつぞやTVで四十歳をいくつか過ぎた某航空会社の客室乗務員の女性が
    「結婚するなら年収は4000万円以上で、私だけを愛してくれて、私の年老いた
    両親の面倒をみてくれる人」と言っていました。
    TVの演出ややらせ等ではないのだとしたら、「それじゃあなかなか相手は
    みつからないね、ご縁があるといいね」と溜息をつくしかないお話です。
    ご本人が理想を持つのは構いませんが、固執していると道は相当険しいでしょう。
    また、同じくTVで、全国的には残念ながら名前の知れていない大学の就活生が、
    「こういう企業しか入りたくない。でも内定が貰えない」と嘆いていましたが、
    彼の挙げる企業は、溜息が出るほど日本有数の大企業ばかり。やはりこれでは
    バランスが悪くいくら頑張っても難しいだろうと、周りはぴんとくるはずですが…。
    本人は分からないんだろうか…。
    あれこれ言い訳をしながら、動かないという人もいますよね。

    きりがなく思いつきそうなのですが、「なにが足りない?」という疑問に
    私が今答えるとしたら、こういう回答ですね。
    ------------------------------------------
    あささん、おんぶおばけ…よく覚えてくださってましたね!
    時々笑って頂いてたら嬉しいです(笑
    ------------------------------------------
    また、上のように書きますと、私が「お金持ち」「美人」ということに
    比重を重くおく人間だと誤解を与えるかもしれませんが、
    それらを大きい魅力だと思いますし羨ましいとも想いますが(笑
    日々お付き合いをする中で、この人魅力的だな〜と思うとき、お金や容姿に
    しみじみしたことは…そういえば、ありませんね。
    そうすると第一印象のみでのリードに過ぎないのかな。
    ピエロさんやライ子さんの仰るように、恋愛に限らず人への尽きない興味
    は重要と思いますし、某作家の小説に、男性が、女性への恋心や執着を表した一文に
    「この子は俺専属だ」というのがあって、「分かるなあ」と思ったことがあります。
    纏まらなくてすみません。

    後、掲示板を拝見していて、時々思うこと…
    「なぜうまくいかないか?」と考えているにしては、呑気(?)だなあ…
    と思うことがありますね…
    「なにがいけないんでしょう?」と仰る割には、
    相当にプライドや自信がおありなのか、自己流を変えたくない、変える気は
    ないみたい…というか、具体的なアドバイスがついても、「詳しく説明して」と
    食いついてくるわけでもなく…みたいな…
    そもそも、「なにがいけない?」と尋ねて、こうですよ、ああですよと
    具体的に教えてもらえるケースが世の中にどのくらいあるか…
    大抵の場合は、言葉は悪いですが、「この人は抜きん出てうまいな」と思う人を
    観察して、マネできる部分から模倣してみる、上手な人のテクを盗んでいくもの
    じゃないのかな…?本気ならどんな小さなことでも「なるほど」と思ったことを
    実践してみたくならないかな…。
    「なるほど、そうか!そこか!その可能性もあるな」と反応するスレ主さんが
    ここ数年、どんどん減っているように感じます。「誰か教えてよ」と受身で、かつ
    腰が重い人が…。
引用返信 削除キー/
■564 / ResNo.33)  ピエロさんへ
□投稿者/ おやまあ 16回-(2014/03/24(Mon) 10:28:02) [ID:6u7f3K0N]
    PTA ですかー
    (ピエロ  隣の奥さんへも アソビゴコロ 協会)

    > 逆に声のかからない女性がいれば、
    > (声のかけにくい雰囲気は別として)
    > 話しかけに行く可能性大です。

    そうそう。
    トーナメント方式で会話の組み合わせと時間も仕切られちゃっているような
    パーティーだと難しいですが、フリーなら僕も行くでしょうね。

    残り物を狙え!なんていう意味ではなくて、たとえば合コン的な集まりなら、
    向こう側の端っこに口数少なく地味で キャッキャという騒ぎに乗り切れない
    子がいたりして、そうするとかえって僕は、


    >  相手への興味

    が湧いたりもします。
    なぜ、この子は暗いんだ? なんて興味、好奇心でも楽しいもんです。


    > せっかくお金払っておしゃれして来て
    > いるのでしょうから、成功するかどうかは別としても
    > いってみるでしょうね。きっと。

    成功しなきゃ!と思わなくても、
    せっかく来てるのに、今ごろナニ考えてんだろう!? この女、とか。
    意外なほどイイ子だったりなんかして?と、勝手な物語を想像したりとか。
    もしツンツンされたら、 どれどれ?コイツ、どんだけクソナマイキなんだか
    確かめてやれ!とか。

    どんな興味と好奇心であれ、せっかくの機会だからと女に近づこうとする
    自分の女好き具合が、そして「我ながら俺ってよくやるよなぁ」なんていう
    自分へのツッコミ自体が、既に自分自身への


    >  ユーモア

    であり、ギャグです。


    >  アソビゴコロ

    「こっちは真剣な相手探しで必死なんだよ!
    アソビじゃないんだから、そんなことしてる余裕は無い」
    なんて男性の声もどこかから聞こえてきそうだけど、

    そこでグッと気持ちを切り替えてアソビゴコロを持つと、結果的に予想だに
    しなかった知り合い方ができたりもするのですけどね・・・

引用返信 削除キー/
■565 / ResNo.34)  ソチ以来の、「金」の話題
□投稿者/ おやまあ 17回-(2014/03/25(Tue) 01:55:03) [ID:6u7f3K0N]
    こんなにたくさんのご見解をいただけて やり取りするようになるとは予想外で、
    スレを建てた者としては嬉しく思い、皆さんに感謝いたします。
    どなたのレスをお読みしてお話をしても楽しいものの、本題から離れるかなと
    思えたり、いささか錯綜の感があり、参考になったこと、閃いたことなどを含め、
    あらためて頭の中を整理したいと思います。

    彼女作りに何年間も極端に苦戦している男性がいる(過去どこの掲示板にも
    必ず定期的に相談者が現れる)事実を踏まえ 苦境を脱するための最低限の
    「何か」はあるのか? 「何か」を見つけられるか?が今回のお題でした。
    逆の見方で、ある「何か」が欠けているから苦戦するのだろう、な仮説でもOK。

    皆さんと色々お話しするにつけ、なんというか、どうも論理学?の、数学?の、
    「必要条件」と「十分条件」のような気もしてきます。

    先立つ命題として、

    「アレがある」 ⇒ 「必ず彼女を作れる」
    もしくは
    「コレが無い」 ⇒ 「絶対に彼女はできない」

    を置く必要があると思いますが、
    この2つの命題の置き方自体が似て非なりで、同じ主張ではありませんね。

    しかし、ざっくばらんに討論・・・というほどでもないが、皆で論議を楽しめるように、
    どちらの切り口からでも、アレコレと思うことを自由に語ってくださいませ。


    で、僕は 必要条件と十分条件の論理になるべく当てはまるように簡単な比喩を
    一生懸命に考えてみたところ、僕のオツムではどうも、どなたかが端的に仰った、
    ある仮説へ近づいてしまった。(~_~メ)

    例えば、巷のお見合いパーティーで、

    如才ない笑顔と巧みな話術がある ⇒ 女を作れる確率は相当に高い。
    相当に高くはあるけれど、「必ず」とまでは言い切れない。

    如才ない笑顔と巧みな話術が無い ⇒ 女を作るのは相当に難しい。
    難しくはあるけれど、「絶対にできない」とまでは言い切れない。

    では、
    「金が無い」 ⇒ 「絶対に彼女はできない」
    かといえば否。 金は無くとも女は作れるでしょう。
    それどころか、彼女へ金をせびる男さえいますからね。(ーー;)

    掲示板でのアドバイスには、
    「コーしてみるとよい」 「アーしてみるとよい」が多い。
    しかしながらそれらの大半は必要条件であって、十分条件ではない。
    まぁ 必要条件をたくさん身につけていけるほどに、ほぼ最強にモテる
    男ができあがるだろうが、現実には容易でない。

    「何か」は無いのか!? 一つや二つ、コレこそ!ってのは無いか?
    「アレがある」 ⇒ 「ほぼ必ず結婚できる」は??
     

    誰しも仮に一切の妥協を排したら、それこそ誰かさんの言のごとくで
    未来永劫に結婚なんかできないだろう。
    苦闘している男性たちは、何はともあれ!と切羽詰っている印象。
    女なら誰でもよいのだろうと言うと語弊はあるが、むしろ動機としたら
    年齢や社会的立場にも鑑み、また健全な性欲も発散でき、人並みに
    家庭を持った人生を歩みたいと、そう望んでいる印象があります。

    であれば、そこそこ堅実な妻になりそうな普通の女性ならまだ世間に
    大勢いると思うのです。
    その多数の普通の女性を最もてっとりばやく惹きつけられる武器とは、
    まず「金」が有力候補なのかも?と。

    なにもキンキラキンの時計やアクセで身を固め、爬虫類革の財布の
    中のぶ厚い一万円札をチラつかせてくるような、 大昔の大金持ちの
    嫌味なステレオタイプを想像されちゃったら困るが・・・(笑)

    僕は 結婚相談所で婚活して結婚した子、諦めた子が友人と知人に
    いると言ったことがありますね。
    彼女らへ送られてきた 最新男性会員のプロフィール集を見たことが
    何度かありますが、「年収一千万」以上はいなかったと思う。
    平均年齢はそう高くならないにしろ、「800万」以上もいなかったような。
    あれで突出して高収入なら、見合い希望は集中するのでないかな。

    銀行は社会的信用とお堅いイメージが大切ゆえ、全般的に行員の
    私生活とか暮らし向きへの監視もたいへん厳しい職場です。
    総じて適齢期の男性行員を結婚させる圧力は大きいです。
    (要は 独身は私生活が乱れたり悪さをする可能性が高まるからで、
    独身ではまず支店長にはなれません。
    昇格直前に結婚を条件にされたという内輪話を聞いたことがある)

    じゃあ、というので結婚しようとしたら、「ぜんぜん彼女ができません」
    だったらどうなるのだろうか?
    いえいえ、銀行は社員の結婚が最も早い業種の一つです。
    行内恋愛、上司や親戚の紹介の見合いが主流らしい。
    けれどメガバンクの総合職じゃ、デートするヒマもろくに無い。
    部署にもよるが、毎日が午前様で血尿が出るまでの激務はザラ。
    今風の「私を好きならもっとメールをくれるはず」の愚痴も通用しない。
    「おはよ」のメールくらいほしい?キミの寝てるうちに家を出てるってば。
    それでも皆、結婚できる。

    象徴的に、そういえば銀行は・・・と唐突な話だけど、札ビラで女の頬を
    ひっぱたくような突飛なネタ話でなくて、南さんが挙げた客室乗務員の
    ネタ話のようでもなくて、一般サラリーマンの世界でも 概ね高給取りは
    結婚しやすいのだろうという例。
    「そういえば」繋がりで、客室乗務員さんたちの婚活の一つの合コンは、
    昨日は○○商事、今日△△物産、 明日は□□銀行、×通って調子で、
    いわゆるエリート好みというのはつまり、実質は高給取り狙い。
    まぁ遊び人の独身が多い業界もあるが、結婚が必須!となった時には、
    見合いでもなんでも結婚しやすいのは高給取りだってのはわかる。
    「釣書」でも有利だし、 お世話焼きオバサンがガンガン宣伝しまくりたく
    なる材料でもある。


    「ぜんぜん彼女ができません」な人のズバリの原因はまだ発見できては
    いないが、それはいったん横に置き、「金」が強力なことには同意します
引用返信 削除キー/
■566 / ResNo.35)  Re[12]: 色々と思うこと
□投稿者/ もみじ 3回-(2014/03/25(Tue) 01:59:47) [ID:GXivxnSg]
    こんばんは。

    > いざ一対一で向き合うと、そうしてざっくばらんに深く
    > 踏み込もうとすると、何とも表現しがたい、コワいような空気の壁〜
    なんとなく分かります。
    これ以上踏み込んでくるな、というオーラを出して
    場の空気を一瞬で硬質にしてしまうタイプの人、いますね。
    鈍感な人は気づかないのですけれど。

    そういう男性たちも、ステディな女性ができると
    一気に雰囲気が柔らかくなったりするんですけどね。
    それができない、という話をしているのですから逆なんですがw
    一度目ができさえすれば次からはトントン拍子に
    恋愛ができるようになる人も中には。

    > こんな面こそは「会わないと、顔を向き合わないと、わからない」なのだよね。
    > 相談投稿者の、PC経由ではまず気づきにくい種類の個性ですね。
    そうですね。
    ネットで知り合って、会ってみて「惜しいなー…」と思うのは
    発言内容よりも雰囲気とか表情、オーラに対してですね。

    > 普通に食べ物や映画の雑談をしてようと、常に背後にはこうした性的情動も
    > あるのだということは必死で隠そうともしないし、恥じもしない、絶妙な態度。
    > 誤解を恐れず言ったが、もみじ嬢は理解してくださるだろうと信じます。wwww
    この「絶妙な態度」っていうのが何とも難しく
    ガツガツしすぎると下品になるし、
    かといって妙に押さえ込むと不自然でかえって不恰好だし、と。
    このセンスは非常に重要なエッセンスだと思います。

    ただガツガツしているだけで女を獲得する条件の
    8割くらいは押さえていると思うので
    それ自体が大きな資質(笑)の分かれ目になっている気がしていて。
    そこから先の話は
    勝者の理論になってしまう気がしています。

    > 必要なモノを 必要な時、必要なだけ入手してこそ、有り難味がヒシヒシと。
    > それでこそ欲しいモノをよく研究、厳選、熱心に探し求めるでしょう。(笑)
    そうですねー。
    そういう意味で、私は好みを絞らないトピ主さんが
    「モテたい」人のように感じたんですよね。

    > もみじ嬢から、プレイボーイだと言われたことがあるんですよ?(笑)
    今でもそう思っております(笑)

    > 女好きな傾向は認めます。
    > でも今になって自分を見詰めると、そこには僕なりの理由があったようだ。
    > こんなことを初めて言うが、女がいないと精神的に不安定な男だったですね。
    > もみじ嬢が好奇心があればまた後で、ってことで。
    好奇心があるに決まっています!(笑)
    それが彼氏かどうかはともかくとして私も
    近しい男性がいないと落ち着きがないところはありますね。

    > でも、らい子さんと同意に至ったやり取りを参照してください。
    > 色々な意味で女を好きで 「女、オンナ!オンナってイイよね\(^o^)/」という
    > エネルギー、熱意があるとアプローチのキッカケの間口は広がるでしょう。
    大雑把に括ってしまえば、できることは
    「少しでも可能性を広げる」「間口を広く取る」しかないんですよね。

    私も実は、「経済力」は真っ先に浮かんだんですけれど
    「女」ではなく「彼女」となると
    「気に入った女を金で買えるか」というのは非常に難しく。
    効率や可能性が上がるのは間違いないですし
    経済力のある人は女に対する欲望も強い傾向は顕著にありますけどね。
    それは「経済力を手に入れた」ことに対する自信によるもので
    例えば冴えない男が宝くじが当たって急に金持ちになったとして
    「お金」はモテても、その「男」はモテないだろうと思います。

    それよりも、貧乏だろうが不細工だろうが
    女が欲しい!という強いパワーがあれば
    女を惹きつけやすい気がします。

    あとここ、すごく共感しました。
    > どんな興味と好奇心であれ、せっかくの機会だからと女に近づこうとする
    > 自分の女好き具合が、そして「我ながら俺ってよくやるよなぁ」なんていう
    > 自分へのツッコミ自体が、既に自分自身への
    >> ユーモア>
    > であり、ギャグです。
    大人しそうな、真面目そうな男性と二人きりで
    場を繋がなければいけないとして
    どうにかその場が面白くならいだろうか、
    その個性をおいしく調理できないだろうかと(笑)
    様々な角度からボールを投げるうちについに心を開いて
    目を輝かせて饒舌に話し始めたりすると、うれしい気持ちになりますね。
    そして、何の利もないのに、そこまで必死になる自分も面白い(笑)


    *南さん
    こんばんは、おひさしぶりです。
    横ですがついレスしたくなってしまいました。

    > また、では、お金持ちや美人という分かりやすいシンボルではないにしろ
    > 異性から「魅力的だ」と思われ抜きん出る要素は、となると、
    > これはありとあらゆる可能性があり(これまた、次点の魅力、とても強力では
    > ないにしろ確かに多くの人が魅力と認める要素は、いきなり多岐に渡り
    > 数が多くなるはず)
    > 各人によって、どの要素にプライオリティーをつけるかは違うはず。
    > だから、掲示板では、これじゃない?あれが足りないんじゃない?という
    > 多種多様なアドバイス、見ようによってはダメだしが起こりやすいんじゃ
    > ないかなあと思います。

    > その次点にいる方たち、平均的な年収があり、平均的な容姿を持ち、
    > 平均的なコミュニケーションセンスがある、という人たちは、「大勢すぎる」
    仰るようにもう、総括するとここに全てが集約されると思いまして。
    すっきりまとめて下さって、とても気持ちが良いです(笑)

    ただ、「ご縁」や「運」という言葉の響き以上には
    自力でどうにかできる部分は大きいとも思っています。

    ステイタスで恋人や婚約者選びをする人は確かに一定数いますが
    それはさておき。
    自分を唯一無二のオリジナル作品(笑)として
    売り出してしまえば減点法の世界から抜け出せますし
    また相手も唯一無二の人間として扱ってあげることができれば
    競争ではなくなるはずなんですよね。

    > 「ちょっと考えれば分かることが、どうして、スレ主さんには分からない
    > んだろう?」ということは多々あります。
    私はどちらかというと
    「他の人が簡単に分かること、当然に理解していることが
    どうして自分には分からないんだろう?」とずっと思ってきました。
    たびたび、どうして分からないの?といった類の言葉を
    投げかけられたこともありますし
    無言の冷たい視線に対していつも
    「それが分からるないからこそ負け組なのに
    どうして分からないかと問われてもなぁ」なんて思ったり(笑)

    今になって思うと自信のなさが想像力や行動を制限して
    可能性を狭めているんですよね。
    南さんが挙げていた男女の例も、本人が心底実現可能だと思い込んでいれば
    なぜだか言葉に説得力が生まれてきたりして
    願望がまんま叶っちゃたりするかもしれないと
    人に思わせてしまったりすると思うんです。

    恋人ができない男女に「なにが足りない?」というもうひとつの答えは
    「想像力」かなと。自分に恋人ができて幸せな様子を
    想像できるか、信じられるか、という。
引用返信 削除キー/
■567 / ResNo.36)  南さんへ : 物まね選手権
□投稿者/ おやまあ 18回-(2014/03/25(Tue) 04:35:04) [ID:6u7f3K0N]
    南さんへ。

    > また、上のように書きますと、私が「お金持ち」「美人」ということに
    > 比重を重くおく人間だと誤解を与えるかもしれませんが、

    そんな風には思いません。
    「金」のお話は、いったん軽く総論レスの方へ。


    > 日々お付き合いをする中で、この人魅力的だな〜と思うとき、お金や容姿に
    > しみじみしたことは…そういえば、ありませんね。

    しみじみというか、ため息の出たことなら何度かありますよ。
    僕の1ヶ月の小遣いより犬2匹の食費の方が高いという家の奴に会った時など。


    > そうすると第一印象のみでのリードに過ぎないのかな。

    様々なケースがあるから一概には語れないでしょうけれど、その「第一印象」を、
    または「第二印象」まで与えられる機会があるとして、金に余裕があると色々な
    演出と仕掛けを企めることはあります。

    「金がある」という強い印象を与えるのが目的とは限りません。
    「感じの良い人だわ」でも、
    「スマートな人ね」でも、
    「なんて優しい人なの」でも、

    まぁたくさんあるでしょうが、派手な演出にはぜんぜん見えなくて 実にサラッと
    爽やかな印象を与える流れを作るだけにでも、できればそこにささやかそうな
    プレゼントを添えるなどでも、現実には裏でけっこうお金がかかることってのは
    ありますね。

    今ここで急に具体例を詳しく挙げるのは難しいのですが、なんと申しましょうか、
    女心を揺らすような何かをさりげなくこなすには・・・
    女はまさにさりげないスマートさとしか感じないだろうにしろ、これをスマートに
    こなすには金が必要なんだぜ?みたいな。(笑)
    実際問題、5万や10万の金はポイッと使えるつもりでなけりゃ、なかなかこうは
    いかないんだぜ?、みたいな。


    また、こう言うとアレですが今の若い女の子には、自身はあまり金は無いくせに、
    男が使ってくれる金の価値へは鈍感な子が少なくない。
    女と話していて、たまたま何かで、「わかった、じゃあ俺が 〜してやるから!」と
    答えて、女が「えっ? ほんと!? 嬉しい〜!」と喜ぶと。
    そんな程度の出来事というか展開というか。

    女は嬉しい!とは素直に感謝しつつも、せいぜい「親切で優しい人ね」くらいの
    感じ方なのだ。
    とはいえ 今この瞬間にこの女にそう思わしめることは非常に重要なことであり、
    近々に本格的に口説き倒すには必須の数歩を踏み込むタイミングであったと。

    さりげない親切さで間髪いれずに「じゃあ、〜してあげるよ」と約束した行為には、
    実際には数万円の現金か、物品の消耗が必要なことであった。
    ところが、こんなことでも仮にこちらが常に金欠気味の若いニーチャンであったら、
    「わかった、じゃあ俺が〜してやるから。金欠だから2ヶ月待って?」なんてことに
    ならざるを得なかったりします。
    タイミングよくサラッと即応力を発揮できるかに、落とせるか落としそびれるかが
    かかってしまう局面は、偶発的に多々生じるのです。

    若くて少々鈍感で甘ったれの子は、こんな楽屋裏にまで想像力が羽ばたかない。
    ゆえに、かえって女は「金の力を見せ付けられた!」といったナマナマしい印象を
    植え付けられない。あくまでこちらの「人柄」だけへの好感で終わる。
    大きな「借り」の自覚を押しつけちゃうと 臆する子がいるから、案外とこれは大事。

    大金持ちならなんとやらの華麗なエピソードではありません。
    5万円とか10万円のレベルのお話です。
    が、時として若い子を、若いニーチャンの横からオッサンがかっさらえるゆえん。


    > 「なにがいけないんでしょう?」と仰る割には、
    > 相当にプライドや自信がおありなのか、自己流を変えたくない、変える気は
    > ないみたい…というか、具体的なアドバイスがついても、「詳しく説明して」と
    > 食いついてくるわけでもなく…みたいな…

    僕なんかより遥かにプライドの高そうな人が多いね。いつもそう感じる。

    また、食いついてこないのは・・・早い話が「通じてない」からじゃないのかな。w
    「なるほどー」なんて返レスが来る時でも、無意識の予定調和的なノリか?と。

    「おやまあさんからそう言われて、ハッと気がつきました!」なんて嬉しい返レス。
    なのに読んでみると、「ぜんっぜん気がついてないじゃん!(ToT)」は、よくある。


    > 大抵の場合は、言葉は悪いですが、「この人は抜きん出てうまいな」と思う人を
    > 観察して、マネできる部分から模倣してみる、上手な人のテクを盗んでいくもの
    > じゃないのかな…?本気ならどんな小さなことでも「なるほど」と思ったことを
    > 実践してみたくならないかな…。

    このお考えには、僕は3つの実践と経験則で心から同意できます。
    どれも20代はじめから後半にかけて。モノによっては30、40を過ぎても。

    1つ目は、僕のセンスにピッと来た、お洒落のロールモデルになった先輩がいた。
    ネクタイも同じブランドの同じ柄を買い求め、スーツもそっくりの色目を捜して買い、
    真似ッコばかりしていた。
    やがて僕流の僕のものになり、30代、40代では女の子たちから定評があった。

    2つ目は、営業訪問で本当にウマいことを言うなー!と感じた先輩の営業トークを、
    そっくりそのまま真似ッコして使わせてもらっていた。
    これにもやがて自分流の枝葉が付いていって、ウマいと評されるようになった。

    3つ目は、英会話。
    こういう時にはこう言うんだよ、と教えてもらって「そっか!」と感心したフレーズを、
    ランダムにかたっぱしから暗記してブツブツ呟いては悦に入っていた。
    やがて動詞や名詞を入れ替えて、これで通じるか?なんて思いながらブツブツと。
    なにしろ脈絡の無い覚え方なのだけど、ちょっと長い文章を思いついたりした時は
    無理にでも使ってみたくてしょうがない。
    ある時、南さんおなじみ(?)ヒースロー空港の待ち合いロビーのソファに座ってた
    いかにも品のある紳士に図々しく話しかけた。
    僕の乗る飛行機の出発まで時間があり過ぎて辛いので、よろしければ話し相手に
    なってくれませんか?って。(よくもまあ。今じゃあ、とてもできませんwwww)
    そうしたら件の紳士、僕のつたない会話に30分は快く付き合ってくれたよ。
    この発音は正しくは?なんて聞くと、英会話の先生みたいに教えてくれたっけ。
    あの人も災難だったな。なつかしい記憶です。

    でも手前味噌だが、色恋の口説きにも、真似ッコと勇気と実践は有用なのでは?

引用返信 削除キー/
■568 / ResNo.37)  更に色々と思うこと
□投稿者/ 南 5回-(2014/03/25(Tue) 11:25:34) [ID:2c8nwfUQ]
    もみじさん、おやまあさん、レスを有難うございます。
    お二人のレスからまた更に色々と「そういえば…」「面白いな」と思うことが
    出てきましたので、少々書かせて下さいな。

    今回、私は激しくスレの大筋から脱線するかも!(笑
    (私が出会い系の考察を長く続けたので、スレから逸脱してるな…というのは
    私もちょっとハラハラしてました。うん。)

    > ただ、「ご縁」や「運」という言葉の響き以上には
    > 自力でどうにかできる部分は大きいとも思っています。

    そうですね、仰ることはとってもよく分かります。前回、私は、
    >「ご縁が大きいにしても、縁は結びにいくもの、細い縁なら太く育てるもの」かと思います。
    と書きましたが、恐らくは、もみじさんの仰ることに通じるニュアンスかと
    思っています。
    ある人に出会う…自分が行った先にたまたまこの人がいた…というのは、
    運やご縁の世界ですが、「ボランティアに参加した(そうしたらあの人がいた)」
    「勇気を出してメルアドを聞いて翌日メールを送った(そうしたら戸惑っていた
    けどメールが戻ってきた)」「次の休みに、用事にかこつけて彼女の地元に
    行こうかな。お茶できるか聞いてみよう」は、運やご縁だけに頼らず、どんどん
    やらなきゃ…そんな感じです。
    「ご縁のある人とは、出会うはずだから」と家に閉じこもっていても、せっかく
    のご縁はすり抜けていくのでは、と、そんな感じ…。
    運命の赤い糸の話は否定しません(笑)。確かに、人の出会いの妙はあります。
    でも、赤い糸って、一本じゃなくて、結構な数あり、束なんじゃないかなって
    思います。(笑
    自分がどの道を選ぶか、どの行動をするか、どの努力をするかで、その内の
    何本かを引っ張り、細い糸ならぷつんと切れるかもしれないけど、努力次第で
    他を圧倒するほど存在感のある太い糸に育つんじゃないかな〜って、
    私はそんな印象があります(笑

    >自分を唯一無二のオリジナル作品(笑)として
    > 売り出してしまえば減点法の世界から抜け出せますし
    > また相手も唯一無二の人間として扱ってあげることができれば
    > 競争ではなくなるはずなんですよね。

    そう思います。友達との間でもありますね!(笑
    「サークルの知人」から「ポンちゃん」になり、「数年来一緒にばかやって
    きた親友のポンちゃん」になれば、自分にとっても相手にとっても唯一無二ですね。
    もし「テニスが趣味の○○区に住んでる英文科卒の女性で云々」という人だと
    すると、沢山いますが、そこから一緒に過ごす時間と同じ体験と、相互の
    信頼や気楽さや愛着や執着心や、そんなことで、唯一無二になることは出来ますよね。

    恋愛でもそうですが、「同じ体験をすること」、「アンタはそういう奴だ!(笑」
    という、他とは違うオリジナリティを演出することは必要かなと今思いました。

    おやまあさんへのレスで後述しますが、ホワイトデーの返礼で悩んでいた方の
    スレを思い出していたんですけど、他と一緒のことばかりやろうとしてたら
    抜きん出ることは出来ないよというか、他人と違うことを面白がる余裕が
    欲しいなと思います。
    これはピエロさんやおやまあさんが先に仰っていたことですよね…?
    遊び心と、余裕…。絶対ではないけれど、あったら良いもの、かな…。

    > 私はどちらかというと
    > 「他の人が簡単に分かること、当然に理解していることが
    > どうして自分には分からないんだろう?」とずっと思ってきました。

    > 今になって思うと自信のなさが想像力や行動を制限して
    > 可能性を狭めているんですよね。
    もみじさんが「どうして分からないの」と言われるというのは意外です。

    しかし、どういう事例かが分からないのでイメージが的外れかもしれませんが
    私は確かに「ぴんとくる」「こない」という個人差はあり、現実にソンをされる
    方はいると思いますし、
    勘のいい方が「どうしてわかんないんだよ」とイライラすることもあれば、
    「イライラされても、分からないんだから…」もあると思います。
    ただ、誰しも「どうして自分は分からないんだろう。どうしてダメなんだろう」
    から始まることで、なんとかしてやる!という意気込みがあるかないかが
    大きいんじゃないかな、と思うんですね。スレを拝見していてもね。

    私が「どうして分からないんだろう?」と思うのは、勘のいい側の人間の傲慢さ
    かもしれません。そこは反省しなきゃいけませんね。一方で、私が多少勘が働くのは、
    過去の体験に基づいた経験則、でもあります。
    前回のメル友サイトを例に取れば、メル友サイトに夢中になったことはないけど
    RPGでの体験を基に多少はぴんとくるというか…。
    夢中になってコウだアアだとやっていたからこそ、見えるものもありました。
    逆にいうと、スレ主さんは、経験が少ないから分からない、のかなあ?
    本気であれをやりたいこれを何とかしたい、どうしてもやってやれ!という
    姿勢が少ないのかな…
    どうして分からないんだろう?の差は、そこが大きいのかも、とも思います。
    負けん気、かな…
    あるいは、本当にセンスがなくて、そのコミュニティーに向かないなら、
    他のコミュニティーを探せばいいのかもしれないですが…。

    ちなみに、私も「どうして私は分からないんだろう?ほんとダメだなあ…」
    と思ったこと、沢山あります(笑
    面白読み物として例を挙げようかと思ったくらい!
    でも、大半は、無知を恥じ次こそはと思ったりしながら対処してきましたが
    「私にはセンスがなくて、ついていけそうにない。明らかに劣ってる。」
    と離脱してきたこともあります。
    それも(それが、出来る状況なら)ありかな、と思います。
    もっと本気でやってみようよ、も本音ですが、「本当に向かないと思うなら、
    別の方法を探すのがいいんじゃない?」も本音、ではあります(笑
    それでも、やっぱり傲慢な考えかな…そうかもしれないなあ。
    過去に、私は、「私は、片思いが、両想いにならなかったことはない。」と
    言い切る女性に、「どうしたらそんなことが出来るの?教えて!」と尋ねたら
    「あなた、本気でその男を欲しがってないんじゃない?」と一刀両断にされて
    (笑)それで済んだら世話ないよ!と激しく反発したことがあります(笑
    私が今言ってることと同じかな…
    だったら、過去の私でも反発しそうな言葉だなあ……。

    > 恋人ができない男女に「なにが足りない?」というもうひとつの答えは
    > 「想像力」かなと。自分に恋人ができて幸せな様子を
    > 想像できるか、信じられるか、という。

    想像力、ありますねー!想像力の力は大きいと私も思います。
引用返信 削除キー/
■569 / ResNo.38)  Re[2]: ソチ以来の、「金」の話題
□投稿者/ いなちゃん 2回-(2014/03/25(Tue) 17:38:39) [ID:bmCRH3Rd]
    No565に返信(おやまあさんの記事)

    > 彼女作りに何年間も極端に苦戦している男性がいる(過去どこの掲示板にも
    > 必ず定期的に相談者が現れる)事実を踏まえ 苦境を脱するための最低限の
    > 「何か」はあるのか? 「何か」を見つけられるか?が今回のお題でした。
    > 逆の見方で、ある「何か」が欠けているから苦戦するのだろう、な仮説でもOK。

    恋愛に限らず、努力が必ず実るとは限らないのは世の常ですが。
    努力の方向が間違っていなければ、望みが叶う可能性は高くなるだろうと。

    その、努力の方向なんですけどね。
    何となく、つらつらと考えてみるに。
    やっぱり、一足飛びに高みに向かおうとすると、上手く行かない事が多いような気がします。

    何事も、基礎が大事だし、まずは真似てみるとか、まずはやってみるとかが大事。
    上手く行かないって人の言う事をよく聞いてみると、言い訳ばかりで、まず一歩を踏み出そうとしない。

    勿論、同じ努力をしたって、天才と凡人とは結果に差があるし、凡人同士でもやっぱり差がある。だけど、努力しない事にはまったく改善の余地はない。


    えっと、建前とかきれいごととして書いた訳ではありません。
    何となくですが、「頑張ってるのに恋人ができない!」という方々に共通する法則として、上記のような事が当たるかなと、思っているのです。

    基本的には、縁に恵まれた・幸運に恵まれた一握りを別として、「恋愛以外の人間関係を大切にしようとしない」「恋人候補から外れた相手との交流は、はなから避ける」人には、恋人作りも難しいと感じています。
    「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる」と言いますが、弾を出し惜しみして撃とうとしないようでは、絶対に当たりっこありません。

    色々な人と人間関係を築く事を厭わない人が、女性と仲良くなり易いし、仲が良い女性が増えるとそこから恋愛に繋がる出会いもあるだろうと。

    ただ、人間関係を築いて行こうという時、先がどうなるか分からないのは、男女に限らず同じ事。どう言う人間関係を築こうとするのかを宣言するより、交流するのが先でしょう。交流してその先に、何らかの関係を築けるかもしれない。

    件のスレでは、スレ主さんが、相手から気に入られた時にも「じゃあ取り敢えずご飯友だちで」と言い、自分が言い寄る相手にも「まずはご飯友だちから」で、同じ手法を使っているのが、笑えてしまうのですが。(バカにしている訳ではないんですけどね)
    彼はどうも、最初の時点での程よい距離が「ご飯友だちから」だと信じているようなんですね。私は、それ自体が間違いとは思いません。ただ、問題は、彼が最初にそこをわざわざ口に出してしまう事です。
    友だちって、最初から「友達宣言」してなるものではない。「友達になろうよ」なんて、言った事ない人が殆どでしょう。ただ、色々な場面に場所に、誘って誘われて一緒に過ごしている内に、友達になる。
    彼も、「ご飯友だち」とわざわざ念を押さずに、単純にご飯に誘えばいいのに、と思います。

    とにもかくにも、人間関係の先を決めつけないで、交流から先に入る、という事が大事かなと。
    ただ、入り口で交流が始まらない時、めげないで更に働きかけるか、あっさりと諦めるか。そこは、正直、どっちでも良いんだろうなと思う。正解はひとつじゃないし。
    ただ、交流のとば口が捕まえられなかった時に、そこでショックを受けない事は大事ですよね。


    恋愛においてもっとも難しいのは、「振り向いてくれない相手への片想いを成就させる事」だと、私は思っています。
    ある特定の人が好きで好きで、どうしても思い切る事ができない。諦められないというより、「好きな気持ちが消えてくれない」。そうなると、もう他の異性は目に入らない。
    片想いを成就させる人も相応数います。多分、そういう場合、相性が良い同士なんだと思う。でも、相手が振り向いてくれる余地がないなら、本当にどうしようもないのね。そして、自分自身の気持ちも変えられないのね。

    そして、以前、おやまあさんがどこかで書いて、私も大きく頷いたんですけど、「片想いの男がいる女は難しい」。彼氏持ちより超難関。多分、叶わぬ片思いの相手がいる人が、一番、一途で脇目も振らないと思う。

    特別な相手がいなくて、誰か良い人いないかな状態の人って、最初のとば口は掴みやすいだろうと思う。ただ、「他にもっと良い人居ないかな」と、目移りされてしまう可能性も高いけど。


    で、「どうしてもこの人が良い!」相手に頑張るのと、大勢の中から自分の恋人を見つけ出すために頑張るのとでは、戦略の練り方はうんと変えないといけないだろうと思います。

    相手の心を動かそうとする「基本」は同じかもしれないけど。でも、やっぱり、戦略は変えなくちゃねえ。


    相手の心を動かすのに必要な必要条件は、やっぱり「熱意」と「実行力」だと思うのよね。
    大勢を相手にする場合の「熱意」は、「思い入れ」や「本気」とは意味が違う。「思い入れ」も「本気」も、交流した「先」にある「かもしれない」もの。「熱意」は入り口から必要。
    件のスレでは、スレ主さんはどうやら、そこら辺をごっちゃにしている。だから、「熱意を持って口説け」というアドバイスに、「よく知らないのに本気になれるワケないじゃないですか」という風に反発してしまう。
    何か、一旦口説いたからには、ずっと付きまとわれるんじゃないかって恐怖を背負っているような感じがする。
    入り口は「あなたの事をもっと知りたい、あなたともっと交流したい」で良いのにね。

    うーん、何かまとまりませんでした。何か思いついたらまた書くかもです。
引用返信 削除キー/
■570 / ResNo.39)  Re[13]: 南さんへ : 物まね選手権
□投稿者/ 南 6回-(2014/03/25(Tue) 21:11:08) [ID:2c8nwfUQ]
    おやまあさんへ。

    > しみじみというか、ため息の出たことなら何度かありますよ。
    > 僕の1ヶ月の小遣いより犬2匹の食費の方が高いという家の奴に会った時など。

    あはは、分かります〜!犬2匹の食費…すごい。
    私も、知り合いから「毎月、ストッキングに10万は使っちゃうわね」という話を
    聞いて、溜息をついたことがあります(笑)そりゃ、ブランド物のストッキング
    なら、一足5000円はするけどさ。毎月って…。
    (彼女は主婦で接客業ではありません)

    > 「金がある」という強い印象を与えるのが目的とは限りません。
    > まぁたくさんあるでしょうが、派手な演出にはぜんぜん見えなくて 実にサラッと
    > 爽やかな印象を与える流れを作るだけにでも、できればそこにささやかそうな
    > プレゼントを添えるなどでも、現実には裏でけっこうお金がかかることってのは
    > ありますね。

    > とはいえ 今この瞬間にこの女にそう思わしめることは非常に重要なことであり、
    > 近々に本格的に口説き倒すには必須の数歩を踏み込むタイミングであったと。

    > タイミングよくサラッと即応力を発揮できるかに、落とせるか落としそびれるかが
    > かかってしまう局面は、偶発的に多々生じるのです。

    > 5万円とか10万円のレベルのお話です。
    > が、時として若い子を、若いニーチャンの横からオッサンがかっさらえるゆえん。

    すっごく分かる。むちゃくちゃ、納得しました。
    そりゃそうだ。お金っているんだ。ここぞという時に異性に投資できるか。
    そのお金の使い方を「有意義だ」と考えられるか。
    待ったなしで、即決できるかどうかが、口説きを成功させるか否かが決まる
    というのは、現実としてあるんだ。と…
    5万10万が自由になるか…で、差が出ることはありますね。
    スマートさ、女性をいい気持ちにさせられるか、
    この人といると楽しい、に繋がるかもしれないし、
    包容力や安定感、大人の余裕という魅力の演出になることもあるでしょうね。

    勿論、お金がなくなって、工夫次第、相手次第で、いかようにも出来るお話
    なんですが、お金が強力な援護射撃になるケースが思う以上にあることは…
    すごく分かります。

    もみじさんへのレスで少し触れましたが、ホワイトデーのお返しに焼き菓子を
    プレゼントしたスレッドがありましたよね。
    どうしてそんなに不安がるの?と不思議なお話でしたけれど、
    要するに、お金の使い方に慣れていないんだな…、出る杭になることに
    慣れていないんだな…という印象があったんです。

    私自身がホワイトデーにお返しを頂いたことを思い出すに、「高価なもの、
    分けにくいもの」を「面白がって」(←ここ重要)持ってくる男性は、印象が
    強いです。

    スレッドに書いたような「数人分のケーキが詰まった箱」とか。
    「ホワイトデーだって忘れてたから、そこで、これを買ったよ。好きだろ、
    女の子は玉子と白滝が。俺の好きなもんも選んでやったから」と、屋台の
    おでん(!)とか。
    花束がいきなり横からデスクに置かれたこともありました。
    あるいは、生保の営業のお兄ちゃんが、バレンタインのお返しだと言って、
    スナック菓子(「はんこ下さい」という名前のお菓子)を持ってきたときは、
    その価格の安さとネーミングのセンスと彼の職業とのバランスで大笑いしました。
    (ちゃんと判子型のチョコスナック菓子なんですよね〜、
    チョコ部分に名前も彫られてて、全員で自分の苗字を探したなあ。気が利いてる!)

    食べきれないと分かっている数のケーキをもってくる、
    ばさーっとデスクに花束を置く、おでんに「あつ、あつ、どうしよ!?」と
    おろおろする私に笑っている…そんな男性達に、二千円の籠盛りで不安になる
    彼は、勝つことは難しいんじゃないかな。
    取引先の女の子に、自分が気に入ったプレゼントを出来る経済力、
    面白がって実行する遊び心、こちらの反応を面白がる余裕…
    それらはやはり魅力的です。

    人と同じこと、世間一般的なことばかりしていては、個性は見えにくい、
    残しずらい、と思います。
    変なことでも笑っていればいいのになあ。
    おそらく、そういうことが出来る男性は、飲みにいった先のバーでも
    攻めてくるでしょう。いざというシーンでの実行力にも差がつく(笑)。

    多分、一朝一夕で身につくものではありません。
    普段から、「そういう男になりたい」とご自身が憧れて、マネをしてみるしか、
    おやまあさんが言うように「あのスマートな先輩のようになりたい」と
    失敗しながら実践していかないと、無理だと思います。

    時々掲示板でも拝見しますが、
    身の丈に合わないお金の使い方やプレゼントで女性の気を惹こうとして
    見透かされて、せっかくの努力を蔑まれながら、利用されてしまう、という
    不幸な例がありますね。
    飲み屋のおかみさんに恋をして、せっせと毎日飲み屋に通って
    お金を使っているのに、振り向いてもらえない、というような。
    これは本当に見ていてやるせないケースが多く、アドバイザーの皆様からは
    「お金を使いすぎると女性に舐められる」と忠告されるケースが多かった
    かと思います。
    でも、ご本人が「女性にはお金を使うことが有効でしょう」と、信じていて、
    それも正解ではあるので、どこがいけないかを悟るのが難しいように思います。

    どこが違うのか、なにがいけないのか…と考えたこともあったんですが、
    普段からのお金の使い方が滲み出ているのかも…と思いました。

    歌舞伎町の接客業の方の言葉として、なにかで読んだか誰かから聞いたの
    だったか出典は忘れましたが、接客業を始めたばかりの若い従業員に、お店の
    トップが
    「部屋を片付けろ。お前の物をダンボールに入れっぱなしにするな。
    いくら着飾っても、お前から、ダンボールから服や皿を出す生活臭が
    滲み出てるんだよ。」と言い、一度も下宿を見られたことがなかったのに、
    ダンボールを部屋に積み上げていたその若い従業員は目を丸くした、
    という話を聞いたことがあるのですが、なんとなく、今、思い出してしまい
    ました。
    普段の生活って見える。だから、笑われちゃうんじゃないかな。
    日頃からの心の持ちようは自分が思う以上に染み付いてるだろうな。
    こうでありたいという本人の理想があっても、時間を経過していかないと身に
    馴染まない。馴染まないことをしている人は不安定に見える。
    不安定さを露呈している人と一緒にいると、気持ちがよくないものでしょう。
    憧れの同性の人はいないのかな。とことん真似すればいいのにな。
    お金をどう使うかということも、常日頃から考えてみればいいと思うな。
    異性にモテたい!というのが、目下の最大目標なら、その為に有効なお金の
    使い方、一週間や一日で使ってもいい額(それが念頭にあれば、
    花束に五千円かけるかどうかも判断がつき、GOも出しやすいかも?)を
    見直してみるといいのにね…

    > また、食いついてこないのは・・・早い話が「通じてない」からじゃないのかな。w
    > 「なるほどー」なんて返レスが来る時でも、無意識の予定調和的なノリか?と。

    そうかもしれないです。残念ながら、その可能性は大きそうだな…
    > 1つ目は、僕のセンスにピッと来た、お洒落のロールモデルになった先輩がいた。
    > 2つ目は、営業訪問で本当にウマいことを言うなー!と感じた先輩の営業トークを、
    > そっくりそのまま真似ッコして使わせてもらっていた。
    > 3つ目は、英会話。
    分かるなあ!!!!
    私もほぼ同じ経験があります。
    二つ目三つ目はまったく同じです(笑)一つ目の「お洒落」は、私の場合は、
    お化粧でした。上手な人のマネして上手くなったような気がします。
    私の話の中には、時々、相当に身だしなみにお金を使い、男性をお財布代わり
    よと言い放ち、パートナーの男性にステータスを求め、ブランド物を身に纏う
    ことで他者を威圧する、そんな女性と交わした会話や、彼女達から見聞きした
    体験談があるのにお気づきでしょうか。
    私が彼女達にとっても興味があって近づいたのです。
    数年彼女達ととても近しくしていましたが、今はお付き合いがありません。
    私が海外に拠点を移す頃に自然消滅しました。が、今でも、当時の体験は強烈な
    印象。彼女たちは基本的に意地悪で私の前では笑っていても私と分かれて
    道の角を曲がった先での陰口は凄まじいし、
    どへぇーと思うことは正直多かったですが、お化粧のプロフェッショナルで、
    恋愛のプロフェッショナルで、その点においては、誰よりも輝いてました。
    ギラギラするほどのエネルギーも感じました。
    田舎っぽいネェちゃんだった私は、彼女達に憧れ、引け目を感じながら、私だって
    やれないことはない!と負けん気で食いついていき、相当に磨かれましたよ(笑)。
    正面から聞いても教えてなんてくれません。
    会話の端から使っているファンデがなにかも基礎化粧品がなにかも、記憶して
    真似してみる。
    彼女たちは、ぼんやりしていた私をやる気にさせましたし、いいお師匠さん
    だったなあ。

    > でも手前味噌だが、色恋の口説きにも、真似ッコと勇気と実践は有用なのでは?
    ヒースロー空港、きっとあの辺の席でイギリス紳士に…ふむふむ、と想像する私。

    仰る通り、色恋の口説きにも、真似ッコと勇気と実践は有用だと思います。
引用返信 削除キー/

<前のレス10件 | 次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 >>

このスレッドに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:1 現在のレス数:62) → [スレッドの新規作成]

Pass/

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -