みんなの恋愛観は現在閲覧専用になっております。

みんなの恋愛観(閲覧用)

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■11667 / inTopicNo.1)  脈について
  
□投稿者/ ライコ -(2010/04/02(Fri) 19:07:18) [ID:XiydjXNd]
    脈について

    □投稿者/ ライコ -(2010/04/02(Fri) 19:03:45)

    こんにちは。

    最近ふと、というか、今更ながらというか
    疑問に思ったことがあったので皆様のご意見をお聞きしたいと思い、
    トピを立てました。

    よく、脈アリか、脈ナシか、といった恋愛相談を見るのですけど
    そもそも「脈」というのはどういったものなのでしょう?

    自分でも何気なく使っていましたがよくよく考えると
    コレは結構認識に差があるものなのかもしれないと思ったのです。

    例えば、相手も自分を好き、というのが脈アリなのか?
    明確に好きまでいかなくとも恋愛対象ならば脈アリなのか?
    恋愛対象か否かに関わらず、友好的な関係を築けているなら脈アリなのか?
    嫌われてさえいなければ脈ナシとは言わないのか?

    勿論、人それぞれに違うと思いますので
    相談においてはそれをトピ主さんに確認するしかないとは思うのですけど
    皆様はどういった感じ方をされているのかなぁと思った次第です。

    よろしくお願いいたします。


引用返信 削除キー/
■11669 / inTopicNo.2)  Re[1]: 脈について
□投稿者/ decision -(2010/04/02(Fri) 20:57:46) [ID:v2ySx6c6]
    私にとっての「脈」は「可能性」ですね。
    もしくは、予見とか見通しとか。

    恋愛の場合で言えば、自分の好きな人が自分に好意を持ってくれる可能性がありそうだと思えれば、「脈アリ」だと考えます。

    「脈ナシ」はその逆ですね。
    自分には好意を持ってくれる可能性が無さそうだと思えば、「脈ナシ」と考えます。
    「嫌われてさえいなければ」程度でしたら、私なら「脈ナシ」と表現しますね。


    あと、「脈」自体は恋愛に限らず使います。
    特に仕事上の引合(取引)の時にはよく使いますね。

    ただ、ここの掲示板は「恋愛相談」なので、暗黙的に恋愛に限って考えていますけど。


    あくまでも、個人の予想や見込みでしかないと思っているので、(こと恋愛については)あまり脈がどうかというのは意識していません。
    特に当事者は主観的にしか見れない場合が多いと思いますし、感じ方も極端になりやすいと思いますし。

    結果として、恋愛の場合は、あまり脈の有無自体は意識しない方が良いというのが、私の考えですね。

引用返信 削除キー/
■11670 / inTopicNo.3)  Re[1]: 脈について
□投稿者/ おやまあ -(2010/04/02(Fri) 22:08:01) [ID:v7zrgS94]
    こんにちは。

    > よく、脈アリか、脈ナシか、といった恋愛相談を見るのですけど
    > そもそも「脈」というのはどういったものなのでしょう?

    実はそのテーマの解釈は恋愛相談のレス中にもしばしばサラッと
    散見されますけども、僕も以前にこの恋愛観コーナーで「脈とは?」
    というスレを立てました。
    もう消えてしまっていますが、かなり大きなツリーになったかと。

    で、僕としては僕流の解釈を何度かアチコチで書いたことがある
    のですが、繰り返して簡単にまとめてみますと・・・
    「脈」を、文字通り「金の鉱脈」に例えます。

    まずは色々な方法で色々な角度から状況を精査して、ここには
    「金脈がある!」と確信したら、最も効率の良さそうな合理的な
    掘削法を考え、道具を揃えて周到に下準備し、必要なら他人の
    助力も乞い、金鉱に行き当たるまで汗水たらして掘り進みます。

    前途は順調で楽とは限らない。
    時には落盤事故に遭い、時には酸欠で危ういこととなり・・・
    それでも、自分で「必ずここに金脈はある!」と固く信じられたら、
    信念と精神力をもってメゲずに粘る。
    他人が「アイツ、バカだな。あんな場所に金鉱があるはずないよ」
    と揶揄しても、自分の調査能力と勘を信じる限り、頑張る。
    そうして、ついに金鉱を掘り当てて「万歳!」を叫ぶ。

    色恋における「脈」も、概ねこういうものじゃないでしょうか。

    自分で金鉱を掘り当てて勝利の快哉を叫びたいのにも拘わらず、
    相談投稿では「真剣です!!」などとまで言いながら・・・
    落盤事故どころかメールの返信が遅いだけで「脈ないですね」と。
    酸欠で死にかけたわけでもあるまいに、食事に1回か2回誘って
    断られれば、「やっぱ脈ないですよね」と。

    挙句は赤の他人へ「脈ありますか?」と尋ねて、確答を欲しがる。
    仮に誰か密かに「掘れば出る」ならぬ「押せば落ちそう」な金脈の
    存在を夢見て、僕に「脈ありますかね?」と聞いてきて、僕がその
    山ならぬ女を眺めて「ダイヤモンドか金の輝きだ!」と感動すれば、
    その山へは僕が先にサッサと手をつけて、かっさらいますよ。(笑)

    掲示板上で相談者が使う「脈ありですか?」という表現。
    どうもその意味は事実上、軽くコナかければ相手は二つ返事で
    「実は私もあなたが好きだったのよー!」と駆け寄ってくるような、
    いわゆるタナボタがありますか?と問うているようなものだ。

    自分で金鉱を掘り出すための、ありとあらゆる調査、思考、準備、
    努力を怠っておき、せいぜい数回デートを続けた後、告白という
    僅か1、2分で済んでしまうような儀式に全てを賭けたら、自分が
    大好きな女が手に入ってしまいそうに考える発想の不思議さ。


    > 相談においてはそれをトピ主さんに確認するしかないとは思うのですけど
    > 皆様はどういった感じ方をされているのかなぁと思った次第です。

    たまたま僕もここ数日、そんなことを考えていたのです。
    ただ、その疑問は相談者へ問いかけるべきであって、回答者の
    常連さんが意見交換するのが主のこの恋愛観コーナーでネタを
    振っても、無意味かな?と思って控えていたところだったのです。

    「脈ありますか?無いですか?」という端的な質問は非常に多い。
    つまりは、「白か?黒か?」の二択の聞き方だ。
    となると、こちらも端的に呼応して簡潔に私見をレスするとしたら、
    「あります」、または「無いです」だけで済む理屈だ。

    そして、相談者にとっては幸いにも「あります」と答えられた場合。
    「さて、それからどうするんだろう???」というのが、
    ここ数日、僕が頭に浮かんでいた疑問なんですね。

    「脈あるか否か、真剣に悩んでます!どうか教えてください!」と
    絶叫せんばかりの相談者が少なくないですよね。
    そこへ「脈、ありますよ」と答えたらそれで問題解決で、相談者は
    狂喜乱舞して喜ぶのかな?
    脈アリか、脈ナシか。白か黒か。
    そう問われたら、答えもアリかナシの二つに一つだ。
    もちろん、その二択の回答自体が個々人の感想や憶測による
    私見に過ぎないのは確かなのですが、いずれにせよ相談者が
    知りたがっているのは脈の有無だから、とりあえず回答は簡潔。

    「○○さん、こんにちは。
    脈、ありますよー。
    じゃ、サイナラー」って。(笑)

    掲示板に相談投稿してくる人たちのタイプを長年見続けてきて
    今更ながらに老婆心ながら思うに、
    「脈アリです」と答えられた相談者さん、その後どうするんだろう。
    実際問題、それ以降は僕らは何ら具体的な手伝いはできない。

    まさか、まさか。
    掲示板で大勢から「脈あります! 絶対あります!」とレスを
    もらったら、その晩は安心しきってグッスリと眠り、翌朝目が
    覚めたら隣に「彼氏」がいる、な〜んてことを・・・
    まさか期待してはいないだろうねぇ。

    全身にスリ傷、切り傷を作りつつ、金鉱を目指して汗水をたらし、
    自分の勘なり掲示板でもらった「脈アリ」のレスを信じるなりして
    時には黙々と時には試行錯誤して頑張らなきゃ、たとえ金鉱が
    地中深くにあっても、掘り出せないと思うのだけどね。

引用返信 削除キー/
■11671 / inTopicNo.4)  Re[1]: 脈について
□投稿者/ もみじ -(2010/04/03(Sat) 00:17:30) [ID:bVylrJRR]
    こんばんは。おひさしぶりです^^

    > よく、脈アリか、脈ナシか、といった恋愛相談を見るのですけど
    > そもそも「脈」というのはどういったものなのでしょう?
    どうやら相談者様によって随分違いがあるみたいですね。
    ・程度や種類を問わず好意があれば脈あり(嫌われていないか知りたい)
    ・自分と同じレベルの好意があれば脈あり、それ未満なら脈なし
    ・告白をする前にOKを貰える可能性を知りたい
    ・好意を感じるが思い過ごしでないか確認したい
    ・今後のアプローチにGOサインを出して欲しい
    などなど・・・。占い程度の感覚の人もいるでしょうね。
    厳密に脈の意味まで考える方ならば二択の質問はなさらないだろうと思います。

    私の個人的な感覚ですが、男性は勘違いクンになるのを恐れている場合が多く
    女性は可能性が低そうだと自覚している恋愛に光明を見出したい場合が多いように感じています。

    動機は違えど後押しを欲しているわけですから、
    殆どの相談者様は少しでも可能性があれば「脈あり」だと言って欲しいのでしょうし
    そう言ってもらえないと頑張れないのでしょうね。
    現時点では脈がなさそうだと思われても、ストレートな表現ではなく
    「今はまだわかりませんが、これから脈が出てくるかもしれませんね」と
    当たりの柔らかい言い回しが好まれるのだろうなと。

    私自身は脈(お付きあいできる可能性)があるかないか?という考え方はしません。
    成功率が何%であろうと、お付きあいできるかできないか、どちらかですから。
    ただし、相手の気持ちがどの程度自分に向いているかを正しく認識している方が
    効果的なアプローチができると思いますので、そういう意味で「脈を測る」ことは必要かなと思います。
引用返信 削除キー/
■11672 / inTopicNo.5)  Re[1]: 脈について
□投稿者/ まーちゃん -(2010/04/03(Sat) 00:19:25) [ID:f7Gt0CNn]
    相手も私の事を知りたいとか二人の時間を過ごしたいと
    アプローチしてきたときは脈ありですね。
    脈は作るものとも言われますが?

    簡単に言うと相手が私に興味が沸いたら?
    ではないでしょうか?

引用返信 削除キー/
■11673 / inTopicNo.6)  Re[2]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/03(Sat) 03:11:35) [ID:XiydjXNd]
    decisionさん、ありがとうございます。

    >私にとっての「脈」は「可能性」ですね。
    >もしくは、予見とか見通しとか。
    >自分の好きな人が自分に好意を持ってくれる可能性がありそうだと思えれば、「脈アリ」だと考えます

    なるほどです。

    「可能性」の意味を調べてみましたら、
    ・物事の実現する見込み。
    ・今実際にそうではないが、そうでありうる範囲・程度のこと。
    ということが書かれていました。

    「今」という一点だけを見つめるものではなく、
    長い目で見て考えてどうか、という見方をしているということですね。

    となると
    >結果として、恋愛の場合は、あまり脈の有無自体は意識しない方が良いというのが、私の考えですね。
    これは勿論そうなりますよね。
    未来はわからないから、という点で。

    納得です。

    >あくまでも、個人の予想や見込みでしかないと思っている
    >特に当事者は主観的にしか見れない場合が多いと思いますし、感じ方も極端になりやすい

    脈アリか脈ナシか、という質問は
    何かを確実にするためのものなようで結局
    それ自体が賭けである、という感じでしょうか。

    わかる気がします。
引用返信 削除キー/
■11674 / inTopicNo.7)  Re[3]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/03(Sat) 03:44:40) [ID:XiydjXNd]
    おやまあさん、ありがとうございます。

    >「脈」を、文字通り「金の鉱脈」に例えます。
    >まずは色々な方法で色々な角度から状況を精査して、ここには
    >「金脈がある!」と確信したら、最も効率の良さそうな合理的な
    >掘削法を考え、道具を揃えて周到に下準備し、必要なら他人の
    >助力も乞い、金鉱に行き当たるまで汗水たらして掘り進みます。

    なるほどです。
    脈の有無自体は「精査」によって判断しているということですね。

    >自分の調査能力と勘を信じる限り、頑張る。
    >そうして、ついに金鉱を掘り当てて「万歳!」を叫ぶ。
    >色恋における「脈」も、概ねこういうものじゃないでしょうか。

    個人的に新しい見解を見つけた気持ちです。
    おやまあさんにとっての脈とはつまり「己を信じる力」のようなものでしょうか。
    その前に「精査」があるとはいえ、そこから先の大部分は
    「そう決めてとにかく進む」という一つの根性論的なもの。
    (方法自体は試行錯誤があるとはいえ、根底には、という意味です)

    そう考えると、「精査」すらもいらないものともいえるのかもしれませんね。
    脈はある!と信じて・・・もっと言えば思い込んで、
    脈に到達するまで掘り続ける、というのでもいいのかもしれません。

    >自分で金鉱を掘り出すための、ありとあらゆる調査、思考、準備、
    >努力を怠って

    脈は作るもの、という考え方からすれば
    あるかないか、という考え方は怠惰であるとも言える、ということですね。

    >たまたま僕もここ数日、そんなことを考えていたのです。
    >ただ、その疑問は相談者へ問いかけるべきであって、回答者の
    >常連さんが意見交換するのが主のこの恋愛観コーナーでネタを
    >振っても、無意味かな?と思って控えていたところだったのです。

    そうなんです。
    私もトピ立てする前にそこで一回立ち止まりました。
    しかしそこで私は、相談者さんだけでなく
    もっとたくさんの方の見解を聞いてみたいな、と思いました。
    相談者さんとは一対一ですが。
    恋愛観コーナーでは一対多数でご意見をいただけます。
    私のこのトピはある意味、相談でもある、ということなのかもしれません。
    その上で内容的に恋愛観コーナーが適している気がすると思って
    こちらに書いた、という感じです。

    >そして、相談者にとっては幸いにも「あります」と答えられた場合。
    >「さて、それからどうするんだろう???」というのが、
    >ここ数日、僕が頭に浮かんでいた疑問なんですね。

    おやまあさんの場合、
    特に掘り起こす作業のほうが重要だ、という考えな気がしましたので
    わかる気がします。

    >まさか、まさか。
    >掲示板で大勢から「脈あります! 絶対あります!」とレスを
    >もらったら、その晩は安心しきってグッスリと眠り、翌朝目が
    >覚めたら隣に「彼氏」がいる、な〜んてことを・・・
    >まさか期待してはいないだろうねぇ。

    むしろ、安心などせず、野心を持ち続けたほうが
    脈に当たる可能性は上がるのかもしれませんね。

引用返信 削除キー/
■11675 / inTopicNo.8)  Re[4]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/03(Sat) 04:15:10) [ID:XiydjXNd]
    もみじさん、ありがとうございます。
    おひさしぶりです。

    >どうやら相談者様によって随分違いがあるみたいですね。

    そうなんですよね。
    どうも話がかみ合わないぞ・・・と思うことがありまして
    それはもしかしてココか?と思った次第なのです。

    >動機は違えど後押しを欲しているわけですから、

    なるほどです。
    私は単純なので、
    有無を聞くということは判断をしてほしいのだと思っていましたが
    (だからこそ、聞かれても難しいと思っていたのですが)
    誰かに応援して欲しいという気持ちだ、と言われれば納得です。

    同じ人間として、その気持ちは理解できますし
    同時に、自分の力だけで動けないことが時に恋の致命傷になり得ることも
    自己の経験を通して知っている。
    難しいものですね。

    >成功率が何%であろうと、お付きあいできるかできないか、どちらかですから。

    わかります。
    私もそういう考え方なので、可能性はいつも五分五分だと思っています。

    >ただし、相手の気持ちがどの程度自分に向いているかを正しく認識している方が
    >効果的なアプローチができると思いますので、そういう意味で「脈を計る」ことは必要かなと思います。

    これがまた、難しいところですね。
    「こうしたほうが良さそう」なことと「こうしたい」ことと「こうしか出来ない」こと。
    その折り合いをどうつけるか。
    恋愛の悩みはいつも、そこでぐるぐる回っている気がします。

引用返信 削除キー/
■11676 / inTopicNo.9)  Re[5]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/03(Sat) 04:21:00) [ID:XiydjXNd]
    まーちゃんさん、ありがとうございます。

    >相手も私の事を知りたいとか二人の時間を過ごしたいと
    >アプローチしてきたときは脈ありですね。
    >脈は作るものとも言われますが?

    なるほどです。
    シンプルなご意見ですんなりと入ってきました。
    相手からの行動があるかないか、というのはわかりやすいですね。

    >簡単に言うと相手が私に興味が沸いたら?
    >ではないでしょうか?

    その興味の種類は問わず、ということでしょうか。
    まずは人間として関わってみて、という感じでしょうか。

    人はつい、恋愛や異性を意識してしまうものですが
    大切な部分だと思います。

引用返信 削除キー/
■11677 / inTopicNo.10)  Re[6]: 脈について
□投稿者/ いもり -(2010/04/03(Sat) 12:32:39) [ID:8KT74m7B]
    脈とは、成功する道筋があるかないか、かな?

    相談で聞くのは、無意味な感じがするなぁ…
    相手と実際に関わって反応をみて、やっと判断できるわけで。
    相談者の期待とか諦めが入っちゃってると、よくわかんないのではないかと。
    てか、諦めなければ可能性0ではない(と、思う)し。
    自分は脈ってあんまり考えないので、考えがふわっふわしてる(笑)


    自分が楽しいな、と思うと相手も楽しいと思ってくれてるかな?
    自分はそんな楽観的な思考をするので。笑
    そもそも、自分だけ楽しくて、相手が楽しくないかも?なんて状況つくっちゃったら
    相性悪いか、努力が足りないんじゃん??とか思ってしまう。
    合う人と付き合いたいなら、相性を見る目がないし。
    合う合わない関係なく、好きな人を落としたいなら努力が足りんしょ。
    前者の場合は脈を見つける、後者なら脈を作るになるのかな。
引用返信 削除キー/
■11681 / inTopicNo.11)  Re[4]: 脈について
□投稿者/ おやまあ -(2010/04/03(Sat) 18:28:28) [ID:v7zrgS94]
    ライコさん、再びこんにちは。

    > そう考えると、「精査」すらもいらないものともいえるのかもしれませんね。
    > 脈はある!と信じて・・・もっと言えば思い込んで、
    > 脈に到達するまで掘り続ける、というのでもいいのかもしれません。

    いえいえ、僕の場合、さすがにパワー頼みの盲信はしませんよ。
    誰かを死ぬほど好きで、どんなに体を張って、かつお金も時間も
    かけて努力をしても、ダメなものは天地がひっくり返ってもダメと
    知っています。

    なので、いざ全力で臨もうと決意できるためには「精査」が非常に
    大切な前提だとも思っています。
    これでも意外に臆病、心配性、石橋を叩いて渡る性格。(笑)
    ただそれは、「よし、イク!」と決める前の段階で慎重なだけかな。


    > 脈は作るもの、という考え方からすれば
    > あるかないか、という考え方は怠惰であるとも言える、ということですね。

    もともと抽象的な比喩なので、言葉遊びに陥るのは避けたいが、
    「脈は作る」というより、「キッカケ作り」がまず必要なのだと思う。
    金脈はある!と確信した上での、掘削の「起工式」かな。(笑)

    僕が掲示板上の片想い相談を何年も見ていて常に感じるのは、
    たいがいの片想い相談する人たちは、
    (1).「精査」をしない。怠慢、もしくは「精査」が苦手。
    (2).脈はありそうだとほぼ感じられても、「掘削工事」をしない。
    ・・・という、主に2点です。

    上記(1)について。
    オッサンの若者へのありがちな小言のようになって恐縮ですが、
    巷間言われているように、今の若い人は対人関係へ消極的で、
    ひいてはコミュニケーション能力が不足しているとは、常々から
    僕もしみじみ思うところなのです。

    人の感情、心の機微、動きや変化、および反応は、そう簡単に
    文章では説明しきれない実に複雑なものです。
    押せ押せ派の論法は、時として文章では誤解され易いでしょう。
    ある異性と接して会話し、内容をそのまんま掲示板上に文章で
    載せても、正確なニュアンスや暗黙の示唆は表現できません。
    というか、第一に相談者の感性、洞察力、そして文章表現力が
    問題になるので、結局僕らは相談者独自のフィルターをかけた
    報告しか読めないわけです。

    敢えて単純で極端な例を出してみます。
    男が、目当ての女の子を食事に誘った。
    女は、「アンタなんか嫌いなんだから、二度と誘わないでよ!」と
    答えたとする。
    女のセリフがそのまま文章で伝えられれば、まぁ大半の人なら
    「ダミだ、こりゃ」と思うでしょう。「脈」は無いでしょうね、と。

    だが掲示板上では無味乾燥な文字の羅列が見られるだけです。
    女の目つき、表情、声音、イントネーション、身振り手振りなどは
    僕らはまったく察せない。
    生身の人間と直に対峙している当事者だけは、それらを瞬時に
    観察することができす。
    加えて、当事者たちならではの日頃からの状況、環境、相手の
    性格などを総合的に勘案しての判断が可能だ。

    とりあえず言葉の上では「二度と誘わないでよ!」と言われたのに
    「二度目」を誘ったらどうなるか。
    「だからぁー!二度と誘わないでと言ったでしょ!」と言われるかも
    しれませんね。
    それでも更に「三度目」を誘ったらどうなるか。
    「んもうぅーっ!!・・・わかったわよ!じゃ、いいわ」と、渋々にでも
    OKしてくれる可能性はあるんですよね。
    色恋は、聞こえの良い恋愛論より、実践と「結果良ければ」が全て。

    これは別にセオリーではありません。
    人間関係で、また男女関係でも決して例外でなく、こうした展開は
    日常的に往々にしてあるということを言いたいのです。
    「押せば必ずそうなる」ではないが、「押せば、なんとかイケるという
    関係や状況は必ず一定の確率である」のが人間ならではの世界。
    そして「押し方次第ではなんとかイケるかもしれない」のを読むのが
    「精査」ですね。

    精査の材料は、前述のように人の表情、顔つき、イントネーション、
    二人を取り巻く前後の状況、相手の深層心理などですが、これが
    片想い人の発想の中でははほとんど材料として除外されている。
    材料といえば、やれメールの返信に要した時間だの、やれ文面に
    絵文字があるか無いかだの、あまりに浅薄なマニュアルだけ。

    誘いの断られ方でも、なまじバカ丁寧な言葉使いでごもっともな
    理由を挙げて断ってくる人間の方が、むしろしたたかな難敵だ。
    愛想のカケラもなく素っ気無い返事をよこしたといっても、脈が
    無いと短絡するのは間違っている。
    世間には気が利かない、気が回らない、他意なくぶっきらぼうな
    人もいるわけで、それこそ日頃から知っている当事者ならばこそ
    正しい解釈も深読みの精査もできるはずなのです。
    俗説マニュアルを、どこの誰にでも、どんな状況でも適用してたら、
    そりゃ一つか二つのエピソードだけで行き詰ってしまいますよね。

    それにまた「一定の確率」で押してなんとかできると言いましたが、
    僕が長く生きてきての経験則からも身近な見聞からでも、押して
    どうにかした人の勝率は、おそらく皆の予想以上に遥かに高い。
    そもそも金脈を掘り出そうと欲したら、多少のスリ傷や切り傷なら
    いとわず努力してもよさそうだが、掲示板を見ている限りで言うと
    悲観するのがあまりにも早すぎる。
    自分可愛さゆえの臆病が多すぎる。
    もっとウガって言わせてもらうと、本来は「自分可愛さ」や臆病さを、
    相手への「思いやり」へすり替えるのが得意な人が多いね。(笑)
    これ以上メールしたら迷惑だと思って・・・とか。
    また誘ったら迷惑だと思って・・・とか。
    勝手に一目惚れされてるなどとは露知らずの赤の他人の異性を、
    望むらくは落としたいと悶々として、掲示板で不特定多数の人へ
    個人情報を漏らして謀議している(笑)ことだって、迷惑だといえば
    迷惑でしょう。
    男女とも色恋のせめぎ合いは、ある程度まではお互い様の宿命。
    既成のカップルも、どちらか片方が一生懸命に口説いたからこそ
    結果論として成立したわけで、その辺は割り切らなければ異性を
    お茶にさえ誘えない。
    カッコつけすぎです。
    結局、相手に迷惑を云々より、断られるのが怖い人が多いだけ。

    この種の「脈」は、冷静な客観論の説明では限界がある。
    よく、「男性(女性)にお聞きします」という質問型がありますよね?
    平時には「私なら、こうだ」という恋愛観や恋愛姿勢などを
    標榜している人でも、いざ唐突にある状況に立たされると、
    しばしば「普段から言ってたことと、やることが違う」になる。
    それが特に色恋。
    「えっ!?・・・でも、だって・・・ウ〜ン、まぁいっか」と、その瞬間の
    感情と気分で自ら「例外」を作ってしまうのが人間。
    常に常にどんな異性とどんな状況下でも鋼鉄のように曲がらない
    恋愛観や、平時の発言通りの対応を貫徹する人は少ないですよ。
    人間のこんな面を知り抜いてる人は、押しが巧みです。


    長々と書きましたが、そんなこんなで(1)の能力が磨かれない。
    人の心が、どう突けばどう反応するかなど、理屈や綺麗事抜きの
    経験値が蓄積されない。
    本当の金鉱の調査へなら科学的マニュアルがあるでしょうけども、
    生身の異性との巡り合わせ、反応は、男女の数だけあります。
    なのに、掲示板で「脈あり」判定のレスを多数もらってさえ、明白に
    「タナボタ」が無いと(2)の工事もなかなかやりそうもない人が多い。

    地中深くに「脈アリ」判定のレスをしたとしても、その先の難関まで
    僕らは予想し得ないですよね。
    落盤や出水があっても硬い岩盤に突き当たるにしても、その先は
    自力で乗り切る覚悟がななければしょうがないでしょう。
    相談者氏の使う「脈」という言葉は、ある意味でとても難解ですね。


引用返信 削除キー/
■11741 / inTopicNo.12)  Re[5]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/14(Wed) 14:43:52) [ID:XiydjXNd]
    いもりさん、ありがとうございます。

    >脈とは、成功する道筋があるかないか、かな?

    なるほどです。
    「可能性」に通ずるところがありますね。

    >自分は脈ってあんまり考えないので、考えがふわっふわしてる(笑)

    わかりますw
    私自身も特に考えていない。
    だからこそこの質問をされると、答えるのが難しいですね。
    感覚的なことでもありますし。

    >合う人と付き合いたいなら、相性を見る目がないし。
    >合う合わない関係なく、好きな人を落としたいなら努力が足りんしょ。
    >前者の場合は脈を見つける、後者なら脈を作るになるのかな。

    わかりやすいです。
    脈があったか無かったかというのは結局、結果論でしかないのかもしれません。
    結果が出てみて初めてわかる、というか。
    それ以前はあるなしで考えるのはやはり、難しいですね。
    とにかく人は十人十色なので。

引用返信 削除キー/
■11742 / inTopicNo.13)  Re[6]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/14(Wed) 15:00:00) [ID:XiydjXNd]
    おやまあさん、ありがとうございます。

    >今の若い人は対人関係へ消極的で、
    >ひいてはコミュニケーション能力が不足しているとは、常々から
    >僕もしみじみ思うところなのです。

    >精査の材料は、前述のように人の表情、顔つき、イントネーション、
    >二人を取り巻く前後の状況、相手の深層心理などですが、これが
    >片想い人の発想の中でははほとんど材料として除外されている。
    >材料といえば、やれメールの返信に要した時間だの、やれ文面に
    >絵文字があるか無いかだの、あまりに浅薄なマニュアルだけ。

    わかります。
    個人的には今の若者が何かが欠落している、昔に比べて何かを失ってしまった、
    というよりも
    考え方が数学的になっている気がしています。
    YESorNOの世界、という意味では欧米的ともいえるかもしれません。
    文化がより受動的になっていることも原因の一つに思います。

    >もっとウガって言わせてもらうと、本来は「自分可愛さ」や臆病さを、
    >相手への「思いやり」へすり替えるのが得意な人が多いね。(笑)
    >これ以上メールしたら迷惑だと思って・・・とか。
    >また誘ったら迷惑だと思って・・・とか。

    あはは!w
    確かに!

    ある漫画で「迷惑はかえりみ「て」ちょっとゴーイン」が恋愛には丁度いい、
    というセリフを読みましたが、確かにな!と思った経験があります。

    >その先は自力で乗り切る覚悟がななければしょうがないでしょう。
    >相談者氏の使う「脈」という言葉は、ある意味でとても難解ですね。

    うん、わかります。
    もみじさんのレスから学んだ「後押しして欲しい気持ち」の件に
    通じる所がありますね。
    気持ちはわかるけど、最後はあなた自身だよ、という気持ちに
    いつもなります。


引用返信 削除キー/
■11747 / inTopicNo.14)  Re[1]: 脈について
□投稿者/ いなちゃん -(2010/04/15(Thu) 11:35:05) [ID:csyrOC2f]
    No11667に返信(ライコさんの記事)
    > 脈について
    >
    > □投稿者/ ライコ -(2010/04/02(Fri) 19:03:45)
    >
    > こんにちは。
    >
    > 最近ふと、というか、今更ながらというか
    > 疑問に思ったことがあったので皆様のご意見をお聞きしたいと思い、
    > トピを立てました。
    >
    > よく、脈アリか、脈ナシか、といった恋愛相談を見るのですけど
    > そもそも「脈」というのはどういったものなのでしょう?
    >
    > 自分でも何気なく使っていましたがよくよく考えると
    > コレは結構認識に差があるものなのかもしれないと思ったのです。
    ん〜。そうですねえ。
    私としては、そこまで認識に差はないように思いますけどね。

    相手が自分に気があるか。
    そこまで行かなくても、相手がこちらを見てくれそうな・恋愛対象となる可能性は、ありそうか。
    突き詰めれば、「脈があるか」って、そういう事に落ち着きそうな気がしますけど。

    >
    > 例えば、相手も自分を好き、というのが脈アリなのか?
    > 明確に好きまでいかなくとも恋愛対象ならば脈アリなのか?
    基本的には、上記二つだと思います。

    > 恋愛対象か否かに関わらず、友好的な関係を築けているなら脈アリなのか?
    多分、これは違う人が多いでしょうね。
    だって「これって、友達としか思われてませんよね?(脈はありませんよね)」って相談も、多いですもん。

    友情から恋愛感情に変わる可能性を高く評価している人であれば、友好関係を築く事でも、広く「脈あり」に捉えるでしょう。でもそれって、結局は「恋愛対象になる可能性があるかどうか」ですよね。

    > 嫌われてさえいなければ脈ナシとは言わないのか?
    それはまず、ないでしょう。
    まあ、好きか嫌いかの二択しか考えられない人は、「嫌われてない=好かれている」と単純に考えてしまう人は、嫌われてなければ脈なしとは言わないでしょうけど。

    >
    > 勿論、人それぞれに違うと思いますので
    > 相談においてはそれをトピ主さんに確認するしかないとは思うのですけど
    > 皆様はどういった感じ方をされているのかなぁと思った次第です。
    私は、人によって「レベルの差」はあるだろうと思いますけど、意味がそれぞれ違うって事はないと、思っています。
    結局のところ、「恋人になれそうか」って事を、聞いているのであろうから。

    >
    > よろしくお願いいたします。


    個人的には、「脈があるかないか」という相談があった時。

    「分かりません」
    とか
    「脈は測るものではなく通じさせるものです」
    とか、
    答えちゃいますね。

    と言いますのも、脈がありそうかなさそうか、という相談をなさって来る方の殆どが、「まだお互いの関係を今から築いて行こうとする時期」で、「まだ殆ど何のアプローチもしていない段階」で、聞いて来る事が多いからです。
    そんな段階では、脈があるもないも、分かったもんじゃないだろうと。私は真剣に思う訳です。


    あるいは、ある程度アプローチをした段階で、脈があるかどうか聞いて来る人も、いますけど。その場合でも、子細に見ると「本人は頑張ってアプローチした積りのようだが、どれだけ相手に通じていたのか」って程度の事も、多いですね。


    何と言いますか。
    人間関係は相互作用、って事が分かってない人が、多過ぎるんじゃないかと。いつも、感じています。
    つまり、相手の働きかけによってこちらの気持ちも変化して行くし、こちらの働きかけで相手の気持ちもまた、変化して行く訳なんですよね。それこそ、今時漫画でもないような、「会った瞬間、お互いにフォーリンラブ」なんて事、殆どある訳ではない。

    一目惚れの存在自体を否定する訳ではないですし、どう働きかけようと、第一印象が悪い場合覆らないって人もいたりする。働きかける事で、マイナスに作用する事だって、ある。
    でも、どう頑張っても相手が振り向かないのかどうか、それは、アプローチしてみなきゃ、分からない訳なんですよね。


    もみじさん仰る「後押しして欲しい」ってのは。うーん。そういうケースもあるだろうけど、個人的には、そうでもないケースの方が多いような気がします。
    本気で、脈があるかないかを教えて欲しいというか。何となくですが「頑張る価値があるのかどうか、それを知りたい」ケースが多いような印象を受ける。
    その裏に「無駄な努力は、したくない」という計算が見え隠れするというか。

    私は別に、そういう計算が働く事自体が悪いとは、思いません。ですが、「確実に報酬が得られる訳ではないのなら、止めとこうかな」程度の気持ちでは、相手を振り向かせる事など、無理だろうと、思う訳です。
    別に、精神論をぶちかます訳ではないですが。諦めない粘り強さが、熱意が、相手の心を動かす事は、ままある。

    散々頑張った後の「脈はありそうでしょうか?」ならともかく。
    まだ始まってもない段階での事ならば、脈があるもないも、そりゃ未知数過ぎるだろうと。


    だから・・・私は、「脈は測るものではなく、通じさせるもの」と、答える事が、多いです。
引用返信 削除キー/
■11763 / inTopicNo.15)  Re[2]: 脈について
□投稿者/ もみじ -(2010/04/19(Mon) 02:21:31) [ID:bVylrJRR]
    こんばんは。

    > 友情から恋愛感情に変わる可能性を高く評価している人であれば、友好関係を築く事でも、広く「脈あり」に捉えるでしょう。でもそれって、結局は「恋愛対象になる可能性があるかどうか」ですよね。
    > 私は、人によって「レベルの差」はあるだろうと思いますけど、意味がそれぞれ違うって事はないと、思っています。
    相手から好かれているか嫌われているかの二択しかない人、など極端な考え方をする人がいるのもあって
    レベルに大きく差が出ているということですね。なるほど、腑に落ちました。

    何より納得できたのは脈は「恋人になれる可能性」ではなく
    「恋愛対象になる可能性」という点。ものすごく幅が広いですよね。
    お付きあいを目標に据えると道のりが遠すぎて挫けてしまうから
    すぐに脈を聞いたり、「脈あり→告白」という短絡的な考え方が増えるのかとも、思いました。
    脈ありだったら、とりあえず当たって砕けろ・・・のような考え方。
    うーん、私には不可解です!(笑)

    もっとも「可能性」を知ったところでどうにもならないのですから
    脈相談を通じて、何をしたいのか?知りたいのか?というところですが・・・。

    「未知数」「可能性が低い」と聞いても「頑張ります!」と返してくれる人達や、
    「脈ありです」と言って欲しい雰囲気を醸し出している人達。
    大雑把に言えば後押しして欲しいんだろうなと思っています。
    それで成功するかどうかは別の話ですけどね。

    一方でいなちゃんさんの仰るように脈=頑張る価値と明確に置き換えられる場合。
    > 「頑張る価値があるのかどうか、それを知りたい」
    > 「無駄な努力は、したくない」という計算
    これは確かに多く見受けられる気がします。
    私も脈相談に限らず似たような印象を受けることはよくあります。
    「脈は9割方ありますよ」とお返事が付いても「1割失敗する可能性があるのなら・・・」と
    尻込みしてしまうご相談者様も少なくないですよね(笑)
    失敗したら全てが無駄な努力だと考えてしまっているのは勿体無いですね。

    そういう人は大体「成功を保証して欲しい」か「行動をしない言い訳探し」に来ていると思っています。
    言い訳探しに加担できないのはもちろんのこと
    頑張ればその恋は成就します、なんて無責任なことは言えないですから
    いずれにしても「未知数です」としかお答えのしようはないのですけれど^^;

    脈の有無を気にする割にアドバイザー達の「脈あり・なし」の判定が
    正しいかどうかを検証していないのも不思議なんですけどね(笑)
    失敗しても人のせいにできないのだったら自力で脈を判断できた方が良いし
    脈アリかナシかの答えよりも、その根拠に耳を傾ける方が大事だと思うので
    その意図が上手に伝われば良いなと、思っています。
引用返信 削除キー/
■11765 / inTopicNo.16)  Re[3]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/19(Mon) 06:09:34) [ID:XiydjXNd]
    いなちゃんさん、ありがとうございます。


    >突き詰めれば、「脈があるか」って、そういう事に落ち着きそうな気がしますけど。

    確かに、最終的な目的地はそこですね。
    どういったスパンで考えているのか、というところが
    焦点になりそうです。

    > 例えば、相手も自分を好き、というのが脈アリなのか?
    > 明確に好きまでいかなくとも恋愛対象ならば脈アリなのか?
    基本的には、上記二つだと思います。

    > 恋愛対象か否かに関わらず、友好的な関係を築けているなら脈アリなのか?
    >多分、これは違う人が多いでしょうね。
    >だって「これって、友達としか思われてませんよね?(脈はありませんよね)」って相談も、多いですもん。

    >友情から恋愛感情に変わる可能性を高く評価している人であれば、友好関係を築く事でも、広く「脈あり」に捉えるでしょう。でもそれって、結局は「恋愛対象になる可能性があるかどうか」ですよね。

    > 嫌われてさえいなければ脈ナシとは言わないのか?
    >それはまず、ないでしょう。
    >まあ、好きか嫌いかの二択しか考えられない人は、「嫌われてない=好かれている」と単純に考えてしまう人は、嫌われてなければ脈なしとは言わないでしょうけど。

    それぞれに対するご意見、ありがとうございます。
    勉強になります。

    >脈がありそうかなさそうか、という相談をなさって来る方の殆どが、「まだお互いの関係を今から築いて行こうとする時期」で、「まだ殆ど何のアプローチもしていない段階」で、聞いて来る事が多いからです。
    >そんな段階では、脈があるもないも、分かったもんじゃないだろうと。私は真剣に思う訳です。

    >あるいは、ある程度アプローチをした段階で、脈があるかどうか聞いて来る人も、いますけど。その場合でも、子細に見ると「本人は頑張ってアプローチした積りのようだが、どれだけ相手に通じていたのか」って程度の事も、多いですね。

    この辺りのことも、感覚的といいますか
    個人差がありそうなところですね。
    どの程度のアプローチを、どのように感じるか、というところ。

    >人間関係は相互作用、って事が分かってない人が、多過ぎるんじゃないかと。いつも、感じています。

    なるほど。
    恋愛だけでない全ての人間関係に置き換えられそうな話です。

    >もみじさん仰る「後押しして欲しい」ってのは。うーん。そういうケースもあるだろうけど、個人的には、そうでもないケースの方が多いような気がします。
    >本気で、脈があるかないかを教えて欲しいというか。何となくですが「頑張る価値があるのかどうか、それを知りたい」ケースが多いような印象を受ける。
    >その裏に「無駄な努力は、したくない」という計算が見え隠れするというか。

    逆に「無駄な努力なんて真っ平」と開き直れているほうが案外、
    恋愛は楽に進んだりするんだけどな、と思ったりもする私です。
    自分自身が割と、そういう感じなので。

    私個人的には、相談者さんは
    「ココ、頑張っていい雰囲気?空気読めてる?私」
    みたいな感じで相談しているのかしら?と思う事も多かったです。
    人目(自分含め)を気にしている感じというか。

    しかしやはりたくさんの方の意見を聞くのは楽しいですね。
    様々な切り口での多くの発見がありますから。

    私は出来る限りたくさんの「ケース」を知りたいといつも思っていて
    自分が思いつかないものほど楽しいと感じます。

    >「脈は測るものではなく、通じさせるもの」

    通じ「させる」という部分に、意志の強さを感じます。

引用返信 削除キー/
■11766 / inTopicNo.17)  Re[4]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/19(Mon) 06:16:28) [ID:XiydjXNd]
    もみじさん、私への返信では無いかもしれませんが
    良い言葉をいただいたので。

    >脈アリかナシかの答えよりも、その根拠に耳を傾ける方が大事だと思うので

    ホント、その通りですね。
    その部分にいつもたくさんのヒントがちりばめられていて
    でも読み流しまったりすることもある部分だったりもして。

    掲示板という、文字だけの世界だからこそ
    伝える側・伝えられる側双方に難しさがあり、
    且つ、そこに自由もあり、
    何よりも、言葉を読み返すことが出来るということが
    最大の美点だと感じたりもします。

引用返信 削除キー/
■11767 / inTopicNo.18)  ぶっちゃけ、現実というのを考えると。
□投稿者/ おやまあ -(2010/04/19(Mon) 06:54:44) [ID:v7zrgS94]
    またレスさせていただきます。

    もうね、なんというか、「脈」の定義なんかどうでもいいじゃん!と
    言いたくなってきた。(笑)
    片想いで肝心な目標としては、目当ての異性を口説き落とせるか、
    口説き落とせないか、要はこの二つに一つでしょ?
    後にも先にも、この二つに一つしか結論は出ないんだ。
    「脈」という言葉の定義が何であろうが、また個々にどんな解釈を
    しようが、「定義ありき」で恋愛が発生するわけじゃない。

    会ったこともない他人の人間関係を予測して、断言は無理だ。
    だから僕も「たいがい」とか「たいてい」とか「大半のケースは」とか、
    「〜なことも少なくない」とか「〜な人は多い」とか・・・
    こうした言い回しをしてはいます。他の皆さんも同じでしょう。

    確かにニュアンスを正確に伝えようとするなら適切な言葉選びと
    文章力は必要だが、結局のところ相談者氏は、落とせるの!?
    それとも落とせないの?と、性急に白黒を知りたがってるだけの
    様子がほとんどだ。
    (できれば「脈あり」という答が出るのを無意識に期待している)

    後押しして欲しがってる人はいるにしても、多くの片想い人たちは
    基本的に自分のスタイルをあまり変えないように見える。
    つまり大勢に「脈あり」と後押しをされても、はい! そうします!と
    一転して攻勢に出る兆しを滅多に感じられないし・・・
    かなり具体的な案が色々とレスされても、「早速試しますね!」と
    元気一杯に答える人は・・・、これまた滅多にいない。
    いつまでも「でも・・・」とか「〜ですかねぇ?」と呟き続ける。
    「皆様のご意見を参考にして自分でもよく考えてみます」風なのが
    意外に多く、本心から意気に感じたのかどうかは怪しいものだ。

    で、僕だって、また他の常連回答者さんたちだって、前述のように
    「たいがい」とか「たいてい」とか言うわけだよ。
    まぁ、そう表現するしかないのは当然だ。
    もっとまぎらわしくてズルいのは(笑)、
    「たいてい〜だが、〜ってことも無くはないと思えなくもない」なんて。
    早い話がいったいどうなんだよ!?(笑)

    「たいてい」でも「たいがい」でも、また「思えなくもない」でも、
    「常にそれがダメだとは言い切れないと思います」でも、
    自分の経験則や身近の見聞で、それぞれ個別の実例を想起して
    答えているのだとすれば、別にウソを言ってるのではないだろう。

    しかしね、片想い人の当事者としてみれば、狙ってるのは一人だ。
    「たいがい」も「少なくない」も「例外はある」も、関係ないんです!
    たとえば男の片想い人なら・・・
    「他の女の話はどうでもいい!
    もみじはどうやりゃ落ちるんだ!? もみじは!!」と。
    これだけですよ、重要なのは。よく自分で考察すべきは。(笑)

    ありがちな典型的第一歩で簡単に例えてみると、女からメアドを
    聞き出そうとする場合。
    単刀直入にストレートに聞けばメアドくらい教えてくれるのでは?
    いきなりメアドなんか聞いたら、引かれて警戒されますよ!
    まずは趣味の雑談でもして、上手に流れを作ったら?
    キミとメールしたいんだと、男なら最初からはっきり言っちゃえ!
    ・・・etc.と、色々とアドバイスがされる。
    そして世間の実情じゃ、それぞれが「たいてい」だったり「なくもない」
    だったりのわけでしょ?
    それにね、「なくもない」と答える人の経験値、サンプリング次第で、
    その「なくもない」は実際どのくらい「なくもない」なのかが、異なる。
    ある人は、10人中1人くらいは「なくもない」だと思って、そう言う。
    が、メアドを聞き出すなどお茶の子さいさいの達人の経験則では、
    いきなり唐突に聞いても100人中50人は教えてくれると知ってる。
    でも「絶対、必ず」とも言えないから、やはり「うまくいかなくもない」や、
    「案外とうまくいくものだ」なんて風に答える。

    だから結局、片想いの当事者としては、
    「もみじはどうなんだよ!!」と考える必要だけがあるんですよ。(笑)
    これは、もみじさん曰く、アドバイスの「根拠」の精査だ。
    相談者の頭の中は、「口説けるの!?ヽ(^o^)丿」「ダメなの??(~_~;)」の
    端的な白黒だけでガツガツして一杯になっていて、精査が無い。
    前に別のスレで書いた、俗説マニュアルの真剣な分析も同様。

    目の前にいる、世の中でたった一人の目当てのもみじ嬢は?
    この子は、どのアドバイスを実践したら琴線に触れるかな?と。
    俗説マニュアルの、どの辺ならぴたりとハマってくれるかな?と。
    これはリアルに対峙してる当事者にしか察せない。
    いや、当事者だからこそ感じ取って判断すべきことでしょう。
    世間では100人中99人が、あるベタな手順で女に迫っていても、
    100人中1人の自分は別の方法で迫り、まさしく「なくもない」例を
    勝ち取れればよいわけでしょう。

    むしろ自分の狙ってる女が100人中1人の攻め方が有効な女で
    あった場合、いくら掲示板で大勢が「〜すべき」「普通はそうだ!」
    と囃し立てても、なまじ真に受けたらドツボでしょう。(笑)

    「脈」を「可能性」と捉える説だって、現実的には上記と同様だ。
    「恋愛対象にみてもらえますかね?」って・・・
    レズかホモでない限り、異性はみんな恋愛対象ですよ。
    20歳下だろうが上だろうが、異性ならみ〜んな恋愛対象だし、
    理屈の上では恋愛成立の可能性は常にある。

    手前ミソで恐縮だが、色恋の脈を「金の鉱脈」に例えた話ね。
    我ながら核心を突いてると思うんだけどな。(笑)
    科学的調査で金脈の存在を確認できた場合は、これは必ず
    「脈あり」のケースだ。
    「脈あり」確定でも、その後の掘削工事にはどのような意外な
    難関が待ち受けているかは未知だ。
    落盤事故やケガがあるかもしれないが、「脈あり」確定ならば
    達成意欲と工夫をもって粘るしかないですよね。

    ただ人間が相手の色恋の「金脈」に、科学的調査はできない。
    誰しも「ほぼ、脈はありそうだ」という読みから賭けるしかない。
    そして、ある程度は掘り進めないと確実な有無はわからない。
    夢を抱くなら、そこそこの資金も時間も苦労も覚悟すべきだ。
    これが国とか企業のプロジェクトならね、金脈の有無の調査に
    間違いがあって資金や時間が無駄になったら、多大な責任が
    問われるでしょう。
    でも、個人の色恋だよ?
    「ちっ!イケると思ってドライブに連れてったのに、ガソリン代と
    メシ代を損したぜ」ってなものでしょうに。(笑)
    フラれたって、誰からも責任なんか追及されないしね。

    だいたいね、死ぬほど好きな女なんでしょ?普通は。
    あの女が他の男に抱かれると考えたら・・・クーッ!たまらん!
    ってくらいの恋心なんでしょう?普通は。
    あの女を自分のものにして、結婚できたら夢のようだ!ってな
    心地なんでしょう?普通は。
    なら、いいじゃない。
    惚れた女を晴れて自分のものにして、あと5、60年間は一緒に
    いられるんだと思えば、そのための努力の3ヶ月間やそこらの
    時間は、20万円30万円の投資は、数回こっ恥ずかしい思いや
    ハラハラドキドキする経験は、どうってことないと思えないのか。

    もちろん諦め時、引き際の見極めは大切だ。
    だから「ある程度」は掘ってみろと表現した。
    抽象的になってしまうのはやはり仕方がないが、誤解を恐れず
    敢えて言うなら、これまた「それはしつこいです」とか「あなたは
    強引すぎて彼女は迷惑に感じてます」といった外野からの声を
    無視できる豪胆さと、緩急自在の対処が必要だと思うんです。
    なにせ、かかってるのは目当ての女との50年間以上の生活だ。
    それに対して、20万の金とカラダを張って3ヶ月間は全知全霊で
    ぶつかってる人、どれだけいそうに察せる?
    そのくらいやって、最終的に3ヵ月後に「ほんと、しつこくて嫌い!
    あなたを見ると嫌悪感で鳥肌が立つわ!」とでも罵られ、やっと
    諦めたとしても、50年がかかってたんだから許してもらおうよ。
    実際問題これでも女へ相当シリアスな被害や損賠を与えたって
    ことはないもんだよ、普通。
    女だって、興味の湧かなかった男のことなんかすぐ忘れちゃう。

    ともかく、これもいつも僕は経験則として言うことだが、積極的に
    攻めた男たちの勝率は、どんなにエセ紳士を演じつつチマチマと
    ジャブを出し続けた男たちよりも、遥かに遥かに高い。
    結論的に言うと「脈」の定義など二の次で、せいぜいファミレスの
    雑談のネタでいい。

    うまくしたら特には蛮勇もふるわずに頭もあまり使わずに、傷つく
    リスクはほとんど負わず、20%ほどの確率ならスムースに彼女に
    できるかな?と。
    最悪でも「あなたはとてもイイ人で尊敬してるけど、友達以上には
    見れない」と言われる終わり方なら、自尊心も保てるかなと。
    ・・・こういうスタンスの男は、ずっとそうやってればいいでしょう。

    僕なら、あくまで僕ならですが、上記の形の二つに一つよりは、
    ついには目当ての女に「私あなたに惚れたわ!一生ついてくわ」と
    言わしめて、一生モンにするか。
    「もう二度と声をかけないで!お願いっ!大っ嫌いなんだから!」と
    断れらて、泣く泣くだけども引き下がると。
    そして、「トホホ。そのうちにまた気に入る女も出現してくるだろうさ。
    なにしろ女は数千万人いるんだし」と自分を慰めつつ。
    時間が解決してくれる。(笑)
    この二つに一つに全力で賭けるほうがいいね。
    50年かかってるんだもん。

    最後に傲慢かましてよかですか。
    歯に衣を着せずにはっきり言って、冒頭の「たいてい」「なくもない」の
    表現ですが、掲示板上の片想い相談に限ると、参考意見としてさえも
    通用しない恐れを感じるんですよ。
    なぜって、「たいてい〜」と答える側は、「たいてい、そうできる」という
    自負を持っている人が多いと思う。
    「なくもない」と答える側はその「なくもない」僅かに望みのある部分を
    ピンポイントで狙い、ビンゴ!を勝ち取れる自信がある人だと思う。
    言い換えれば、「俺ならできるが、キミにはできそうもない」と。
    そういう内容の相談投稿してくる時点で、そのような文章を書いてる
    時点で、実際キミにはアノ手もコノ手も難しそうだなぁと。
    これ、傲慢と言ったものの、実はシビアな現実じゃないですかね。


引用返信 削除キー/
■11769 / inTopicNo.19)  Re[4]: 脈について
□投稿者/ いなちゃん -(2010/04/19(Mon) 13:49:06) [ID:csyrOC2f]
    No11765に返信(ライコさんの記事)

    > 逆に「無駄な努力なんて真っ平」と開き直れているほうが案外、
    > 恋愛は楽に進んだりするんだけどな、と思ったりもする私です。
    > 自分自身が割と、そういう感じなので。
    うーん。
    私は、「無駄な努力はしたくない」って事を、否定する気は全くないんですよ。
    それはそれで、良いと思う。

    ただね。
    「無駄な努力なのかどうか、それはある程度頑張ってみなきゃ、分からない」部分があると、思うのですよ。特に、恋愛に関してはね。


    たとえば、スポーツで。
    「頑張れば、自分の今のタイムを1秒縮める事は可能だろう。だけど、オリンピックに出られるレベルにまでは、無理だろう」
    勉強で。
    「頑張れば、東大には無理でも、〇〇大学には行けるかもしれない」
    などなど、ある程度、頑張った成果については、予測が立てられると思います。

    で、そこで、「オリンピックに出られないなら、最初から諦める」なり、「大会に出られなくても良い、青春時代は自分に挑戦する意味でこの競技に打ち込みたい」なり、それは自分で決めればいい。


    ただ、恋愛に関しては、そういう予測が立ちにくい。
    さすがに、恋する相手が「ジョニー・デップ」(ぱっと思いついただけで選択に他意はありません(笑))とかだったら、パンピーには「まず無理!」って予測は立ちますけど。大抵の場合、恋するのは、そこまで手の届かない相手ではないですし。
    しかも、結果は「恋人になれるかなれないか」、つまり「全てか無か」ですからね。


    で、ある程度頑張ってみない事には、予測は立たないと思う。
    おやまあさんではないですが、「試し掘り」をしてみない事には、そこに脈がありそうかなさそうかなんて、全く分からない訳です。
    それに、頑張る事で相手の気持ちを動かす事もままあるんだから、取りあえずは、やれるだけの事をやってみたら?と、私は思います。

    せいぜい、数か月の「やるだけの事をやってみる」努力なら、通じなくても「無駄な時間だった」と、単純に言えるものではないと思いますし。たとえその時不成功でも、何らかの経験を得られると思うのですよね。


    ただ、心底惚れた相手なら、可能性がどんなに低かろうが、出来る限りは頑張るだろうとも、思うのですよ。だって結果は、「全てか無か」ですもん。


    で、そこまで相手に惚れこんでいるのか。そこまでないのか。
    それは勿論、全くもって、各人の自由。可能性が低いなら頑張れないのも、その人の自由。
    自由だから、それを問題と言う気は全くないし、無駄な努力をしたくない事も、まあ良いんじゃない?と思いますけれども。


    だから、ライコさんの仰る事も、全く否定する気は、ないですけれども。

    諦めが悪く、惚れこんだら脈がなかろうが頑張る、無駄な努力かどうかなんて考えずに突き進む、そういう事に対しても否定して欲しくはないですね、私は。(ライコさんに別に否定の意思がないのであれば、申し訳ないですが)
    楽に進む恋愛を望んでいる人も多いでしょうが、そういう人ばかりではないとも、思うので。


    個人的には、「確実に脈ありと言われなければ頑張れない程度の気持ちなら、相手の心を動かすのは無理っぽいから、さっさと諦めたら?」と、多くのケースで感じますねえ。

    大して気持ちもないクセに、努力も出来ないクセに、相手が欲しいという願望だけはいっちょ前の、ずるいなと感じる相談が、多いような気がします。
引用返信 削除キー/
■11770 / inTopicNo.20)  Re[5]: 脈について
□投稿者/ ライコ -(2010/04/19(Mon) 14:23:52) [ID:XiydjXNd]
    いなちゃんさん、ありがとうございます。

    >諦めが悪く、惚れこんだら脈がなかろうが頑張る、無駄な努力かどうかなんて考えずに突き進む、そういう事に対しても否定して欲しくはないですね、私は。(ライコさんに別に否定の意思がないのであれば、申し訳ないですが)
    >楽に進む恋愛を望んでいる人も多いでしょうが、そういう人ばかりではないとも、思うので。

    勿論です。
    否定の意思というより、本当に開き直れているなら楽だと思う、という一つの個人的感想です。
    実際は相談してくる方は、開き直れないから、諦められないから
    相談している人が大半だと思っています。
    諦めてしまう人は、相談する前に諦めますから。

    私自身がそういう傾向を持っているので逆に
    何が何でも!と頑張るタイプの人、諦めないタイプの人は
    私から見てとても輝いているように見える。
    この手の感想もよく、相談のコメレスに書いていることです。

    それぞれに考え方や、大切にするものは違うけど
    それはそれでいい、と私は思っているので
    恋に苦悩する心を持つことを否定しないでもいいと思うよ、という気持ちを込めています。
    それがその人、なので。

    >大して気持ちもないクセに、努力も出来ないクセに、相手が欲しいという願望だけはいっちょ前

    コレに関しては私も感じることがあります。
    自分にとって大切なほうを選んで、そのための責任は負わなければ、と。

    相手が欲しいなら努力はしなければならないし。
    努力が出来ないなら相手は諦めなければならない。

    この、当然のことを当然にさえ出来ればいい、問題ない、と私は考えていて
    その上でどちらを選択してもいい、と思っている。
    そして私自身は、そこまで頑張ってまで相手を手に入れたいと思ったことがないので
    必然的に後者を選び、それに不満も無い。
    それだけの話です。

    なのでこの、選ぶことが大切、という部分を伝えたいなと思っています。

引用返信 削除キー/

次の20件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 >>

[このトピックに返信]
Pass/

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -