恋愛討論掲示板

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

■589 / ResNo.10)  Re[2]: 人生が二度あれば
  
□投稿者/ あい 4回-(2014/03/28(Fri) 18:01:09) [ID:6b1Db5p5]
    なるほど。
    確かに、職業が一緒でないとネタにもならず意味すら通じずという
    こわい展開になりかねないですね…w
    ピエロさんは職場結婚説…とふと思いました。


    今日、車中で見たテレビの芸能ネタですが
    中山美穂さんの離婚報道やってまして。
    旦那様からの口説き文句は「やっと会えたね」だったそうで
    美穂さんも同じように感じ、初めて会ったようには思えなかったそうな。
    うーん。
    これは返しがみつからなかった…。
    落ちるな…と思いました。


引用返信 削除キー/
■590 / ResNo.11)  まとめレスに近いですが
□投稿者/ ピエロ 5回-(2014/03/28(Fri) 23:51:46) [ID:mrS6nAnP]
    こんばんは

    2日間の宿泊研修から先ほど帰宅しました。
    出発前に自分の投稿にレスがなかったので、
    「これは常連陣には相当反発をくらっているんだろうな〜」と
    思っておりました。

    なので、帰宅したらビックリ!
    こんなにレスがついていたなんて
    皆様ありがとうございます。

    ちなみに、おっ家内を口説いたときは
    口説いた場所、台詞は太っている自分でも
    思いつかないくらいロマンチックなものでした。
    「ヒマンチスト」ですね。

    確か過去の投稿でその辺は書き込みしていたと
    思います。

    で、本題に戻りますと、おやまあさんの

    > このスレは、女を口説こうとするなら、
     この程度のユーモア感覚、度胸と実行力は素地として
     持っているに越したことはないよ?
     といった提言と受け取ります。


    まさにこれです。

    職業別に実際に口説くのではなく、
    一人の女性に対して
    「もし、人生が二度あったときに、
     自分の職業が○○だったら
     こんな風に口説くかな〜」と前振りで話した後に、

    「あれこれ言っているけどさ、
     人生が二度あっても、君がいなければ」と

    ここが落としどころとして持って行きたいなと。




引用返信 削除キー/
■591 / ResNo.12)  Re[3]: まとめレスに近いですが
□投稿者/ おやまあ 25回-(2014/03/29(Sat) 10:42:25) [ID:6u7f3K0N]
    > 「あれこれ言っているけどさ、
    >  人生が二度あっても、君がいなければ」と

    そう言ったのに、
    「ゴメンなさい。私、太っている男性は苦手なんです」と
    フラれてしまったら・・・

    「もし人生が二度あるなら、次はもっとスリムな自分に
    生まれ変わって君と出会いたい (ToT)」と、ヤケクソで
    呟くしかありませんね。
    そうしたら彼女は、つい情にほだされたりなんかして。

    そういえば以前、こんな男性と知り合いました。
    職業は某広告代理店のエラい人。
    くれた年賀メールの添付画像が、なんと!!豚の死体。
    その豚が、目尻を下げた ニヤ〜ッ (ノo^;) とした表情。

    その画像の上に添えられた、でっかい文字が、
    「死してなお、笑いを忘るべからず」。

    ブラックな話題で恐縮ですが 記憶に残る事実なもので、
    そこからの連想であらためて感じた私見を言うならば。
    表面は実に大真面目で熱心そうに切々と口説くにせよ、
    ピエロ流ギャグをぶつけて 反応を見るテクニックにせよ、
    本心にはタフで動じない意志と根性が重要だろうなと。
    結局、男は根がヘタレじゃダメなんだろうなと。

引用返信 削除キー/
■592 / ResNo.13)  泥棒を捕まえてみれば・・・
□投稿者/ クーミ 1回-(2014/03/29(Sat) 16:26:26) [ID:Ya2ha2zj]
    ピエロさん、こんにちは。
    討論掲示板を覗いて見ました。
    面白そうな話題ですね。 遅くに参加ですが・・・

    こんなストーリーを考えてみました。

    1、泥棒編

    家の前に1人の男性が、うろついていた。
    妻「あなた...捕まえて!!!いつもうちの前をうろついてる泥棒よ・・」
    夫「よし、わかった...」夫はほうき一つ持って、外に出た。
    夫「バン!バシ..バシッ !! よ〜し捕まえた。観念しろ!!」

    泥棒「・・私は、何にも盗んでないじゃないですか!!!」

    妻「あなたは、私の、ハートを、盗んだのよ!!!」
    恋泥棒でした。

    妻「責任、とりなさいよ!!!」
    泥棒「はい、わかりました。」

    なんと...妻の代わりに命がけで、泥棒と戦った夫を目の前にして、
    泥棒と妻は、結ばれたのでした・・・

    そりゃないよぁ〜

    教訓:これを見ている世の男性陣、「釣った魚に餌やらない」なんて、妻や彼女を粗末にすると、恋泥棒に妻(彼女)を持っていかれちゃうんだから・・・・



    もう一つ。 女性放火魔編。

    ある、キューティーハニーよりも、不二子ちゃんよりも美人でグラマーでセクシーな独身の女性放火魔がいた。
    その女性放火魔は、次々と男性の“心”に火を点けては、逃げるのが特徴で、
    火を点けられた男性は、女性を追うが・・逃げ足が速くて絶対に捕まらない。

    その男性陣のほとんどが結婚している。
    夫がその女性に心を奪われ続け、このままだと家庭崩壊になることを心配した妻達は、ある1人の警察官のところに相談に行った。
    「なんとしても、その女性を捕まえてください。おねがいします!!!」
    他にもその警察官宛てに、全国の奥様方から悲痛のお手紙が山のように届いていた。

    その男性の警察官は、冷血で厳しいと言う評判である。
    彼なら、きっとその女性を捕まえてくれるに違いない。

    ある日、その女性が警察官の目の前にやってきた。
    ウインクしたり、色仕掛けでその警官の“心”にも火を点けようとしたが、
    氷のような冷血な彼の“心”に火を点けるのは、難しい。


    警官が言った
    「悪いが、今までに私の心に火を点けた女性は、1人もおらんのだよ。 
    見てごらん、こんなに私のところにあなたの仕出かした恋の放火のせいで、困っている奥様から手紙が届いている。あなたを捕まえて欲しいという要望だ。」

    放火魔:
    「私は、逮捕されるんですか?」
    警官:
    「恋の放火で、あなたを逮捕出来る法律は、わが国にはない。
    しかし、書類送検は出来る。」
    放火魔:
    「えっ?書類送検ですか・・」
    警官
    「この書類に記入し、印鑑を押しなさい」

    書類に目をやると、そこには・・・
    「婚姻届」と書いてあった・・・
    ちゃんちゃん。

引用返信 削除キー/
■598 / ResNo.14)  Re[5]: 泥棒を捕まえてみれば・・・
□投稿者/ あい 5回-(2014/03/30(Sun) 22:42:46) [ID:6b1Db5p5]
    2014/03/31(Mon) 10:47:32 編集(投稿者)

    クーミさんのお話は、泥棒とか放火とかの単語が並んで結構ブラックなのかと
    思ったら、そうでもなかった…w


    しかし、泥棒さんはなんでいつも家のまわりをうろついていたのか。
    妻の下着でも狙っていたのか。
    妻はヘンタイ野郎がお好きなんですね…。


    そして、放火魔と結婚した警官は、Sっぷりを発揮しそうですね。


    となんか妙なレスですが感想を…。



    …と書いたあとにおやまあさんのブラック年賀状・エピソードと
    ピエロさんのヒマンチスト・エピソードを拝見しました…。



    そうか。
    クーミさんのストーリーはおやまあさんへのブラック返しか…。



    いまごろ気づいて読む順番もめちゃくちゃで失礼しました(大汗)


引用返信 削除キー/
■599 / ResNo.15)  Re[6]: 泥棒を捕まえてみれば・・・
□投稿者/ おやまあ 26回-(2014/03/31(Mon) 19:46:10) [ID:JSFxEFUO]
    「人生が二度あれば」スレが、こんどは小噺スレ、ユーモア講座スレに?


    要は泥棒とは間男だったのであれば、
    「あなた、いつも家のまわりをうろついてる泥棒よ! 捕まえて!」などとは訴えず、
    窓をそっと少し開けて男へ向かって
    「ちょ、ちょっと、アンター!今は亭主がいてヤバいから早くズラかってよ!」とでも
    ささやきそうなもんだけど・・・とも思いつつ、続き。

    泥棒と妻は結ばれた・・・のだが、、
    亭主は必死で泥棒に立ち向かって金ケリをくらわした上、箒の柄で泥棒の股間を
    しこたま打ちすえていたので、泥棒はインポになってしまっていました。



    警察官、わざわざ「私の心に火をつけた女はいない」と高言しておきながら最後に
    婚姻届の書類を差し出すとは いまひとつ解せません・・・とも思いつつ、続き。

    そこには婚姻届と書かれていた・・・のだが、
    婚姻届には証人2名の署名捺印が必要だし、被疑者への強要罪、公正証書原本
    不実記載罪など未遂の疑いで、卑怯な警察官は懲戒免職になってしまいました。



    ザッと調べてみたところ、小噺のオチや落語のサゲの付け方には、かなり科学的な
    分析とか分類がなされているのですね。
    代表的な定石として上記の噺の場合は、「どんでん」形式というのに当たるようです。

    物語の展開が一定のリアリティーや整合を持っていて、聞き側がフムフム、さてどう
    なるのかな?から心理的安定に至った途端、 思わぬ意外な結末が示され、一気に
    不安定状態に陥ると。
    その安定と不安定の激しい落差に苦笑、爆笑が誘われるといったものらしい。
    つまり、オチの前に既に「そりゃ ねーだろ!?」と思われてしまってはよろしくないと。

引用返信 削除キー/
■600 / ResNo.16)  Re[1]: 人生が二度あれば
□投稿者/ いなちゃん 4回-(2014/04/01(Tue) 13:34:16) [ID:bmCRH3Rd]
    No562に返信(ピエロさんの記事)

    人生が二度あれば、この次の人生では医者になって、沢山の人を病から救いたい。
    でも、僕自身の病は医者になっても治す事ができないな。
    何しろ、草津の湯でも治せない、恋の病だから。


    ・・・うーん。
    考えてみたけど、センス、イマ2位?
引用返信 削除キー/
■608 / ResNo.17)  あいさんへ
□投稿者/ クーミ 2回-(2014/04/05(Sat) 15:24:10) [ID:lWewW32C]
    あいさん、私のほろ酔い気分で書いた駄文にレス頂き、ありがとうございます。
    > しかし、泥棒さんはなんでいつも家のまわりをうろついていたのか。

    何ででしょうねぇ〜。きっと普通のセールスだったんだと思います(笑)

    周りは、マンションが立ち並んでおり1件1件訪問するのに時間がかかったのでしょう。多分(笑)
    この奥さんのところにも、セールスに来たのですが、
    この奥さん気が強いから、最初ものすごい勢いで「私は、セールス大嫌いだから、二度と私のところに来ないでよ!!」と言って追っ払おうとしたのです。

    ですが、そのセールスも1枚上手で、「気の強い女性って、素敵だなぁ〜 
    あなたの怒った顔、かなり魅力的ですよ・・また、そのお顔を見に来ますね。
    今度は、そのお顔をもっと素敵な笑顔に変えて見せます。私と会って良かったと言わせて見せます。私にはその自信があります。」とか
    他にも何か気の聴いたセリフを言って、その日はすぐに帰りました。

    その奥さんは、何も売り込もうとせずにすぐに帰ってくれたのと、
    夫にも言われたことがない言葉を言われて、「ぽーっ」としちゃったんでしょう。
    「本当にあの人とめぐりあったおかげで、私の人生は今よりもっと素敵になっちゃったりしちゃって、うん、きっとそうに違いない」と妄想をしちゃっていたのかも・・(笑)

    知らず知らずのうちに、そのセールスマンが来る日を待ち焦がれるようになってました。
    ところが5日経っても、1週間経ってもうちに来ないので、たまたま空気の入れ替えの為に窓を開けたら、そのセールスマンが見えたので、「今だ」っと思って夫に捕まえてもらって、前のストーリーに繋がるというのは、どうでしょう?


    > 妻の下着でも狙っていたのか。

    実は、最初は、そのストーリーを思いついたのですが、
    なかなかいいアイデアが思いつかなくて・・・

    せいぜい、妻が下着泥棒と思って夫に捕まえさせた男は、警官で
    妻の下着を盗んだのは、実は夫だった。
    夫は、下着を盗まれた夜のセックスは、妻は非常に燃えるので、何度も妻の下着を盗んでいた・・という落ちぐらいで、それだと、恋泥棒にはつながらないなぁ・・と、止めました。


    > そして、放火魔と結婚した警官は、Sっぷりを発揮しそうですね。
    >

    その後の生活までは、全然考えてませんでした・・
    なるほど、警官は“S”かぁ〜 2人はどんな結婚生活になるんだろう・・
    あいさん、こういうの得意そう・・(笑)
    あいさん、なんかいいストーリーあります?


引用返信 削除キー/
■609 / ResNo.18)  おやまあさんへ
□投稿者/ クーミ 3回-(2014/04/05(Sat) 17:36:35) [ID:lWewW32C]

    > 要は泥棒とは間男だったのであれば、
    > 「あなた、いつも家のまわりをうろついてる泥棒よ! 捕まえて!」などとは訴えず、

    男は、間男ではなく、妻が一目ぼれをしてしまっただけなのです。

    > 窓をそっと少し開けて男へ向かって
    > 「ちょ、ちょっと、アンター!今は亭主がいてヤバいから早くズラかってよ!」とでも
    > ささやきそうなもんだけど・・・

    もし、その男が間男だったとしたら、
    夫が傍にいるのに、そんなこと言ったら夫にバレちゃうじゃないですか?(笑)


    > 泥棒と妻は結ばれた・・・のだが、、
    > 亭主は必死で泥棒に立ち向かって金ケリをくらわした上、箒の柄で泥棒の股間を
    > しこたま打ちすえていたので、泥棒はインポになってしまっていました。

    あらら、元夫に慰謝料を取らないと・・(笑)



    >
    > 警察官、わざわざ「私の心に火をつけた女はいない」と高言しておきながら最後に
    > 婚姻届の書類を差し出すとは いまひとつ解せません・・・


    冷血男で有名なその警官であっても、グラマーでセクシーなその美女には、
    勝てなかったわけですが、性格上素直に惚れた態度は出せないわけですよ。


    > そこには婚姻届と書かれていた・・・のだが、
    > 婚姻届には証人2名の署名捺印が必要だし、

    それは、大丈夫!
    グラマーでセクシーな恋の放火魔が結婚したとわかれば、
    夫の目も覚めるだろうと期待している妻達は多いので、そのうちの2人ぐらいは証人になってくれます。


    >被疑者への強要罪

    実は、警官のアプローチの仕方に、恋の放火魔の心にも火が点いてしまったので、
    強要されたわけではないのです。
引用返信 削除キー/
■613 / ResNo.19)  まとめレスに近いですが2
□投稿者/ ピエロ 6回-(2014/04/06(Sun) 00:30:58) [ID:mrS6nAnP]
    その後のレスをいただきまして
    皆様ありがとうございます。

    もう一つのねらいとしては、
    恐らく常連の皆様がレスしてくれるだろうな〜とは
    思っていましたが、普段レスをつけているのとは
    別方面で考えてもらって投稿してもらうのも
    たまにはいいだろうな〜というのと、
    それを読んだ第三者が
    「あの人はこんなことを考えるんだ〜」と
    思って頂けるのもいいかなと。

    話がいろんな方面に飛んではおりますが、
    たまにはいいじゃないですか。


引用返信 削除キー/

<前のレス10件 | 次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 >>

このスレッドに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:1 現在のレス数:21) → [スレッドの新規作成]

Pass/

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -