みんなの恋愛観は現在閲覧専用になっております。

みんなの恋愛観(閲覧用)

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■9226 / inTopicNo.1)  僕も、某スレにインスパイアされて
  
□投稿者/ おやまあ -(2009/03/11(Wed) 06:51:54) [ID:UNR7X09L]
    ちょっと思ったので、また軽く書かせてくださいな。
    某スレのケースに限らず、恋愛感情のドキドキ感やトキメキが無くなり、
    家族みたいになっちゃってどうたら・・・という話はけっこうあるね。
    1年以上も付き合ってきたせいか、マンネリしちゃって危機です、だとか。

    でも、よくよく考えてみたらですよ。
    家族みたいになっちゃってとは言うものの、その彼女や彼氏と、家族に
    なったことあるのかしらん??
    正式な結婚生活を経験しないと、そんな感覚は知り得ないよね、当然。
    いくら同棲しても、あくまで擬似結婚生活ごっこであり、社会的、法的な
    自覚、使命感、精神的な縛りは、本当の夫婦とは雲泥の差のはずです。

    てことは、家族「みたい」でつまらないと、勝手に表現してるだけでしょう。
    だからイヤだってのなら、そりゃ世の家族への冒涜だ。www

    たとえば男から彼女をそう評す場合、真の家族の女ったら、母親か姉、
    妹くらいしかいないわけですから、彼女が母親そっくりの印象になって
    きたのか? あるいは彼女が姉か妹に見えてきたのか?
    それとはまた違うだろうし、変でしょ、やっぱり。

    マンネリ云々にしたって、二十歳そこそこの男女が、たかだか数ヶ月や
    1年くらい付き合ってマンネリ化するって話を、僕はいつも信じられない。

    個々のケースでの心理状態を微にいり細にいり想像して言い尽くそうと
    すればキリがないので、いささか乱暴を承知で敢えて言い切ってみると、
    ほんどの場合で僕思うに、相手に「飽きた」んだよ。
    どんな綺麗事の理屈をくっつけようと、要は相手の男や女に飽きたんだ。

    トキメキがどうで安心感がどうで、落ち着きがどうで、家族愛がどうで・・・
    色々なキーワードはあるけど、これらの定義にしても個々の感覚次第で、
    たぶんにご都合主義的な切り分けになってると僕は思う。

    僕自身の若い頃からのたくさんの恋愛や情事をww思い出してみたけど、
    ドキドキ感なんてごく僅かなシーンでしか記憶にない。
    我ながら言いますけど、僕は決して淡白なタイプじゃないよ?
    あの彼女(当時の感覚を強いて思い出せば)大好きだったなぁー!!と。
    そういう記憶こそありますけども、その彼女と会うたびにドキドキモジモジ
    していたことなどありません。
    そんな気もそぞろな心持ちでいたら、道を間違えたり車をぶつけそう。w

    不謹慎ながら正直を言って、テレクラや伝言ダイアルで正体不明の女を
    ついに口説き落としてアポを取るに至り、いそいそと出かけて行く時なら
    いい年をして心臓バクバク、トキメキ爆発、気もそぞろだったなー。www
    駅の階段を小走りで上がり、つま先が絡んでつんのめったりなんかして。
    大好きだけど慣れてる女と一緒に過ごす時こそ、ある意味落ち着いてて
    安心しきっていなければ、むしろジックリとは関係性を楽しめない。

    好きな女と初めてキスした時などは確かにドキドキバクバクでしたけど、
    キスしてる最中がじゃないよ? 初キスする寸前がだ。ww
    今だ、チャンスだ!ついにこの瞬間がやってきたぞ、なんて心中で思い、
    タイミングを見計らいつつ手や顔をジリッ、ジリッ、ヒクヒクッと1cmづつ
    前に進ませて行く時は、超強烈なトキメキ!!だった。www

    仮に多くの若い人が言う「ドキドキ」や「トキメキ」を、
    「楽しくてしょうがない!」とか、
    「嬉しくてたまらない」とか、
    「何時間一緒にいても飽きないし、離れたくない」とか、
    そんな風に言い換えても良いのなら、まだわかります。

    でも、こう言い換えた表現でのドキドキやトキメキが無くなったとすれば、
    「もうコイツと居ても、ちっとも楽しくない」
    「コイツと過ごしても、別に嬉しくもなんともない」
    「コイツと何時間も居るくらいなら、一人でパチンコにでも行きたいよ」
    なんて意味に置き換わってしまい、もはや愛がある関係とは思えない。

    休日の昼下がり、女房の出してきた渋茶を片手でズズッとすすりながら
    胡坐をかいて新聞を丹念に読む。
    こんな状態は「落ち着き」とでも言うのだろうけど、普通は意識こそしては
    いないけども、心の底には「幸せな気分だ」という自覚はひっそりとある。

    以上、様々な記憶や状態を思い浮かべてはつらつらと書きつつ思うに、
    どう考えてみても・・・
    ドキドキしないから別れようか、
    トキメキがないから別れようか、
    家族みたいになっちゃったから別れるべきか、
    なんていう感覚や発想へは、ぜんぜん理解も想像も及びません。

    そしてまた、二十歳そこそこや二十代で「マンネリ」するという件。
    それもせいぜい1年か2年ほどの付き合いで・・・
    もう互いにあらゆることを感じきったのですか?
    あらゆる感動を味わいきったのですか?
    もう好奇心や興味のカケラも無いほど、互いの隅から隅まで知りきって
    しまったのですか?
    会話のネタが尽きたと言うけれど、そんなに話題やネタに事欠く時代に
    生きてるんですか?
    と不思議でたまらない。

    「トキメキの薄れ」も「マンネリ化」も、特に何か決定的な対立で大喧嘩を
    してるわけでもないカップルなのに、です。
    早い話が相手に興味が失せ、魅力も感じなくなり、「飽きた」んでしょ?と。


    まあ、男と女では、ちょっと違うかもしれませんね。
    なんだかんだ女は、いつまでも構ってもらいたい面があると思うんです。
    40才でも50才でも、いや60才になる女性へでも、
    「おやぁ〜、○○ちゃん!
    今日はなんか特にイイ女みたいだけど!? もしかして化粧を変えた?
    それにまた、そのスカート、やけに似合っちゃってさあ!!」
    ってなことをニコニコして言えば、

    「やっだぁ〜、おやまあさんったら。うまいんだからー!
    でも、ほんと!? いつもより少しはマシ? 実はファンデを変えたのよ。
    わかる? やっぱり変えて良かったかしら。ウフフフフ♪」
    とか答えてきつつ赤面しつつ、満面の笑みだったりなんかして。
    ヘタすると、「たまにはお茶にでも行きます?奢ってあげるってば」だ。ww

    こんな場面での女性の心境もトキメキと呼べるのならば、女は男より
    トキメキできる期間がずっと長いし、常にトキメキたがるのもわかる。
    男でも何才になっても女から誉められたらキモチイイものではあるが、
    50過ぎて「あなた、イイ男ね」と言われても、赤面はしないよなぁ。
    じゃあ、男は女をトキメかせてあげなきゃいけないよね。
    こんなクサそうなお愛想でも、女心としてはまんざらでなくなる言葉を
    マメにかけてあげるくらいはタダだし、理屈でなく印象は良くなるもの。
    彼女へこの程度のサービス精神すらも発揮する気力を失った男って、
    やはり女に「飽きた」んでしょう。「情」も「慈しみ」も無くしたんでしょう。
    違いますでしょうか。

    こんな例だけでは女を見くびってると誤解されかねませんが、他意は
    ありません。
    しかしながら、実に分かり易い象徴的な実例として挙げています。
    お愛想やゴマスリっても、70%くらいは本当にそう思っててのことだし。
    概ね女性達は女房だろうが彼女だろうが愛人だろうがセフレだろうが、
    親しい女友達だろうが近所の人妻だろうが・・・
    「その髪型、似合っててステキだね!」と言えば、喜んでくれます。
    「お前って、ホントそういうとこがカワイイな」と言えば、はにかみます。
    で、本人は無意識でも急に何かテキパキし始めたり、スキップ気味で
    歩いてたり、自然と鼻歌をうたってたりします。ww
    こっちの欠点の一つや二つへは、暫らく目をつむっててもくれます。
    男なら、この程度の愛や情、努力は示せなきゃ、飽きたと言われても
    仕方ないかなって。

    ともあれ。
    すぐどこででもくっつき易い代り、飽き易くもある時代(?)なのかな?


引用返信 削除キー/
■9227 / inTopicNo.2)  飽きた以外に何があると。
□投稿者/ カイト -(2009/03/11(Wed) 09:27:55) [ID:2U3gkvLd]
    No9226に返信(おやまあさんの記事)
    > ちょっと思ったので、また軽く書かせてくださいな。
    > 某スレのケースに限らず、恋愛感情のドキドキ感やトキメキが無くなり、
    > 家族みたいになっちゃってどうたら・・・という話はけっこうあるね。
    > 1年以上も付き合ってきたせいか、マンネリしちゃって危機です、だとか。
    >
    > でも、よくよく考えてみたらですよ。
    > 家族みたいになっちゃってとは言うものの、その彼女や彼氏と、家族に
    > なったことあるのかしらん??
    > 正式な結婚生活を経験しないと、そんな感覚は知り得ないよね、当然。
    > いくら同棲しても、あくまで擬似結婚生活ごっこであり、社会的、法的な
    > 自覚、使命感、精神的な縛りは、本当の夫婦とは雲泥の差のはずです。
    >
    > てことは、家族「みたい」でつまらないと、勝手に表現してるだけでしょう。
    > だからイヤだってのなら、そりゃ世の家族への冒涜だ。www
    >
    > たとえば男から彼女をそう評す場合、真の家族の女ったら、母親か姉、
    > 妹くらいしかいないわけですから、彼女が母親そっくりの印象になって
    > きたのか? あるいは彼女が姉か妹に見えてきたのか?
    > それとはまた違うだろうし、変でしょ、やっぱり。
    >
    > マンネリ云々にしたって、二十歳そこそこの男女が、たかだか数ヶ月や
    > 1年くらい付き合ってマンネリ化するって話を、僕はいつも信じられない。
    >
    > 個々のケースでの心理状態を微にいり細にいり想像して言い尽くそうと
    > すればキリがないので、いささか乱暴を承知で敢えて言い切ってみると、
    > ほんどの場合で僕思うに、相手に「飽きた」んだよ。

    ええ、これにつきるでしょうね。これ以外ないでしょう。
    飽きるからマンネリだと思うようになるし、相手を恋愛対象として興味がもてなくなるから、"でも好きだから家族みたい?"となるだけでしょうね。

    > どんな綺麗事の理屈をくっつけようと、要は相手の男や女に飽きたんだ。
    >
    > トキメキがどうで安心感がどうで、落ち着きがどうで、家族愛がどうで・・・
    > 色々なキーワードはあるけど、これらの定義にしても個々の感覚次第で、
    > たぶんにご都合主義的な切り分けになってると僕は思う。
    >
    > 僕自身の若い頃からのたくさんの恋愛や情事をww思い出してみたけど、
    > ドキドキ感なんてごく僅かなシーンでしか記憶にない。
    > 我ながら言いますけど、僕は決して淡白なタイプじゃないよ?
    > あの彼女(当時の感覚を強いて思い出せば)大好きだったなぁー!!と。
    > そういう記憶こそありますけども、その彼女と会うたびにドキドキモジモジ
    > していたことなどありません。
    > そんな気もそぞろな心持ちでいたら、道を間違えたり車をぶつけそう。w
    >
    > 不謹慎ながら正直を言って、テレクラや伝言ダイアルで正体不明の女を
    > ついに口説き落としてアポを取るに至り、いそいそと出かけて行く時なら
    > いい年をして心臓バクバク、トキメキ爆発、気もそぞろだったなー。www
    > 駅の階段を小走りで上がり、つま先が絡んでつんのめったりなんかして。
    > 大好きだけど慣れてる女と一緒に過ごす時こそ、ある意味落ち着いてて
    > 安心しきっていなければ、むしろジックリとは関係性を楽しめない。
    >
    > 好きな女と初めてキスした時などは確かにドキドキバクバクでしたけど、
    > キスしてる最中がじゃないよ? 初キスする寸前がだ。ww
    > 今だ、チャンスだ!ついにこの瞬間がやってきたぞ、なんて心中で思い、
    > タイミングを見計らいつつ手や顔をジリッ、ジリッ、ヒクヒクッと1cmづつ
    > 前に進ませて行く時は、超強烈なトキメキ!!だった。www
    >
    > 仮に多くの若い人が言う「ドキドキ」や「トキメキ」を、
    > 「楽しくてしょうがない!」とか、
    > 「嬉しくてたまらない」とか、
    > 「何時間一緒にいても飽きないし、離れたくない」とか、
    > そんな風に言い換えても良いのなら、まだわかります。
    >
    > でも、こう言い換えた表現でのドキドキやトキメキが無くなったとすれば、
    > 「もうコイツと居ても、ちっとも楽しくない」
    > 「コイツと過ごしても、別に嬉しくもなんともない」
    > 「コイツと何時間も居るくらいなら、一人でパチンコにでも行きたいよ」
    > なんて意味に置き換わってしまい、もはや愛がある関係とは思えない。
    >
    > 休日の昼下がり、女房の出してきた渋茶を片手でズズッとすすりながら
    > 胡坐をかいて新聞を丹念に読む。
    > こんな状態は「落ち着き」とでも言うのだろうけど、普通は意識こそしては
    > いないけども、心の底には「幸せな気分だ」という自覚はひっそりとある。
    >
    > 以上、様々な記憶や状態を思い浮かべてはつらつらと書きつつ思うに、
    > どう考えてみても・・・
    > ドキドキしないから別れようか、
    > トキメキがないから別れようか、
    > 家族みたいになっちゃったから別れるべきか、
    > なんていう感覚や発想へは、ぜんぜん理解も想像も及びません。
    >
    > そしてまた、二十歳そこそこや二十代で「マンネリ」するという件。
    > それもせいぜい1年か2年ほどの付き合いで・・・
    > もう互いにあらゆることを感じきったのですか?
    > あらゆる感動を味わいきったのですか?
    > もう好奇心や興味のカケラも無いほど、互いの隅から隅まで知りきって
    > しまったのですか?
    > 会話のネタが尽きたと言うけれど、そんなに話題やネタに事欠く時代に
    > 生きてるんですか?
    > と不思議でたまらない。

    肉欲からくるトキメキなんて、目的を達してしまえば晴れてしまうでしょうね。
    結局、知的好奇心を埋めてくれるような深みのある人間が少ないということでしょう。
    もしくは、自分の内面を表現する能力が無いから、薄っぺらな人間にしか見えないってことでしょうね。

    だから飽きやすいのかと。

    これもコミュニケーション能力の低下が原因なんじゃないのかな?
    >
    > 「トキメキの薄れ」も「マンネリ化」も、特に何か決定的な対立で大喧嘩を
    > してるわけでもないカップルなのに、です。
    > 早い話が相手に興味が失せ、魅力も感じなくなり、「飽きた」んでしょ?と。
    >
    >
    > まあ、男と女では、ちょっと違うかもしれませんね。
    > なんだかんだ女は、いつまでも構ってもらいたい面があると思うんです。
    > 40才でも50才でも、いや60才になる女性へでも、
    > 「おやぁ〜、○○ちゃん!
    > 今日はなんか特にイイ女みたいだけど!? もしかして化粧を変えた?
    > それにまた、そのスカート、やけに似合っちゃってさあ!!」
    > ってなことをニコニコして言えば、
    >
    > 「やっだぁ〜、おやまあさんったら。うまいんだからー!
    > でも、ほんと!? いつもより少しはマシ? 実はファンデを変えたのよ。
    > わかる? やっぱり変えて良かったかしら。ウフフフフ♪」
    > とか答えてきつつ赤面しつつ、満面の笑みだったりなんかして。
    > ヘタすると、「たまにはお茶にでも行きます?奢ってあげるってば」だ。ww

    これは社交辞令なのでは?
    本気にされたら困る類の、気軽な返しといいますか……私だったら"ほめられたお礼"として"お茶をおごっていい程度に意は嬉しかった"という意思表示では使うと思います。
    でも、実際におごってといわれたらあつかましいって思います(あくまで私はね。ほかの女性は知りません)
    >
    > こんな場面での女性の心境もトキメキと呼べるのならば、女は男より
    > トキメキできる期間がずっと長いし、常にトキメキたがるのもわかる。
    > 男でも何才になっても女から誉められたらキモチイイものではあるが、
    > 50過ぎて「あなた、イイ男ね」と言われても、赤面はしないよなぁ。
    > じゃあ、男は女をトキメかせてあげなきゃいけないよね。
    > こんなクサそうなお愛想でも、女心としてはまんざらでなくなる言葉を
    > マメにかけてあげるくらいはタダだし、理屈でなく印象は良くなるもの。
    > 彼女へこの程度のサービス精神すらも発揮する気力を失った男って、
    > やはり女に「飽きた」んでしょう。「情」も「慈しみ」も無くしたんでしょう。
    > 違いますでしょうか。
    >
    > こんな例だけでは女を見くびってると誤解されかねませんが、他意は
    > ありません。
    > しかしながら、実に分かり易い象徴的な実例として挙げています。
    > お愛想やゴマスリっても、70%くらいは本当にそう思っててのことだし。
    > 概ね女性達は女房だろうが彼女だろうが愛人だろうがセフレだろうが、
    > 親しい女友達だろうが近所の人妻だろうが・・・
    > 「その髪型、似合っててステキだね!」と言えば、喜んでくれます。
    > 「お前って、ホントそういうとこがカワイイな」と言えば、はにかみます。
    > で、本人は無意識でも急に何かテキパキし始めたり、スキップ気味で
    > 歩いてたり、自然と鼻歌をうたってたりします。ww
    > こっちの欠点の一つや二つへは、暫らく目をつむっててもくれます。
    > 男なら、この程度の愛や情、努力は示せなきゃ、飽きたと言われても
    > 仕方ないかなって。

    別にほめなくてもいいけど、中身の深さを感じさせてくれないと、飽きるなあと個人的には思います。
    もうひとつ言えば、けなされても、自分を良く見ているからこそわかる欠点をけなされる分には、やさしさを含んでいる言葉であれば、それも愛情だって感じられますからねえ。
    そういう"相手の気持ちを受け取る能力"もないから、言葉でしっかり言ってほしいと望む人が増えて、相手を言い疲れさせてしまう→疲れて飽きられるという可能性もあるのでしょうね。
    >
    > ともあれ。
    > すぐどこででもくっつき易い代り、飽き易くもある時代(?)なのかな?
    >
    結局人間関係を深く結べない、コミュニケーション能力が低いというのが、根本的な原因なのでは?と思いますよ。
引用返信 削除キー/
■9229 / inTopicNo.3)  Re[1]: 僕も、某スレにインスパイアされて
□投稿者/ 有志 -(2009/03/11(Wed) 19:04:55) [ID:qPTVpMiC]
    トキメキって一般的に3年が寿命のようで。脳の分泌液がどうたらこうたら。3年経つとそれがなかなか分泌されなくなるみたいですね。でもそこから愛が始まるなんて言ったりする。

    いずれにせよ恋は長く続ける事はできないんですよね。愛の時間をどのように生きるか考えないといけない。恋には期限があるわけで。

    私も最近はそのことをよく考えるんですよ。ときめきって大事だけど、常にときめいているのもしんどいなぁと。たまーにあるときめきが「いいな」と思えるぐらいがちょうど良いのかも。あくまで私にとってはですが。



    それと、確かにおやまあさんがおっしゃるように「飽きた」というのが適切な表現なのだと思いました。それを上手に他の言葉で代用しているだけのような。都合の良い言葉に変えているだけですよね。結局は「飽きた」んだと思います。でもそう言うと体裁が悪いから。

    恋から愛へ変わるのは避けられないことだと思います。だとしたら、一つでも尊敬できるものがないと乗り切れないのだと私自身は思います。
引用返信 削除キー/
■9230 / inTopicNo.4)  Re[1]: 僕も、某スレにインスパイアされて
□投稿者/ 南 -(2009/03/11(Wed) 20:11:33) [ID:7Q6xOroJ]
    私自身は「マンネリ、倦怠期」って感じたことがないんです。
    皆さんが掲示板で仰ることを拝見しているとおやまあさんの仰る通り
    「飽きる」ということなんだろうと思いますねぇ。
    で、それでは、私は世間様より飽きっぽくない美点があるのか?と考えると、
    まったく逆で、むしろ私は「審査が厳しい。許容範囲が、一般よりずっと
    厳しい気難し屋なのでは?」と日々反省するむきもあります。

    「マンネリ」しない相手とは数年付き合ってもマンネリしません。
    結婚して十年以上になりますが、夫の傍にいるのが大好きな私(笑)。
    が…だめな相手だと、私は、一緒にいて感じる「がっかり」が多いんですよ!
    「あぁ〜こういうことを言うのか(がっかり)」
    「あぁ〜こういう態度をとるのか(がっかり)」ってね。
    「私に合わない。私の好みでない。私は、この人の○○が好きじゃない」
    と感じてしまうと私は「がっかり」を心の隅に溜め込んでしまいます。
    そして相手と何度かすり合わせしてみても「私の感じる違和感は拭えない」と
    思うと…もうだめ。がっかりが失望にまでなってしまうとだめなんです。
    そういう意味では、私は「審査が厳しいし、頑固で譲らない」ところが
    とっても!あります。
    普段はそうでもないことがも多いんだけどなあ。大らかで包容力が
    あるとか評されることもある私ですが、どこかで!とても気難しいのでしょうね。

    で、そういう私からすると、「がっかりするようなことがたくさんあっても、
    ピリオドを打つ気にならず、マンネリだ空気だと言いながら許していけるなんて、
    なんて大らかで懐が広いの!」…と正直に思ってしまうんです。
    私だったら、きっと、そんな「空気みたい」なんて言うようになるころには
    がっかりが積もり積もって失望になっちゃってるだろうに、みんなエライ!
    私程度の「がっかり」では世間の人たちはマイナス点つけずに大らかに流して
    あげるんだろうなあ!って。
    いやみでなく、本当に思うときがあります。
    私って気難しいのねぇ、みんな優しいなあって。

    で、翻って、私が続く相手に感じ続けていることがありますが、これこそ。
    「こいつってすげぇや(感嘆)」ってことですね。
    私は友達を人に褒めて紹介することがたくさんあります。
    すげぇ!と思うところがたくさんあって、常にそれを感じているから。
    友達を選ぶ際にも、私は基準がはっきりしていて、気難しいのでしょう。

    恋愛の最初は、新鮮味と麗しい勘違いの時期です。
    これは私も自分の経験からいやってほど知っています(笑)
    「こんな素敵な人と仲良くなっちゃった!」
    「この人、素敵〜こんな人に、好かれちゃった!」
    というバラ色の時期ですよね。
    そこから私は「がっかり」を溜め込むか、
    「うぅ〜ん、思ったよりこのヒト、更にデキルぞ!これは適わない!」
    と思うか。
    で、一年後の在りようがまったく違っているようにも思います。

    つまり、私も「尊敬。こいつは凄いところがある。ここでは適わない」
    と思わなきゃ、結局はだめになる…と思います。
    「こんな素敵なヒトと仲良くなっちゃった!」という「トキメキ」はやがて
    消えますね。
    だって、具体的には新鮮味と勘違いが正体なのとしたら、どちらも
    短命なものですから。
    似た形の別の長寿の感情としたら、「尊敬」なんかちょうどいいわけで、
    尊敬の念を持てれば「トキメキのような感情を長期に持ち続けられる」と、
    そんなロジックなのかもしれません。

    > そしてまた、二十歳そこそこや二十代で「マンネリ」するという件。
    > それもせいぜい1年か2年ほどの付き合いで・・・
    > もう互いにあらゆることを感じきったのですか?
    > あらゆる感動を味わいきったのですか?
    > もう好奇心や興味のカケラも無いほど、互いの隅から隅まで知りきって
    > しまったのですか?
    > 会話のネタが尽きたと言うけれど、そんなに話題やネタに事欠く時代に
    > 生きてるんですか?
    > と不思議でたまらない。
    >
    > 「トキメキの薄れ」も「マンネリ化」も、特に何か決定的な対立で大喧嘩を
    > してるわけでもないカップルなのに、です。
    > 早い話が相手に興味が失せ、魅力も感じなくなり、「飽きた」んでしょ?と。

    おやまあさんの仰る、これ。
    結局は表面だけ綺麗な付き合いに終始しているせいのような気もするし、
    お互いに「これは譲れない」という尖ったものがないからぶつかりようが
    ないのかもしれないような気もするし、
    「これは嫌だな、嫌いだな。」逆に「これはスゴイ!どれだけ欠点があっても、
    おまえはこれひとつでお釣りがくるよ!」という、各自が内心にもつ
    「ボーダー」というか「こだわり」が薄いせいで、なんでも許容できすぎるせい
    で、強烈に駄目だしのないまま「なんか飽きた」になるような気は…
    一番している私です。

    > ともあれ。
    > すぐどこででもくっつき易い代り、飽き易くもある時代(?)なのかな?

    そして、出会いやすい分、自分の中に強烈な好き嫌いを自覚していない分、
    誰でも同じように見えて、
    最初のトキメキが消えれば、次の新鮮な相手を探すほうが気楽なのかも。


    最後に変な話になりますが、私は食事に対して好き嫌いのないほうなのですが、
    最近それが残念だなあ〜と。だって、食べ物に強烈に好き!のある人って、
    (主人や息子のことですが)それひとつ食卓にあれば本当に幸せそうにするん
    だもん(笑)
    いいなあ〜。そんなに好きなことがはっきりしているのって羨ましいなあ。

    私の気難しさも、問題も抱えているだろうけど、考えようによっては
    うんと私を助けているかも。

    強烈な偏愛があるということは、悪いことじゃないんですねぇ。
引用返信 削除キー/
■9231 / inTopicNo.5)  Re[2]: 僕も、某スレにインスパイアされて
□投稿者/ 玲菜 -(2009/03/11(Wed) 21:10:40) [ID:fWE1zeNA]
    私は南さんと同じくマンネリというのを感じたことが無いです。
    ちょっと距離を置きたいなぁ、だとか一時的に思ったり
    デートのパターンがマンネリだなぁと感じたことはあっても
    その人との関係性にマンネリを感じたことはないです。

    ただ、関係性を発展させるためにもっとお互いを掘り下げたいと思うか、
    掘り下げようとする情熱や労力と得るものを天秤にかけたときに
    「この状態でお付き合いは落ち着いているし別に今のままでいいかなぁ」と
    惰性とか怠惰(笑)で続けているようだと感じるときはあるので
    それが続けば言い換えれば「家族的」などとも言えるのかもしれないと想像してみます。
    これまた一時的でそういう状態が続いたことがないので分からないですが・・・。

    おやまあさんは「飽きた」ことと「マンネリ」を違う意味でお使いのようですが
    実はいまいちピンとこなかったりします。
    なのでお聞きしたいのですがおやまあさんの仰る「飽き」と「マンネリ」の違いはなんでしょうか?
引用返信 削除キー/
■9232 / inTopicNo.6)  Re[1]: 僕も、某スレにインスパイアされて
□投稿者/ ピエロ -(2009/03/11(Wed) 23:30:49) [ID:gVMLVux5]
    いろんな相談事を読んでいると、
    お互いの理解がある程度できたところで、
    「では、ここからどうやってこの恋愛を楽しんでいこうか」って
    方法が分からないというか、企画力がないというか、
    それを面倒にしているのか、そんな印象が多いんですよね〜

    なので、次の相手に対し
    「この人はどんな人なの?」ってすぐ「トキメキを手に入れやすい方向」に
    走ってしまっているのかな〜と。

    私なんかは彼女の笑顔が好きだったというか、
    自分のネタ話で笑ってもらえたときに元気が出るので
    「次にあったときには〜〜して笑わそう!」とか
    そんなことばかり考えていましたけど。
引用返信 削除キー/
■9235 / inTopicNo.7)  玲菜さんへ。
□投稿者/ おやまあ -(2009/03/12(Thu) 03:20:21) [ID:UNR7X09L]
    こんばんは。

    > その人との関係性にマンネリを感じたことはないです。

    僕もありません。
    実は僕はいつも、南さんの独白レスからは、南さんが言外に
    言わんとするところ、または寸止めで表現をされているような
    本質的な見解が、僕の読解力が正しいかどうかは別としても、
    僕なりに敏感に感じとれてしまってしょうがないんです。(笑)
    傲慢に聞こえるかもしれないが率直に言わせてもらえるなら、
    そもそも僕もマンネリになりそうな相手を選ばないようです。
    マンネリになりそうな人とは、たぶん親しくもなっていない。
    これは直感的な判断によるものとしか言えないが・・・


    > おやまあさんは「飽きた」ことと「マンネリ」を違う意味でお使いのようですが
    > 実はいまいちピンとこなかったりします。
    > なのでお聞きしたいのですがおやまあさんの仰る「飽き」と「マンネリ」の違いはなんでしょうか?

    えっ? そんなことを書いてた?
    もしも誤解されたとしたら僕の表現力の無さによると思うので、
    後でちょっと読み直してみますが・・・

    僕は、相談にしょっちゅう出てくる、主に女性からの、
    「トキメキが無くなって、本当に好きかどうかわからなくなった」
    「相手が空気みたいな存在になってしまって、つまらない」
    「彼氏というより家族のようになってしまった」
    といった悩みとしての言い分や、

    「もう1年も付き合ってたらマンネリして当たり前ですよね」
    「落ち着いたと解釈できるのかもしれませんが、私はもっと
    トキメキやドキドキが欲しいのです」
    といった悩みとしての言い分を、

    全てまとめて、それって要するに彼氏に「飽きた」んでしょ?と。
    そう言いたくて書いたつもりなんです・・・けど?


    ちなみに、傍から表面を見た分にはいかにもマンネリ化した
    状態でも、僕自身がマンネリ感を抱いてつまらなくなったり、
    倦怠感を抱いて自虐的になったりと、そんなことがなければ
    良いわけですよ。
    たとえば、3日間部屋に閉じこもってゴロゴロしてただけでも、
    心から気に入ってる女とだったら、とても楽しいのです。
    もちろん、脳のテンションが上がって「あぁ、楽しい!」だとか
    意識しているような状態じゃないですし、逆に言うとボーッと
    TVを観てたらいつの間にか疲れが出てスーコスーコと熟睡
    しまってた、なんて・・・
    これだけでも僕は夢見心地でストレスが取れてスッキリする。

    よく、枕が変わると寝られないという人、いるじゃないですか。
    どちらかといえば僕もその傾向なので、他人が側にいるのに
    知らないうちに寝ちゃうなんて、徹夜明けだとしても基本的に
    滅多に無い。
    こんな状態は、それこそ相手が「空気のような存在」になって
    しまってると言えるはずですが、たかがその「空気」がねぇ・・・
    いうなれば醸成された貴重な成分の空気なんですよ。
    熟睡してれば、横に誰がいようが誰が何をしてようがまったく
    わからなそうな理屈だけど、人の心身ってそれほど鈍くない。
    気持ち良く昼寝できるには、そこがどんな「空気」かは重要だ。

    だから、彼氏や彼女が空気みたいになってしまってるという
    状態を、なぜ否定的にしか感じない人が多いのか不思議だ。
    むしろその境地へ辿り着ける前に「つまらない」が先に立ち、
    終わってしまうカップルだらけなのを僕は憂いたいですね。


引用返信 削除キー/
■9238 / inTopicNo.8)  Re[1]: 僕も、某スレにインスパイアされて
□投稿者/ あさ -(2009/03/12(Thu) 06:46:08) [ID:ztJfonHb]
    おやまあさんこんにちは 私も参加させてくださいな 他の方も書かれてますが 
    ドキドキ(アドレナリン)と安定した愛情(セロトニン)について 科学的にも解明されているはず

    「ドキドキ」は(確か)最長でも3年しか続かないという「物質」です

    なので そのこと自体は 私は別になんとも思わないかな
    かといって マンネリ?私も感じたことないですし ほか回答者さんのように みんながみんな マンネリを感じているものではないと思います

    かといって「マンネリ」感じることが「飽きた」ことが「悪い」とも思わないですし
    その変換が出来ないことに対し それが悪いとは思わないです
    (おやまあさんも 別に責めてるわけじゃないと思いますが)


    > ほんどの場合で僕思うに、相手に「飽きた」んだよ。


    掲示板で見かけるケースについては 私も同感です 

    これて至ってシンプルだと思うのですが
    要は「ドキドキ」を「安定した愛情」に「変換」できるかどうか。。。というだけではないでしょうか?
    その変換を上手にできる人は (できる相手とは)「マンネリ」として感じない


    ただ若ければ若いほど そういった面で「未熟」な傾向にある・・・気もします
    もちろん マンネリを感じたことない人はないから 年齢は関係ないのでは?という意見もあると思いますが


    個人的には「2人を好きになりました」ってのと似ているかと
    「1人」をじっくり味わうこともままならず 「新しい人」に 走ってしまう
    (ずっと付き合ってる彼がいて その後に現れた彼にひかれる、という設定としたら)


    フタをあけてみると 「今の彼とはどうか?」って たいていそちらの関係が そもそも充実してないように思います


    だから仮に「新しい人」と付き合っても 同じような結果(じっくり1人を味わえない)になりがち
    まあこちらは「相性」もあるとは思いますが
    (もちろん私の説に すべてのケースが当てはまるわけではないです)


    こちらは「ドキドキを上手く愛情に変換できる人」は そもそも多くは来ませんから
    (恋愛が上手く行って 書き込みする場所ではありませんので)
    でも おやまさんの指摘 確かにそのような「傾向」が多くなってる気は 私もしました


    あと恋愛の面白いところは 片方が「マンネリ」を感じてても 片方は「マンネリ」を一切感じず「楽しくてしょうがない!」ってケースもあるので
    私の場合 私が感じていないだけで もしかしたら相手はマンネリしていたかもしれないですね(汗)
引用返信 削除キー/
■9239 / inTopicNo.9)  Re[4]: 玲菜さんへ。
□投稿者/ 玲菜 -(2009/03/12(Thu) 15:38:29) [ID:fWE1zeNA]
    こんにちは。

    > 実は僕はいつも、南さんの独白レスからは、南さんが言外に
    > 言わんとするところ、または寸止めで表現をされているような
    > 本質的な見解が、僕の読解力が正しいかどうかは別としても、
    > 僕なりに敏感に感じとれてしまってしょうがないんです。(笑)
    私から見ていても、おやまあさんと南さんは
    言外のニュアンス同士で会話をしているような印象を受けることがあります。
    もちろんそれが何なのかはまだ私には読み取れないのですが^^;

    > そもそも僕もマンネリになりそうな相手を選ばないようです。
    私は優れた審美眼を持っているわけではないので
    相性や、双方の努力によって、また新たな相手を探すのが面倒なことから(笑)
    マンネリを回避してきたのだと思います。
    けれど、この人と付き合えば平穏な付き合いはできそうだけれども
    すぐに私のほうが飽きてしまいそうだなぁと感じたことはあります。

    > えっ? そんなことを書いてた?
    取っ掛かりの部分だけ要約すると、若くて1〜2年程度しかお付き合いをしていない方々が
    飽きたことを「マンネリ」「家族的」と一見すると飽きや別れへの正当な理由になりそうな表現をすることがあるけれど
    その実は元々飽きた、冷めただけですよね?
    という旨のお話だと解釈しているですが合っているでしょうか。

    裏を返すと、30代以上で長い付き合いであったり
    決定的な対立で大喧嘩をしたといった出来事があるのならば
    マンネリという表現でも差し支えの無い状態があるといったニュアンスを感じたので
    年を重ねたり長い付き合いになると飽きと一言では斬り捨てられない「マンネリ」があるのかな?
    などと想像してみたのですが・・・。読み違えでしょうか。^^;

    > どちらかといえば僕もその傾向なので、他人が側にいるのに
    > 知らないうちに寝ちゃうなんて、徹夜明けだとしても基本的に
    > 滅多に無い。
    私も同じく他人が傍に居ると安心して眠れない方です。
    眠れはしても疲れはとれなかったり。

    > こんな状態は、それこそ相手が「空気のような存在」になって
    > しまってると言えるはずですが、たかがその「空気」がねぇ・・・
    > いうなれば醸成された貴重な成分の空気なんですよ。
    同感です。^^
    折角努力して醸成したその心地いい空気を手放したいとは思わないですし
    まだまだもっと良い空気を醸成していける、とも感じます。

    > だから、彼氏や彼女が空気みたいになってしまってるという
    > 状態を、なぜ否定的にしか感じない人が多いのか不思議だ。
    空気になることそのものを否定的なニュアンスで捉える人も多いでしょうし
    その人が相手ではないと作り出すことができない空気を作れない、感じられない、
    つまりお互いを掘り下げないお付きあいなのかもしれませんね。
    そういう付き合いであればどんな相手であっても
    1年付き合ったらマンネリするのは当然・・・という結論になったりするのかなと。
引用返信 削除キー/
■9240 / inTopicNo.10)  南さんへ。
□投稿者/ おやまあ -(2009/03/12(Thu) 16:51:47) [ID:UNR7X09L]
    こんにちは。

    > 結婚して十年以上になりますが、夫の傍にいるのが大好きな私(笑)。

    ごちそうさんですー\(~o~)/


    > が…だめな相手だと、私は、一緒にいて感じる「がっかり」が多いんですよ!

    玲奈さんへのレスの冒頭にちらっと書いたのですが、僕は南さんと
    やり取りをしてると、おもわず「そうそう!でしょでしょっ!だよね」と
    感じることがしばしばあります。
    あるんだけど・・・ウ〜ン、どう説明したらよいか・・・
    僭越ながら率直に言わせてもらうと、
    「うん。やはり南さんだとそうくるか。あ、なるほど、そういうことなら」
    って風な感じ方をし、それでつまり僕が勝手に想像する南さん像は
    当たらずとも遠からずだなと一人で納得してたりするのです。
    で、南さんが僕が想像してるような(ごく一面であっても)人だったら、
    仮に2人だけでお茶でもしながらざっくばらんに恋愛談義をしたなら、
    いただいたレスより更にもうちょっと自然に踏み込んで、
    「それってさ、カクカクシカジカで、どうたらこうたらってことでしょ?」と
    返して雑談しそうなのです。
    雑談したいというか、ナマの会話として反射的にノドまで出掛かって
    くる応答がたくさんあるのです。
    「遊び人を変えた女」の話の時もそう。ww
    そして、その自然と応答したくなる「カクカクシカジカ」をここで言えて
    しまえたら、この奥歯にモノがつまってるようなストレス、隔靴掻痒な
    思いは一気にスッキリするだろうになぁ〜(-_-;)と、これまたよく思う。

    まあ何でも遠慮せずに言葉も苦労してまで選ばずズバズバと言って
    のけたら、多くの典型的な恋愛相談シーンの表面的な悩みそのもの
    の背景の、本質的部分をズバリと挙げられるんじゃないかとでもいう
    自負みたいなものもあるにはあるんですが、この場所自体が相談所
    なので、「それを言っちゃあオシメーよ」みたいな躊躇があって・・・
    ウゥーンンン、このじれったさを何となくでもわかってもらえたら幸い。


    > 普段はそうでもないことがも多いんだけどなあ。大らかで包容力が
    > あるとか評されることもある私ですが、どこかで!とても気難しいのでしょうね。

    実は僕も、たいへん気難しいところがあると思う。
    いわゆる神経質ってのとはまた違うようですけどね。
    でも僕を気難しいと言う人、どこがどう気難しいかを図星で言う人は、
    そうだなぁ、肉親を含めて3、4人しかいないんじゃないだろうか。
    僕は人間関係は我ながら多い方だと思うけど、ほとんどの人からは
    「おおらかで包容力がある」etc.と評されるんですよ。ww
    加えて、「唇の横にギャグ専用の脳ミソが一つついてるはず」なんて
    言われるほどお笑いキャラですから。
    もっとも全て自分ではあるから、あれは仮の姿でこれが本物の僕だ
    なんてことは思ってません。
    どちらかというと、僕の気難しさや、南さん言うところの審査の厳しさ
    みたいなものは僕の内面の視野にあって、実際のところ実生活では
    人へ小うるさいことは滅多に言いません。
    相談レスはどうしてもその性格上、生意気にも率直にダメ出ししたり、
    書き言葉ゆえに堅い印象を与えるかもしれませんが、普段は、ね。


    > いやみでなく、本当に思うときがあります。
    > 私って気難しいのねぇ、みんな優しいなあって。

    本当に?? 「優しいなあ」って!?
    僕は・・・まぁいいや。w


    > で、翻って、私が続く相手に感じ続けていることがありますが、これこそ。
    > 「こいつってすげぇや(感嘆)」ってことですね。
    > 友達を選ぶ際にも、私は基準がはっきりしていて、気難しいのでしょう。

    仰ることはとてもよくわかります。共感できます。
    僕は、誰か(男でも女でも)に対して「すげぇや」と思う場合。
    その「すげぇ」をどんな点で感じるかというと、大方の傍観者が誉める
    「すげぇ」とは必ずしも一致しないようです。
    というか、よほどの悪事や法を犯すようなことに秀でているのでもない
    限りはたいてい、どんな点で「すげぇ」でもいいんです。
    多くの善良な人が眉をしかめるような「すげぇ」も、時として含まれます。

    たとえば仮に、ある男が、顔はことさらハンサムでもない。
    はっきり言って学校は僕の方が難関校を出ている。
    仕事も僕の方ができる。
    雑学も僕の方が多彩にある。
    むしろアイツはいい年をして非常識な面がある。
    僕の方がおしゃれでセンスは良い。
    ・・・etc.なんて風であってもですよ?
    ある突飛な面でも彼が誰にも負けないくらい突出した能力なり気概を
    持っていると、僕はまず感心してしまうし強い興味を持ってしまう。
    そして僕をして、聞いてみなきゃわからんもんだなー!と思えるような
    ウンチクや経験談などを聞かされると、楽しくてしょうがない。
    お茶して1時間も2時間もその話に聞きほれて、好奇心が満たされる。
    それにどんな顰蹙モノの話も寛容に歩み寄って聞くと、その背景には
    意外なほどの知性や哲学があったりなんかして。w
    人がそれを何と評そうが、だけどアレだけできる奴はそんじょそこらに
    いないぜ!?と思ったが最後、ある意味、やはり「尊敬の念」が湧く。

    恋愛相談所だから、片思い話に関連して言うと。
    他に手段が無いので、ナンパ同然に接近する。
    いきなり手紙を渡す。
    手紙を渡す場面にさえ恵まれないので、仕方なく「待ち伏せ」する。
    他にも、常人は思いつきもしないような素っ頓狂な手を弄して口説く。
    こういった方法論の打診は、切羽詰ったスレ主さんからはよく出ます。
    たいがい多くの閲覧者からは顰蹙を買って、そんな手は非常識です、
    そんなことされたら女は逃げます、怖いです、ただ警戒されるだけで
    信用はしてもらえません、的なレスがつく。

    ところが、ネットで赤の他人に相談するなんてのは論外で、彼なりの
    目算で自信を持って実行しちゃう奴はいるんですね。
    外野からは、「ったく、あんなことする奴はアイツくらいしかいない」と、
    半ば批判的に冷たくしか見られていないのに、その男にしてみれば
    けっこう冷静に読んでるし計算できてるし、同時に実行力がある。
    結果、かなりの高確率で成功しちゃってたりする。
    つまり、普通の人が「そんなことをする奴はいない」とか、
    「そんな非常識な行動はできない」と言って、しない(できない)ことを、
    とにかく「やってのけちゃう」「うまくできちゃう」わけですよ。
    およそ色恋は結果論で、勝てば官軍ですからね。
    そいつの語るセオリーは机上の空論でなく、がぜん説得力を帯びる。
    僕はそれだけでも彼に一目置いてしまうし、「尊敬の念」を抱く。

    以下、経験則による私見なので一概に言い切れないと思いますが、
    たとえ突飛なことでも聞こえのあまりよろしくないことでも、僕をして
    それほど感心させる突出した面を持っている人達ってのは、総じて
    「イイ人」なんですよね。w
    何というかな、もちろん人は様々な性格、長所や短所を持っており、
    誰が誰とでも「ものすごく」仲良くなるってことはないし、「ピタリ」と
    ソリやウマが合うわけでもない。
    当然ながら、そういう完璧な出会いは簡単に望むべくもない。

    とはいえ逆に、全科目70点主義とでもいおうか、他人を仰天させる
    突飛な所業は決してせず、他人の噂話や陰口の材料になるネタも
    決して振りまかず、一般論で「なかなか理想的な男性」と評価される
    無難な人に限って、かえって深入りすると気を許せない怖さがある。
    この「怖い」は僕なりの感性なので、説明が難しいからハショります。
    少なくとも、人から後ろ指をさされる面は皆無などころか、模範的な
    人だと評されるのだけど、良くも悪くも「すげぇ!」が無い。
    そんな男女とお茶して雑談する機会があっても、一通り自己紹介と
    社交辞令的な会話を20分もすると、後は話すことが無くなる。
    思わず引き込まれてしまう話が出てこない。
    僕らが「どだ!」って話を披露して盛り上げようとしても、苦笑される
    だけだったりして。
    今回を機に人脈として保とうとか親しくしようとか、敢えて思えない。
    傲慢な言い方でよければ、要するに得るものがないと感じてしまう。

    前述のように、誰にも性格があり、互いに好き嫌いはありますよね。
    「友達」といっても、嫌いな面やソリの合わない部分はある。
    でもまぁ、大半のオトナたちは常識的な範囲で折り合いをつけつつ
    礼を失せず、いわば「いいとこどり」で交際を保ってるのだと思います。
    が、先に挙げた「すげぇ!」のある人は特に、南さん表現するところの
    「それだけでお釣りがくる」くらいの並外れた楽しさや交流する喜びが
    感じられ、平均以上に合わない点もその「お釣り」がカバーしちゃう。
    「えっ?こんなにたくさんお釣りもらっていいの?」というお釣りね。ww
    そして保守的な偏見を取り除くと、根はけっこう「イイ人が」多い。
    「イイ」という意味は、表面的な性格や趣味趣向の枝葉末節ではなく、
    長く交際していていざという時、何かしら「器」的な根本から来る面で
    予期せず助けられたりすることも生じたものです。
    僕は友達は少なくないけども、以上のような意味合いで南さん同様、
    男友達を選ぶにも女友達を選ぶにも、審査は厳しいかもしれない。
    とりわけ男は、ひと様に安易に話せないような「すげぇ!」を持ってる
    人達が多いんですよね。ww

    女性に対してだと、僕が感心して愛すべき感情を抱く「すげぇ!」は、
    これも必ずしも料理上手で家事に秀でてetc.って類いじゃないです。
    それらは平均か、平均線に凸凹があるくらいでいいんです。
    「すげぇ!」、今時こんなに純真で素直で心根が優しいの!?に弱い。w
    だから一般的に言われるところの「理想が高い」ではないはず。

    多くの恋愛相談での出会いからモメ事までの顛末をお読みしてると、
    知り合ってすぐに「二度と会えないほど考え方や価値観がそっくりな
    素晴らしい人」とまで賛美してて、そのまた数ヵ月後はスッタモンダ。
    行き詰るべくして行き詰ってるだけでしょうと、けっこうな数の悩みへ
    そう感じる本音があるのが、僕の正直なところです。
    異性に惚れる衝動は本能や感性の不思議なプログラムが起動して、
    と僕自身何度かレスしてるくらいで、理屈だけで色恋をコントロール
    するのは無理でしょうが、強いて言うなら、
    本能・衝動+知性・理屈+・・・「偏愛」?w。
    「偏愛」も、「自分自身を熟知している+人を見る目がある」が成立
    してないと、偏愛しようもないでしょう。「偏愛」と「錯覚」は別だしね。
    衝動と、幸か不幸かスムースな運びに一気にトキメいてるだけでは、
    「相手選び」はできないと思うんですよね。後でツケがきます。
    「飽き」なさそうな片鱗も、当初から見い出しておかなくては。


引用返信 削除キー/
■9241 / inTopicNo.11)  Re[3]: 南さんへ。
□投稿者/ 南 -(2009/03/12(Thu) 19:14:15) [ID:7Q6xOroJ]
    > ごちそうさんですー\(~o~)/

    うふふ、だってパートナーだもん。大好きなんだもの♪♪(言い切る私(笑))
    >
    >>が…だめな相手だと、私は、一緒にいて感じる「がっかり」が多いんですよ!
    >
    > 玲奈さんへのレスの冒頭にちらっと書いたのですが、僕は南さんと
    > やり取りをしてると、おもわず「そうそう!でしょでしょっ!だよね」と
    > 感じることがしばしばあります。
    > あるんだけど・・・ウ〜ン、どう説明したらよいか・・・
    > 僭越ながら率直に言わせてもらうと、
    > 「うん。やはり南さんだとそうくるか。あ、なるほど、そういうことなら」
    > って風な感じ方をし、それでつまり僕が勝手に想像する南さん像は
    > 当たらずとも遠からずだなと一人で納得してたりするのです。
    > で、南さんが僕が想像してるような(ごく一面であっても)人だったら、
    > 仮に2人だけでお茶でもしながらざっくばらんに恋愛談義をしたなら、
    > いただいたレスより更にもうちょっと自然に踏み込んで、
    > 「それってさ、カクカクシカジカで、どうたらこうたらってことでしょ?」と
    > 返して雑談しそうなのです。
    > 雑談したいというか、ナマの会話として反射的にノドまで出掛かって
    > くる応答がたくさんあるのです。
    > 「遊び人を変えた女」の話の時もそう。ww
    > そして、その自然と応答したくなる「カクカクシカジカ」をここで言えて
    > しまえたら、この奥歯にモノがつまってるようなストレス、隔靴掻痒な
    > 思いは一気にスッキリするだろうになぁ〜(-_-;)と、これまたよく思う。

    いつかおやまあさんは「っかー!この女のこういうところが好きじゃないんだよ」
    と思うことがあって…というお話しをされてたでしょう?
    それが例え「ミスなんとか」というレベルのいい女でも、と。
    まさに「そうそう!」とうなづいてしまうことが私もあるんですね。
    そこそこに気が合う異性、感覚値としては80%以上の相性の良さをマークしている
    ことを自覚しながら、相手のほんの一言、ほんの一しぐさで、冷水を掛けられる
    ようにわれに返る。
    あぁ…こういうところが「好きじゃない」んだよね。
    なんだか好みじゃなくて「許しがたい」んだよね、と。
    別に特別に毒のあるせりふでもなければ失礼に相当するものでも反社会的
    なものでもなく、ごく普通にその場で有り得るせりふで、
    それどころか、私もその場では笑って合わせる(切り返す)。
    でも…私は、ぐっとそこを見据えてしまうんです。
    というか、流そうとして努力するも、抜けない棘のように私の中に残る。
    違和感として。
    そういう相手は(どこかのサイトで見た言葉ですが、とても言い得ていると
    います)「隣の部屋ですやすや眠っているだけで幸せだな〜と思う関係」に
    なりえないんです。
    「家族的だからつまらないと感じられる」ようなことは起こりえない。
    恐らくおやまあさんの言うのは、似た話なのではありませんか?
    私が「簡単にマンネリになるような関係の相手は、最初からちくちくと違和感が
    ないのかしら?私は気難しくってキャパが狭いの?それとも皆、優しさから
    違和感に鈍くなっていて許してしまうの?」という感じともまたニアリーイコール
    の部分があり、おやまあさんに「僕もそもそもマンネリになりそうな相手は
    選ばないようです」と言い換えられて、「あ。そういう風に言えばすっきりだわ。
    うん、端的には、そういうことが言いたかったの」と思うところはあります。
    要するに、「わかる、わかるなあ〜」とよく思う。
    それが言外のニュアンスで…ってことなのかしら。
    うまく説明できていないとしたら私の説明のまずさに原因があります。(笑)
    申し訳ないです。
    「私」が何かの機会に言うかもしれないこと、日々感じているあんなことこんな
    ことを、おやまあさんは今おやまあさんの言い方で言おうとしていらっしゃる
    のだろうと感じることがあり、勿論ですが、そこに
    「女性の私より、ずっと男性側の着眼点」と感じることもあれば
    「うんうん。おやまあさんなら、言うだろうなあ」
    と自然に腑に落ちることも多々あります。
    文面より想像しているに過ぎませんが、私の想像する実像もまた当たらずとも
    遠からず(外見は恐らくだいぶ想像と掛け離れているだろうと思いますが(笑))
    という部分は多いかもしれません。

    おやまあさんとお茶しながら恋愛談義等だったら、確かに面白いだろうな〜(笑)

    > 実は僕も、たいへん気難しいところがあると思う。
    > いわゆる神経質ってのとはまた違うようですけどね。
    > でも僕を気難しいと言う人、どこがどう気難しいかを図星で言う人は、
    > そうだなぁ、肉親を含めて3、4人しかいないんじゃないだろうか。
    > 僕は人間関係は我ながら多い方だと思うけど、ほとんどの人からは
    > 「おおらかで包容力がある」etc.と評されるんですよ。ww
    > 加えて、「唇の横にギャグ専用の脳ミソが一つついてるはず」なんて
    > 言われるほどお笑いキャラですから。
    > もっとも全て自分ではあるから、あれは仮の姿でこれが本物の僕だ
    > なんてことは思ってません。
    > どちらかというと、僕の気難しさや、南さん言うところの審査の厳しさ
    > みたいなものは僕の内面の視野にあって、実際のところ実生活では
    > 人へ小うるさいことは滅多に言いません。
    > 相談レスはどうしてもその性格上、生意気にも率直にダメ出ししたり、
    > 書き言葉ゆえに堅い印象を与えるかもしれませんが、普段は、ね。

    言うのもおこがましいようですが…、分かります(笑)
    いえ、お笑いキャラというのは分からないけれど
    (こちらの掲示板では拝見したことがないから。さすがにエスパーできない(笑)。
    私を気難しいと判断される方も実はほんの一握りです。
    そして、そこまで私を見切っている友人は、私を指して
    「とてつもなくピュアなものも感じる」とも仰います。
    恐らくおやまあさんも内面にそういうところはあり、自信家であって慎重、
    大胆なようでとてもピュア、なところはあると思う。

    >
    >
    >>いやみでなく、本当に思うときがあります。
    >>私って気難しいのねぇ、みんな優しいなあって。
    >
    > 本当に?? 「優しいなあ」って!?
    > 僕は・・・まぁいいや。w

    語弊があるかしら(笑)
    でも優しいなとは思うんだけどな。鈍いなとも。
    私の言う「すげぇ」を正しく理解してくださって嬉しいです。(笑)
    まさに読み取って頂いた通りです。
    「世間の言う偉人や美徳の基準に必ずしも沿っていない」それでも、
    へぇーっ、面白いじゃない。やるじゃない。見直したわ!
    さすがだわ!と思わせるものを持つ人間が、いるんですよ。
    彼ら(彼女ら)の全体のレベルが高いわけじゃないんです。
    たった一つの「すげぇ!」でお釣りが来ちゃうようなことがあるんですね。
    それはなかなか説明が難しい。私の偏愛に基づくものかもしれないからです。
    世間一般が同意するような、分かりやすく綺麗なものとも限らないのですね。
    そして、それ、確かに私も感じていた通りに、おやまあさんが仰るそのままに、
    人間的でまっすぐ「その人らしい」純粋さ、魂の曇りのなさ?に由来すること
    が多いんだなあ…。

    まとまりませんが、そんな感じです。(笑)
引用返信 削除キー/
■9244 / inTopicNo.12)  マンネリって悪いモノなの?
□投稿者/ 紫苑 -(2009/03/13(Fri) 02:11:25) [ID:aCOIvhGG]
    最近の恋愛傾向として、幸せの他力本願というのが増えているのでは、と思うときがあります。

    社会が豊かになり、便利なものが溢れ、必死になることをダサイと言い、
    楽していい思いをしようとする怠惰な人が増え、
    生きていても大して楽しくないと思ったり、楽しいことをしながらどこか虚しかったりする。
    努力を嫌い実力がない為、肥大した自尊心が満たされない。
    そんな状況に不満を持ちながら、努力して解消するのではなく、
    恋人ができれば一機に解決、幸せになれるとばかりに恋愛にしがみ付く。

    最初のうちこそ、相手のことを考えたり、暇な時間をデートで埋めたりと刺激があるが、やがて、自分が変わらない以上、恋人が出来ても不満は解消されていないことに気付く。
    そこで、もっと自分をかまってよ、自分を幸せにしてよ、と相手にしがみ付く人と、
    今の恋人とは人生が変わらない(良くならない)、他にもっと良い人を探したほうがいいのでは、と考える人に分かれる。

    後者のタイプがすぐマンネリを言い出すパターンなのではないだろうか。
    前者は不満を口にしても、相手に求める事、相手を動かすことを考えるのに忙しく、
    マンネリなどあまり感じないのではと思う。


    マンネリに不満を感じるのは、相手に不満を解消してもらう事を求め、それが得られずに不満が残るからではないだろうか。
    そして、自分で努力しないから、相手を変えても何も変わらず、すぐにまたマンネリにかこつけた不満を口にする。その繰り返しをしているだけなのでは...なんて思ったりしています。

    自分の人生を自分で切り開くタイプにとって、マンネリは不満ではないと思う。
    安心感というプラスの面があり、自分の不満は自分で解決しようと考えるから、
    マンネリには相手に対する不満は発生しない。
    本来マンネリとはこういうモノなのではないかなと思う。

    それが、与える愛情ではなく求める愛情、または求めるものを得るために与える代償付の愛情。その様な恋愛が増えることでマンネリは不満の代名詞になりつつあるのでは?

引用返信 削除キー/
■9252 / inTopicNo.13)  紫苑さんへ。
□投稿者/ おやまあ -(2009/03/15(Sun) 16:00:05) [ID:UNR7X09L]
    こんにちは。

    > 社会が豊かになり、便利なものが溢れ、必死になることをダサイと言い

    その手のことは僕も顕著な傾向として感じてはいるけど、なんたって
    「便利なモノが溢れ」、なおかつそのせいで使用者側が振り回されて
    いるモノの代表格ったら、僕は「携帯」だと思うね。
    いつも、今日も、相談掲示板を見て思うもの。

    少なくとも今の若者の、こと男女関係や恋愛シーンで言うと、
    本来なら「携帯」は人を便利に楽しくさせられるツールのはずなんだけど
    現実には、「携帯」は多くの人を不幸にしているように感じる。

    携帯から「便利、快適、楽しい」を享受してるというより、
    「不安、不満、寂しさ、嫉妬、猜疑心、憤怒、怠惰」などを発生する機械を
    肌身離さずに身につけてるような状態で、携帯があるためのデメリットの
    方がはるかに多いほどじゃない?

    彼からメールが来ない、少ない、返信が遅い、文が素っ気ない・・・
    これらメールの様子でひっきりなしに相手の気持ちを推し量って妄想し、
    一日を深夜まで一喜一憂して過ごす。
    素早い返信を欲しいがために、嬉しいことを言ってもらいたいがために
    ネタ探しに腐心し、作文に悩む。
    相手が他の異性とメールするんじゃないかと不安になり、または誰かと
    実際にメールしてたといってはしつこく追及せずにはいられない。
    あるいは後ろめたさと葛藤しながら悪魔の誘惑に負けて他人の携帯を
    盗み見る。
    本来、面と向かって話せば誤解の恐れが少ないのに、メールに頼る。
    大事な、微妙な用件もメールで済ます習慣がつく。
    ひいては、必要に駆られて話しにくい人とも話すという気概も育たない。
    話術も磨かれない、長文が書けない、いい年して漢字が書けない。

    ・・・なんか、あまり良いこと無いじゃない。携帯のおかげで消耗してる。


    > 楽していい思いをしようとする怠惰な人が増え

    「どうすれば」彼女(彼)を自分のものにできますか?、という質問形式が
    大半ですからね。


    > 努力を嫌い実力がない為、肥大した自尊心が満たされない。

    携帯電話が無い分、ネット相談など無い分、体裁良く遊びに誘えそうな
    場所もとても少なかった分、夜遊びできる場所も無かった分、etc.、
    昔の人は当然「必死で工夫するしかねえ」「やるっきゃねえ」ことが多く、
    結果的に自然とテクや実行力が育まれたと思う。
    別に昔の人が必ずしもエラいというわけでないが、環境や状況からして
    自分なりに「かなり考えて工夫して」「よほど勇気を出さないと」、長期間
    彼女の声さえ聞けなかったりしたので、そういった意味では紫苑さんが
    言うところの「実力」? 要は前向きで、かつ積極的な思考力と実行力は 
    身についたと思いますね。

    学生時代から付き合ってた彼女を、行き違いと突発的事情とが重なって、
    待ち合わせの場所で4時間も立ったまま待たせたことがあった。
    怒りもしないでジッと待っててくれたよ。
    「なんで電話の一本もしないのよ!(怒)」とは・・・言いようがない時代だ。
    加えて、信頼と忍耐力、かな。
    今ならさしずめ「他の女と会ってたんじゃないかと疑ってます」と、携帯の
    盗み見へと繋がるのがオチじゃないかね。


    > そこで、もっと自分をかまってよ、自分を幸せにしてよ、と相手にしがみ付く人と、
    > 今の恋人とは人生が変わらない(良くならない)、他にもっと良い人を探したほうがいいのでは、と考える人に分かれる。
    > 後者のタイプがすぐマンネリを言い出すパターンなのではないだろうか。
    > 前者は不満を口にしても、相手に求める事、相手を動かすことを考えるのに忙しく、
    > マンネリなどあまり感じないのではと思う。

    前者は前者で、被害妄想なほど悲壮なほどに孤独感と焦燥を訴えるね。


    > 自分の人生を自分で切り開くタイプにとって、マンネリは不満ではないと思う。
    > 安心感というプラスの面があり、自分の不満は自分で解決しようと考えるから、
    > マンネリには相手に対する不満は発生しない。

    「マンネリ」って辞書で引くと、
    「型にはまっていて新鮮味のないこと」なんて風に載ってます。
    原語で「mannerism」ってのは、
    「癖」とか載っていて、ちょっとピンとこないけど、元は美術や
    絵画の手法の一つらしいよ。
    転じて、一定の手法・流儀で描き上げていく、みたいなの?

    日本語化して使われてる意味の
    「型にはまって新鮮味がない」と言えば、
    まあ確かにあまり楽しそうでないといおうか、好ましくなさそうな
    ニュアンスはありますけども、必ずしも何か「悪いこと」のように
    解釈すべき言葉とも思えない。

    ところが恋愛相談では、これが「問題」「悩み」になってくる。
    だって相談者さん自身が、
    「彼氏とマンネリになって好きかどうかわからなくなった」とか、
    「デートも会話もマンネリ化しててつまらない」とか書いてきて、
    ひいては「別れるべきか迷ってます」とか相談してきます。
    こんな過去ログならゴマンとあると思います。

    こちらが特に「マンネリ」の定義なんかする以前に、相談者が
    マンネリで困ってるという主旨の相談を持ちかけてくる以上は、
    ご本人としたら当然、「マンネリ」は当面の困り事なのでしょう。
    どちらかといえば「悪いこと」と定義した上でのことでしょう。
    自分達の恋愛を破綻させかけている、諸悪の根源みたいな
    ニュアンスで言ってくる相談者さんは少なくありません。

    でも僕思うに、考えようによっては「マンネリ」は偉大ですよ。
    えーっと、例えば・・・
    寅さんの映画ね。
    毎回毎回、同じスタイルの主役が、ほぼ同様のパターンの
    あらすじでドタバタを繰り返す映画が、延々と30本近く?
    「マンネリ」のおかげで評価されて、なんと国民栄誉賞だよ。

    そうそう、TV「水戸黄門」に至っては「マンネリ」の極致では?
    悪代官や強欲な商人が結託して善良な庶民をイジメるという、
    ほとんど同じストーリーで、最後はどうなるかまでわかってる。
    「この印籠が目に・・」で悪代官は「へへぇ〜!」とひれ伏して
    一件落着する最後には、セリフまで決まってるんだもの。
    このシリーズ、黄門さん役の俳優さんがもう何人も亡くなって、
    次から次へと新しい人が演じて既にン十年じゃない?

    つまり、「マンネリ」は人々からたいへん愛されてもいるわけよ。
    「マンネリ」を大好きな人達も多いわけよ。
    あの手のシリーズを好きな人は、「安心して観ていられるから」
    ってなことを言うね。
    全てが予定調和で順調に進むことで、安心するらしい。
    世間では「物事、継続することに価値がある」とも言わてれる。

    僕みたいに年をとってオッサンかジジイになるとさ ww
    日々の健康をものすごくありがたく感じる瞬間が増えるのね。
    例えば、用事かたがた、こんな風にPCの前で夜更かしをして
    赤の他人の色恋の悩みへ能書きをレスしたり、なんか小腹が
    減ったからと、カップラーメンをズルズルすすったりできるのも、
    「病気もせず、どこか痛いような持病もなく、なんたって健康で
    元気だからだー!!」って、つくづく心から幸せを感じるの。

    で、たぶん大丈夫だけど、願わくば、明日も同じような平和な
    日がくるといいなぁ〜m(__)m とも思います。

    じゃあ仮に、「マンネリ」が保証されなかったらどうなんだろう。
    毎日、瞬間瞬間に何が起こるかの予測もつかないドキワクの
    連続で、そりゃ時には嬉しいサプライズもあるにせよ、時には
    思わぬトラブルで東奔西走する羽目になり、憔悴して・・・って。
    まぁそれを充実した日々と解する人もいるのかもしれないが・・・

    水戸黄門の例で言ったらさ?
    いつもの調子でノホホーンと観てて、いよいよ終盤にかかり、
    悪代官が「え〜い、かまわん!斬り捨ていっ!!」と命じたら、
    助さんと格さんがアッサリ斬り殺されちゃったりなんかして。www
    そうなったらもう、確かに新鮮味ありまくりですね!

    男女が知り合って恋人同士となり、当事者の心の持ちようを
    除いた表面的な付き合い方、方法論において常に新鮮味を
    出そうとしたら、数ヵ月が限界とも言えるんじゃないの?
    もし東京に住んでたら、「東京デートスポット30選」なんていう
    雑誌を参考に遊び歩いても、30回デートしたらネタ切れだ。
    メイクや服装に気を遣って彼氏を飽きさせないような努力が
    大切ですなんてアドバイスもよくあるけど、1年や2年も服で
    彼氏をして「おぉ〜今日の彼女はいつもと違う! ドキッ!」と
    驚かせるには、100着以上のセクシーな服が必要になりそう。

    件の相談をしてくるスレ主さん。
    「互いに空気のような存在になってしまい、いてもいなくても
    かまわないんじゃないかと思えてきました」なんてことも言う。
    綺麗な「空気」って普段は意識こそしてないものの、本当は
    実にありがたいものだ。
    もし空気がなかったら、というか酸欠の空気を吸えば一瞬で
    即死ですもの。

    結婚なんかしたら、まさに「マンネリ」の生活があるばかり。
    専業主婦なら、朝起きて朝ごはんの支度して、ダンナさんの
    出勤の準備、手伝いをして「いってらっしゃ〜い!」と送り出し、
    台所の後片付けや部屋の掃除、洗濯、買物 etc.・・・とこなせば、
    次はお風呂を沸かしたり、すぐに夕ごはんの支度。
    やがてダンナが「ただいまー」と帰宅、「メシ。フロ。ネル」だ。ww
    実際問題、何年も何年も基本的にはこの繰り返しですよ。

    とはいえ。やっぱり当事者の心持ちや使命感、志はキモです。
    恋人にせよ夫婦にせよ、今日はアレだ! 明日はソレだ!って
    常に表面的に目立つバリエーションの演出は難しいでしょう。
    でも、たとえば奥さんなら、仕事から疲れて帰ってくるダンナに
    少しでもオイシイごはんを作って食べさせてあげたいなと。
    今日は何のオカズにしようかなー、今日のスーパーはどういう
    目玉商品があるかなー。
    20分ほど手が空いたので、ハンカチにパリッとアイロンかけて
    おいてあげよっかなー
    渋茶をいれるのでも、なるべく上手にいれてあげたいなー
    ・・・って、いくらでもささやかな工夫、ささやかな努力、ささやかな
    充実感、ささやかな新鮮味、の余地はあると僕は思うのです。

    これ、別に女ばっかり努力して働けって意味じゃないです。
    今時は作業分担も色々と言われてるしね。
    ただ、要は男女双方とも気の持ちようや心がけ次第ってことを
    言いたいのです。

    「告白」する前後には「こんなに価値観が合う人はいない!」と。
    んで半年、1年もすれば・・・
    デートスポットも同じじゃ飽きた。
    TV番組ネタ、芸能ネタも話し飽きた。
    趣味が異なれば話題が無い。
    裸も見慣れちゃった。
    やれメールの返事が遅いから冷めたのか?と嘆くわモメるわ、
    やれ彼氏が激務で会えなきゃ愛のモチベーションは下がるわ。
    やれ些細な行き違いがあれば、怒るわ泣くわ逆ギレするわ。
    まるで少・中学生みたいな売り言葉に買い言葉の応酬をして
    文句を言い合い意地を張り合い、挙句は「別れ話」もすぐ出す。
    翻って、波風の無い平穏な日々が続いたら「マンネリした」だ。

    こんなレベルは僕にはっきり言わせてもらえば、
    「ある人を好きになった」のかどうか、疑わしい。
    「ある人を愛した」のかどうか、疑わしい。
    世間並みに、恋愛というイベントをやってみただけ。
    世間並みに、「彼氏」「彼女」という存在を持ってみただけ。
    そのようにも見えて仕方がない。
    何はともあれ、安直に得られる新鮮さが第一に欲しかったら、
    一定期間で相手をとっかえひっかえするのが手っ取り早い。


引用返信 削除キー/
■9253 / inTopicNo.14)  Re[3]: おやまあさんへ
□投稿者/ 紫苑 -(2009/03/15(Sun) 20:01:33) [ID:aCOIvhGG]
    >少なくとも今の若者の、こと男女関係や恋愛シーンで言うと、
    >本来なら「携帯」は人を便利に楽しくさせられるツールのはずなんだけど
    >現実には、「携帯」は多くの人を不幸にしているように感じる。

    >携帯から「便利、快適、楽しい」を享受してるというより、
    >「不安、不満、寂しさ、嫉妬、猜疑心、憤怒、怠惰」などを発生する機械を
    >肌身離さずに身につけてるような状態で、携帯があるためのデメリットの
    >方がはるかに多いほどじゃない?

    同感です。ただその前提に家庭用ゲーム機やネットゲームがあるようにも思います。
    子供の頃に友達と遊ばなくても家で一人で遊べる環境がある為、コミュニケーション能力を発達させないままに来ていて、携帯がうまく使えなくなっているのではないでしょうか。

    私の小さい頃はゲーム機なんてない為、近所の友達と遊ぶしかなかったんですね。
    苛められても、そのグループに入っていかなければならず、逆に自分が主導権を握るためにどうしたらよいのか、仲間を作るにはどうしたらいいのか、どういう事をしたら相手にされなくなるのかというのを学んできました。
    この時期にゲーム機があると、嫌なやつは無視して一人でゲームをしていればいいわけで、他者と親しくなる方法を学ばなくなる可能性が高いと思います。

    だから、恋愛において親しくなる方法がわからず、「親しくなるにはどうしたらいいでしょう」となるんだと思います。

    で、コミュニケーション能力が低いままだから、メールを使ったコミュニケーションも当然うまくいかない。
    問題が起きても、メールなら相手と直に向き合ってないから、ゲームと同じような感覚で接しやすいのではないでしょうか。

    だから、メールが原因で起きた問題もメールで何とかしようとする(笑
    ゲームだと必ず解答がありますからね。
    携帯電話の中にも解答があると思っちゃっているんでしょうね。しかも無意識に。

    とはいえ、自分自身もまだまだコミュニケーション能力があるとも思えず、また同年代や年配の方の中にも、こんな私よりも...って感じる方々が少なくないわけで、
    一概にゲームや携帯電話が悪いというほどのものでもないんですが...

    ただ、炊飯器は便利だけど、炊飯器が壊れるととたんにご飯が炊けなくなる。
    炊飯器の無い時代をすごした人は鍋でご飯を炊けても、私は無理。
    メールは便利だけど、メールが無くなるとコミュニケーションが取れなくなる。
    携帯の無い時代を経験した人は電話や会話でコミュニケーション取れても、
    これからの人はメールがないと...
    と考えるとちょっと怖いですね。


    残念ながら「寅さん」や「水戸黄門」はあまり好きではないんですよ。
    見なくてもわかるの域に達しているようで。
    ただマンネリなら昔のアニメの「タイムボカン」シリーズが好きですね。
    マンネリの中にたまにちょっとだけパターンを変えてくるから、見ないとわからないんですよね。

    >じゃあ仮に、「マンネリ」が保証されなかったらどうなんだろう。
    >毎日、瞬間瞬間に何が起こるかの予測もつかないドキワクの
    >連続で、そりゃ時には嬉しいサプライズもあるにせよ、時には
    >思わぬトラブルで東奔西走する羽目になり、憔悴して・・・って。
    >まぁそれを充実した日々と解する人もいるのかもしれないが・・・

    >水戸黄門の例で言ったらさ?
    >いつもの調子でノホホーンと観てて、いよいよ終盤にかかり、
    >悪代官が「え〜い、かまわん!斬り捨ていっ!!」と命じたら、
    >助さんと格さんがアッサリ斬り殺されちゃったりなんかして。www
    >そうなったらもう、確かに新鮮味ありまくりですね!

    >つまり、「マンネリ」は人々からたいへん愛されてもいるわけよ。
    >「マンネリ」を大好きな人達も多いわけよ。
    >あの手のシリーズを好きな人は、「安心して観ていられるから」
    >ってなことを言うね。
    >全てが予定調和で順調に進むことで、安心するらしい。

    あの手のシリーズが好きでない人にとっては、何時見てもつまらない。
    全てが予定調和で、つまらない結果にしかならない。
    ともなりますね。

    私にとっては「タイムボカンシリーズ」のマンネリは好きだけど、「寅さん」や「水戸黄門」のマンネリは好きではない。

    水戸黄門なら時々ラストシーンで助さんが風邪でいなくて、格さん一人で大丈夫だろうかといったドキドキ感ぐらいは欲しいなぁと。
    最後は印籠をだして無事解決といったマンネリはいいけど、常に助さん格さん大活躍のマンネリは嫌で、たまにはうっかり八兵衛だけで解決してもいいのに、とか全時間かげろうお銀の入浴シーンで終わってもいいだろうとか(笑

    「寅さん」だっていつもフラレるから支持されるのでは?
    毎回マドンナにモテモテ、放映時間いっぱい売れっ子ホスト寅さんのおのろけで終わったら?
    同じマンネリでも前者は支持が高いが、後者は指示が低いのでは。

    マンネリがダメなんじゃなく、マンネリのパターンで「好き」「嫌い」が別れ、
    「好き」なら見る、「嫌い」なら裏番組を見る、となるのと同じように、
    恋愛も、たぶん「マンネリ」自体が嫌なのではなく、不満のある生活のままの「マンネリ」がいやなんだろうね。
    幸せのままの「マンネリ」はちょっとだけ刺激を求めることが有っても、別れたいとまで思わないのでは。
    結局、打破したいのはマンネリ(刺激のない生活)ではなく不満のある生活なんじゃないかな。

    「不満はないけど幸せも感じない」というマンネリパターンが嫌なら、
    自分を変えてちょっとしたことにも幸せを感じるようになるか、
    幸せを感じさせてくれる相手に変えるか、
    となる。
    でも不満がないから、自分や相手が悪いと思わず、したがって自分が変わらなければいけないとは思えず、結果相手を変えることを選択する。
    便利(不満がない)だからこそ起こる不幸。

    何か余計な機能がつきすぎて操作が複雑になった為、使い辛くなった携帯と、
    今の便利すぎて逆に生き辛くなった世の中がかぶります。

引用返信 削除キー/
■9263 / inTopicNo.15)  Re[1]: 僕も、某スレにインスパイアされて
□投稿者/ モモ太 -(2009/03/25(Wed) 10:27:18) [ID:tD2qPG7S]
    トキメキも嫌いじゃないが、むしろまったり好み、
    マンネリのほうが幸せを感じる私ですがw

    > 以上、様々な記憶や状態を思い浮かべてはつらつらと書きつつ思うに、
    > どう考えてみても・・・
    > ドキドキしないから別れようか、
    > トキメキがないから別れようか、
    > 家族みたいになっちゃったから別れるべきか、
    > なんていう感覚や発想へは、ぜんぜん理解も想像も及びません。
    > そしてまた、二十歳そこそこや二十代で「マンネリ」するという件。
    > それもせいぜい1年か2年ほどの付き合いで・・・
    > もう互いにあらゆることを感じきったのですか?
    > あらゆる感動を味わいきったのですか?
    > もう好奇心や興味のカケラも無いほど、互いの隅から隅まで知りきって
    > しまったのですか?
    > 会話のネタが尽きたと言うけれど、そんなに話題やネタに事欠く時代に
    > 生きてるんですか?
    > と不思議でたまらない。

    それは私も不思議でたまらない。
    これだけ通信手段が豊富な世の中で、楽なほう楽なほうに
    ある意味「逃げて」ばかりいた結果、人に聞かないと動けない、
    話題もネタも、自分が仕入れた情報を変換して着色して発信する
    能力を持っていない、つまり、いわゆる「ガチ」で人間関係に
    ぶつかるがゆえに得られるスキルを習得できていない、
    結果的に、表面的な馴れ合いしかできない、見抜けない、
    感じられない、みたいな。
    そんな感じも受けたりします。
    人間は、楽なほうに行くと、衰えますからね。何事も。

    >まあ、男と女では、ちょっと違うかもしれませんね。
    > なんだかんだ女は、いつまでも構ってもらいたい面があると思うんです。
    > 40才でも50才でも、いや60才になる女性へでも、
    > 「おやぁ〜、○○ちゃん!
    > 今日はなんか特にイイ女みたいだけど!? もしかして化粧を変えた?
    > それにまた、そのスカート、やけに似合っちゃってさあ!!」
    > ってなことをニコニコして言えば、

    こういう場合、褒められた内容というよりも、
    人を褒めて気持ちよくさせたいと思う相手の心意気には
    いい人だなとは思いますねw
    こういう発言に対しては、奢っちゃおうかしらー?くらいの
    切り替えしは普通にするかな。
    本気じゃないけどw

    まあ、あからさまな褒め言葉というのは、うれしいととる人もいれば、
    私のように、あからさまが続くとうぜぇ、になるひねくれ者も
    いるわけなのですが、適度ならいいかもしれませんね。
    少なくともマイナス方向には行きづらいかなと。
    人間関係を円滑にする方便というか。

    そもそも、恋愛だけではなくすべてにおいて、人間の脳の
    構造的に「慣れ」というものは出てくるので、
    そういう意味では、「慣れない努力」も必要かなとは思いますが。
    「慣れ」と「飽き」というのはちょっと違いますね、たしかに。

    そのあたり、多少自分で工夫できるような気もしてたりします。
    私はマンネリでもそれはそれで楽しめるタイプですが、
    マンネリの中で刺激を作ろうと思えば、作れそうな感じ。
    実際、夫とはかれこれ10年くらい一緒にいることになるけども、
    まったくもって飽きない。「慣れて」はいるけども。
    あえて、違う視点から見てみたり、違う感覚で見てみたり、
    ということはしてたりするかな。たまに。
    楽しいからw

    つまらない、とおっしゃる人は多い気はしているけども、
    マンネリ、という意味でのつまらなさというのも、
    ドキドキを通り過ぎないと得られない貴重なものであるとも言えると思う。
    空気のような存在、というのも同じで。
    空気がないと呼吸できないからねー。
引用返信 削除キー/
■9286 / inTopicNo.16)  モモ太さんへ。
□投稿者/ おやまあ -(2009/03/31(Tue) 07:19:01) [ID:UNR7X09L]
    レスもらってたのに、お返しが遅くてすんません。
    こっちのコーナーでは相談板よりストレートに意見表明しやすい。

    > これだけ通信手段が豊富な世の中で、楽なほう楽なほうに
    > ある意味「逃げて」ばかりいた結果、人に聞かないと動けない、
    > 話題もネタも、自分が仕入れた情報を変換して着色して発信する
    > 能力を持っていない、つまり、いわゆる「ガチ」で人間関係に
    > ぶつかるがゆえに得られるスキルを習得できていない、
    > 結果的に、表面的な馴れ合いしかできない、見抜けない、
    > 感じられない、みたいな。

    これそのまんま、今の若者に対して巷間言われてることですよね。
    多くの識者がそう言うので、かえってベタな小言すぎて言いにくい
    くらいです。ww
    とはいえ、僕もまさにこう感じてきてます。この10年以上ずーっと。

    古代エジプトやローマ帝国時代の石版が発見されて、書いてある
    文字を解読したところ、「まったく今の若者はなってない」と。www
    つまり、大昔から常に年配者は若者に苦言を呈し続けてたのです。
    その繰り返し傾向については確かにわかるんですが・・・
    いつの世でも、ある程度は年令を重ねないと人格的に成熟しない
    部分とか、経験値不足で正しい判断ができない部分などは若者に
    あって当然で、年配者としてはその辺りがじれったくてイライラとし、
    つい小言を言うと。
    こういう構図なら、やはりいつでも存在するはずだと思うのですよ。

    でも、絶対的な思考能力や応用力、社会性などは確実にレベルが
    低下してきているとは思う。
    事実、これらは様々な国際的な学力テスト、能力テスト、アンケート
    調査にもデータとして表れて、日本の成績はこの十年来、他国との
    比較で低下の一途ですからね。
    僕は大勢の新卒者を部下に抱えてたこともあるから、どこかの国の
    大臣じゃないが、「怒るのを通り越して笑っちゃう」なエピソードには
    事欠かない。
    サラリーマン仲間として他の一流企業の中間管理職の友人達へも
    聞いてみると、負けず劣らずの若者エピソードがたくさん出てきた。
    例示するとキリが無いのでハショるけど、新人だから、若さ故だから
    ではとうてい理解できない実例が多いんだ。
    昨今、ニートや働けない若者が増えちゃったしね。


    国際研修機関の教育カウンセラーなどをしてきた人物が断言してた。
    (全員でないにせよ)いい仕事に就けない若者や活躍できない若者は、
    はっきり言って無能だからだと。
    で、この「無能」というのは、英語ができないとかコンピューター知識が
    無いとか、人より秀でた特技が無いとか・・・の意味ではないのだって。
    挨拶、返事、質問などが満足にできないからだって。
    基礎的教養、というよりは礼儀としての正しい日本語の読み書きさえ
    満足にできないからなんだって。

    以下は、昔からの知り合いの中企業の社長の言葉。
    ハマるポジションに就けてやりたくても、今の時代は余裕が無いため
    どうしても1人で2倍の事務処理をしたり、総合職的な動きを求められ、
    前述と同じ意味の「無能」さでは限界になっちゃうんだって。

    そうすると、恋愛相談にも符合することは多いなと、合点がいきます。
    また、常々から僕流にそう感じていたことでもあるのです。
    ヒマ人で酔狂な僕みたいに、猛烈に長々と書けとは言いません。
    でも新聞のコラムより短い相談文で、「長くてごめんなさい」と言う人が
    とっても多い。
    これで長いのかよっ!?と、僕はしばしば驚く。
    それだけ文章の読み書きに親しんでいないのだろうと容易に察せる。

    社会人も大学生も、誤字や誤用、脱字、妙な文脈、ひらがなだらけの
    投稿文がこれまた多い。
    誤字脱字はとりあえず推測しつつ読めはするが、肝心の相談内容に
    関してあまりに説明が足りていないし、時には状況の誤解を与える。

    掲示板上では、いくらレスされても返レスしない人達が常時3割以上。
    もらったレス内容が気に入らなかったのか、突然に元投稿をバッサリ
    削除するする人も後を絶たない。
    アドバイスしかけたはいいがハシゴを外されちゃったみたいに残った
    レスが、みっともないったらありゃしない。
    そうなった回答者へ、申し訳ないと思わないのだろうか。

    以上、つらつらと相談掲示板シーンを挙げてみましたが、
    読み書きに親しんでいなさそうな投稿を見ると、当然、読書量なども
    少ないんだろうなと想像できる。
    ひいては、教養や雑学の引出しも少ない。
    だから、「こんな時、メールでどう言えばいいですか?」と質問する。
    話題に乏しいから、すぐ「何を話せばいいのかわかりません」と嘆く。
    色々なことに強い好奇心をもって掘り下げてないから面白いネタや
    情報を提供できず、「メールがちっとも続きません」とボヤく。

    自分の悩みでさえも言葉足らずや表現力不足で閲覧者としっかり
    コミュニケートできない人達が、「よく彼氏と話し合ってみます!」と
    結論づけても、「話し合い」で本当によく意思疎通できるのか心配。

    返レスせずじまいの人、挨拶もせずバッサリと元投稿を削除する人。
    こういう人達が、日頃の生活で周囲から信頼や人望があるだろうか。

    まさに挨拶をできない、的確に返事や質問ができない、礼儀が無い、
    基礎的教養に欠ける、自力で考えられない、応用きかない、漢字が
    書けない、実行力が無いの「ないないずくし」では、巷間言われてる
    通りの実態ということになってしまいます。
    いや、冒頭に引用させて頂きましたモモ太さんの言い分とピッタリと
    整合がとれてしまうではありませんか。

    僕は別に堅いことを言うために堅く、説教するための説教を書いて
    いるわけじゃありません。
    でも冷静に考えれば考えるほど、現実として上述したような人達が、
    少なくともモテはしないだろうね。
    女の子の気持ちを巧みに引けはしないだろうね。
    メールや会話で飽きさせずに楽しませるのは難しいだろうね。
    問題を自力で解決しようとする、視野と思考力には欠けるだろうね。
    これは個人的な小言じゃなく、現実でしょう、現実。


    > マンネリの中で刺激を作ろうと思えば、作れそうな感じ。

    いうなれば、趣味でもスポーツでもそうでしょう。
    興味の持ち方、取り組み方や掘り下げ方の、深みの問題でしょう。
    たとえばマラソン選手なんて、毎日毎日ただひたすら走るだけ。
    表面的に派手なテクを編み出したり発揮したりはなく、ひたすらに
    ハァ、ハァ、ハァ・・・と走るだけ。マンネリといやマンネリに見える。
    でも実際あの人達は、一秒一刻ごと色々と考えを巡らし気持ちの
    持ち方を工夫し、昨日より少しでも向上した走りを目指してるはず。
    新鮮な着想は、身近にも案外とたくさん見い出し得るんですね。


    > あえて、違う視点から見てみたり、違う感覚で見てみたり、
    > ということはしてたりするかな。たまに。

    そもそも、「違う視点」「違う感覚」を持てなきゃ無理なことです。ww

    彼氏にうまく気持ちを伝えられない。
    彼氏との会話を楽しく盛り上げられない。もう話題が尽きた。
    目当ての人とのメールが続かない、何を打てばいいかわからない。
    自分磨きをしてチャンスを待ちます。
    ・・・恋愛相談でこんなことを言う多くの人達へ、よく僕は思うんだ。
    また堅いことへ飛躍するように聞こえるかもしれないが、思うんだ。
    臨機応変の対応や機転、話の盛り上げ方、話術、メールの作文に
    長けたかったら、訓練法は流行のドラマや歌番組やお笑い番組を
    見るだけでなく、またいわゆる自分磨きとはファッションと化粧法を
    研究するだけでなく、とりあえず毎日の新聞を隅から隅まで読んで
    みろよって。毎日NHKのニュースだけは欠かさず見てみろよって。
    せめて映画でもたくさん見ろって。
    世界文学全集でも一冊づつ読み始めてみろよって。

    マジです、この考え。
    何かにつけ高度なテクって、実は確固たる基礎から出るのだよね。
    切羽詰った時の応用力も、実は地味でもしっかりした素養があって
    出てくるのだよね。
    モモ太さん、そう思わない?


引用返信 削除キー/
■9309 / inTopicNo.17)  Re[3]: モモ太さんへ。
□投稿者/ モモ太 -(2009/05/01(Fri) 09:38:44) [ID:NDydcrpv]
    こちらこそレス遅くてすみません。

    大昔の時代の石版に「まったく今の若者は」と書かれているのは、
    私も知ってました。
    そして、ついそう思ってしまうようになった自分にちょっと
    しょんぼりしたりして(笑)
    でもね?ちょっとそれとは程度が違うと思ってるんです。
    最近のコミュニケーションの傾向やら、おやまあさんがおっしゃる
    応用力やら思考力etc。
    若者だから、ではなくて「人間として」のそういう部分のレベルが
    下がってきている気はします。
    自然に学んでいかなければいけない、というか、学べるであろう
    ものを、ぜんぜん身につけていないというか。
    感覚的におかしなズレを感じます。
    若者、大人、という違い、ではなくて。
    こりゃ大人側にも原因はあると思いますが。

    >掲示板上では、いくらレスされても返レスしない人達が常時3割以上。
    >もらったレス内容が気に入らなかったのか、突然に元投稿をバッサリ
    >削除するする人も後を絶たない。
    >アドバイスしかけたはいいがハシゴを外されちゃったみたいに残った
    >レスが、みっともないったらありゃしない。
    >そうなった回答者へ、申し訳ないと思わないのだろうか。

    思わないんじゃないでしょうか(笑)だから、できる。
    で、そういう人はおそらく、日常生活でもそう。
    でも、それで苦労するのはスレ主だからw
    多分、恋愛とかしても、そういうことができるのであれば、
    うまく行かないんだろうなーと思いながら見てます。
    普通に考えて、メールの文章すら人に聞かないとわからない人間に、
    恋愛ができるとは思えないので。
    だって恋愛なんてそれこそガチでしょ?
    普通に人間関係を営むより、はっきり言って難しい。
    社交辞令的な付き合いのほうがまだ簡単。
    恋愛となると、社交辞令的な付き合いができるのは基本中の基本で、
    なおかつ自分をコントロールしたり、相手の気持ちを推測する能力が
    必要だったり、その場その場の的確な判断が必要。
    感情論も混じってくる。
    判断も相手の気持ちも、経験と知識が必要。
    経験と知識はコツコツためるしかない。
    おやまあさんが言うところの「確固たる基礎」ってやつです。
    それができていないのなら、そりゃ上には到達しませんわな。
    結局、周りからの知識や技術を取り込んだ上で自身で経験し、
    試して失敗したりして初めて実になる。
    何を話せばいいのかわからない、という質問に、
    自分なりの意見を言うこともあるけども、基本的には
    じゃあ、話す内容を考えてみてください、と思ってます。
    わからないというんだけども、じゃあわかるまで考えてくださいと。
    周りからネタを探して、自分で考えて、やってみてくださいと。
    やって失敗したら、それは勉強になるわけだから。
    それさえできないのに、なぜ友達とは話せるのかと(笑)

    なんていうかな、やっぱり、失敗をしたくないのは当然だけど、
    都合よく考えている人が多い気もしてます。
    失敗をしたくないと思うのは誰だってそうだけど、
    まるで、失敗をしなくても済む、みたいな。
    でもそれはあり得ないんですよね。
    失敗は、必ずするものです。誰に相談しても誰に聞いても。
    それをこなしていって初めて、「失敗する確率が減ってくる
    (立ち回りがうまくなり、何をすると失敗なのか学べるため)」
    んだと思うんだけども。
    買ってもいない宝くじを、買う前に「当たりますか?」みたいな都合のよさを感じる。
    当たることが確実な宝くじなんてあったら、誰だって買いますわなw

    そういうように、失敗が怖い、みたいな過剰な感覚が、
    しいては自分の可能性を狭めたり、学ぶ機会を自ら逃している、
    そんなようにも見えますね。もったいない。
引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

Pass/

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -