恋愛討論掲示板

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

■652 / ResNo.20)  Re[3]: 人生の節目と恋人
  
□投稿者/ もみじ 16回-(2014/04/18(Fri) 01:23:01) [ID:GXivxnSg]
    あいさん、こんばんは。

    > 理解しあえなくなるきっかけは、例えば何ですか?
    これと決定的なものを示すのは難しいのですが…。
    私の思い描く、理想とする未来の自分像と
    彼の理想とする私の未来が、食い違ったとき。
    そこから辿って、現在の私に望まれても
    応じられないことが増えたとき、でしょうか。

    そういえば、別れのタイミングは
    共通の趣味が消えるとき、でもありました。
    言葉通り趣味であったり
    音楽であったり、考え方であったり、色々ですが。
    今まで好ましく感じていたり、興味を抱いていたものが
    下らなく思えてしまったり、楽しくなくなってしまったり。

    とするとやはり、私が変化する
    タイミングなのかもしれないですね。

    > それらが重なったとき新しい男が現れることが、背中を押しますか?
    新しい男は出現しないです、
    残念ながらストライクゾーンが狭いですしw

    おやまあさんとのお話ではないですが
    無理をして付き合っていると
    体調が悪くなってきたりはします。

    ただ、それが大きく背中を押すということはなく。
    体調の悪さが相手のせいだとは断言できませんし
    もし、そうだとしても、よくよく深堀りすれば
    私の立ち回り方の問題でもあり
    相手に原因があるとは言いがたく。

    決定的にこれ、というものは最後までないまま
    決断を下すしかないですね。

    > 私の場合
    > そもそも若干の妥協の産物でつきあいはじめたから
    > いざとなったとき違和感を募らせてしまうのか
    > それとも、ひとところに安住しない自分自身の性質なのか。
    > 答えが出ないです。
    今までの文脈的に、すごく打算的に付き合ってるみたいですがw
    その人の何に惹かれたか、は明確ですが
    惹かれるのは相手の持っている思想や感性など
    完全に好みの問題で。
    そういう意味では私は妥協したことがほぼ無いんですよね。

    ただひとつ言えるのは
    安住することに、重い価値を置いてはないです、今のところ。

    > 私は、ですけれども、男性から発する調整感には嫌悪感と反発を感じて
    > 調整に挑戦しようとしたくなる。
    これって「舞台裏」が見えてしまうことへの嫌悪感でしょうか。
    それとも、踊らされているのではないかとの
    疑心暗鬼から来る反発でしょうか。

    殆どのことは、許そうと思えば許せることで、別れというのは
    これだけは「譲らない」という己の意思だと思うのです。

    違いを突きつけるサインになるいうよりも。
    ここから先は無理、という意思が薄ぼんやりとでも固まってしまえば
    あなたはココまで歩み寄れますか?という確認行動でしか
    ないんじゃないかなという気がします。
引用返信 削除キー/
■653 / ResNo.21)  Re[2]: 人生の節目と恋人
□投稿者/ あい 14回-(2014/04/18(Fri) 18:42:03) [ID:6b1Db5p5]

    > 自分は節目と連動しています。





    「節分」と連動しています、と読めてしまいました。
    なんで節分…。






引用返信 削除キー/
■655 / ResNo.22)  Re[7]: あいさんへ
□投稿者/ あい 16回-(2014/04/18(Fri) 19:00:43) [ID:6b1Db5p5]
    2014/04/19(Sat) 04:51:22 編集(投稿者)

    おやまあさんこんばんわ。


    ちょっと頭整理してました。


    > ちょっとでも合わないな、違うなと思い始めたり、相互理解が不足かなと
    > 感じたりしたが最後、それでオシマイってことですよね。
    >
    > 恋愛相談の助言レスで定番に近い、
    > 「その辺は2人でよく話し合って 乗り越えて」という姿勢は通用する余地なく、
    > 相手が相互理解を目指して言葉を発せば それ即ち「違い」の顕在化であり、
    > いざ違和感を感じればもう気持ちは冷めると。




    わたしねぇ。


    (と、いきなりくだけますが)


    おやまあさんの思考回路って、ほんと男性っぽいと思うんですよね。



    誤解しないでくださいね。
    これは、感情のはいっていない考えなので、言葉通りに読んでくださいね。
    声でおしゃべりすれば、ニュアンス伝わるのかも。
    文字だとちょっと突き放したような言葉に受け取れると思いますけれども
    違うんです。


    お話戻しますと、
    私が、男女の脳の違いを感じるのって、こういうときなんですよね。


    どういう考えでそういう話になっているのかトレースできなくなって、
    私の言葉がとまってしまうのは、まさにこういうときなんですね。
    わたしは、おやまあさんがどうしてそうコンパクトにまとめて考えるのかが
    トレースできないんですね。


    おやまあさんのおっしゃっていることは、たぶん、男性の回路では
    そうなんだと思います。
    (結構、男性ってみんなそうだから)


    どこが違うのか、すぐに指摘することができないんですけど。
    そして、
    結局、私がよくよく考えを詰めれば、そういうことなのかも?!
    と思考停止してしまいそうにもなるのだけど。


    でも
    たぶん、違うんです。


    うーん。


    違うんですよぉ。




    さて
    ここから違うという説明をしなくてはいけないのですが


    そのまえに


    まず
    もみじさんのおっしゃっていることは
    「もう嫌」になってしまってからのことなので
    おやまあさんのニュアンスに近いっちゃ近いのかなあ。



    わたしは違いますよ。



    わたしはもっと生身なものを求めているんだと思います。



    ちょっとひとつだけ
    調整感の話でいうと。
    例えば、クリスマスにプレゼント交換をしないことにするとして
    あらかじめ「僕はそういう習慣もっていないから、君への気持ちとはかかわりなく
    プレゼントはしないからそう思っていてね。その代り○○には…」などと
    話し合っておくのは基本的には関係性を良くすることだと思うんですよね。
    必要だと思うんです。


    挑戦したくなるのは、そこに調整感が見えたとき。


    どこかのコラムで、”彼氏からの小言が多くていやになっちゃうのだけど
    それは愛されてないから?”という女性の悩みの答えとして、
    男の愛は責任感であるから、小言は責任感ゆえである。
    ということで”あるある…”と納得したのですけど
    私は男の小言は、調整感として捉えていたりもします。
    男は、女を予定調和のなかに収めたいのよね。
    もう、そういうところが、わたしは嫌、って思う事が多かった。


    ちなみにそのコラムでは、女の愛は献身と独占欲である、でした。



引用返信 削除キー/
■656 / ResNo.23)  Re[4]: 人生の節目と恋人
□投稿者/ あい 17回-(2014/04/18(Fri) 20:13:57) [ID:6b1Db5p5]
    2014/04/19(Sat) 09:30:25 編集(投稿者)

    もみじさんへ。


    > 今まで好ましく感じていたり、興味を抱いていたものが
    > 下らなく思えてしまったり、楽しくなくなってしまったり。
    >
    > とするとやはり、私が変化する
    > タイミングなのかもしれないですね。


    ふふふ。
    それは、女の子にありがちな、心変わりですよね…w


    男の子は、「手に入れた感」で心変わりをするけど
    女の子は、そこでは心変わりしないのね。


    でも
    ある意味


    ひとつの世界観を手に入れた感ではあるのかな。
    しばらくそのせかいに安住して、シェルターのような場所で
    のびのび過ごして脱皮の時を待っていたかのような。


    男性は、その世界観をキープしたまま
    新しい世界を求めていくけれども(趣味にせよ女性関係にせよ)
    女性は世界観ごと古いものを一旦破棄して、新しい世界観にはまりたい
    傾向があるかもしれません。


    >>それらが重なったとき新しい男が現れることが、背中を押しますか?
    > 新しい男は出現しないです、
    > 残念ながらストライクゾーンが狭いですしw


    へぇぇ。
    なるほど。


    >>私は、ですけれども、男性から発する調整感には嫌悪感と反発を感じて
    >>調整に挑戦しようとしたくなる。
    > これって「舞台裏」が見えてしまうことへの嫌悪感でしょうか。
    > それとも、踊らされているのではないかとの
    > 疑心暗鬼から来る反発でしょうか。


    ふたりでどこまでも行けると思っていたその舞台の広さが、
    明かりに照らされて限界を知らされるような
    「君とはここまで」と言われているような気分になる。
    言っていてなんか私、おかしいんじゃないかと思いましたけどいま。


    もっと、うまくいく前提で相手との関係を構築していきたいと
    いまは思っているつもりなんですけれども。
    相手のいろいろな考え方や闇を含めて、まるごと愛することが
    いまならできるような気がするんですけれども。
    限界を知らされるのは、愛情じゃない気がするところがありました。
    過去ね。


    > 殆どのことは、許そうと思えば許せることで、別れというのは
    > これだけは「譲らない」という己の意思だと思うのです。
    >
    > 違いを突きつけるサインになるいうよりも。
    > ここから先は無理、という意思が薄ぼんやりとでも固まってしまえば
    > あなたはココまで歩み寄れますか?という確認行動でしか
    > ないんじゃないかなという気がします。


    確認行動ですか。
    そうですねえ。


    そこは難しいなあ。


    言わずに去れば「言ってもらわなければわからない」と言われ
    言えば「赤ん坊のぐずり」と、とりあってもらえない。
    みたいな。
    男女の脳の回路が違うから、お互いの感情をトレースできないし
    そもそも枠組みの違う言葉を使っているから
    話し合いができないのかなあと思うときが多かった。
    言葉にのっている感情や意味が
    もう人によって全く違いますからね。


    愛するということにおいて、”わかりあう”の意味づけを考えたんですけど
    おそらく、男女の間には必要とされていないのかも。


    言葉でわかりあうことが、できる人もいますよ。
    主張もできるし、受け止めもものすごくできる
    高学歴で、協調性の高いリーダータイプのひと。
    私がつきあってきたのは、いつもそういうタイプでした。
    でもわたしが必要としているのが
    そういうタイプの人ではなかったから
    ずっと苦しんできたんですよね。
    まあこれは、私の内面の話。



引用返信 削除キー/
■657 / ResNo.24)  Re[3]: 人生の節目と恋人
□投稿者/ もみじ 17回-(2014/04/19(Sat) 00:43:02) [ID:GXivxnSg]
    こんばんは。
    今回、このトピックを立てた動機は三つあります。

    ひとつめは
    恋愛専門の掲示板の常連であるみなさまにとって
    恋人やパートナーが人生において
    どのような位置づけにあるのかという好奇心。

    ふたつめは
    恋人を切望するトピ主様を見るにつけ
    みなさまがなぜ、どのようなタイミングで
    恋人を欲するかに興味を持ったことから。

    ひとつめと関連してくることでもあるのですが
    相手を選んでいることからしても
    彼が欲しかったのは「恋人」ではないのですよね。

    これは、常連の方々ではなく、どちらかといえば
    ご相談者様に聞いてみたい内容なのですけれど
    みなさまならば言語化することができるのではないかと思い。
    彼という個人を取り上げたいのではなく
    適齢期とか、そういう社会的な動機よりも
    どちらかというと内面的な部分が知りたいと思ってます。

    あ、私は「自分の価値観や視野角を広げたいとき」です。

    みっつめは
    たまには雑談でも、という思いからw

    私のトピはわかりにくい気がするので、一応、補足を。
引用返信 削除キー/
■658 / ResNo.25)  あささんへ
□投稿者/ もみじ 18回-(2014/04/19(Sat) 01:06:38) [ID:GXivxnSg]
    あささん

    こんばんは。
    レスありがとうございます。

    > あいさんともみじさんは 若干意味合いが違ってるイメージに感じます 
    私もそう思います。
    そして、その差分にとても興味を抱いています。

    > もうそれをやってもやらなくとも結果は同じで 「修復が不可能」なところまで行ってしまった
    内面的な問題なので、お互いの心がけと覚悟次第で
    修復はたぶん、できると思っています。

    ただ、それをしたところで、その道の延長線上に
    お互いの思い描く、理想とする未来はないことが見えてきて。

    時間と労力の現実的な見積もりを試算したとき
    積み上げてきたものを崩して
    方向性から練り直したり
    軌道修正しようとする気持ちもしおれてしまったり。

    そういうときですね、別れるのは。
    そして「合意の上、修復をしない」のかもしれないです。

    たぶん、わりとせっかちみたいです。
引用返信 削除キー/
■659 / ResNo.26)  Re[2]: 人生の節目と恋人
□投稿者/ もみじ 19回-(2014/04/19(Sat) 01:24:23) [ID:GXivxnSg]
    ピエロさん

    こんばんは。
    お返事ありがとうございます。

    > そんなとき、まとまった休みがとれたので、埼玉から青森まで
    > 国道4号線を下っていきました。(高速道路は使わず)
    いいですね!
    私は人生に疲れるとw、何をするでもなく
    ふらりと海に行ったりします。

    > で、帰りは秋田県を回って海岸沿いを走っていたときに
    > 無性に涙が止まらなくなってしましまして、
    > 「もしかしたら、これが前世過ごした場所?」と
    > 勝手な思い込みですが、そうして帰ってきました。
    ビビッと来るようなものがあったんでしょうね。
    国道4号線を下るその旅自体も、
    なにかに突き動かされるようなものがあったのかもですね。

    > それからが今までの考え方ががらりと変わってしまい、
    > その後つきあった女性が今のおっ家内です。
    なるほど。。
    どんな風に変わったのか、とても興味があります。

    > 別な女性への興味ですが、
    > ファン的な女性は多々いますが、相性から
    > 今のおっ家内がちょうどいい具合です。
    ファン的な女性が多いのは良いですね!
    ピエロさんは愛妻家なのがとても伝わってきます。

    > トキメキはそれほど魅力的なんでしょうね。
    一瞬の魔力でも相手をグラつかせることができれば
    なし崩し的に略奪…なんてこともありますが。

    最近話題になっている某タレントさんなんかは例外として
    本命の立場は、トキメキなんかよりもずっと強いと思ってます。
    二番手が本命に格上げされるのは例外ケースのはず。

    みなさま、なんやかんやと文句を垂れつつも、
    少なくともその時期に、本能的に欲するものを持っている人を
    一番手に置いているのではないかなぁと。
引用返信 削除キー/
■660 / ResNo.27)  もみじさんへ
□投稿者/ おやまあ 37回-(2014/04/21(Mon) 03:57:41) [ID:6u7f3K0N]
    > 恋人やパートナーが人生において
    > どのような位置づけにあるのかという好奇心。

    コレ!という答を言い切るのはちょっと難しいからいったん横に置きます。
    ところで、もみじさんは案外せっかちなだけでなく、思い込みが強い方で
    ないでしょうか?w (← 長くなりそうですが、後述)


    > 相手を選んでいることからしても
    > 彼が欲しかったのは「恋人」ではないのですよね。

    とりあえず、「本能」じゃないの?くらいしか僕には言いようがないですねぇ。
    掲示板で恋人を切望する人たちは、とにかく「彼女(彼氏)がほしい!」だし。

    男はよく、女であればすぐにアワヨクバの欲望を抱くスケベな生き物だとは
    言われがちだが、「女なら誰でも」とまで受け取られるとあまり正確でない。
    たいがいの男は、まずいちばんに女の容姿へ目が行くし、惹かれますよ。
    それも「選ぶ」にあたって一項目であるし、むしろ男というのは 女の容姿に
    対するストライクゾーンは人それぞれにかなり狭く、寛容度、妥協度は低い。

    人として第一に重要なのは容姿より中身だと。
    したがって、女の容姿だけを見て、いったい中身の何がわかるの?と。
    そういった建前で反論されちゃえば色恋の実態として身もフタもないけども、
    かえって特に女性の方が、「選ぶ」行為に曖昧さがあるとさえ思えます。

    なぜかって?
    飲み会で髪を撫でられたり肩や腰を抱かれたり、または学校や職場などで
    見え透いたおべんちゃらを言われまくっているうちに 「彼が気になります」と
    言い始めるのは ほとんどが女性であるのは掲示板でもお分かりの事実。

    そして「気になります」が始まった後から、
    でもチャラいところは気になります・・・
    女慣れしているようなのが気になります・・・
    本気で私に好意を持ってくれているのでしょうか?・・・
    って風な相談が来るわけで、つまり男の中身を気にする思考は後回し。
    それどころか、「以前は単に同僚としてしか見れてなかったのですが」って。
    当初は容姿による選別やヒイキすら していなかったのに、ってことですね。

    良くも悪くも男は「ちょっと好みの女と見るとアワヨクバ」の傾向を否めない
    代わりに、いざ親密になってからこそ女を見る目はずいぶんと厳しいかと。
    女の部屋を訪問したら、ちらかり具合にウンザリしてしまったり。
    台所仕事や調理の手際が粗雑だったりしても魅力が失せたり。
    社会的な教養が低すぎても、人間的な興味を失ってしまったり。
    将来の伴侶として候補にするためには資質の細部をチマチマ観察しがち。

    女性には、男とは正反対の流れの人が多いですね。
    いったん気になりだすと、もしくはいったん親密になれば、日ごろ語っていた
    理想の男性像はどこへやら、どんな難点だらけでも規範意識が低い男でも、
    「好きなんですー!でも、大好きなんですぅー!」になってしまう。


    男の1人として言わせてもらえば、「恋人」という肩書きの女を欲しいだけの
    欲求が先に立った場合でも、やっぱり「選ぶ」のではないでしょうか。
    人間とモノをいっしょにして例えるのは語弊がありますが分りやすく言えば、
    自家用車を買うとしたら、誰しも真剣に悩みつつ十分に吟味するのと同様。
    大方の使用目的になら、レンタカーでもタクシーでも用をなす。
    とはいえ、自分だけの所有物である自家用車への満足感はまた格別。
    毎日乗っても乗らなくても、常に目の前にあって触れられれば愛着も湧くし、
    ついついワックスがけして輝かせ、悦に入ったりの充実感もある。
    でも自家用車となるとメンテ、税金、保険などなどに金も手間もかかります。
    高額な新車を買う以上、形と色の細部にも納得しないと踏ん切りつかない。

    たまに接するだけのレンタカーならね、傷もあろうが凹みもあろうが気には
    なりません。最近は最終目的地での乗り捨てもできて便利だ。
    傷だらけのレンタカーを運転しても「おっ!この車種、なかなかイイなぁ」と
    そこそこ気に入ったりするが、いざ自分も買おうと思えば細部まで再検討。
    レンタカーでも自家用車でも箱根へドライブには行けるが、自家用車として
    入手せんと思い浮かべば、自然と気持ちのスタンスは異なってきます。


    > あ、私は「自分の価値観や視野角を広げたいとき」です。

    恐縮ですが、素朴な疑問で素直にツッコミを入れさせていただきます。w

    一般に 多彩な人間関係を持つことによって視野が広がるとは思いますが、
    未知の価値観や未知の視点を敢えて1人の異性から学びたいと考えたら、
    極端には 「この男ったら、いったいナニ考えてんの!?」と驚くか呆れるか
    するような人物へ興味を持って深入りしてこそ新たな発見と学びに繋がる
    のではないかと僕は思えます。
    過度に突飛な個性は、興味は湧いても恋人にするは躊躇するだろうが・・・。


    掲示板で若い子が、「気になる男性」について、しばしば嬉々として言う。
    「Aさんと話し込んだら価値観や考え方がピッタリ合うんです!」なんてね。
    そんな深いところで本当にピッタリと合ったら、意気投合することこそあれ、
    新鮮な学びなどは生じにくい理屈でもあります。
    もちろん、気が合ってウマが合って ひたすら楽しい!という恋愛も大いに
    けっこうなことです。ご本人たちが幸せを感じるならば否定はしません。
    けれど考え方の差異について時には議論し切磋琢磨しないと、結果的に
    自己の研鑽は生じにくいのではないでしょうか。


    もみじさんは、思想と感性へ共感できることが男選びの必須の条件だと
    仰ってきました。
    なら、どちらかといえば、前述の「ピッタリ合う男」を探すのと ほぼ同義と
    理解できますが、違いますでしょうか?

    それでもまぁ、僕は肯定的に整合を試みてみました。w
    自分と男の思想や感性は同類だけど、そこを踏み台にして更にお互いに
    高め合おう!と。 お互いに現状以上の成長を常に志そう!と。
    多分そういったお考えなのだと深読みすると、入口としては納得できます。


    ・・・が それならそれで、もみじさんの他のレスを参照しつつ 別の疑問が
    湧いてきてしまうのです。
    歯に衣を着せないツッコミはこれから。ww

    今までの独白を通じてよく読解しつつ考えてみるに、 もみじさん本人は
    自覚しないままに、 意外に思い込みと思い入れが激しく生じるほうでは
    ないのかな?とも思いました。

    自らストライクゾーンが狭いとおっしゃるごとく、 「思想」「感性」といった
    高いレベルで厳しいメガネに適ったはずの男たちが、 それほど長期の
    交際に至らないうちに、理想像ではなくなってしまうわけですよね。

    ある男の考え方、および(音楽の好みとかまで含む広い意味で趣味と
    表現されるところの)感性が急変するなんて、普通は考えにくいことだ。
    当初は惹かれた明確なポイントの何点かが急に下らなく思えてきたり
    楽しくなくなったりと つまり新鮮味を失ってしまうという事態は、男側の
    問題というよりは もみじさんの感じ方次第でしょう。

    男のキャパ云々は、その男の元々の根本的な資質の一つだし。
    先にも書いたように、始めからうっすらと感じ取れそうな部分だし。

    もみじさんの成長に男が追いついてこれなくなった時、のような説明も
    見られますけれど、もみじさんも10代やハタチそこそこでもあるまいし、
    そう短期に思想と感性の変化なり成長なりという「節目」が現れるとは、
    それもまた考えにくいことだし。

    将来的にもみじさんが理想とする自分像と、彼氏が望むもみじ像との
    ギャップに気づいた時に、という記述もありましたが、その種のいわば
    異性観、人生観に属す価値観の折り合い具合は、一般に人が伴侶を
    選ぶ局面で最も留意して展望し、見定めようとする重要な点だろうし。

    狭いストライクゾーンを通過して 思想までも確認される厳しいチェックに
    合格して惚れ込まれていた男が やがてある日「ここから先は無理」とか
    「あなたはココまで歩みよれますか?」などと突きつけられる羽目に陥る
    なんてことは、男側とすれば青天の霹靂だろうし。

    考え方や感性や能力などを重視して吟味して男を選ぶタイプの女性に、
    別れもやむなしの「これだけはどうしても譲れない」気持ちがそう毎回も
    出てくるのは、僕にはちょっと不思議だといえば不思議だし。

    以上 その他もろもろから、もみじさんの言い分をひらたく言い換えると、
    「男のメッキが剥げた」という風にしか解釈できないのです。
    非常に失礼なのは承知で、もみじさんの独白を更に表現し直すと・・・、

    入口と出口の落差が、「え?こんなはずでは・・・」という感じで大きい。
    入口で審査が厳しかった割りに、出口へ至るダメ出しも同様に厳しい。
    実は そうたいしたことのない男へ、「たいした男だ!」と惚れてみたが、
    やがて「なんだ〜 たいした男でなかったじゃん!」と気づくことがある。
    結局はそういう話に聞こえるゆえ もしかして 意外と思い込みの激しい
    突っ走る面があるのでは?という憶測に至りました。

    念の為、イジワルを言ってるつもりはないからね? 思考の切磋琢磨。ww

引用返信 削除キー/
■661 / ResNo.28)  オマケ
□投稿者/ おやまあ 38回-(2014/04/21(Mon) 04:57:57) [ID:6u7f3K0N]
    ノーベル賞作家 バーナード・ショウは色々な名セリフを残してるので
    いくつかは聞き及んだことはあるかもしれませんが、ここで二つほど。

    「女の自惚れを満足させてやるのが、男の至上の悦び。
    女の至上の悦びは、男の自惚れを傷つけること」

    そっか。そうなんだー、と納得して心に刻み、
    男は、若い女の子にありがちな自意識過剰で高飛車な上から目線の
    発言や態度を臆せず流し、女をオダテまくってでも口説きましょう!w



    彼はスピーチの達人でもあったので、その秘訣を問われました。
    「スケートを学んだ時と同じ方法です。
    何回もヘマを繰り返して笑い者になり、それに慣れるようにしました」

    これなんぞ、「断られるのが怖くて、誘えません」をキマリ文句にして
    いる人たちへは良き教えだと思うんだけどなぁ。ww
    習うより慣れろで、どんどん誘っていれば、そのうちに達人に。w

引用返信 削除キー/
■662 / ResNo.29)  Re[3]: 人生の節目と恋人
□投稿者/ もみじ 20回-(2014/04/22(Tue) 00:36:49) [ID:GXivxnSg]
    おやまあさん。

    こんばんは。
    お返事ありがとうございます。
    大変興味深く拝見しております。
    書きかけていた分をまずはそのまま投下します。

    > 効能、薬効といったものかな。漢方薬だな。ww
    継続して服用する必要がありそうですねw

    > 精神的な何かとは、強いて自己分析したらもちろん僕なりの弱点だって
    > あるのだけど、特段に病的だなどとは思えない上、似たタイプの男女は
    > 数十万単位の数でいるはずだと。
    > つまり苦もあれば楽もあるのがひとしく人生だとは、ほぼ納得していた。
    あ、なるほど。
    その人と出会って投薬され、症状が緩和されてからはじめて
    己の病気を自覚したというくらいのイメージなんですね。

    おやまあさんの例えになぞらえて病気と書きましたが
    私のも文字通りの病、という意味ではなく、比喩です。

    おそらく、私はおやまあさんよりは具体的に
    欲する男性像も思い描いているのに対し
    おやまあさんは偶然に、
    ある病を解決できる相手を選び取った。

    それは自分の深層心理や、己の求めるものへの
    自覚度の違いかなとはじめは思いました。
    例えば心底では「優しい彼女が欲しい」のに
    「都合よく扱える女が欲しい」と言い換えてしまったり
    自分の頭の中も書き換えてしまったり。
    心と言動と頭の調和が取れていない人、結構多いですよね。

    けれども結局、
    狙い澄ましたところで私は別れているのですし。
    頭や言葉で考えることには限界があり
    あまり意味ないのかも、とも思ったりしました。
    人間が本当に求めるのって意識の上では
    想像したこともないような、
    そういうものかもしれないですね。

    > まぁ、許し合うというよりも、許し合える。
    > ものすごく細かい たくさんのギザギザがピタリと噛み合って、全体で
    > 自然と気楽にギブ&テイクができてしまうような相性。
    > そして良い意味での強い依存関係もあると。
    > 奇跡的なほど幸運な巡り合わせだが、いずれにしろこれは最強です。
    恋人と噛み合っているときは、
    別れの瞬間までは、そういう相性なんですけどね…w

    > その意味でのテクを弄して 複数を抱え込んでおける女たちだとしたら、
    > それほど上等の部類ではないと思うが?ww
    あいさんの仰っていた意味とは異なりましたが、それはともかく
    もし彼女たちも割り切っているとすれば
    片目を瞑れば見えなくなる程度にまやかしてくれれば
    十分かもしれないですね。

    > 詳しくはわからないけど、なんとなく、
    > 自分が相手に求めるキャパの過不足って、知り合って程なくおおよそ
    > 感じ取れるものではないの?
    最もキャパを強いられるのは、変化のタイミングだと思うのです。
    今までの自分をいったん否定して
    既存の価値観を壊さなければいけなくなった瞬間だったり。
    主導権が入れ替わる瞬間だったり。

    > 例えば、
    > 「アンタって、ほんっとに頭ワルいのねー!」とでも言われたとしたら、
    > 「だって、わからなかったんだもーん!」と思えばそう答えるし〜
    おやまあさんは、「多少傷ついたとしても、気に病まずに受け流せる度量」に
    プライドを持っていて、だからムキになる自分を許さないのではないかなと。

    人に安易に察せられるような弱点を持つことを許さない、
    あるいは見え透いた弱点は最初から認めてしまう、
    そういうプライドの持ち方をしている、というだけで。
    私もおやまあさんはとてもプライドが高いほうだと思いますw

    > 厳密にはプライドでなく、見栄や虚勢が強過ぎるのではないのかな。
    その男性の「見栄や虚勢」を指摘することこそが
    プライドを傷つけることであり。
    見栄や虚勢が強いほど、確かに傷つきやすくはあるのですが。

    10代や20代でプライド、自信の裏づけとなる経験を
    そうそう身に付けられるはずもなく。
    まずは虚勢から入り実力を身に付けていって
    どんどん身軽になる…というのは
    割とスタンダードな型ではないでしょうか。

    そして、男性にとって女性を手中に収めたり
    自分を慕ってもらうことは「虚」の穴埋めでもあったりして。
    そこで、身内である女性から対等に、真っ当に指摘を受けたり噛み付かれると
    バランスを崩してしまう男性は少なからずいるでしょうね。
引用返信 削除キー/

<前のレス10件 | 次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 >>

このスレッドに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:1 現在のレス数:36) → [スレッドの新規作成]

Pass/

トップページへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -