みんなの恋愛観は現在閲覧専用になっております。

みんなの恋愛観(閲覧用)

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■11829 / inTopicNo.1)  ありのままの自分を大事に
  
□投稿者/ 有志 -(2010/05/24(Mon) 23:46:12) [ID:qPTVpMiC]
    どうも有志です^^。最近また思うところがあったのでトピを立てさせていただきました。

    今回の内容は、相手へアプローチをかけるために非常に大切なことだと私自身は考えていることです。

    それは…

    「ありのままの自分で接すること」の大切さです。

    片想いで多いのが、相手の機嫌などを窺いすぎてチャンスをダメにするパターン。相手のことを考えすぎるがゆえに起きる悲劇についてです。

    相手の機嫌を窺いすぎてメールを控えたり、誘いにのってくれなかったらすぐに引くなどが典型ですね。

    ここで一つ疑問です。相手の機嫌を窺うという事は、自分をあまりさらけだしていないわけですよね。つまり自分ではない自分で片想いの相手と接していることになる。

    これって相手からすれば自分の意志があまり見受けられないので、「一体何がしたいのか?」と思ってしまうのではないでしょうか。

    片想いである以上、相手に対してある程度の意思表示はしなければならない気がするのです。自分の「想い」が相手の機嫌を窺いすぎてどこか遠くへ行ってしまっているような気がするのです。

    もちろん戦略の一環として、自分をうまくパフォーマンスするために、演技するのは必要でしょう。また、時には相手の喜ぶ言葉を言うのも大切かもしれません。しかし、恋愛は人と人との関係から生まれるものである以上、本当の自分をさらけ出す必要はあると思うのです。執拗以上に相手の機嫌を窺い、へつらって接するのは相手からしたら何となく心地が悪いというか、何がしたいのか伝わらないと思うのです。

    結局、相手の機嫌を窺うということは、ありのままの自分で勝負して、自分が傷つくのを避けているだけのような気もしてきます。

    こんなことを考える私は堅く不器用だとも思いますが、大切なことだと思うのですが…。
引用返信 削除キー/
■11830 / inTopicNo.2)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ 南 -(2010/05/25(Tue) 07:50:56) [ID:7Q6xOroJ]
    こんにちは^^
    「ありのまま」って難しい!ですよね。加減が。^^;
    たとえ、ご両親を目の前にしていても、「たった今、自分は間違いなく
    ありのままでいる」と断言できる人は少ないんじゃないかしら。
    そのくらい、誰しも複雑のバランスの中で自己表現しているのが、
    もしかすると普通なのかも。。。。。
    相手の都合を考えず好き放題していることが自然体とも言えないですものね。

    私は、
    「譲れるところはどんどん譲ってよい。
    でも、譲れないところは絶対にNO!と譲るな」
    を基準としたらいいんじゃないかな?と思います。どうかしら…。
引用返信 削除キー/
■11831 / inTopicNo.3)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ decision -(2010/05/25(Tue) 10:52:54) [ID:v2ySx6c6]
    こんにちは。
    decision です。


    > 相手の機嫌を窺うという事は、自分をあまりさらけだしていないわけですよね。

    失敗するパターンとして考えると、そうでしょうね。


    > つまり自分ではない自分で片想いの相手と接していることになる。

    うーん…、個人的には、「ありのままの自分(素の自分)」だけが、自分だとは思わないですね。
    そうやって、表面的な(意図して作っている)自分も、自分だと思います。
    「自分ではない自分」というより、「普段の自分(社会に適合するために作り上げてきた自分」で相手と接していると考えますね。


    > これって相手からすれば自分の意志があまり見受けられないので、「一体何がしたいのか?」と思ってしまうのではないでしょうか。

    ありのままの自分ではないことと自分の意思が表現できていないことは、同じではないと思います。
    自分の意思が見受けられない人は、単に意思表示をしていないだけでしょう。

    それに、相手も意識していなければ、「一体何がしたいのか?」とは思わないような気がします。
    単に、そういう人なんだ(大人しい人なんだ)と思うだけではないでしょうか。
    気にならない人に興味や関心を持つ人は、ほとんどいないと思います。


    > 片想いである以上、相手に対してある程度の意思表示はしなければならない気がするのです。

    別にそれは、その人の自由ではないでしょうか。
    ただ、何か見返り(この場合は相手の反応になるでしょうか)を求めるのだとすれば、意思表示というか、何らかのアプローチは必要だと思いますね。


    > 自分の「想い」が相手の機嫌を窺いすぎてどこか遠くへ行ってしまっているような気がするのです。

    上手くいかない恋愛には、迷走がつきものだと思います。
    特に、内向的な人や意思の弱い人には、その傾向が強いような気がしますね。
    後、目先のことばかり気になって目的を見失いやすい人とか。


    > しかし、恋愛は人と人との関係から生まれるものである以上、本当の自分をさらけ出す必要はあると思うのです。

    でもそれは、相手との信頼関係がそれなりに築けてからの話しだと思います。
    最初の段階で、本当の自分をさらけ出す必要は感じませんし、むしろさらけ出すべきではないと思いますね。
    自分をさらけ出すにしても、いつ、どれくらい、どの辺りからを考えた上で、段階的に行うべきだと思います。
    (そして多分、最後までさらけ出さない部分もあると思います)


    > 執拗以上に相手の機嫌を窺い、へつらって接するのは相手からしたら何となく心地が悪いというか、何がしたいのか伝わらないと思うのです。

    何事も、度を越せば悪い方向に転がりますからね。


    > 結局、相手の機嫌を窺うということは、ありのままの自分で勝負して、自分が傷つくのを避けているだけのような気もしてきます。

    逆ではないでしょうか。
    自分が傷つくのを恐れているから、遠くから相手の機嫌を窺うことしかできないのではないのだと思います。
    自分という個人を否定されたくないから(本当は、そんなことそうそう無いはずなのに)、必要以上に自分を隠してしまうのだと思いますね。

    相手の機嫌を窺っているからといって、自分が傷つくことを避けていると単純に紐付けてしまうのは、短絡ではないでしょうか。


    > こんなことを考える私は堅く不器用だとも思いますが、大切なことだと思うのですが…。

    確かに、堅い感じはしますね(^_^;

    それに、両極端に考えすぎだと思います。
    白黒つけたくって仕方がないというか、「これはこう」と分類したくって仕方がないというか…。


    そもそもこれは、「片想いで多いのが、相手の機嫌などを窺いすぎてチャンスをダメにするパターン。相手のことを考えすぎるがゆえに起きる悲劇についてです。」という前提でのお話ですよね。
    当然、逆のパターンもあるわけですし、その場合は「もう少し自分を抑えるべき」という話になると思います。


    結局は、程度の問題だと思うのですよね。
    極端になるからうまくいかないのだと思います。
    その程度がわからないから、極端になってしまうのかもしれませんけど。
    でも、そこは学習していくしかないような気がしますね。

    今回の前提で言えば、そこで学習できていないことが大きな原因のような気がします。
    自分をさらけ出すべきかどうかは、その次のお話ではないでしょうか。

引用返信 削除キー/
■11832 / inTopicNo.4)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ おやまあ -(2010/05/25(Tue) 15:34:03) [ID:v7zrgS94]
    おひさ。

    えーっと、思うところが色々あるのでレスさせてもらいたいのだけど、
    果たして僕の言いたいことを上手く説明できるかどうか・・・

    簡単に言ってしまうとですね。
    洞察力や判断力、広い視野、話術、それでいて根っこに意外なほど
    生真面目な面を持っていること、なんてのが重要だと思うんだ。

    誤解を恐れずいきなりぶちかますと、僕は女を口説きまくった自分を
    分析して独白するなら、ウソッパチかましまくりでしたね。(笑)

    この「ウソッパチ」については、書いていく流れで後述できるでしょう。

    > ここで一つ疑問です。相手の機嫌を窺うという事は、自分をあまりさらけだしていないわけですよね。つまり自分ではない自分で片想いの相手と接していることになる。

    ここで、ごく素直に正直に単純に考えてみればですよ?
    全くの赤の他人へ接近し、当初の限られた会話のうちに少しでも
    好印象を与えるか、願わくば予想以上に会話が盛り上がることを
    企図すればですよ?
    「ご機嫌取り」という要素は、大なり小なり必須じゃないかね。

    人は多面性があり、どこを「素」と言うべきかは禅問答になりそうだ。
    有志さんの言う「自分ではない自分」に関してだが、本来、論理的に
    考えたら、「自分ではない自分」なんか演じられるわけがないのね。

    つまり、あるキャラを意識的に演じたとして、要するにそのキャラを
    「演じられる自分」は、良くも悪くもやっぱり「自分」なのよ。
    もちろん、あまりにかけ離れたキャラを演じようとしたら不自然過ぎ、
    ヘタすれば道化になってしまう。
    またはどうにか無理して演じたとしても、三日坊主になるでしょう。

    しかし、相手へ好印象やインパクトや錯覚を与え、短時間のうちに
    心理的にリードできるよう画策するなら、当意即妙のご機嫌取りも
    臨機応変のウソッパチも、絶対に必要でしょう。

    で、「ご機嫌取り」と「ウソッパチ」だが・・・
    この場合のご機嫌取りとは、別に女に向かって「あなたは太陽だ!
    月だ!花だ!」とお世辞を連呼することじゃなくて、まさに文字通り
    相手の「ご機嫌」を良くすることだよ。
    広い意味では楽しくさせる、浮き浮きさせる、ハイにさせる、気分と
    ノリを良くさせるような接し方だ。
    必ずしも浮き浮きでなくとも、少なくとも波長を合わせるご機嫌取り。

    人間、ご機嫌が良くなければ会話には心から応じてくれない。
    気分が良くなければ、こちらの話に真剣に耳を傾けてくれない。
    または、波長が合わなければ、心を開いてくれない。
    気乗りしなければ、「あ、また今度ね」と去られてしまうかもれない。

    だから、相手を会話したい心情にさせなければいけない。
    人によって、性格によって、その時々の事情と状態、気分によって、
    「○○○についてだったら、今、口をきいてもいい」ってことがある。
    あるいは、今人と話したい気分じゃないが、「○○○のことだったら
    思わず意識が反応してしまうかもしれない」ってことがある。

    この洞察力がまず肝心で、次にはどんなご機嫌取りが有効そうか
    判断する力が要る。
    それらを精緻に判断できたにせよ、今こそ千載一遇の機会だ!と
    話しかけようとしてる自分にだって、その時々の気分はあるはず。

    的確な説明が難しいが、一つわかりやすく例え話をしてみます。
    相手が空腹だとする。
    めちゃめちゃ猛烈に空腹で、ご機嫌が悪い。
    食べ物ばかりが頭に浮かぶが、他のことなど考える余裕が無い。
    そこへ「君にダイヤの指輪をあげる」と突き出したって、気持ちなど
    全く動かない。上の空だ。それほど飢えているのだ。
    「もうっ、ダイヤなんかどうでもいい!欲しいのはダイヤなんかより
    ラーメンよーっ!!!」が心の叫び。

    突飛な例えだが、仮にこんな風であったらですよ?
    かねてボーナスはたいて用意した、ダイヤの指輪なんかぜんぜん
    役立たずだ。
    それよりも、「ねぇ、キミ。今オレとラーメン食いに行かね?」と声を
    かけたら、相手はすかさず「うん!行く!!」でしょう。

    しかしながら現実には、前述のようにコチラ側にだってその時々の
    事情や気分ってものがある。
    実は僕は今しがた、ラーメンの特大盛を食ってきたばかりだった。
    今再びラーメンを思い浮かべなぞしたら、ゲゲッと吐きそうなくらい。
    でも今まさにこの瞬間に、相手をラーメンでなら釣れるチャンスだ!

    となれば、「素」の自分も正直な自分もへったくれもない。
    「いや〜、ちょうど急にラーメンが食いたくなってさぁ!(^_^)
    なんだかキミもラーメン食べたそうな顔して見えたんだよね(*^_^*)」
    ・・・と、このように心にもない「ウソッパチ」はかなり有効なのだ。

    そして今にも吐きそうなのを我慢し、ニコニコしつつラーメンすする。
    更には「ほんっと、ラーメンってウマいよね!」とまでほざく。
    空腹の限界でラーメンにありついた相手は、最高にご機嫌だ。
    「ほんとにぃー!ラーメンっておいしいわよね!」と。
    これだけのことで意気投合し、一気にハイで、仲良しな錯覚さえも
    生まれやすい。
    とはいえコチラ側としちゃ、「ウソッパチ」「演技」「我慢」の全力投入。

    だけど、この「ウソッパチ」は害が無いだけでなく、バレない。
    決して後々になってメッキがはがれるようなウソや演技ではない。
    なぜって、僕はやっぱり基本的にラーメン好きなのが事実だから。
    彼女と結婚して一生暮らしてても、ラーメン好きには変わりない。
    あの日あの時あの瞬間だけ、ウソッパチかまして演技したんだ。


    > もちろん戦略の一環として、自分をうまくパフォーマンスするために、演技するのは必要でしょう。また、時には相手の喜ぶ言葉を言うのも大切かもしれません。しかし、恋愛は人と人との関係から生まれるものである以上、本当の自分をさらけ出す必要はあると思うのです。執拗以上に相手の機嫌を窺い、へつらって接するのは相手からしたら何となく心地が悪いというか、何がしたいのか伝わらないと思うのです。

    それこそ僕の説明したいニュアンス、伝えられているでしょうか。

    一生演じ続けられない姿勢や方針なら、不誠実な演技だよ。
    でも方便として「ウソ 1割」、「バカ正直 9割」ならいいんじゃない?
    機転の利いた「演技 1割」、「裏表の無い生き方 9割」でいいでしょ。
    また少々意識的にあるキャラを演じるとしても、それを楽に自然に
    一生続けていられるなら、結果的にはそれが「素」だとも言い得る。

    また逆に、相手のご機嫌窺いとへつらいに終始してる人が多いと
    言うけども、ではなぜ結果が出ないかを彼らは考えてるだろうか。
    ご機嫌窺いとへつらいも、タイミングによっては必要悪だみたいな
    意味合いを、誤解を恐れず書いたのだけど、的を外したヘタクソな
    ご機嫌窺いとへつらいでは、クサくて女々しく映るだけです。
    正体や意図を見抜かれるような演技なら、しない方がマシですね。
    というか、能力を逸脱した演技は自分の心身にも限界がきますよ。

    人の二面性、いや三面くらいを使い分けて生きてる人を僕は数人
    知っています。
    それは裏表があるというのとは、いささか意味が違うんだな。
    体は一つしかない人間だから、いうなれば「素」が三つあるのです。
    社会生活上の人間関係の複数の世界で、最も円滑に生きられる
    「素」を選択して・・・言い換えるなら「能力」を使い分けてるのです。

    素を曝け出すとか出さないってのは、ざっくばらんに正直でいるか、
    それとも心にも無い演技をするかという、単純な二択ではなくって、
    相手と状況によって臨機応変になるべく円滑で気分良い接し方を
    演出できるかどうかじゃないかな?
    そして、そういう演出テクは、100%のウソだというわけじゃない。
    多くの引き出しからその時々に最適だと思える材料を取り出して
    調理して差し出すだけで、確かに自分の一部ではあるんですね。

    何やら考え込んで沈んでる様子の子がいた。
    「どうかしたの?」と声をかけたい。
    そんな時には、コチラも心配そうなシブい表情でオズオズと・・・が
    常識的なオヤクソクでしょう。
    でも、コチラは偶然にえらくハイでさ。
    根は本気で心配してるし、根は本当に優しいとしても、ですよ?
    さっき見たTVのギャグで、思い出し笑いで今にも吹き出しそうなら、
    誰しも必死で我慢して「演技」するもんじゃないの?
    この手の演技は、性善説と合理性に基づいて解釈しても良いので
    ありませんかね。
    また、そうした判断力、機転、能力などを全てひっくるめたキャラを、
    やはり「ありのままの姿」と総称し得るのではないでしょうか。

    ちなみに冒頭に書きましたように、性格や資質が根本的には最も
    大切だろうね。
    演技やへつらいも、見透かされて小バカにされる類いもある。
    だけど先述のラーメンのような話なら、万一うんと後々にバレても、
    頭ポリポリ掻きながら白状すれば、笑って済ましてもらえますよ。

引用返信 削除キー/
■11833 / inTopicNo.5)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ もみじ -(2010/05/26(Wed) 00:17:20) [ID:b9WuLd0b]
    有志さんひさしぶりです、こんばんは。

    > 片想いで多いのが、相手の機嫌などを窺いすぎてチャンスをダメにするパターン。
    表向き、というか当人の意識としたら相手のことを考えすぎているつもりかもしれませんが
    失敗を恐れて自己保身に走り過ぎて客観性を失い、失敗するパターン、だと思います。

    機嫌を伺うことに失敗したら、想いのままのアプローチに掛ける人もいるでしょうし。
    私ならお誘いを断られたくらいではめげずに別のアプローチを考えます。
    それら、相手の反応を見たあとの行動もその人のありのままの個性ではないでしょうか。

    結果的に失敗したら自分をさらけださなかったせいだと考えてしまうのは
    自分の良い面だけを本当の自分と考え過剰評価しているか
    本当の自分はもっとデキる奴なんだ、などという思い過ごしではないかとも思えます。
    好きな相手を目の前にして尻込みせずに自分をさらけだせるか、売り込めるかも
    やはりその人のありのままの実力だろうと私は思います。

    > 片想いである以上、相手に対してある程度の意思表示はしなければならない気がするのです。
    仰りたいのはつまりは、本末転倒になってしまうということですよね。
    ご機嫌うかがいをする目的は片思いを成功させることにあるはずなのに
    過剰に顔色を伺ううちに本来の目的達成が二の次になって自分を見失ってしまう。

    これらの原因はありのままをさらけださないことではなく、シンプルに
    目的意識が明確でないことではないでしょうか。
    たとえ強気のアプローチをしても、その人にとって本位でなければ迷走してしまうでしょうし
    その人の普段のキャラクターからはかけ離れたことをしても、目的がはっきりしているならば自分を見失ったり
    ありのままの自分ではないなどという悩みは発生しにくいでしょうから。

    テクニックの面でも、目的を見失わないためにも卑屈になるのはよくないと思いますね。
    おやまあさんがさらりと心理的にリードするために、と仰っていますが
    表向き相手を立てていても意識の上では対等か優位に立っているほうが望ましいでしょう。
    南さんの仰る、譲れることはさっさと譲ってしまうというのも
    変に卑屈になってしまわないためのポイントだと私は思います。
    細かな貸しがどうとか、へつらったとか、そんなことはいちいち気にせずに
    トータル的に見て「損して得をとる」精神が必要かなと。
引用返信 削除キー/
■11834 / inTopicNo.6)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ いなちゃん -(2010/05/28(Fri) 00:24:42) [ID:csyrOC2f]
    No11829に返信(有志さんの記事)

    こんにちは、有志さん。
    いつも、なかなかに面白いトビを立てられますね。

    ただ、正直今回は、タイトルと中身が食い違っていると言うか・・・ちょっと、うーんと首をかしげてしまいました。

    タイトル「ありのままの自分を大事に」を見ただけの時点で、私が連想した内容。


    ありのままではなく、背伸びし過ぎてメッキしまくって作った自分で、相手にアプローチした。
    →相手は、作った自分の姿を見て、その気になってくれた。
    →けれど、付き合い始めると、メッキがはげてしまい、相手が幻滅して去ってしまった。
    →最初から、ありのままの自分で勝負すべきだった!

    ってものなのかなと、思ったの。
    まあ、こういう場合。
    作った自分だって自分自身なんだから、メッキを何度でもつけ直して、作った自分を押し通せば良かったんじゃないか、メッキもずっと通せばいずれホンモノになると、答えたでしょうけど。


    でも、ちょっとどころじゃなく想像と違っていて、かなり違和感がありましたね。


    > 片想いで多いのが、相手の機嫌などを窺いすぎてチャンスをダメにするパターン。相手のことを考えすぎるがゆえに起きる悲劇についてです。
    ここで、違和感。
    相手の機嫌を伺い過ぎる事が、「ありのままの自分で接していない」事になるの?
    いや、私は、それこそ、「ありのままの自分」だって思います。

    上手に出来なくて、相手の機嫌をうかがい過ぎてしまう。
    そういうヘタレな部分は、まったくもって、「それしか出来ない」のが「今の、ありのままの自分」なんじゃないのかって、私は思いますよ。


    > ここで一つ疑問です。相手の機嫌を窺うという事は、自分をあまりさらけだしていないわけですよね。つまり自分ではない自分で片想いの相手と接していることになる。
    いやいや、だから、それは「自分ではない自分」なんかではなく、「ありのままの自分」ですって。
    そこは、正直、もみじさんの↓の意見に、まったくもって賛同します。

    > 結果的に失敗したら自分をさらけださなかったせいだと考えてしまうのは
    > 自分の良い面だけを本当の自分と考え過剰評価しているか
    > 本当の自分はもっとデキる奴なんだ、などという思い過ごしではないかとも思えます。
    > 好きな相手を目の前にして尻込みせずに自分をさらけだせるか、売り込めるかも
    やはりその人のありのままの実力だろうと私は思います。


    あなたの論法でいくのなら、「ありのままの自分でいけば、失敗しなかった筈」という事になるのだけれど。
    いやいや、恋愛で上手く行かなかったのは、「ありのままの自分を相手が受け入れてくれなかったから」ですから。
    それは、あまりにも、「ありのままの自分」ってものを、過大評価し過ぎでしょうと、私も思う。


    > もちろん戦略の一環として、自分をうまくパフォーマンスするために、演技するのは必要でしょう。また、時には相手の喜ぶ言葉を言うのも大切かもしれません。しかし、恋愛は人と人との関係から生まれるものである以上、本当の自分をさらけ出す必要はあると思うのです。執拗以上に相手の機嫌を窺い、へつらって接するのは相手からしたら何となく心地が悪いというか、何がしたいのか伝わらないと思うのです。
    ええっとね。
    相手にへつらい過ぎるってのと、演技をしたり相手の喜ぶ言葉を言ったりするのとは、全く違う事だから。


    それにね。へつらい過ぎるヘタレな自分も、ありのままの自分だけど、演技する自分だって、ありのままの自分なのよ。
    それに、相手が喜ぶ言葉を言う事が、全くダメという事は無いでしょう。

    有志君、あなたね、演技している自分は、本来の自分とベツモノと考えているようだけど、違うわよ。
    相手が喜びそうな言葉を選ぶ事は、単にへつらう事とは、違うわよ。


    演技や「相手の喜びそうな」言葉が、真に相手を思いやっての事なのか、誠意があるのかどうか、そこが問題なんじゃないかと、私は思いますけどね。
    相手に気に入られようという裏があっちゃいけない、とか言う気はありませんが。それでも、心底、相手の事を思いやっているかどうか、そこら辺は、相手に見透かされる事が多いだろうと、感じます。


    > こんなことを考える私は堅く不器用だとも思いますが、大切なことだと思うのですが…。
    うーん、そうねえ。固く不器用だとは思うけど。相変わらず、ずれているなあと。
引用返信 削除キー/
■11836 / inTopicNo.7)  南さんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/05/28(Fri) 16:00:47) [ID:qPTVpMiC]
    南さん。レスありがとうございます^^。そして遅くなってしまってすみません。

    そうですね。「ありのままの自分」ということについて、私自身の捉え方が浅はかだったと思います。皆さんのレスを読んでいて、ありのままの自分というものがどういうものか少し明確になってきたように思います。

    確かに南さんがおっしゃるように、人は色々な状況によって自己表現していますよね。そしてそれぞれが自分なのだと思います。

    少し捉え違いをしていたようです。
引用返信 削除キー/
■11837 / inTopicNo.8)  decisionさんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/05/28(Fri) 16:06:46) [ID:qPTVpMiC]
    decisionさん、レスありがとうございます^^。そして遅くなってしまってすみません。

    > うーん…、個人的には、「ありのままの自分(素の自分)」だけが、自分だとは思わないですね。
    > そうやって、表面的な(意図して作っている)自分も、自分だと思います。
    > 「自分ではない自分」というより、「普段の自分(社会に適合するために作り上げてきた自分」で相手と接していると考えますね。

    そうなんですよね。私は「ありのままの自分」について少し間違った捉え方をしていたようです。意図していようがその時も自分なのだと思います。相手に適応させるように接する自分も本来の自分と言えると思いました。

    > 逆ではないでしょうか。
    > 自分が傷つくのを恐れているから、遠くから相手の機嫌を窺うことしかできないのではないのだと思います。
    > 自分という個人を否定されたくないから(本当は、そんなことそうそう無いはずなのに)、必要以上に自分を隠してしまうのだと思いますね。
    >
    > 相手の機嫌を窺っているからといって、自分が傷つくことを避けていると単純に紐付けてしまうのは、短絡ではないでしょうか。

    そうですね。少し浅はかだったと思っています。

    > それに、両極端に考えすぎだと思います。
    > 白黒つけたくって仕方がないというか、「これはこう」と分類したくって仕方がないというか…。

    そうですね。白黒はっきりさせたい部分は私の中であるかもしれません。

    皆さんのコメントから「ありのままの自分」ということに対しての捉え方が変わったように思います。もっと広く考えてみても良いのかなと思いました^^。
引用返信 削除キー/
■11838 / inTopicNo.9)  おやまあさんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/05/28(Fri) 16:19:51) [ID:qPTVpMiC]
    おやまあさん、レスありがとうございます^^。そしてレスが遅くなってしまってすみません。

    他の方の所でもレスしましたが、「ありのままの自分」ということについてもう少し深く考えてみる必要があると思いました。

    確かに片想いは相手と付き合うのが目的なのだから、多少の演技は必要不可欠のような気がします。相手に興味を持ってもらうには、相手のニーズを把握し、そのように行動する必要は自ずと生じてきますしね。となると大切なのは、おやまあさんがおっしゃるように、それを見抜く洞察力だと思いました。そしてそのように行動する力も必要ですよね。

    結局のところ、どのように振舞う自分も「ありのままの自分」なのではないかと思いました。そこには少なからず意志はあるはずですし、それが例え割合的に小さくても「自分」ですしね。

    相手との状況に合わせて円滑にコミュニケーションできるように頭を働かせること、これは「ありのままの自分」という域を超えて、とても大切なことのように思いました。片想い成就には必須のスキルだと思います。

    おやまあさんのレスにはいつも励まされます。そして前向きな気持ちになれますね!!ありがとうございます^^。
引用返信 削除キー/
■11839 / inTopicNo.10)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ いもり -(2010/05/28(Fri) 16:30:50) [ID:cJX5xkDR]
    おひさしぶりです、いもりです。

    そもそも「ありのままの自分」ってなんでしょう?
    猫を被ってない自分、ということですかね??

    アプローチ中にちょっと普段より頑張ったりするのは別にそう変なことでもなくて。
    いつ、どのようにして自分の駄目なところを相手に伝えていくかがうまくいくかに影響しているかなぁとは思いますが。
    伝えられるところもあれば、墓まで持ってく秘密もあるかも。

    猫の被り方も、ひとそれぞれであるわけで。
    (厚い化粧をするのも、ある意味猫なのかしら。笑)
    自分は、あまり猫被った状態で接すると疲れちゃうし、
    結構初対面の人とかでも、ある程度自分を開いてしまうけども。

    人に何かお願いごとしたりができる、できない、とかも含めて自分なんじゃないかな。
    相手に何も伝えられなくて、「ありのままでいれば…」って悔むのは、負け惜しみというか。
    伝えられない=ありのまま。で、失敗したわけ。
    相手のことを考えて、伝えられなくなる自分はありのままじゃないのかな?
    失敗した自分が、ありのままじゃなかったって言い訳してるように聞こえるなぁ。
    もしくは、有志さんの例だと、
    せっかく相手に気使ってたのに、そんなに気使わなくて良かったんじゃん、て傲慢さが見え隠れ??

    ま、後悔先にたたず。というか、自分の決断に責任もてば良いのではないかな??
引用返信 削除キー/
■11840 / inTopicNo.11)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ あさ -(2010/05/28(Fri) 21:04:42) [ID:ztJfonHb]
    あまり熟読はしていませんので もしかしたら誤解があるかもしれないです そのときはお返事お願いします

     有志さんと回答者さん(全員ではありません それぞれ受け止め方は幅広いです)のやり取りを見ていて 「どこかしっくり来ないトピだな〜」と感じるのは 私だけでしょうか

    これって有志さん自身の問題(悩み)なのではなく
     「相談者さんによく見られるケース」を 純粋に取り上げただけではないのかな?って感じていたので

    (有志さんのことじゃないと仮にすると)「有志さん自身のことであろう」と皆さんから書かれると
     それに否定せず話を進めるあたりが 有志さんらしいというか

    「これは有志さんの悩みでしょ?」といわれれば「そうなんです」と答え
    「いやいや本当は相談を見て 話題としてその特徴を挙げただけでしょう?」といわれれば「そうなんです」と答える
    有志さんってそんなイメージがあります

    前から感じていましたが 有志さんはトピキングとかかれていたように
     (特定のなのかな)回答者さんと話したいからトピを立てている、むしろ私にはそちらが目的のような気がしてなりません

    とはいえ もちろんそれが悪いなどではないです 
     ただ目的がそうなってくると 単純にコメントしにくい点と 本当の目的が見えにくい点を感じます(話し込めていないというか) おせっかいながら今回書かせて頂きました 

引用返信 削除キー/
■11841 / inTopicNo.12)  もみじさんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/05/28(Fri) 23:24:05) [ID:qPTVpMiC]
    もみじさん、レスありがとうございます^^。そしてレスが遅くなってしまってすみません。

    > 表向き、というか当人の意識としたら相手のことを考えすぎているつもりかもしれませんが
    > 失敗を恐れて自己保身に走り過ぎて客観性を失い、失敗するパターン、だと思います。

    そうですね。もみじさんの仰るとおりだと思います。自己保身ですか…。私もその節があるので、ギクっとしました。

    > 機嫌を伺うことに失敗したら、想いのままのアプローチに掛ける人もいるでしょうし。
    > 私ならお誘いを断られたくらいではめげずに別のアプローチを考えます。
    > それら、相手の反応を見たあとの行動もその人のありのままの個性ではないでしょうか。

    結局そうなんですよね。ありのままの自分って特定の行動だけを指すのではなく、その人の意志なりがあったら、それはそれでありのままの自分なのかもしれませんね。

    > 結果的に失敗したら自分をさらけださなかったせいだと考えてしまうのは
    > 自分の良い面だけを本当の自分と考え過剰評価しているか
    > 本当の自分はもっとデキる奴なんだ、などという思い過ごしではないかとも思えます。
    > 好きな相手を目の前にして尻込みせずに自分をさらけだせるか、売り込めるかも
    > やはりその人のありのままの実力だろうと私は思います。

    …たしかに。。。私も例外ではないので身に沁みます。

    > 仰りたいのはつまりは、本末転倒になってしまうということですよね。
    > ご機嫌うかがいをする目的は片思いを成功させることにあるはずなのに
    > 過剰に顔色を伺ううちに本来の目的達成が二の次になって自分を見失ってしまう。
    >
    > これらの原因はありのままをさらけださないことではなく、シンプルに
    > 目的意識が明確でないことではないでしょうか。
    > たとえ強気のアプローチをしても、その人にとって本位でなければ迷走してしまうでしょうし
    > その人の普段のキャラクターからはかけ離れたことをしても、目的がはっきりしているならば自分を見失ったり
    > ありのままの自分ではないなどという悩みは発生しにくいでしょうから。
    >
    > テクニックの面でも、目的を見失わないためにも卑屈になるのはよくないと思いますね。
    > おやまあさんがさらりと心理的にリードするために、と仰っていますが
    > 表向き相手を立てていても意識の上では対等か優位に立っているほうが望ましいでしょう。
    > 南さんの仰る、譲れることはさっさと譲ってしまうというのも
    > 変に卑屈になってしまわないためのポイントだと私は思います。
    > 細かな貸しがどうとか、へつらったとか、そんなことはいちいち気にせずに
    > トータル的に見て「損して得をとる」精神が必要かなと。

    私自身の「ありのままの自分」の捉え方が浅はかでした。。。もう少し深めてからトピを立てるべきだったと思います。
引用返信 削除キー/
■11842 / inTopicNo.13)  いなちゃんさんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/05/28(Fri) 23:27:30) [ID:qPTVpMiC]
    いなちゃんさん、レスありがとうございます^^。そしてレスが遅くなってしまってすみません。

    > 有志君、あなたね、演技している自分は、本来の自分とベツモノと考えているようだけど、違うわよ。
    > 相手が喜びそうな言葉を選ぶ事は、単にへつらう事とは、違うわよ。
    >
    >
    > 演技や「相手の喜びそうな」言葉が、真に相手を思いやっての事なのか、誠意があるのかどうか、そこが問題なんじゃないかと、私は思いますけどね。
    > 相手に気に入られようという裏があっちゃいけない、とか言う気はありませんが。それでも、心底、相手の事を思いやっているかどうか、そこら辺は、相手に見透かされる事が多いだろうと、感じます。

    ここの部分にはただただ納得です。へつらいと演技の違いをもう少し考えてみる必要があると思いました。皆さんのレスにも書いていますが、「ありのままの自分」という捉え方が浅はかだったと思います。

    > うーん、そうねえ。固く不器用だとは思うけど。相変わらず、ずれているなあと。

    皆様からのレスを頂いて、ようやくそのズレに気づきました。もう少し自分の中で吟味してからトピを立てるべきだったと思います。
引用返信 削除キー/
■11843 / inTopicNo.14)  いもりさんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/05/28(Fri) 23:30:58) [ID:qPTVpMiC]
    いもりさん、レスありがとうございます^^。

    そうなんですよね。皆さんのレスにもありましたが、「ありのままの自分」という捉え方が少し浅はかだったために、ズレが生じてきているのだと思いました。だからレスがしにくかったと思います。申し訳ありません。

    相手に何も伝えていなくて「ありのままの自分」と悔やむのは確かに負け惜しみですね。これには納得です。

    結局のところ、「ありのままの自分」という言い訳をしているだけのような気もしてきました。
引用返信 削除キー/
■11844 / inTopicNo.15)  あささんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/05/28(Fri) 23:36:47) [ID:qPTVpMiC]
    あささん、レスありがとうございます^^。

    今回のトピは私の「ありのままの自分」というものの捉え方が浅はかだったために、皆さんを困らせてしまったと思っています。もう少し考えてトピを立てる必要があると思いました。

    正直なところ、ふと頭に浮かんだのをそのまま書いてしまいました。筋道立てて丁寧に書き込みするべきでした。

    それとあささんがおっしゃるように、「相談者さんによく見られるケース」で取り上げたというのは全くその通りです。

    また、「回答者さんと話したいから」というのもあると思います。それも否定はできません。

    いずれにせよ、レスしにくかった感は否めないと思っています。目的も見えにくかったことでしょう。

    おせっかいとは思いませんでしたよ。むしろ今回のことを客観的に言っていただいて正直嬉しかったです^^。ありがとうございました。
引用返信 削除キー/
■11847 / inTopicNo.16)  Re[1]: ありのままの自分を大事に
□投稿者/ カイト -(2010/05/30(Sun) 00:05:34) [ID:2U3gkvLd]
    No11829に返信(有志さんの記事)
    > どうも有志です^^。最近また思うところがあったのでトピを立てさせていただきました。

    遅くに参加で申し訳ありませんが、興味を引かれたので^^。

    > 今回の内容は、相手へアプローチをかけるために非常に大切なことだと私自身は考えていることです。
    >
    > それは…
    >
    > 「ありのままの自分で接すること」の大切さです。

    うーん、どうなんでしょうね?
    ありのままの自分が、相手に合うかどうかにもよりますし、
    なにより”物によっては出す出さない”というていど問題も関わってくると思いますよ。
    なのに一概にはいえないと思います。
    >
    > 片想いで多いのが、相手の機嫌などを窺いすぎてチャンスをダメにするパターン。相手のことを考えすぎるがゆえに起きる悲劇についてです。
    >
    > 相手の機嫌を窺いすぎてメールを控えたり、誘いにのってくれなかったらすぐに引くなどが典型ですね。

    だったらそうしなければいいのでは?
    ”適度に”機嫌を伺い”適度な”行動をとればいいだけでしょ?
    そのあたりの加減を失敗や成功を繰り返す中で、学んでいくしかないでしょうね。
    >
    > ここで一つ疑問です。相手の機嫌を窺うという事は、自分をあまりさらけだしていないわけですよね。つまり自分ではない自分で片想いの相手と接していることになる。
    >
    そうですか?
    いなちゃんさんも書かれていますが、恋愛においては相手の機嫌を伺ってしまうのが、あなたらしさと言えると思いますよ。
    それに、機嫌を伺いながらも自分をさらけ出すことは可能ですよね?

    > これって相手からすれば自分の意志があまり見受けられないので、「一体何がしたいのか?」と思ってしまうのではないでしょうか。

    貴方がそう考えるのであれば、そう思われないようにこれらかは努力すればいいだけだと思います。
    >
    > 片想いである以上、相手に対してある程度の意思表示はしなければならない気がするのです。自分の「想い」が相手の機嫌を窺いすぎてどこか遠くへ行ってしまっているような気がするのです。
    >
    これもね。
    そう思うなら、これからは相手の機嫌を伺いすぎるのをやめればいいだけだと思います。
    今までそれで失敗しているならなおのことね。

    > もちろん戦略の一環として、自分をうまくパフォーマンスするために、演技するのは必要でしょう。また、時には相手の喜ぶ言葉を言うのも大切かもしれません。しかし、恋愛は人と人との関係から生まれるものである以上、本当の自分をさらけ出す必要はあると思うのです。執拗以上に相手の機嫌を窺い、へつらって接するのは相手からしたら何となく心地が悪いというか、何がしたいのか伝わらないと思うのです。

    うーん。
    必要以上にへつらうのもダメだけど、相手にさらけ出したい自分の全てを押し付けるのもどうかと思います。
    程々ですよ、ほどほど。

    相手の機嫌を伺い、どこまで出していいかを図り、その自分の判断を信じて行動することこそが大事なんじゃないかな?と。

    > 結局、相手の機嫌を窺うということは、ありのままの自分で勝負して、自分が傷つくのを避けているだけのような気もしてきます。

    それは在るでしょうね。
    でも、恋愛においては自分が傷つくことを怖がると言うことこそが、今のあなたらしさともいえますよ。

    それがダメだとか嫌だとか思うなら、死ぬ気で性格を変えればいいのでは?と私は思います。
    >
    > こんなことを考える私は堅く不器用だとも思いますが、大切なことだと思うのですが…。

    もしかしたら1か0かで考えていませんか?
    グレイゾーンと言うか、程々とか臨機応変とか言ったものを身につけるといいのでは?と思いますよ。
引用返信 削除キー/
■11858 / inTopicNo.17)  カイトさんへ
□投稿者/ 有志 -(2010/06/10(Thu) 06:23:25) [ID:qPTVpMiC]
    カイトさん、レスありがとうございます^^。そしてレスが遅くなってしまってすみません。

    そうですね。執拗以上に相手にへつらうのは間違っていると思います。相手の機嫌を窺い過ぎるといつかこちらがパンクしてしまうと思います。何でもかんでも言うのはおかしいですが、自己主張の範囲内で自分の気持ちを表明することは大切なことかもしれません。

    恋愛において自分が傷つきたくないというのはまだありますね。それを克服できればと思っています。死ぬ気で性格を変える努力は必要でしょうね。

    グレーゾーンですか…、考えてみることにします。
引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

Pass/

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -