みんなの恋愛観は現在閲覧専用になっております。

みんなの恋愛観(閲覧用)

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■9417 / inTopicNo.1)  「告白」って、どんな風にするの?
  
□投稿者/ おやまあ -(2009/07/21(Tue) 15:27:37) [ID:UNR7X09L]
    えっと、久々に恋愛観コーナーにスレを立てさせていただきます。

    別にキツいツッコミの意図があるわけでないので、ツッコミ風味が
    漂っていたとしてもそれは誤解。(笑)
    しかしながらマジで多くの見解を、というか「私流」というのを聞いて
    みたくなって。

    質問は、片思い相談では最重要キーワードの、「告白」について。
    (僕の学生時代や20代頃の記憶をいくらたぐっても、「告白」という
    恋愛用語には覚えがなく、したがって「告白」経験は無いかもだ)

    僕はよくレスの中で、「告白」を「僅か数分の儀式」と揶揄してます。(笑)
    自分で「揶揄」なんて認めたらいかにもイジワルっぽいが、実際に
    告白に関しては「儀式」としか解せない片思い相談ばかりだから。
    これもまた、前投稿と同様に直近のいくつかのスレを閲覧してて
    インスパイアされ、改めて質問を思い立ったの。

    もしどなたかでも「私流」を聞かせてくれるなら、

    「告白」とはいったいどういう意義を持つものなのか?
    たいがい、どんなことを発言するのか?
    あらたまって一大決心した上での「告白」と称する発言以外の、
    普段の会話では伝えられないような言葉を発するのか?
    (変な質問でしょうが、相談文に出てくる「告白」の意味合いが、
    必ずしも相談者全員に共通していなさそうに思えることもある)

    ・・・なーんてことを教えてもらいたいのです。

    だって、やっぱり一瞬の儀式でしかないのか?と思わざるを
    得ないような相談が大半なんだよね。
    例えて言うと、「女を口説く」という行為にはどうしたって一定の
    時間を要するはずだと僕は普通に思うので、口説き行為とは
    いわば時間の流れの「線」だが、告白というのはその時間軸の
    線上のどこか一点、「点」でしかない。
    ほとんど全ての片思い相談で語られている、目当ての女性を
    落とそうとする行為は、一瞬の「点」でしかない。

    ある相談者さんの文章の概略をここで引用させてもらいます。
    *彼女に告白した。
    *彼女は考えさせてくれと言って暫らくの間、迷ったらしい。
    *結果、どうしても付き合おうという気持ちにならないからと、
      関係をリセットされた。
    で、彼女自身も自分の感情を厳密に分析できないというのが
    正直なところらしく、決して嫌いになったわけじゃないようだと。

    まぁ、こういったニュアンスの状況は珍しくない。
    しかし、そこで多くの片思い人は、
    「どうしていいかわからない」と言うんだね。
    更には「対処に困る」と言って、極力色恋を感じさせないような
    メールを送るくらいにとどめ、その実、密かに悶々と過ごす。

    せいぜい、「また数ヵ月後に再告白はアリでしょうか?」などと
    質問してくる程度だ。

    僕がまったくもって不可解なのは、この辺りなんです。


    僕が想像するにおそらく「告白」とは、要旨だけを抽出するなら、
    まずは「好きです」と告げ、「付き合って下さい」と要請する行為
    なんでしょう??

    そして、とにもかくにも何かしら今答えてくれと要求したなら、
    相手としては
    「はい」か、
    「いいえ」か、
    「少し考えさせてほしい」(その場しのぎの逃げにしろ、真剣に
    考えてくるから少し時間をくれという意味にしろ)か、
    このうちのどれか一つしか答えようがありませんよね。

    保留されると、片思い人はただ延々と我慢強く待ってるね。
    掲示板の主流をなす若い人達、いや若くない人達もレスは
    してると思うけど、現代の片思いのアプローチやアタックは、
    どうも「押す」のはタブーらしい。

    彼女に十分に時間を与えるとか、負担にさせたくないとか、
    まぁヨイコの理由付けは色々と出てくるが、ただ待つだけ。

    女が男と付き合おうか、付き合うまいか、今は恋愛感情は
    無いけども、付き合ってるうち情が移るかな?と考えてたり、
    付き合ってても情が湧かなかったら、失礼になるかな?と
    迷っていたりする最中、
    ここが勝負どころだ!と一気に畳み掛けて懐柔にかかる、
    なんてのは今風恋愛シーンではタブーなの??

    いや、もちろん。
    押せ押せで行ったら逆効果で全てがフイになることはある。
    僕だって、ゴリ押しの一手が最善!という持論じゃない。
    空気と先を読みつつ可能な限り押すという考えの人間では
    あるけども、決して無謀や無茶を冒した経験は無い。
    むしろ男女の友人らからは、僕は豪胆にみえるのと裏腹に、
    ものすごく慎重で用心深く繊細だと、よくそう言われる。(笑)

    相手から得られる結果は要するに「はい」か「いいえ」しか無い
    のは確かだが、掲示板に出てくる男女は全員が「待ち」だね。
    「はい」か「いいえ」のどちらかを、ただ延々と待っているのでは、
    これはもう「女を落としたい」という姿勢を放棄したに等しい。
    積極的に女をモノにしたいというより、「運だめし」のレベルだ。

    それにもまして、いったん「いいえ」を出された後が問題。
    決定的な「いいえ」なら、当事者は感じ取れるだろう。
    だが前述のように女も優柔不断でふんぎりがつかず、さんざん
    迷った末に「友達でいましょう」などと答えられた時。
    これにだって、体よくかわされたと受けれる場合と、言葉巧みに
    押して情にほだせば、「・・・じゃあ」と折れてきそうに読める場合
    とがあるはずなんだ。

    逆に、「待って」ればどうにかなると、皆さん本気で思うのかな。
    待つどころか、もう恋愛感情は表に出さず、まるでもう諦めたか
    忘れたかのような態度を、ヤセ我慢しつつ演じ続ける人が多い。
    まるで、そうしていれば女の方から「やっぱり付き合おっかー」と
    申し出てくる事態も生じ得るかのようだ。

    そんな状況をひたすらヨイコの演技で数ヶ月過ごし、再告白?
    再告白って、もうとっくに諦めたかに振る舞ってた男が唐突に、
    「ねぇ、実は今でも好きだ。やっぱダメぇ??」と聞くだけでしょう。
    そうしたら、女はなんと数ヶ月前の「いいえ」を翻して、予想外の
    「はい」をくれるだろうなんて・・・僕には考えられない。

    もっと不可解なケースも掲示板では散見される。
    「彼氏持ちの女へ、告白する」ケースです。
    蛮勇を奮って告白するまでの心意気は良い。
    略奪願望の是非は人それぞれ見解があるだろうからさておいて、
    とにかく「大好きだから略奪したい!」という男達が現にいた。
    そして彼らは「告白」を敢行した。
    でもねぇ、それだけではさすがに僕も思いますよ。
    女が「はい。では彼氏と別れてあなたと付き合います」なんていう
    一発回答をくれることなど、99%無いだろうってね。

    でも、彼らはいったん告白したら、待つのがオキマリ。
    待って待って待って待ち続け、待ってたら、女がやって来る?
    「おまたせ。さっき彼氏と別れたわ」と、ボタモチ持って来る?

    それからね。
    不可解どころか、僕には論理が破綻してるんじゃないかと思える
    定説?定番風景もあるんだ。
    告白の儀式を執り行うに際し、もっと仲良くなってからがいいとか、
    あと何回かデートを重ね、彼女の様子を観察してからがいいとか。
    ちょっと聞くとごもっともなんだが、言い換えると、
    「彼女がOKしてくれそうだったら告白しろ」というのが事実上の意味。
    反対に、「まだとうていOKしてくれそうもなかったら、早まるな」と。
    「告白すべき?」の話では、常に上記の観点で論議が進む。

    それって、当たり前すぎない??(笑)
    つまりは出来レースを演じろってことで、まさに「儀式」そのもの。
    OKしてくれそうかなと感じられたら告白をって、何じゃそりゃ!?
    僕が思う「女を口説く」とは、
    「いやよ」と言ってる女に、「いいわ」と言わせるための工夫だったり
    努力だったりの、汗ダクの作業のことなんだ。
    てか僕みたいに特にイケメンでもない凡人男は、単に「好きです」と
    通達して返事さえ待てばいいなんて、そんな余裕のヨッチャンには
    なれません。

    告白の機が熟すまではせめてアピールに努めるとも皆が言う。
    でも僕が見てる限り、多くの皆さんのアピールではアピールの
    うちに入らず、いうなればエエカッコシイや親切ごかしの域だ。
    目当ての異性がこっち向いてニコニコ微笑んでるからといって、
    告白がOKされる確信や根拠など得られないでしょう。
    好意や友情ならいざしらず、なにせ恋愛感情を喚起しょうという
    わけなのだから、よほど幸運な巡り合わせでなければ、告白の
    儀式だけで「はい、私はあなたの彼女になります」とは、ねぇ?

    なるべく仲良くしてて告白の機会を窺う意味は、良い雰囲気が
    告白する勢いを助け、勇気を出させてくれるからでしょう
    そして告白。
    ある日、ある時、ある瞬間、時の流れの上の一点の儀式。
    即刻「はい」をもらえた人は幸いだ。
    が、「いいえ」をもらった人や、言葉を濁された人は・・・
    意気消沈して引き下がり、翌日からはタダの友達のフリ。
    雑談でも電話もメールでも、未練はおくびにも出さない健気さ。
    相手の心境を洞察し、空気を読んで押し方を練る以前の姿勢。
    んで1ヶ月たったら、再告白はアリですか?って、何じゃそれ?

    もし何がしかの理由を添えて「いいえ」をもらった場合だったら、
    次にはその理由を突き崩すべく背水の陣の闘いを挑むのが
    男の仕事じゃないのかな。
    もちろんゴリ押しでなく、少なくともゴリ押し風だと感じさせず
    情熱と真摯さと十分な説得力をもって打ち負かすようにだ。

    告白と称する発言なんて、女を口説こうとする過程で使える
    千も万もある表現の、僅か数種類に過ぎないのでは?
    なのに皆さん、後にも先にも告白の儀式に全てを賭ける。
    結果が芳しくないと、以降はずっと傷心、忍耐、沈黙、演技。
    1ヶ月たって、もう一度、儀式。
    しゃかりきで女を説得、懐柔、丸め込んだ経緯が伝わってくる
    投稿文は、僕は掲示板では読んだことない、多分。
    「半年で2度告白しましたが・・・」なんてのは少なくないけどね。
    半年あれば全力で実践できる戦術はたくさんありそうに思う。

    長くなりましたが、以上のように僕は訝ってるわけです。
    実際問題、「告白」って、そんなに威力を発揮しているの?と。
    「告白」って、たとえばどんなことをどれだけ伝えるの?と。
    なぜ告白以外には、日頃は徹底して好意を隠したがるの?と。

    古来から続く、男が女を口説く行為が、「点」になっちゃってる。
    ある女を自分のものにしたい男は、1回か2回の「儀式」に挑み、
    「はい」か「いいえ」のご回答をジッと待つだけの慣習ができてる。
    はたまた皆、どうして何かするにつけ、「さりげなく」や「不自然に
    ならないように」という言葉や姿勢が大好きなのか??
    こんな男達を指し、「草食男子」なんて言葉が生まれたのか?と。

    ・・・告白にまつわる僕の疑問の数々を書いてみました。

引用返信 削除キー/
■9418 / inTopicNo.2)  Re[1]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ 有志 -(2009/07/21(Tue) 21:17:45) [ID:qPTVpMiC]
    お久しぶりです^^。

    このサイトを覗きに来る回数が減ってきています…。でも、おやまあさんのレスはいつも拝見させていただいてます。目からウロコです、本当に。

    告白ですか…、そうですね、私は結構告白に重きを置いている方かもしれません。ですが、、私は告白が成功した事がないんです。今まで二回ほど付き合ったことがあるのですが、その二回は自分から告白して振られ、その後に相手から告白されて付き合ったのです。0勝0敗2引き分け。という感じですかね。自分の印象としては。

    そのように考えると、私の告白は相手に告白してもらうための儀式だったのかもし知れません。自分に好意を持ってもらうための作戦とも言えますかね。ただ、意図したものではありません。完全なタナボタです(笑)。

    私は以前振られた女性に未だ片思い中です。冷静にアピール中です(笑)。自分なりに色々なことをしています。だから振られても終わりだとは思いません。むしろそこからどのように相手に好意を持ってもらうかに全力を注いでいます。この辺はおやまあさんと同じかもしれません。

    私は告白にある程度の重きを置いているのは前述しましたが、付き合う過程においては通過点に過ぎないイメージです。むしろその後からが勝負かなと思います。
引用返信 削除キー/
■9419 / inTopicNo.3)  Re[1]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ ピエロ -(2009/07/21(Tue) 21:42:27) [ID:gVMLVux5]
    このへんは、「ふられた場数」というんでしょうか、
    私の場合は、最初の頃は「好きです。付き合って下さい。」と
    言っておりました。

    もちろん、ふられましたけど。

    女性の方からは
    「私のどこが好きなわけ?
     ろくに話してもいないのに。
     上辺だけ見て言ってるんじゃないの?」

    ここら辺から、なるほど〜と思いましたね。
    付き合ってもいなく、相手のことをよく知らないのに
    「好きです。」って言ってしまうことが
    その辺から不思議に思ってきたわけです。

    で、おっ家内と知り合った頃は
    とにかく、彼女のことを知りたくてしょうがなかった。
    でも、好きって感覚まではなかったんです。

    で、
    「君のことをもっと知ってみたいって思いがある。
     でもそれが恋愛感情なのか全然分からない。
     数回会ってみて、その結果恋愛に発展しそうなら
     そのまま会い続ければいいと思うし、
     だめなようなら、そこまでということで。
     なので、俺に君を知るためのチャンスをくれないか。」
    と、そんなことを言った記憶があります。

    その当時病院で働いてまして、医療事務の夜勤をやっていたんですが、
    その時に人生の縮図的なものを感じまして、
    満月の夜にドライブに誘いました。

    空には満月、海にも満月
    その間を飛行機が飛んでいく。

    病院での経験を話しながら、人生には限られた時間があるならば、
    喜怒哀楽の喜・楽が多い方がいいに越したことはないし、
    なるべくおいしいものも食べたい、そして、こんな風な景色なんかも
    多く見ていきたい。
    そうしたものを君と一緒に探していきたいんだ。

    と、若い頃は言えちゃったんです。

    私の言い方は別としても、
    単に「好き」とか「つきあって」とかいうのではなく、
    そこにも自分のポリシーとか恋愛観とか、
    そういうものを込めて接して欲しいと。

    だから告白関係に関しては、
    そんな楽しいことを他人の返信の引用で
    やってしまっていいの?と
    ぶっきらぼうに返してしまします。


引用返信 削除キー/
■9420 / inTopicNo.4)  Re[2]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ decision -(2009/07/21(Tue) 22:42:30) [ID:v2ySx6c6]
    > だって、やっぱり一瞬の儀式でしかないのか?と思わざるを
    > 得ないような相談が大半なんだよね。

    それは、こういうところに相談に来る人たちの傾向なのかもしれませんよね。
    けして、一般論では無いと思います。
    (何をもって一般論とするのかにもよるとは思いますけど)


    > ほとんど全ての片思い相談で語られている、目当ての女性を
    > 落とそうとする行為は、一瞬の「点」でしかない。

    確かに、それはそうかもしれませんね。
    おそらく、一般的と思われる恋愛においては、その点に至るまでの過程が、少なからずあると思います。
    ここでの相談においては、それがほとんど無いと言えるかもしれませんね。
    いきなり告白に飛躍してしまい、そこに至るまでのお互いの心理的な駆け引き(とまではいかなくても、気持ちの探りあいのようなもの)は、皆無に等しいですよね。
    それこそ、まるで初恋のような無謀ともいえる特攻ばかりのような気がしますね。


    > 僕が想像するにおそらく「告白」とは、要旨だけを抽出するなら、
    > まずは「好きです」と告げ、「付き合って下さい」と要請する行為
    > なんでしょう??

    私も同意ですね。


    > 保留されると、片思い人はただ延々と我慢強く待ってるね。
    > 掲示板の主流をなす若い人達、いや若くない人達もレスは
    > してると思うけど、現代の片思いのアプローチやアタックは、
    > どうも「押す」のはタブーらしい。

    淡白になってきている部分はあるのかもしれませんね。
    過剰な干渉を嫌う傾向にあるとは思いますしね。
    後、我慢強く待っているというより、手も足もでない(出せない)というのが、実態のような気がしますね。
    それこそ、「どうすればいいのかわからない」は、適切な表現なのかもしれません。


    > 女が男と付き合おうか、付き合うまいか、今は恋愛感情は
    > 無いけども、付き合ってるうち情が移るかな?と考えてたり、
    > 付き合ってても情が湧かなかったら、失礼になるかな?と
    > 迷っていたりする最中、
    > ここが勝負どころだ!と一気に畳み掛けて懐柔にかかる、
    > なんてのは今風恋愛シーンではタブーなの??

    別に差別的な意味はありませんけど、ここに相談しに来るような人では、そこまで情熱を持って恋愛に挑めないのではないでしょうか。
    皆さん後ろ向きですよね。
    相手のことを気にしすぎているというか、臆病になりすぎているというか。
    (単に、自分の心が弱いだけという気もしますけど)


    > そんな状況をひたすらヨイコの演技で数ヶ月過ごし、再告白?
    > 再告白って、もうとっくに諦めたかに振る舞ってた男が唐突に、
    > 「ねぇ、実は今でも好きだ。やっぱダメぇ??」と聞くだけでしょう。
    > そうしたら、女はなんと数ヶ月前の「いいえ」を翻して、予想外の
    > 「はい」をくれるだろうなんて・・・僕には考えられない。

    情熱は無いけど未練はあるということではないでしょうか。
    ダメということへの理解が乏しいのではないでしょうか。
    本当にダメになった経験が少ないとか。
    甘やかされて育っていると、そうなってしまいそうな気がしますね。
    (粘れば自分の都合の良い結果になるという思考回路が出来上がってしまっているのではないでしょうか)


    > でも、彼らはいったん告白したら、待つのがオキマリ。
    > 待って待って待って待ち続け、待ってたら、女がやって来る?
    > 「おまたせ。さっき彼氏と別れたわ」と、ボタモチ持って来る?

    棚ボタ思想も多いですよね。
    あたかも、世界は自分を中心に回っているかのように、都合良く考えてしまう人。
    こう見てみると、極端に弱気な人と、極端に強気な人(というより、考えの無い人)に大別できるかもしれませんね。


    > つまりは出来レースを演じろってことで、まさに「儀式」そのもの。
    > OKしてくれそうかなと感じられたら告白をって、何じゃそりゃ!?

    んー、ちょっと違う気がしますね。
    出来レースよりもずっと博打的だと思いますしね。
    確度が高いと思っていても、裏切られることは少なく無いと思いますしね。
    一世一代の大仕事というのは大げさだと思いますけど、それくらいの覚悟は必要なんじゃないかと思いますよ。

    それに、儀式的なところはあると思いますけど、その緊張度は相当なものだと思います。
    その緊張を乗り越えることって、結構重要だったりするような気がしますね。
    (告白する方にとっては)
    儀式は儀式なりに、価値はあると思いますね。


    > 実際問題、「告白」って、そんなに威力を発揮しているの?と。

    少なくともウチはあったかな。
    告白があったからこそ、今の家庭があるので。
    きっかけとしての存在意義は、無視できないと思いますけどね。


    > 「告白」って、たとえばどんなことをどれだけ伝えるの?と。

    伝えることより、事実が大切なような気がします。
    告白したという事実が。
    もしかしたら、告白によって伝わること自体は、ほとんど無いかもしれないですね。


    > なぜ告白以外には、日頃は徹底して好意を隠したがるの?と。

    それは私も不思議に思います。
    誰が何のために、誰のために取り繕う体裁なのかと。
    彼/彼女らは、そんなに恋愛していることを知られたくないのでしょうかね?


    > 古来から続く、男が女を口説く行為が、「点」になっちゃってる。
    > ある女を自分のものにしたい男は、1回か2回の「儀式」に挑み、
    > 「はい」か「いいえ」のご回答をジッと待つだけの慣習ができてる。
    > はたまた皆、どうして何かするにつけ、「さりげなく」や「不自然に
    > ならないように」という言葉や姿勢が大好きなのか??
    > こんな男達を指し、「草食男子」なんて言葉が生まれたのか?と。

    確かに、最近の傾向なのかもしれませんね。
    ただ、本当にそうなのかな?と思うことがあるのですよね。
    今はそれが目立ってきているだけで、実は昔からそういうことはあったのではないかと。
    単に少なかった/目立たなかっただけで、実はそれほど変化はしていないのかなとも思います。
    でもまぁ、まどろっこしいとは思いますね。

引用返信 削除キー/
■9422 / inTopicNo.5)  色恋の単純システム化、金太郎アメ化。
□投稿者/ おやまあ -(2009/07/23(Thu) 04:27:06) [ID:UNR7X09L]
    皆さん、レスをありがとです。

    僕が基本的に感じるのは、今の若者の恋愛はその成立、構築の過程すらが
    完全にマニュアル化され手続き化されてしまっていて、個性や工夫の余地が
    まったくといっていいほど無くなっていることです。
    いや率直に言って、個性や工夫を発揮できる若者自身も激減していると思う。

    つまり、今の若者が恋愛関係を構築するには、以下のマニュアル的な手続き
    以外の方法論は無いのではと、そう言い切っても過言ではないでしょう。
    基本的プロセスを図式化してみれば、概ね・・・

    1.ある男が、ある女を見初める。
    2.お茶や食事やドライブなどに誘う。
      (デートと呼べばデートだが、端的には「2人だけで会う」を目標とする行為)
    3.前項2番を、3、4回繰り返す。
    4.「告白」する。
    5.A. 「はい」と答えられ、付き合うことになる。メデタシ、メデタシ。
      B. 「いいえ」と答えられ、ガックリきて帰宅し、泣くかフテ寝する。

    これだけ! これだけでしょ? ほんとに。これ以外の手順や取り組み具合や
    経緯や発想や、丁々発止のやり取りを、掲示板で見たことない。

    番外手続きとして、
    6.諦められないので、数ヵ月後に「再告白」する。
      「やっぱダメぇ?」と迫るか聞く。事実上、それだけのことでしょ、ほんとに。


    ピエロさんは海と満月を眺めながらの口説き文句を披露してくれました。
    「口説き」とは言ったが、あれはおそらく意図的なテクというよりは、ごく自然な
    「会話」なんですよね。
    要はピエロさんは、その場で思い浮かぶままに言いたいことを言ったまでだ。
    極端に言えば、デートの会話なんて「満月がとてもキレイだね云々」でも良いし、
    昨日今日なら「麻生総理と衆議院解散は云々」でも良いのです。

    結局、臨機応変に相手の様子を見ながらどんな話題でも振り、気の向くまま
    飾らずに何でも言い何でもして、そうこうしながら時間が過ぎれば、結果的に
    それこそが「コミュニケーション」の蓄積だ。
    個々の巡り合わせは男女の数だけあるから、ムードたっぷりに夜の海で月を
    眺めてたら狼男に変身しちゃった・・・は無いだろうけども・・・
    自然と手が伸びて彼女の肩か腰を抱き寄せ、そっと顔が近づき、キス・・・
    だって良いし、「そういや、麻生総理は・・・」でも自由なわけだ。
    思い浮かんだままに唐突に政治の話を持ち出したって、もしかしたら彼女は
    それによって「あら。この人、意外に真面目なのね」と感心するかもしれない。
    それはそれで、多面的に相互理解を深めていく大切な時間の流れなのです。

    僕は当初、「告白の儀式」についての見解を投稿する前には、いちおう謙虚に
    一生懸命に昔を思い出してみた。
    「告白」とは、たまたま定着してる今風の若者用語に過ぎなくて、実は昔だって
    ほとんど今と同じ求愛行動をしていたのか?と。
    昔は「告白」という「用語」が無かっただけじゃないのか?と。
    ・・・しかし、やはり違うのですね、今と昔では様子がかなり。
    昔はけっこう自分流に好き勝手やれました。皆が個性的にやってたのです。
    携帯やメールのように便利なツールは無いので、今は普通に簡単にやれる
    ことでも、皆は独創的かつ苦肉の策を編み出して、色々にこなしてたのです。
    「好きです。付き合ってください」とあらたまって宣言することもなく恋人同士に
    なっていたカップルは大勢いた。
    「好き」という単語こそ乱発したことはあるかもしれないが、それが別に告白に
    値するというような狭義の定義も制約も解釈も受けていない。

    僕が思う一番のツッコミどころは、この辺にあります。

    識者や研究者やマスコミ曰く。
    今の若者はマニュアル志向、マニュアル思考だと。
    群れを離れること、浮くことを極度に恐れ、様々な面で多数派と同じレールに
    乗りたがり、リスクを負うことを嫌う傾向だと。
    etc.。
    世間におけるこういった若者批判をそのまま持ち出すのはなんだかジジ臭く、
    僕自身ちょっとばかり気が引けるのだが、だが敢えて言うなら、やっぱりなと。
    ここで述べている色恋のパターン化ひとつを考えても、さもありなんと整合が
    取れてしまうところが悲しい。

    ネットなど情報網が発達して均質化した情報や若者文化が一斉に同時期に
    大勢に覆いかぶさって久しく、その大勢の若者達がクローンのように均一に
    洗脳されてしまった傾向があるのを、否めないのではないかと思う。
    ふと知りたいと思った何かを安直にネットやメールを頼って聞けば、答らしき
    ものがすぐに出る。
    でもそこで出る答は、「あなただけ」への個別アドバイスではない。
    「今、世の中ではみんなこうやってますよ」という類いの答だ。
    家に居ながらにして「ふむふむ。みんなそうやってるのか」と知った気になり、
    その思い込みがいつしか全員の常識になっていく。
    おしなべて皆がそう習い皆がそう振る舞うので、ますますそれが当たり前と
    錯覚していき、とうてい自分流では振る舞いづらくなる。

    僕の若者時代は、なんたって情報網がお粗末だった。
    アパート暮らしの友人らには、固定電話を持っていない奴も珍しくなかった。
    そういや部屋にTVさえ無い友人ばかりだった。
    ある時、一人で「さあコレはどうしたもんか!?」という問題が生じたとする。
    ちょっと友達にメールして聞いてみよう、もない。
    ちょっとネットで調べてみよう、もない。
    だが、5分後には結論を出してなんとかするっきゃない!な状況。
    そうなると、「えいっ、ままよ! 変だろうが突飛だろうが人から笑われようが、
    とりあえずこれで良しとしてイクか!」と実行するしかない。
    世間や他人はどんな風だか知らんけれど、今は自分なりに決断した通りに
    やってみるっきゃない!となるんですね。
    その後日でも、身近の友人以外の大多数の男女が、アノ場合やコノ場合に
    どんな風に対処しているかなどは、確認できずじまいだ。
    自分流で乗り切って自信をつけるのです。

    「告白」という数分の儀式に、どれだけの権威が与えられているか。
    「告白」が、どれほど重い行為であるかのように皆を盲信させているか。
    恋愛における絆も、男の真の人格資質も、何ら担保できないような単純な
    儀式が、若者の間をどれだけエラそうに独り歩きしていることか。
    告白で始まったって、数ヶ月でゴロゴロ別れているではないか。
    誰が本格的に研究したでもない、保証してくれるでもない、色恋の俗説が、
    どれだけ若者の間を跋扈し、皆を洗脳し、かつ縛っているか。

    ピエロさんのように、意中の女性と夜の海で満月を見ながらムードに浸り、
    もしも機を見てソッと女性にキスしてしまったとしたら・・・?
    「告白もしていないのにキスするような男は、体目当ての遊び人です」という
    俗説クンがすぐに飛び出して来るでしょう。

    告白もしてないのに、付き合ってもいないのにキスするような男はアーだ
    コーだと・・・掲示板では大勢が言うオキマリの見解だが、考えればそれって、
    いったい誰が研究し、誰が数万人から聴き取り調査をし、誰が立証できる
    説なんだろうか。
    相談投稿に登場する男が、コーしたらこんな男で、アー発言したらこういう
    男のはずだと、どの程度の確信を持てるのだろうか。
    経験則からだろうか。
    しかし顔も見たこともなく声音を聞いたこともない男の、数行で説明される
    男の言動から、どれだけ確かな悪意か善意を嗅ぎ取れるだろうか。
    経験則からとすれば、どれだけの人数の男遍歴の経験則だろうか。
    つまり、洗脳された思い込みの可能性は無いのか?と僕は言いたいのだ。
    たいがいの男はそうですと抽象的には言い易いにせよ、もし例外が3割は
    いるのが実態だったら、ミスリードの可能性もかなり高い。

    若い女が、合コンで、ある男と知り合う。
    女が言う。
    「カッコヨクて面白い人なんだけど、なんか軽そうです」と。

    たかだかハタチ前後の女子大生が、本当に自分の研ぎ澄まされた知性と
    感性と経験とによって、その男を「軽い」と見抜いているのだろうか??
    精緻に「感じ取る」のと、「予断」は違う。
    もしかして、「こんな言動をする男は軽い」のだと、根拠の無い俗説が頭に
    染み込んでいて、それで「軽い」と評してるのではないか??
    かくいう僕自身は日頃たいへんオチャラケた会話やまぜっかえしをするし、
    ある女をカワイイと思ったら面と向かってどんどん言う。
    こんなだから、掲示板の例になぞらえば、ものすごい軽い男だと思われて
    いるのだろうか。

    こんなことされたら(したら)、引きますよね?
    ・・・といった言い方も多い。

    「引く」って何だ。
    引こうが引かれまいが、どうでもいいじゃないか。
    自分が思ったり考えた通りに素直に出てみればいいじゃないか。
    そうして反応を得て、相手を、男や女を、学んでいけるのです。

    恋愛相談は、「べきですか?」ばかりなのも目立つ。
    「引く」についても、「これって引きますよね?普通」なんて用例が多い。
    「普通」って何だ。
    なんで色恋に関わる自分の自然な感情的反応までもが、世間の「普通」と
    同じでなければならないのか。
    なんで、引くべきか引かないかまでを他人に決めてもらおうとするのだ。

    質問する側もたいがい「これって、〜な意味ですよね? 普通」なら、
    答える側も「それだと、〜です、普通」って調子だ。
    なぜ、無数の男女をクローンにする約束事が好きな人が多いのだろう。

    僕らはね、告白だの付き合い宣言だのしなくても、キスくらいしてました。
    自然にナァナァでイチャイチャし、手を繋いで何度も遊びに行きましたよ。
    そうする間にも会話や雑談のネタは多岐に渡り、お互いに人格や知性を
    感じ取り、ひいては信頼を置き、事実上の付き合いへ至りました。
    「好き」と言いたくなりゃ何回でも言ったし、「付き合う」という言葉も流れでは
    何度も言ったかもしれないが、それはあくまでも自然体でのこと。
    まずは告白がなきゃ何をできないだのいけないだの、何かの事前事後で
    言うべきセリフや行動が決まってくるだの・・・そんな縛りは無かった。
    皆が、それぞれ「自分流」の試行錯誤で経験値を上げていったのです。

    今の若い子が、どんなに根拠薄弱な俗説や無責任な恋愛コラムなどから
    洗脳され、ミスリードされ、一挙一動・一言一句までを指図されてることか。

    果ては、デートに行く時にどんな服がいい? まで尋ねる。
    これまた「こんな服を着て行って引かれないでしょうか?」って風だ。
    自分の着たい服さえも、ネットで複数の赤の他人から「それがいいよ」と
    認められないと、安心して着れないのだろうか。
    その手の危惧は全て全て、俗説や思い込みに支配されているのです。
    思い込みである証拠には、僕のある男の友達は仕事帰りの夜に別の
    友達から強引にネルトンパーティーへの参加をつき合わされてしまい、
    なんと服装はいわゆるナッパ服、つまり作業着と、ゴム長靴だ。(爆)
    作業着とゴム長靴姿の男は、十数人からのスーツ姿の男達を尻目に、
    女を2人もひっかけて帰ってきた。
    たぶん「引かれ」はしただろう。大勢から大笑いされたと言ってたからね。
    「引かれる」なんて、その程度のものだ。
    自分の姿の理由を説明しつつ、ギャグにしてしまえる男の勝ちだ。
    会話のとっかかりは「共通の趣味の話題」なんて説にも、根拠は皆無だ。
    なにせ件の友達は、初対面の女へゴム長の話題でウケたわけだしね。

    マニュアル順守や無難な人真似が、勝てる秘訣じゃない。
    自信と知性と真の能力に裏打ちされた「自分流」が勝つ率の方が高い。
    女を口説くのに前述の「1〜5」しか手が無いんじゃ、どうにも難しい。

引用返信 削除キー/
■9423 / inTopicNo.6)  Re[2]: 色恋の単純システム化、金太郎アメ化。
□投稿者/ decision -(2009/07/23(Thu) 12:00:39) [ID:v2ySx6c6]
    > 僕が基本的に感じるのは、今の若者の恋愛はその成立、構築の過程すらが
    > 完全にマニュアル化され手続き化されてしまっていて、個性や工夫の余地が
    > まったくといっていいほど無くなっていることです。

    マニュアル化されているというより、簡略化・単純化されていると感じますね。
    デジタル化されていると言っても良いかもしれません。
    曖昧さを嫌って、ON/OFF で全てをまかないたいと思っているような気がします。


    > いや率直に言って、個性や工夫を発揮できる若者自身も激減していると思う。

    「若者」全般を指すのは大雑把だと思います。
    比率的には、意外と変化していないのではないかなと思いますね。
    ただ、個性の無い人が目立つようになったとは思いますけど。
    それは、情報の発信が容易になったことや、個人に対する見方が変わった(個人を大切にするようになった)ことと関係するような気がします。
    昔は、個性の無い人は埋もれるだけだったと思いますけど、今は周囲の方から手を差し伸べてくれますからね。


    > つまり、今の若者が恋愛関係を構築するには、以下のマニュアル的な手続き
    > 以外の方法論は無いのではと、そう言い切っても過言ではないでしょう。

    マニュアル化が進んだというのはあるでしょうね。
    昔は見よう見真似で、自分で考えながらやるしかなかったことが、今は簡単に疑似体験できたり、他人の経験(それが事実か架空かは問わず)を知ることができたりしますからね。
    自分で考える必要性が減ってしまい、結果、考える力が育っていないのかもしれませんよね。


    > これだけ! これだけでしょ? ほんとに。これ以外の手順や取り組み具合や
    > 経緯や発想や、丁々発止のやり取りを、掲示板で見たことない。

    それは、ネット上の相談掲示板だからではないでしょうか…。
    ネットで恋愛相談する人に限定したお話でしたら、納得できますけど。


    > 結局、臨機応変に相手の様子を見ながらどんな話題でも振り、気の向くまま
    > 飾らずに何でも言い何でもして、そうこうしながら時間が過ぎれば、結果的に
    > それこそが「コミュニケーション」の蓄積だ。

    そのコミュニケーションの蓄積が少ない人や、コミュニケーションそのものが苦手な人が、こういった掲示板に頼るのではないでしょうか。
    確かに、相談される方は皆さん、コミュニケーション能力が低いなと思いますね。
    (私も人のことを言える立場ではありませんけど…)


    > 群れを離れること、浮くことを極度に恐れ、様々な面で多数派と同じレールに
    > 乗りたがり、リスクを負うことを嫌う傾向だと。

    リスクを嫌うのは、リスクに慣れていないからとも思いますね。
    全体的に、甘やかされていると思いますよ。
    「そんな程度でヘコむのかい」と思うことは、多々ありますね。
    私も甘やかされて育ってきた方だと思いますけど、その私でさえ甘いと思うのですから、相当なものではないかと思いますよ。


    > そうして反応を得て、相手を、男や女を、学んでいけるのです。

    正論だと思います。
    ここに相談される方(もしかしたら、若者(それも老人以外という意味での)の多くが)、学習するということに疎くなっているような気はしますね。
    というか、考えるという行為を放棄している人が多いと思いますよ。
    それが最近になって増えたのか、昔から多かったのかはわかりませんけど…。


    > なんで、引くべきか引かないかまでを他人に決めてもらおうとするのだ。

    自分で答えを出すということを知らないからではないでしょうか。
    それこそ、ネットなり何なりで調べれば、それらしい答えが簡単に見つかる時代ですからね。
    答えは人(もしくは何らかの情報媒体)から貰うものだと思っている(学習してしまった)のではないかと思います。
    確かに、昔は自分で考えて答えを出すしかありませんでしたからね。


    > マニュアル順守や無難な人真似が、勝てる秘訣じゃない。
    > 自信と知性と真の能力に裏打ちされた「自分流」が勝つ率の方が高い。

    これはそのまま、今の社会にも言えることですよね、きっと。
    マニュアルを守る人(おそらく大多数)は勝ちも負けもしない(もしくは、その時点でもう負けている)。
    マニュアルを作る人(おそらく少数)は勝つ(もしくは、勝ちを実感できる)。
    そんな気がします。


    > 女を口説くのに前述の「1〜5」しか手が無いんじゃ、どうにも難しい。

    だからこそ、皆さん違う提案をするわけですよね?
    でも、伝わらないことも多いですよね…。
    (私の場合は、考え達観気味なところも原因だと思いますけど…)

引用返信 削除キー/
■9424 / inTopicNo.7)  私もマニュアル化された若者ですが・・・笑
□投稿者/ もみじ -(2009/07/23(Thu) 12:18:34) [ID:fWE1zeNA]
    若者(笑)が記憶を探る限りでは何度かデートを重ねて、告白して、付き合うパターンを想定していて
    それが私から見てもミエミエなのは「恋愛下手」な方々です。
    そういう男性は知る限りでは全員が「いつもいい人止まりなんだよね・・・」と言っていました。
    デートの段階までは行ったとしても途中で男性が告白を必死に考ている時点で
    女性は不穏なものを感じているのではないかと思います(笑)
    告白なんてかしこまった不自然なものを持ち出そうとする雰囲気を感じたら
    表向きはソフトな言い回しをしても、よほど好きな男性ではない限りは
    全力で逃げますのが普通ではないかなぁと。
    極端かもしれませんが、付き合っても無いのにいきなりプロポーズされるイメージです。

    なのでやはり、こちらでよく見かける告白に全てを賭けているような人は
    恋愛下手な方々であって若者はそういう課程を踏んで付き合うのが普通、ではないと思います。

    私の知る限りのモテる人、恋愛上手な人は(状況にもよりますが)初っ端から好意を隠しませんし
    振られたところで一気に距離を空けたりもしません。
    ではマニュアル化していないのかといえば・・・している気がします。
    彼らが自分で見つけ出した自分なりのノウハウ、といったところもありますけれど
    簡単に言えば「押して押してパッと引いて追わせて優位に立つ」。
    それがいとも簡単にできるのは、押し方引き方に彼らの臨機応変な対応力や
    女性を気持ちよくさせるような会話力、エスコート力があるからとはいえ
    そんなマニュアル化された方法で女の子がまんまと引っかかってしまうというのも私は府に落ちないところです。
    なんだかマニュアル化された恋愛ルールを信じている女性を逆手に取って
    いとも簡単に心理操作しているようにも思います。

    >自信と知性と真の能力に裏打ちされた「自分流」が勝つ率の方が高い。
    一般に言われているように若者がマニュアルを極端に好むのは自信のなさ、不安感からですからねえ。

    そういった方法での告白を良いと評価するようなマニュアル化された男女のカップル、
    お付き合いの実態がどういったものかは非常に興味をそそられるところです。
引用返信 削除キー/
■9427 / inTopicNo.8)  「もみじのアピール法」って、どんなの?
□投稿者/ おやまあ -(2009/07/24(Fri) 07:24:56) [ID:UNR7X09L]
    おひさしぶり。聡明な玲・・・じゃなくて、もみじさん。
    つい旧姓で呼びそうになるじゃない。

    > デートの段階までは行ったとしても途中で男性が告白を必死に考ている時点で
    > 女性は不穏なものを感じているのではないかと思います(笑)

    きょ、きょうこそ、こっ、こ、こくはくするぞぉーっ!!
    (はぁはぁはぁ、ドキンドキン)
    フンガッ!←鼻息。

    ・・・みたいな?(笑)


    完全にシステマティックなマニュアルで色恋を進めないつもりでもプロセスの
    どこかにやっぱりマニュアル発想やマニュアル手法がが自然と入ってくれば、
    結局のところ全体的にマニュアル支配を受けちゃうのね。
    基本的には、誰が立証したでもないセオリーに洗脳された傾向はあるね。
    ウーン、うまく説明できないが。

    例えば掲示板では、相談文の冒頭から、そして中盤、終盤と定型化していて、
    読み始めたとたんに、ほら、きたきたー!と、大半の相談がデジャブなの。(笑)
    だけど、たまに「おっ?」と思うような想定外の報告や言動をしてる人もいる。
    エラそうな言い方を許してもらえば、僕としては「ん?コイツは骨があるかな?」
    なんて感じる男も時々は登場するわけ。

    皆がそんなことやめろ、どうせダメだなんてアドバイスするような手紙特攻を
    敢行したり、関係の薄い子へ実にストレートで熱い「告白」をぶつけたりとか。
    確かに蛮勇を奮ったのだろうが、勇気を出したご褒美に、神様が案ずるより
    産むがナントカの展開をくれて、調子よくスーッと進みかけることがある。
    そういうスレに足を突っ込むと、僕も行き掛かり上、長々と応援のフォローを
    したくなって、かつて他サイトでは何度か大きなスレッドになったことがある。
    ところが、その調子!あと一踏ん張りだ、そこが知恵と勇気の出しどころだと
    エールを送ってる頃、結局ものすごくマニュアル的な壁で行き詰る(ーー;)

    やれメールの返信が急に遅くなっただの。
    昨日までは絵文字満載だったのが、素っ気なくなっただの。
    2回まではデートが実現したが、3回目の誘いは先約があると断られただの。
    ・・・そこでやっぱり言い出すんだ。やっぱり金太郎飴クンになってしまう。
    これって、俺への興味が薄れたんですかね?
    絵文字がないのは、返信するのがメンドクサイ気持ちの表れですかね?
    本当に僕に好意があれば、僕の誘いを最優先したくなるはずですよね?
    例によってこういう調子でパワーダウンしかけ、僕が口からツバを飛ばして
    ハッパをかけても、ついに燃料切れでご臨終、な顛末が大半。
    レスしてた僕の方がじれったくて悔しくて、しまいには腹が立ったりして。(笑)


    > なんだかマニュアル化された恋愛ルールを信じている女性を逆手に取って
    > いとも簡単に心理操作しているようにも思います。

    だって、あぁた。(笑)

    恋愛相談掲示板や多くの恋愛コラムではさ、主に女性陣こそが手の内を
    明かしまくってるじゃない。
    飲み会で簡単にボディタッチしてきたその男は、軽そうだから用心しなと。
    でも翌日以降に彼がこんな言動をしてきた場合は本気かもしませんねと。

    そんな風に誘ってくる男は遊び人だから、私なら鼻もひっかけませんね!
    とエキセントリックな厳しいレスをする女性でも、流れに乗ってこうも言う。
    「もしそれがこんな風だったら私でも少しは信用するでしょうけどね」だとか。

    あるいはまた。
    そんな男へはキッパリとこう言っておやりなさい!
    どうせシドロモドロになりますよ。
    が、仮に〜と反応してきたら、その男は意外にしっかりしてます、なんて。

    こんなのばっかりしょっちゅう読んでたら。
    女性達が、女性好みの恋愛観や恋愛シーンや男像をぶちあげてるのを
    しょっちゅう聞いてたら。
    そりゃ世の男達は、「フムフム。そうやれば(言えば)信用されるのねヽ(^o^)丿」
    ってなものですよ。


    > そういった方法での告白を良いと評価するようなマニュアル化された男女のカップル、
    > お付き合いの実態がどういったものかは非常に興味をそそられるところです。

    前レスで、洗脳、思い込み、俗説やマニュアル重視などと書きました。
    ヘタすると、別れ話に至るまでさえマニュアルに運命を決せられてます。

    女心とはそういうものだと言ってしまえば、それまでですし。
    時代だよと言ってしまえば、それまでですが。
    巷間言われてるごとく、主体的に物事を考える力が衰退しているだとか、
    主流派のレールに乗ってないと安心できないだとか、そのような現代の
    若者の傾向(?)弱点(?)は、意外なほど自分達を支配して操ってます。
    と、僕は思う。

    例えば。
    知り合った記念日、初デートの記念日etcをやたら重視する子がいます。
    誕生日やクリスマスは、彼氏はこの程度のレストランやホテルを予約し、
    この程度のプレゼントをくれるものだと信じ込んでいる子がいる。
    そして彼氏もこれらの願望を重視し、かつ順守しないと、モメる。
    果ては「愛されてないのね」と言い始める。

    そういう子の願望は、必ずしも心からの欲求ではなく、思い込みなんだ。
    流行のエンタテインメントを与えてくれない彼氏への憤懣を掲示板へと
    投稿すると、年配の女性陣からはたしなめられると共に励まされる。

    「そんなこと人それぞれですよ?男はその手のことを重視しませんよ?
    そんなことで彼の愛は量れませんよ?
    それよりも彼は〜なことをしてくれたんでしょ?
    それなら彼はあなたを十分に愛してるはずです」なんてさ。

    そうすると案外、相談者氏はアッサリ素直に納得して引き下がる。
    「そうだったんですか!私、愛されてんですね。じゃ彼を信じます」なんて。

    これはこれで一件落着になるのは目出度いことにしても、敢えて厳しく
    言うならば、元々があまりにも幼稚ではない?
    要するに、欲求の是非とはまた別の次元でだ。
    つまり、自分の彼氏から自分が愛されてるか否かの肝心な部分さえを、
    当の本人が感じ取れない。
    掲示板で赤の他人からマニュアル的に説明されて、初めて納得する。
    毎日のように接してて、定期的にベッドで肌を合わせている男のことを
    信じる「べき」か信じない「べき」かと、判断も決意もできない。
    掲示板で赤の他人からリトマス試験紙を示されて説明を受けて初めて、
    「そっかー。彼を信じても良いんですねー!」となる。
    そこには、健康な成人の「思考力」や「判断力」は存在してないですよ。(悲)

    上述の女の子の憤懣を、もし掲示板で相談しなかったら?
    同じ感覚・資質の今風の友人連中に打ち明けて嘆いたら?
    「えーっ!? ○子の彼氏、誕生日に△△くらいのプレゼントもくれない
    わけぇー!?」だとか、
    「記念日に□□へも連れてってくれないなんて、それって○子、都合の
    いい女にされてるよ、アンタ! 別れを考えた方がいいんじゃん?」
    だとか煽られた日には、「そっか。そうよね・・・」と意気消沈でしょう。

    言い換えると、前提となる発想が、しょっぱなから「思い込み」でしょう。
    断固とした主義、信条、一生の願い、ってわけじゃないんだ。
    説得力次第で、右へも左へも振ることができる。
    となると、話術に長けた男にすればナンパはけっこう簡単な女でもある。

    自分自身の在り方、自分と自分の恋人との関係の現状認識でさえもを、
    自らの知性、自我、常識とによって行なえず、俗説マニュアルと仲間の
    動向に目を向けて頼らないと済まないってことだ。
    ちょっとばかり知恵の回る男たちがこうした状況を客観的に観察しつつ
    分析すれば、「若い女を(一時的に)喜ばせるマニュアル」のいくつかを
    すぐ編み出して行使できてしまうでしょう。

    掲示板でよく見かけるベタなシーンもありますね。
    飲み会などで女の子がトイレに立った隙に通路の奥で待ち伏せしてて、
    たとえ数十秒でも2人だけの場面を作り、唐突に肩を抱き寄せたりして
    「キミってカワイイね」と連発。
    いや言葉はともかく「頭をポンポンされた」「髪を撫でられました」だけで、
    翌日から「彼がすごく気になります」と言い出す女。
    掲示板上だけでどれだけ頻繁に登場してくる?(笑)
    こんな話ばかり読まされてりゃ、男も学習するさ。
    「あなたも今日からできる簡単ナンパ術の第一歩、頭ポンポン」って。(笑)

    オトナの男vs女だと、概ね女の方がしたたかなように思える。(笑)
    でも今の若い男女だと、男流の幼稚さと共に、多くの女もまた「軽い」ね。
    それこそ男のことを「彼は軽そうです」としばしば言う女が、実は軽いと。
    もちろん、僕は男でも女でも年寄りでも若者でも、何かにつけ「全員が」
    という括りで語っているのではないが、もみじさん曰く「なぜ女が簡単に
    まんまと男に操られる?」との疑問へ、憎まれ口になるのを覚悟の上で
    僕なりの考察で答えれば、以上のような見解になりますね。


    あ、当レスのタイトルはね。
    「もみじが目当ての男へアプローチする時は」ってのを、好奇心から。(笑)





引用返信 削除キー/
■9428 / inTopicNo.9)  恋愛格差
□投稿者/ おやまあ -(2009/07/24(Fri) 10:21:02) [ID:UNR7X09L]
    > 曖昧さを嫌って、ON/OFF で全てをまかないたいと思っているような気がします。

    曖昧さを嫌う面があるのだとしたら、
    それは損得(本音としてはもちろん「得」の方を)の結果を性急に
    知りたがる辺りじゃないか。
    「告白への返事、早くぅ〜!!(>_<)」って。
    好かれてる?嫌われてる?どっち?って。

    しかし、自我や責任感覚については、どうも曖昧だなぁ・・・とは思う。
    これは起源はもはや古くなりつつもあるが、
    いわゆる「とか弁」は若者の曖昧さの象徴みたいに分析されてるね。

    すごいのになると、
    「私は彼とディズニーランドとかでデートとかしたりとかして食事とか
    してたら、彼はゲームとかの話とか始めました。
    これって私に興味が無いとかですか?」くらいの。(笑)

    そして僕は主に、主体性(責任感覚を含む)の希薄さをよく感じる。
    僕には個人的に耳ざわりな、好きでない流行の言い回しがある。
    「彼みたいなひどい男とは別れた方が良いと思っているのですが、
    別れたくない自分がいます」ってのね。
    極端だと、さして長くない投稿文に、10行おきくらいに4回も5回も
    「〜する自分がいます」を出してくる人もいるんだよ。

    内容によっちゃあ人生の一大事がかかってる重大な局面なのに、
    「こんな自分」や「あんな自分」が何人もいたらどうすんのよ!と。
    「迷い」を表現したいのだろうが、ちょっとニュアンスが異なる。
    なにより、猫も杓子も同じ流行の表現を使いまくる文は安っぽい。
    他人化(?)したような逃げ道はどうでもいいから、アンタ本人は
    1人でしょ?肝心のアンタはいったいどう思うの!と言いたくなる。

    話題が恋愛から飛躍したり、些細な揚げ足を取ったりイチャモンを
    つけて堅いことを言ってるように見えても、これは大切な要素だ。
    当然ながら恋愛ってのは人間がやること。
    だから個々の恋愛へはその人間の質が反映される。
    恋愛談義は恋愛用語だけで語っていれば済むと思ったら間違いだ。
    女は何かと男への評価基準は厳しく、男特有のスケベさが少しでも
    露呈すれば、「軽い男」だと見下げがちだ。
    しかし、本質的に人物が軽いか実直で理性的かは、文章を読んでも
    わかることで、はっきり言って軽い女だって少なくないのだ。
    軽薄なモノ言いをするが恋愛にだけは高尚な志を持っているなんて、
    現実としてあり得ない。
    こうしたことは恋愛関連サイトでは発言者がほとんどいないので、
    僕は憎まれっ子になってもいいつもりで率直に書いてるんです。


    > それは、ネット上の相談掲示板だからではないでしょうか…。
    > ネットで恋愛相談する人に限定したお話でしたら、納得できますけど。

    もちろん主なエピソードは掲示板上から頂戴して例示しているから、
    ここだけの話だと言うこともできる。
    ネットで相談する人、ネットで相談なんかしない人の、キャラの差は
    確かに大きいでしょう。
    だがキャラの全てで両極に棲み分けしてるのでなく、やはり今風の
    若者文化が染み込んでいる共通項の部分はけっこう多いと思う。
    ここは恋愛相談だが、mixiにしろ何にしろ、そういった場所で語られ
    ている恋愛談義や恋愛観、色恋に関する定説などは、ほぼ同様だ。
    実行力が伴うか否か、成否の率が高いや否や、凹むか凹まないか
    などの差異はあっても、総じて大勢が似た恋愛観や恋愛価値観の
    中を突き進んでいるようには思える。


    > 「そんな程度でヘコむのかい」と思うことは、多々ありますね。

    僕も実はけっこう弱気でヘコみやすいところもある方だと自分では
    思っていたのだが、しかし掲示板で見るのは「相当なもの」だね。


    > というか、考えるという行為を放棄している人が多いと思いますよ。
    > それが最近になって増えたのか、昔から多かったのかはわかりませんけど…。

    ジジイの若者批判になってしまうので、あまりこういうことばかりを
    言いたくないのだが、やはり厳然たる事実はある。
    新卒の新入社員を毎年何人かづつ預かっては教育してきた経験
    から言うと、「えっ!お前、脳ミソあるの?」と驚愕したこと数知れず。
    これは新人だからとか、若いからだとかだけではとうてい言い訳に
    ならないようなエピソードに事欠かない。
    それも、僕だけの感想かとおもいきや、以前にいくつかの大企業で
    中間管理職をやってる同年代の何人もの友人に話したら、
    「うちもそうだ!」「俺のところでもだ!」と、ネタかギャグと思えるような
    同様のエピソードがごろごろ出て来た。

    ここ十数年の新卒者は、マニュアルを覚えるのは早かったよ。(笑)
    飲み込みと覚えは早いし、きっちり真面目に守って取り組む。
    が、僅かでもマニュアルを外れると融通というものが一切きかず、
    とかく指示待ちなんだ。
    僕が察するに、能力的に「絶対にできない」じゃないんだな。
    内心では、アーかな? コーかな?とは考えている様子なのだが、
    自力の判断と裁量で「片付けてしまう」というのができないようだ。
    だから、たまたま上司が不在で、「指図を受けられませんでしたから」
    という理由で、高校生も処理しそうな作業を中途で放置されてた
    ことがあった。一流大学出身者でも、似た特徴がある。

    中高校生、大学生などを対象の、諸外国との学力と能力テストで、
    日本の成績ランクは回を重ねるごとに下降の一途。
    総合得点の順位もともかく、「無答率」は世界でダントツだとか。
    無答率、つまり白紙提出だ。
    論述式の試験などで知らない題が出された時、諸外国の若者は
    なんとか想像力を働かせ、ダメ元で自分なりの考えを書き込むが、
    日本の若者はパッとわかるもの以外は回答しない傾向だと。

    目当ての異性からのメール内容が芳しくないと、何と送ればいい
    ですか?と赤の他人の僕らへ聞く人ばかりでしょう。
    コレという案が出ないと、しょうがないから自力で考えた・・・ではなく、
    「ずっとメールが送れていません(T_T)」になるからね。


    > 確かに、昔は自分で考えて答えを出すしかありませんでしたからね。

    これは前の投稿中でも触れたが、昔は自分で考えてとりあえず
    やってみるだけでなく、なんというかな、「答え合わせ」さえできず
    じまいだったわけだよ。
    僕も大学時代には友人は大勢いたが、思い出してみれば彼らと
    会うのは「偶然」がほとんどで、授業で会ったとか食堂に行ったら
    いただとか、そんなもんだ、本当に。
    なにせ、ある友達と何日の何曜日に会いたいと思ったら、何日も
    前に確実に約束をし、互いがそれを守らなければ会えなかった。
    共通の授業に欠席されたら、「アイツ、どうしたんだろうね?」って
    話すだけ。次に会うまで事情は不明。(笑)
    今こうして書いてると自分でも大袈裟に感じるが、実際そうだった。

    今日、ある女へ思い切って話しかけたら、反応がこうだった。
    なぁ、お前どう思う? 君は? 明日はどうしたらいいと思う?
    ・・・なんてさ、ほぼリアルタイムで友人に相談することさえ無理。
    だってメールなんか無いもん。(笑)
    家にも電話の無い奴らばかりだったし。
    今日話しかけた女へ明日はどうアプローチしたらいいかな?と
    友人に相談したくても、ヘタすりゃ話せるのは10日後だ。(笑)

    いきおい、自分の目の前のことは自分の眼だけで見て、自分で
    考えて自分で臨み、展開も結果も自分だけで受け止め、解釈し、
    次善の策も自分だけで考えて、応援も激励も無く実行だ。

    僕が皆よりいくらか先に生まれて、年をくってることだけを別に
    エラいとは思ってないが、どうしたって昔と今じゃ、「処理能力」の
    鍛えられ方が違うとは思うね。

    僕の場合は20代前半で勤めてた職場はスパルタだったなー。
    見よう見真似で一人前の営業マンを目指してるつもりはあったが、
    先輩はことあるごとに10のうち1か2しか教えてくれない。
    外へのお使いを命じられ、ほとんど詳細がわからずに呆然とする。
    あの〜、駅からの道順は? アレとは何? コレはどんな風に?と
    おそるおそる尋ねるも、厳しい先輩いわく。
    「お前、口はついてんだろ? 大学も出た頭があるんだろ?
    そのくらいの用事は自分でどうにでも処理できなきゃ、バカだぜ?」


    > マニュアルを作る人(おそらく少数)は勝つ(もしくは、勝ちを実感できる)。
    > そんな気がします。

    経済格差が著しくなっていますよね。
    頂点と底辺の差の暮らし向きの差は、同じ日本人か!?ってくらい。
    でも昨今は、「恋愛格差」も激しく広がっているような気がします。


引用返信 削除キー/
■9430 / inTopicNo.10)  Re[4]: 恋愛格差
□投稿者/ decision -(2009/07/24(Fri) 16:36:41) [ID:v2ySx6c6]
    > なんだかマニュアル化された恋愛ルールを信じている女性を逆手に取って
    > いとも簡単に心理操作しているようにも思います。

    なるほどねぇ。
    それは確かにあるかもしれませんね。
    相手がマニュアル通りの反応をしてくれるのであれば、自分もマニュアル化するのが最も効果的ですからね。


    > しかし、自我や責任感覚については、どうも曖昧だなぁ・・・とは思う。
    > これは起源はもはや古くなりつつもあるが、
    > いわゆる「とか弁」は若者の曖昧さの象徴みたいに分析されてるね。

    自我や責任に対する意識が薄いのは納得できますね。
    でも、それって年齢に関わらず、今の日本の社会では日常的に見られる光景のような気がします。

    いい年のオジサンでも、平気で無責任なことを言う人は少なく無いと思いますしね。
    自分で結論を出さない人(で、みんなが結論を出さないので会議が延々と終わらない)。
    曖昧な言い回しをしてどうとでも取れる答えしか出さない人(で、後で必ず「あれはそんなつもりで言ったのではない」と自分に都合の良い後付をする)。
    酷い人は、自分で決めるべきことなのに「それは私が決めることではない」と言い切る人もいますよね。
    (じゃあ、オマエは何のためにここにいるのかと問いたくなるような人が)

    今の若者がというより、近年(ここ数十年)の傾向なのかなとも思います。
    ただ、そういう人が加速度的に増えていて、顕著に現れ出しているのかもしれませんね。


    > 内容によっちゃあ人生の一大事がかかってる重大な局面なのに、
    > 「こんな自分」や「あんな自分」が何人もいたらどうすんのよ!と。
    > 「迷い」を表現したいのだろうが、ちょっとニュアンスが異なる。
    > なにより、猫も杓子も同じ流行の表現を使いまくる文は安っぽい。
    > 他人化(?)したような逃げ道はどうでもいいから、アンタ本人は
    > 1人でしょ?肝心のアンタはいったいどう思うの!と言いたくなる。

    でも、その人にとっては、実際に何人も自分がいるような感覚なのかもしれませんよ。
    ほら、個人向ローンのテレビCMにもある「A社から借りてるオレ」「B社から借りてるオレ」みたいな。
    結局、「借りているオレ」は一人しかいないはずなのに、それがわからなくなっている人が増えているのかもしれませんね。
    それこそ、責任転嫁しやすいですしね。
    今この瞬間のオレが「A」であれば、「B」のオレがやったことは、オレの責任じゃないと思うのかもしれませんね。


    > 当然ながら恋愛ってのは人間がやること。
    > だから個々の恋愛へはその人間の質が反映される。
    > 恋愛談義は恋愛用語だけで語っていれば済むと思ったら間違いだ。

    確かにそうですよね。
    結局、恋愛相談なのに、いつの間にかその人の人間性の話になってしまっていることが少なくないような気がします。
    こうなると、ちょっと気が引けてあまり突っ込みたくなくなってしまうのですけど…。


    > 実行力が伴うか否か、成否の率が高いや否や、凹むか凹まないか
    > などの差異はあっても、総じて大勢が似た恋愛観や恋愛価値観の
    > 中を突き進んでいるようには思える。

    そうですね…。
    それは多分、恋愛の話をする人/しない人の違いなのではないかなとも思ったりします。
    要するに、恋愛の話したがる人は相手と似ていること(凡庸な表現をすれば普通なこと)を望む。
    似ていることを意識しない人は、そもそもあえて恋愛の話をしない(少なくとも、自分のことをネタにして話を切り出さない)のではないかとも思いました。

    だから、恋愛の話となると、普通であることを意識する人ばかりになってしまうのかな?と。
    ただ、そうやって普通であることを意識する人が増加傾向にある気はしますね。


    > が、僅かでもマニュアルを外れると融通というものが一切きかず、
    > とかく指示待ちなんだ。

    発信力は確実に衰えてきている気がしますね。
    「終わった」と聞くと「終わりました」という答えが返ってくる。
    「だったら終わったときに言えよ(笑怒)」と思う(そして指導する)のですが、それを実践できない人は確実に増えている気がします。
    そして、おやまあさんや多くの中間管理職の方が感じる「えっ!お前、脳ミソあるの?」という話になっていくのでしょうね…。


    > 内心では、アーかな? コーかな?とは考えている様子なのだが、
    > 自力の判断と裁量で「片付けてしまう」というのができないようだ。

    要は決断力ですよね。
    「慎重」というより「迷宮入り」という印象を受けますね。
    自分でリセットできないというか、終わりを設定することができないというか。


    > だから、たまたま上司が不在で、「指図を受けられませんでしたから」
    > という理由で、高校生も処理しそうな作業を中途で放置されてた
    > ことがあった。一流大学出身者でも、似た特徴がある。

    ありますねぇ…。
    「じゃあ、何も言われなかったら、ずーっと放置しているつもりなの?」と聞くと「それは…」と音信不通になる。
    (オーイ、帰ってきてくれー…という感じで)
    どんなに見通しが良くても一寸先は闇というか、視神経と脳神経が繋がっていないんじゃないかと思うような時がありますね。


    > これは前の投稿中でも触れたが、昔は自分で考えてとりあえず
    > やってみるだけでなく、なんというかな、「答え合わせ」さえできず
    > じまいだったわけだよ。

    個人的に言うと、答え合わせという意識はあまり持っていませんでしたね。
    フィードバックはしていましたけど、それが合っているかどうかというよりかは、因果関係として覚えておくと言う感じで。
    おやまあさんの仰る「答え合わせ」と同じとこを指しているのかもしれませんけど。


    > 僕が皆よりいくらか先に生まれて、年をくってることだけを別に
    > エラいとは思ってないが、どうしたって昔と今じゃ、「処理能力」の
    > 鍛えられ方が違うとは思うね。

    それは明確でしょうね。
    とかく、最近の若者は(あぁ嫌な言葉)苦労を知らないと思います。
    周りが過保護過ぎると思うのですよね…。
    本来、自力でなんとかしなきゃいけないことでも、放っておけば誰かが何とかしてくれていたのではないかと思います。
    なので、いざ自力でなんとかしないといけない局面になったとき、何をすれば良いのかわからないと。
    経験がないわけですからそれは当然でしょうし、それに対するストレスも感じたことが無いでしょうから、耐えられないのだと思います。


    > 僕の場合は20代前半で勤めてた職場はスパルタだったなー。

    私の場合…20代前半はあまり何も考えていませんでしたね(笑)。
    ただ、仕事はそれなりにキツかった(週90時間くらいの立ち仕事)のと、いろいろな人と接する機会があったのとで、肉体的にも精神的にも鍛えられた感はありますね。
    で、自分で考えるようになったら転職したくなって、希望の仕事に就いたら仕事を教えてもらえるような人がほとんどいなかったという感じですね。
    なので、ほとんど自力で解決しないと仕事にすらならない感じでしたね。
    見よう見まねというより手探りでしたね。
    その後、ちゃんとお手本になるような人達と巡り合えたので、何とかやっていけているのでしょうけど。


    > 経済格差が著しくなっていますよね。
    > 頂点と底辺の差の暮らし向きの差は、同じ日本人か!?ってくらい。
    > でも昨今は、「恋愛格差」も激しく広がっているような気がします。

    そうですね。
    ただ、格差にも不可抗力的なものと素養・教育的なものがあると思うのですよね。
    前者はもう運としか言いようがないと思いますけど、後者は多分にその人が原因があるのではないかと思うのです。

    例えば、就職難一つをとっても、仕事につけない人の多くは、自分で職を選んでいると思うのですよね。
    もちろん、職業選択の自由はあると思いますし、経験したことの無い職種に抵抗があるのもわかります。
    でも、生きていくためには働く必要がありますからね。
    飢えたくなければ、選り好みなんてせずに働くしかないと思います。
    だから、職に就けなくてひもじい思いをしている人を見ても、あまり同情できないのですよね。
    「自分で仕事に就けない道を選んでいるのでしょう?」と。
    当然、そんな単純な問題ではないのでしょうけど…。

    恋愛にも同じことが言えると思っています。
    「自分が選んだのでしょう?」と。
    だから、不幸だとか辛いだとか言っている人を見ても、「自力で頑張ってください」となってしまうのですよね…。

    みんな多かれ少なかれ、そういうことを乗り越えているのだと思いますしね。
    弱音を吐く人には、それがわからないのでしょうかねぇ…。
    (もちろん、弱音を吐いて然るべきの人もいるとは思いますけど)

引用返信 削除キー/
■9432 / inTopicNo.11)  自己アピール。
□投稿者/ もみじ -(2009/07/25(Sat) 12:39:21) [ID:fWE1zeNA]
    > つい旧姓で呼びそうになるじゃない。
    あははは、和みました(笑)

    好みの男性にどうアプローチするかですが、私もモッカさんと同じで(最近お見かけしませんね)
    自分に興味を持ってくれる男性にしか興味がありませんので
    (高望みしないってことです、おそらく 笑)
    まずは相手の印象に残ることを考えますがそれと同時に心のツボ探しをして
    自分はそのツボを押せる力量があるかどうか?を考えます。
    精神的な繋がりを重視する方ですので相手の心に踏み込みたいと思ったときに惹かれますし
    またそれをさせて貰える関係を築けるかどうか?が勝負になります。短期戦ですけどね。
    本当に好みの男性かどうかはアプローチの段階の手ごたえで決まってくる気がします。
    これだと抽象的過ぎますか?(笑)

    > きょ、きょうこそ、こっ、こ、こくはくするぞぉーっ!!
    > (はぁはぁはぁ、ドキンドキン)
    > フンガッ!←鼻息。
    もちろん、ここまでではないですけれど、伝わってきたことありますよ、こういうの(笑)
    以前に私の方からアプローチをして一度だけデートをした方がいるのですが
    「貴方が好きです」「貴方はどうなんですか?」を
    遠まわしに伝える言動、雰囲気ばかりで私の方はもうすっかり冷めていました。
    どんな会話をしても何をしてもその裏にあるのはそればかりで肝心のデートが全く楽しくなかったんです。

    後日「話したいことがあるから少しでも時間が欲しい」というので
    こりゃ告白だなと察するものの拒否することもできないので、
    お茶くらいなら、とファミレスへ。
    そこで告白して貰えるのかと思いきや「ここ数日ずっと悩んで友達に相談していたことがある」
    だのなんだの前フリを1時間余り。それ以外の内容の会話はありませんでした。
    その後にちょっと来て欲しい場所があるというのでついていったら
    すぐ近くの神社でそこで実は付き合って欲しいと告白をされ、申し訳ないですが私はそのとき
    「あぁちゃんとした告白ってこういうものなんだなぁ」などと考えていました。

    一か八かの勝負にかけるしかない!という状況に身を置くことが
    彼らにとっての「本気」であり美しい恋愛ストーリーなんでしょうね。
    成功確率が9割以上あっても告白に拘る人はどうもそういう心理状況にある気がします。

    > 基本的には、誰が立証したでもないセオリーに洗脳された傾向はあるね。
    告白セオリーは少女マンガを元にしていると勝手に思っていました。
    それか小学生くらいの告白して両想いならハッピーエンドのようなものかなと(笑)

    > ところが、その調子!あと一踏ん張りだ、そこが知恵と勇気の出しどころだと
    > エールを送ってる頃、結局ものすごくマニュアル的な壁で行き詰る(ーー;)
    すごく分かります、よく見かけますよね。
    私には「根本的な自信のなさが表に出てくる」ようにも見えます。
    結局相手の気持ちを感じる尺度なんて自分の感覚でしかないのに
    確かなものを求めてしまえば目に見えるものになってしまう。
    自信を失くしている状況ならば悪い結果に至るという妄想が成されているはずですから
    それを立証できる証拠探しをして、「やっぱり」僕には無理なんだ、と。
    その壁を越えられるかどうかは大きな差になりますよね。

    >「フムフム。そうやれば(言えば)信用されるのねヽ(^o^)丿」
    若者が掲示板やらコラムを読み漁っているとは思いませんが(笑)
    手の内をまるまる明かしてしまうのは女性ですよね、確かに。

    > 掲示板で赤の他人からリトマス試験紙を示されて説明を受けて初めて、
    > 「そっかー。彼を信じても良いんですねー!」となる。
    > そこには、健康な成人の「思考力」や「判断力」は存在してないですよ。(悲)
    上に、ON/OFFの話がありますけれど若者文化では白か黒かしかなくて
    多数派が強いどころか、少数派は丸々否定される傾向はあると思います。
    しかも勝ち組負け組という言葉に代表されるように「負け」という意識も強いんですよね。
    (この場合は勝ち負け、というよりも多くの人が負けを強く意識しているから
    勝ち組という言葉も発生した気がしています。)
    少数派の意見を持っては「負け」というような文化に馴染むために思考停止を
    余儀なくされることもあるような気がするんです。
    本音を隠すではなく抑えることに慣れている方も結構いるように思います。

    以前にも書きましたとおり同世代との人間関係が今でも苦手なのですけれど、
    大学生になってからはさすがにないですが何が辛かったかといえば
    思考停止をしなければいけなかったからです。
    「私はこう思う!」と言うと、たとえ正論でも、叩かれる。多数派が正しいことになる。
    違う意見を述べることは他の意見への批判としてとられ、
    何事にも共通認識を持つことによって結束を高めている。
    そこに違和感を感じてしまってはその文化の中でやってられないですから
    少しでも馴染もうとしたらその手段は思考停止して迎合するしかありませんでした。
    意見の表明の仕方がストレートすぎたので否定されるのも当たり前でしょうし(笑)
    思考停止しなくとも馴染む方法はあったとは思いますけれどね。

    なのでこれは仮説ですが、確かではないもの、自分の感覚や考えを
    信じることが若者には難しいんじゃないかと思います。
    自分が信じた感覚も少数派であれば全否定されてしまうわけですから。
    こういう方法を取るのも「アリ」なんだよとマニュアルにないことを
    教えてくれたのは上の世代の人たちか、マニュアルから脱却したデキる若者です。

    それがある年齢になっても修正されない、恋愛や仕事にまで
    持ち込んでしまうのは問題だとは思いますけれどね。
    これは私も批判できる立場には到底ありません(笑)

    > ちょっとばかり知恵の回る男たちがこうした状況を客観的に観察しつつ
    > 分析すれば、「若い女を(一時的に)喜ばせるマニュアル」のいくつかを
    > すぐ編み出して行使できてしまうでしょう。
    そうですね。
    喜ばせるか、予想外の行動を取れば、あとは意のままですものね。

    > こんな話ばかり読まされてりゃ、男も学習するさ。
    > 「あなたも今日からできる簡単ナンパ術の第一歩、頭ポンポン」って。(笑)
    あはははは(笑)

    > でも今の若い男女だと、男流の幼稚さと共に、多くの女もまた「軽い」ね。
    > それこそ男のことを「彼は軽そうです」としばしば言う女が、実は軽いと。
    失敗しないようにと警戒する余り、皮肉なことに軽くなってしまう。
    かといってマニュアルから飛び出せば右も左も分からないので
    だったらまだマニュアルに従っている方が安全に生きられる。
    なんとも窮屈ですねえ。

    おやまあさんの見解には「そりゃそうですよねぇ・・・」と納得したのですが
    同時に身も蓋も無いなと、思いました(笑)
引用返信 削除キー/
■9443 / inTopicNo.12)  身も蓋もないこと言った?
□投稿者/ おやまあ -(2009/07/27(Mon) 16:07:37) [ID:UNR7X09L]
    聡明な子へは、なるべくおもしろいレスしたいなー。
    おりこうそうな子に脳ミソを使ってもらうの、張り合いがある。(笑)

    > これだと抽象的過ぎますか?(笑)

    個人的質問に率直に素直に、かつ分かり易くお答えいただいて
    ありがとうございます。
    すんなり理解・納得できちゃった時は、ほとんどコメント無し。(笑)

    しかし、以下へはぶっちゃけて放言しよっと。


    > 若者が掲示板やらコラムを読み漁っているとは思いませんが(笑)
    > 手の内をまるまる明かしてしまうのは女性ですよね、確かに。

    まぁ、「恋愛相談掲示板」とか、この手のサイトによく付随している
    「恋愛コラム」に限れば、若者が皆で読み漁ってるとは言えないと
    思うんだが、ネットを中心とした広義の意味のメディアで、恋愛に
    関連する文章を読む人なら、やはりとても大勢いるんじゃない?
    MIXIでとか、色々な人のブログでの色恋に関わるエッセーだとか
    雑談の内容には、とりあえず表面的話題は様々にせよそれらの
    語り口の根底には、いかにも今風の典型的な恋愛論や恋愛観が
    色濃く共通して存在していると思うが、どうだろう。
    結局、掲示板を読み耽る人も、掲示板は見ないが雑誌の恋愛の
    記事はよく読む人も、ファミレスで友人らと恋愛談義をダベる人も、
    こと色恋に関しては暗黙に共通認識と共通言語が浸透してて・・・
    だからこそ大勢の若者の間で今風「手続き式」恋愛法が通用して
    いるのじゃないですか?


    > 「私はこう思う!」と言うと、たとえ正論でも、叩かれる。多数派が正しいことになる。
    > 違う意見を述べることは他の意見への批判としてとられ、

    それはすごくよくわかります。
    社会で必要だと言われるところの「協調性」って、ある意味で曖昧で
    ご都合主義だ。要は程度問題なのだろうけども。
    そこに居合わせた人々のキャラ、力関係、利害の存在、などなどで、
    個々にどの辺のレベルで折り合いをつけるかは人それぞれの判断。

    ところで、「身も蓋もない」という件。(笑)


    > 同時に身も蓋も無いなと、思いました(笑)

    恋愛関係の論議で「身も蓋も無い」というと、
    たとえば一つには、なんだか偏った方向で自己完結していたり、妙に
    達観したスタンスから、相談者の願望を問答無用に斬り捨ててしまう、
    なんてことも指すかもしれませんよね。

    だがまた僕の考えで言うと、徹底的にシビアな現状分析を試みた時は、
    一見「身も蓋もない」見解に見えやすいことは多々あるんじゃないかと。
    仮に片思い話だと、もし僕の場合なら、僕が目をつけた女が実は僕の
    ことも密かに好きでいてくれたなどという事態は、本当に奇遇な強運で
    あって、まぁ普通は最初からすべからく「イヤよ」だろうなと。
    僕の心構えは基本的に「イヤよ」が大前提です。
    つまり「イヤよ!」と突っ張る女をして、いかに「イイわ」と言わせようかと。
    その仕事は、「身も蓋もない」状態から取り組む腹積もりで考え始める。
    一見「身も蓋もない」状況から、ギリギリで死中に活を求める道はないか。
    当初は頑強に抵抗される中でも、捨て身で火中の栗を拾えるか。
    大袈裟な比喩のようだけど、基本的にはこんな覚悟の姿勢で臨みます。

    最近では「片思いは叶わない時にはどうしたって叶わないのです」という
    レスをよく見かけるようになったし、僕もそう書くことがあります。
    とはいえ、相談者氏としては「そこを何とか!(T_T)」と頼ってくるわけね。
    では、それほどに悲壮な願いなら、もうちょっと真剣に考えてみよう、と。
    但し、この「泣こうが叫ぼうが、どうしてもダメな片思いはある」と言いたく
    なるような状況下で死中に活を求めたいと思うなら、徹底的にシビアな
    状況分析と容赦ないダメ出しをしてやるぞ!と。
    敢えて自らを甘い妄想から追い出し、断崖絶壁に立って考えてみろと。
    そうだ自分にも唯一これだけは得意だという手があった!とか。
    強引にでも酒の1杯も飲ませ、あの場所のあの夜景の前まで連れ出し
    さえできれば、ムード作りにだけは自信がある!とか。
    メールじゃ限界がある。思いをしたためた手紙で感情を揺すろう!とか。
    最悪は嫌われようがどうでも、この一戦にイチかバチか人生を賭ける!
    ・・・etc.そこまで切羽詰った必死さも、状況によっては必要でしょう。

    だってですよ?
    いうなれば「身も蓋もある」状況下で「身も蓋もある」人なら、ある程度の
    段階までは運べるものなんですよ、そもそもが。
    ザッと見たところは「身も蓋も無い」ことしかレスできそうもないのが僕の
    率直な感想の時に、「いちおう恋愛相談調のレスしとこうか」なんてのは
    僕の性分に合いません。
    曰く、話しかけるキッカケを見つけ、まずは共通の趣味を探れだとか。
    そうして友達になって、互いを更によく知り合うところから始めろとか。
    メールも疑問系を含めれば返事がもらいやすいですよとか。
    メールばかりしてても無意味なので、会ってよく話し、よく遊べとか。

    でもね、会ったことも話したこともない相談者氏の、コピペで済みそうな
    デジャブの状況説明の数々に対して、
    十年一日の定番アドバイスが常に通用すると、本気で思える?
    もし本気で思えるなら、レスする側の洞察力もあやしい。
    誰も表面化させない「身も蓋もない」現実ってのは、確実にあるんです。

    この投稿文を吟味して察するに、この男(女)は、
    話しかけるキッカケを掴めるほど機転は利きそうにないなとか。
    趣味を聞いても、共通の趣味があるとは限らない。
    その際、相手の趣味をそこそこ持ち上げて喜ばせられるだけの広範な
    雑学があるとは思えないなとか。
    メールもただ疑問系なら良いわけではない。
    相手のツボを突き、相手が思わず返信を打ち始めるような気の利いた
    疑問文を投げ与えられるとは思えないなとか。
    だいいち、この誤字・当て字・誤用だらけの日本語でメールや手紙でも
    送った日には、知性的な相手ならひたすら呆れるだけだろうなとか。
    まずは親しくなれっても、親しくなれる能力があるくらいならとっくの昔に
    親しい友達にはなってるだろうに、とか、

    相談者の男や女の頭は切れるのかパッパラパーか、精神的にオトナか
    幼稚か、話術には長けているのか口ベタなのか、話題は豊富か貧弱か、
    手紙を渡す気ならちゃんとした漢字を書けるのか、果ては声は大きいか
    小さいか、デブかヤセか長身かおチビちゃんか、なんてところまで・・・
    こういった要素を無視してすっ飛ばしたら、どこの恋愛コラムにも雑誌の
    恋愛指南記事にも載ってるベタなアプローチ法も、はたまた特に女へは
    「男を魅惑する服」などを勧めるのも、少なからず的外れだろう。

    時には謙虚に冷徹に「身も蓋もない」ところからスタートする認識がないと、
    肉を斬らせて骨を断つ九死一生の戦法や覚悟は生まれないと思う。
    皆が皆、恋愛指南本に載ってるマニュアルをさえ正しく効果的に使える
    わけではないでしょう。
    女性ファッション誌に載ってる「この夏、意中の彼をノックアウトするワンピ」
    なんてのも、写真のモデルと同じ顔とスタイルの女が着るわけではない。
    たまに女性から「男性に質問です」と。
    「紹介された男性との初めて会うデートですが、スカートがいいですか?
    それともパンツルックがいいですか?」なんて質問もあったりする。
    そこへ「的確にお答えをしたくて逆に聞きますが、あなたはデブですか?
    脚は太いですか? 綺麗ですか?」とレスする男はいない。
    しかし本来、大真面目に考えて答えようとすれば、重要な条件でしょう。

    一方、冗談でなくて、こんなことも思ったりします。
    とにもかくにも相談者の願望をなるべく叶えてやるのがレスの一義的な
    目的でありスジであるなら、多くのケースでその状況や手段に恣意的な
    好みの入る余地はないだろう。
    相談内容にも何種類かのパターンがあるから一概には言えないにせよ、
    例えば相談者女性の「気になる男」が、いかにもスケベそうで軽いと。
    それを承知の上で相談者氏は「でも好きなんです。気を惹きたい」と。
    なら、極端に感じるだろうが一例として。
    彼をお茶にでも誘って超ミニで出かけて行き、豪華な応接ソファー式の
    椅子の喫茶店に入って腰を浅くふんぞり返って座り、さりげない様子で
    頻繁に脚を組み替え、太腿やパンツをチラチラ見せてやる。
    男が気もそぞろでボーッとなって欲情と興奮したのが冷めやらぬうちに
    畳み掛け、「ねぇ〜?」と次へ誘うなり、公園か広場のベンチでしなだれ
    かかって誘導したら、案外と簡単に望む言質を取れてしまえそうだ。
    一例だとは言ったが、決して世間にあり得ない突飛な絵空事ではない。
    こんなレスだって稀にはあってもよさそうに思うのだが、見たことない。

    相談者の質問内容を純粋に考察したら、「身も蓋もない」ように見える
    分析や所感が出る可能性はいくらでもあるんじゃない?
    厳しく評価された上で、
    「それでも何とかしたいんです!
    どんなアドバイスでもお願いしますっ!!」と食い下がって言うなら・・・
    上述のような苦肉の策だって考え得るわけだ。
    なにも、聞こえの良い、恋愛ドラマみたいに運べる「策」ばかりじゃない。
    ともあれ相談者は、行き詰って右も左もわからなくなってる、いわば弱者。
    自我や判断力の欠落してる弱者に対しては、「理想」「好み」を教え易い。
    「俺と同じように考えろー」「私のような恋愛の仕方ををしなさいー」って。

    あ、有志さんが「肉食/草食」って流行の言葉を出したけど・・・
    ライオンは、ウサギ一匹を襲うのにも、慎重に接近する段階から一気に
    攻撃するまで、全力を出し切ると言われてますよね。
    たぶんライオンは、「ウサギちゃん、おとなしく食べられてくれるかなぁ?」
    なんて甘い考え方はしてないんだろうね。(笑)
    「逃げられそうなら、傷つくから最初から草でも食べとこ(:_;)」などとも。

    長くなりましたが、思い出したことがあります。
    恋愛を語る記事や恋愛を指南する記事はネット上にとどまらず、雑誌の
    特集でも何でも、ほとんどが女性向けじゃない?
    「ルールズ」はじめ、無数の恋愛マニュアル的な単行本はまず女性向け。
    数年前(っても、そんな昔じゃない)、珍しく男が書いた単行本が出た。
    男の立場で見た女の実態、今風恋愛観の男なりの受け取り方や本音と、
    綺麗事の解釈を一切排した、女の攻略法の実例などが書かれた本だ。
    新聞に紹介が載ったので僕は立ち読みをしてみたが、実によくわかって
    らっしゃるなぁと頷きつつ、その言い得て妙な表現に何度か吹き出した。
    女性間ではベストセラーの「ルールズ」や、女性誌の恋愛記事の教えを
    真っ向から否定するような内容だった。
    ところが、著者や出版社へは世の女性から膨大な抗議が殺到。
    抗議というより、食ってかかる非難・中傷や罵り、カミソリが同封してある
    脅迫に近い内容の手紙も少なくなかったそうだ。
    初版は男には密かにそこそこウケて女性へもたくさん売れたわけだから
    続編も企画していたにも拘らず、著者も出版社も女性たちからの執拗な
    攻撃に恐れをなし、そのままポシャった。

    ネットでもこんな具合のようだね。
    かつて僕が偶然に見つけた、男による男感覚の、恋愛のせめぎ合いに
    おける女の実態などを管理人自身の経験から記していたHP。
    そこもとってもおもしろい内容だったんだけど、女性からの攻撃メールが
    そりゃもう激し過ぎて、管理人は閉口してHPをやめちゃったんだ。
    女性って、赤の他人の同性でもが自分の夢から外れた形の色恋沙汰を
    実践してるのを、認めたくない!許せない!という傾向があるのかね?


引用返信 削除キー/
■9447 / inTopicNo.13)  身も蓋も無いのはおやまあさんのレスではなく・・・
□投稿者/ もみじ -(2009/07/29(Wed) 00:46:12) [ID:fWE1zeNA]
    現実の方です(笑)

    > 聡明な子へは、なるべくおもしろいレスしたいなー。
    ツボ押しありがとうございます、さすがリップサービスがお上手で(笑)
    おやまあさん世代のモテる男性方は「損して得とる」余裕や計算があるのに対し
    マニュアルを使ってモテている男性は損得勘定で計算していると感じます、
    その貪欲さがモテに繋がるのでしょうけれどね。

    > ネットを中心とした広義の意味のメディアで、恋愛に
    > 関連する文章を読む人なら、やはりとても大勢いるんじゃない?
    そういえば、そうですね。
    婚活ブーム以降のmixiの恋愛コラム記事の多さには食傷気味です(笑)

    「今風手続き式」の出所をあれこれと考えてみたのですけれど
    女性はやはり各種メディアの影響がかなり強いと思います。
    女性誌ではメールの内容から好意を測る能力テストなんて記事が書かれていますし
    同性同士での情報交換や、情報共有も盛んですからね。

    それに対して男性誌の場合そこまではマニュアル化していない気がしますし
    女性ほどには恋愛は強い関心事ではないですからマニュアル化された女性が
    各地で勢力を持ってマニュアルを広めているのではないかと想像しています(笑)

    身も蓋もない話。(笑)
    火中の栗を拾うほどの覚悟で恋愛に望んだことはありませんが全面的に同意します。
    様々な角度からの考察、読んでいて楽しいです。
    おやあまあさんがそれこそカミソリを送られてしまうような
    「男の本音」まで有り体に表現して下さったらもっと面白いんでしょうね(笑)

    > では、それほどに悲壮な願いなら、もうちょっと真剣に考えてみよう、と。
    現実的な努力なしに一足飛びに結果だけを手に入れようとしているならば
    「真剣」ではなくてただのシンデレラ願望でしかないんですよね。
    相談者さんがこのままの考えではどうしようもないと思えば
    今回は叶わなくとも、せめて経験を積んで先のステップに進めば多少なり
    得るものはあるかもしれないという意味で「お決まり」のレスをすることはありますが
    大概はレスもせずにそのまま読み流しています。

    そんな中、かなり無理めの相談におやまあさんが親身に、
    1%の可能性にでも滑り込もうとするような現実的なレスを返しておられるのは
    身はなくとも蓋くらいはある、かなり優しいお返事だと思っています。
    割れた茶碗くらいは見つかるかもしれませんからね(笑)

    > 男が気もそぞろでボーッとなって欲情と興奮したのが冷めやらぬうちに
    > 畳み掛け、「ねぇ〜?」と次へ誘うなり、公園か広場のベンチでしなだれ
    > かかって誘導したら、案外と簡単に望む言質を取れてしまえそうだ。
    「本気で」手に入れたい男性でしたらまだ手を出してくれるだけ救いがありますよね。
    ですが、ここの相談者の方にそんなアドバイスをしようものなら逆ギレされるか
    からかいのレスだと思われてしまうでしょう。

    そういったレスを返す方を別のところで見たことはありますが
    何もお返事がないまま去ってしまう方が多かったですね。
    食い下がってお返事するような方でしたら掲示板には十中八九来ないでしょうから。

    > 誰も表面化させない「身も蓋もない」現実ってのは、確実にあるんです。
    これ以下の部分、読んでいてスカッとしました。(笑)

    > あ、有志さんが「肉食/草食」って流行の言葉を出したけど・・・
    これで思い出しましたが、草食系男子という言葉の産みの親の
    深澤真紀さんのコラム、お読みになったことはありますか?
    日経ビジネスオンラインに掲載されているものです。
    今一般に言われている草食男子とは違う定義、視点で書かれていますのでもし未読でしたらば、ぜひ。

    > 恋愛を語る記事や恋愛を指南する記事はネット上にとどまらず、雑誌の
    > 特集でも何でも、ほとんどが女性向けじゃない?
    そうですね。男性向けだと何故だか怪しい有料商材が多いですね(笑)

    > 数年前(っても、そんな昔じゃない)、珍しく男が書いた単行本が出た。
    > 男の立場で見た女の実態、今風恋愛観の男なりの受け取り方や本音と、
    > 綺麗事の解釈を一切排した、女の攻略法の実例などが書かれた本だ。
    よろしければ書名か著者名、教えていただけませんか?興味があります。

    > 女性って、赤の他人の同性でもが自分の夢から外れた形の色恋沙汰を
    > 実践してるのを、認めたくない!許せない!という傾向があるのかね?
    その2件、男性の本音が余りに理想とかけ離れて認めがたかったから、ですとか
    モロに自分への批判に見えてしまったり、図星を突かれて感情的に暴走してしまった女性の行動・・・ではなく、
    彼らの恋愛の相手の女性への批判だったのでしょうか?

    だとすれば行き過ぎた現実逃避にしか見えませんが恋愛に限らず「こうあるべきだ」が強すぎる方、
    ルールに縛られた方が安心する方はその裏に「こう」の真逆でありたい強い願望が隠されていたりもしますので
    もしかしたらそれができる女性への嫉妬が爆発してしまったのかもしれませんね。
引用返信 削除キー/
■9448 / inTopicNo.14)  Re[1]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ モモ太 -(2009/07/29(Wed) 08:16:55) [ID:4ZNbgq4E]
    私にとっての「告白」ってのは、「言質」ですかねえ。
    例えば、かなり場数を踏んだ、恋愛上手の人だったら、
    何もなくても付き合っているという雰囲気を察し、付き合っているのだと
    思えるのかもしれない。
    でも言質を取っていない以上、「え、付き合っていないよ」と言うだけで
    全部崩れると思うんですよね。
    なら、言質を取っておいたほうが「まだマシ」みたいな。
    付き合っている、というのは、お互いがそう認識している場合だと
    思うので、一番簡単なのが告白、なんですよね。
    それを通さずにお互いが認識している、ということをお互いが
    確実に知ることができるのなら別ですよ。
    でも実際問題、相手の気持ちなんてのは、相手の口から聞かないことには
    わからないことのほうが多い。
    つまり「お互いの意思確認」的なものがあるのではと思います。

    現状での問題、点になっているというのはつまり、
    告白という「儀式」だけが一人歩きしているということではないですか?
    告白という作業自体は、悪いとは思いません。
    むしろ、いいのではと思うんですよね。
    お互いの意思をはっきり確認できるという意味で。
    ですが、そこにいたるまでの過程、が問題なのではと。
    ようは「女を口説く」という過程を経ずに、告白をするということが
    その代わりみたいになってしまっているということでは?

    >告白の儀式を執り行うに際し、もっと仲良くなってからがいいとか、
    >あと何回かデートを重ね、彼女の様子を観察してからがいいとか。
    >ちょっと聞くとごもっともなんだが、言い換えると、
    >「彼女がOKしてくれそうだったら告白しろ」というのが事実上の意味。
    >反対に、「まだとうていOKしてくれそうもなかったら、早まるな」と。
    >「告白すべき?」の話では、常に上記の観点で論議が進む。

    これは、私は違う印象を持ってます。
    OKしてくれそうだったら告白しろ、ということではなく、
    仲良くなるという過程、様子を観察する過程、それもまた
    「女を口説く」際に必要、ということなのでは?
    たしかに、そういったことは必要だなと思うんですよね。
    自分をよく知らない状態で口説いてくる男、というのは
    やはり警戒心を持つ。その警戒心を説かせ、かつ自分をよく知らない
    状態で、ということも、そのうちまぁいいやくらいになってくる、
    それだけの口説きができる男、というのは現状ではそうそういないのではと。
    それはかなりの高等技術になってくると思うんですよね。
    自分をよく知らない状態で口説いてくる男、という点に関しては
    周りから聞いているだけでも、ジャッジが厳しい印象があります。
    女性は「一番」が好きな人が多い。まあ、誰でもそうかもしれませんが(笑)
    でも、根拠がない「一番」では納得しない。
    その根拠となるものが、「自分をどれだけ知った上でのことなのか」
    ということなのではと。

    女性を懐柔し、自分に目を向けるという際に、
    何度かデートを重ねるだとか、もっと仲良くなるだとか、
    そういうものも含まれてる、と。
    私はそう感じてます。
    ですから、気づかれてナンボ、なんですよね。本来は。

    その「何度かデートを重ねる」だとか「もっと仲良くなる」という
    作業をしている中で、相手を懐柔するって必要があるわけですが、
    デートはデートで普通に遊び、
    もっと仲良くなる、と言えば素直に「仲良くなるだけ」。

    でも、マニュアル思考だというのはわかる気がしますね。
    昨今の若者は、失敗することが怖いそうですね。いわゆる「安全志向」。
    マニュアルに沿ってても失敗する時はするのですが、
    できる限り失敗を避けたい、そんな時にマニュアルを取り出す。
    何ですかそのドラえもん道具的な何か(笑)

    うーん、でも、それはそれで、自分で考えず、マニュアルに沿った結果、
    失敗したのだとしても、自業自得かなと思いますね。
    そういう人は、もしかしたらの可能性というのを引き寄せることができない。
    それもまた、その人の人生かなと。

    >告白もしてないのに、付き合ってもいないのにキスするような男はアーだ
    >コーだと・・・掲示板では大勢が言うオキマリの見解だが、考えればそれって、
    >いったい誰が研究し、誰が数万人から聴き取り調査をし、誰が立証できる
    >説なんだろうか。
    >相談投稿に登場する男が、コーしたらこんな男で、アー発言したらこういう
    >男のはずだと、どの程度の確信を持てるのだろうか。
    >経験則からだろうか。
    >しかし顔も見たこともなく声音を聞いたこともない男の、数行で説明される
    >男の言動から、どれだけ確かな悪意か善意を嗅ぎ取れるだろうか。

    うん、多分、それでもいいのだと思うんですよね。
    確証が持てる答えを求めているようで、実は求めてないんじゃ?と思うことがあります。
    確証「みたいに見える」答えで、自分の考えの方向性を決めることが
    できれば、それが間違っていようと何だろうと、とりあえずは安心するのでしょう。
    相談者が書いた言動や行動から、正しい答えを推測して欲しいとは言いつつも、
    実際のところ、安心できる材料を求めているのではないかなと思います。
    「わからないことへの不安」を払拭するための「安心できる材料」。
    つまり、それが当たっていようといまいと(当たっていればラッキーだけど)、
    わからないことだったものが、わかったような感じになってくる、
    そういうものを求めているのかなと思うんですよね。

    その安心できる材料とか。
    わからないことへの不安だとか。
    その確証や方向性、不安の払拭の仕方を自分の中から出せないということが問題なのかなとも思いますね。

    ただ…他の文章を見てみる限りではどうも、
    回答者がしているレスに対しての不満?鬱憤?
    そういったものがあるのではないかと思いました。
    ただ、それぞれの恋愛価値観や、それぞれの経験、その人の性格というのもありますので、
    難しいところだと思います。
    これが、直接知っている相手で、相手の性格、行動、考え方の傾向がある
    程度つかめるというのであれば、また違ったレスになってくるのではと思いますが、
    そもそも、投稿という部分で、限界があるのではないですかね。

    >相談者の男や女の頭は切れるのかパッパラパーか、精神的にオトナか
    >幼稚か、話術には長けているのか口ベタなのか、話題は豊富か貧弱か、
    >手紙を渡す気ならちゃんとした漢字を書けるのか、果ては声は大きいか
    >小さいか、デブかヤセか長身かおチビちゃんか、なんてところまで・・・

    まさにこんなように…
    これらの情報があるのであれば、また違ってくるのではとは思いますが、
    でも実際問題、文章だけでは何とも。
    そこに限界があるのではないでしょうか。

    恋愛事情、みたいなものって時代ごとに違うと思うんですよね。
    根本は変わらないかもしれませんが、その上にあるもの、というのは
    時代によって違う。
    電話がなかった時代と、電話がある時代。
    電話があって携帯もありメールもあり…と、相手と接するための
    通信手段自体が、昔とは違うわけです。
    となると、相手との接点を持つ上で、方法が変わってくる。
    その上での「恋愛事情」だと思うんですよね。

    で、それぞれの時代において、過ごしてきた人間によって、
    その辺りの感覚というのは違うわけです。
    携帯なんてものはなかった時代の人間としては、
    現状の、まずメアド聞きましただの、その上でのメールでやりとり、というのは
    「えー?!」という感じですが、現在の人たちにとっては「あり得る」。
    実際に、自分自身もまた、そういったやりとりの上で恋愛をした
    経験があっても、根本の認識というか、そういうものが違うんですよね。

    結果的には「男が女を口説く行為が、「点」になっちゃってる」わけで、
    それが「現代の恋愛」なのではと思ったりしますね。
    であれば、その回答も自然と、それにそぐったものになってくるのも
    不思議ではないかなと。
引用返信 削除キー/
■9449 / inTopicNo.15)  Re[2]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ おっぱい -(2009/07/29(Wed) 11:07:04) [ID:s2Dhe2HE]
    おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい
引用返信 削除キー/
■9457 / inTopicNo.16)  Re[1]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ こりん -(2009/07/30(Thu) 00:49:34) [ID:hjVZCnMl]
    久しぶりにこちらに来ましたらおやまあさんがトピ立てられていて、
    常連さんも多くお見えなので楽しく拝見させてもらいました。
    面白いテーマなので参加させてください^^

    私も、こちらの相談版を読んでいて、最近の傾向なのか
    告白する男女の心意気の弱さに関しては多少物足りなさを
    感じている一人です。
    よくある「相手に嫌われないように」「自然に・・」
    「関係が壊れないように・・」という文句。
    シチュエーションや言葉に拘り、相手の返答に一喜一憂。

    私の場合、イエス・ノーはハッキリ言うタイプですが
    そんな中でも保留する場合もあります。
    それは、さして注目をしていなかった人から
    言われた場合。

    その際は、ピエロさんのレスにありましたように、
    「気持ちは嬉しいですが、私のことを良く知らないと思う
    ので本当にどこまでそう思われてるか疑問です」風な
    オーラを出して言葉を濁し、お返事を保留します。
    そしてその告白の真意というものを良く探っていこうとします。

    保留にする場合、私の経験上では

    (1)相手のことを良く知らない
    (2)自分を本当に好いてくれているのかわからない

    という場合がほとんどで。

    でも、その先、お付き合いする場合も、実はありました。

    この(自分の)心変わりは、自然に発生するものではなくて、
    やはり相手からの継続的な真摯な思いを受けてのことです。
    だから、その先の相手からの継続的なアプローチが・・・実は
    とても重要だったりすると思うのですよね。
    ただ単に強引にするという意味ではなくて、なんと言うか
    上述の二つの疑問点を明らかにしてもらえるようなアプローチ
    を積極的にしてもらうと、ある日突然相手のことがクリアに
    見えてくることがあるという意味で。

    つまり、告白されて保留をした相手からその後しばらく何の連絡も
    ないと、そのうち忘れてしまいます。相手のことを知るキッカケも
    ないしそれ以上印象を強くすることもない。
    だから、そういう意味では時間を置くことが有効な方法とはあまり
    思えないのです。突然相手のこと好きになる、なんてことは(少なく
    とも私には)あり得ないので・・・。

    私は、「告白」というのは日々の好意的なアプローチの真意
    を言葉で解りやすく知らせるもの、だと思っています。
    要は、日々の(相手に対する)行動を動機付ける「自分の気持ち」
    を打ち明ける行為。

    最近の男女は、非常に、コミュニケーションがぎこちないと
    思うことがあります。
    うーん、上手く言えませんけれど、身体から染み出してくる
    好意そのものを上手く隠してあくまで自然に振舞い、
    そして突然「好きです」とカミングアウトする。
    それは相手もビックリするでしょうよ。。。と苦笑してしまいます

    相手に対する好意を隠して自然にカッコ悪くならないように、
    スマートに振舞う一方と、その行動の真意を(相手に尋ねることも
    せずに)これは自分をもしかして好きなのか?と推し量ろうとする
    他方。そういう両者が多いなぁと。

    こちらでそういう相談を目にした時、また良く言われるところの
    「相手にぶつかってみないと解らないよ」とか「ここで考えあぐねて
    いるより相手に聞いてみたら?」なんていう回答者さんの回答に
    心の底から頷いているのです。

    自分も歳とったのでしょうね それが出来りゃ苦労しないよ、
    っていうのが若い人の恋愛なのかもしれませんが 笑

    ・・・そんな感じです。

    蛇足ですが、どうして相談者の皆さんの最近の傾向として、
    恋愛のステージのそこかしこで「これって脈ありでしょうか?」
    「遊ばれてる?」と考えあぐね、自分が何かをするに当たっても
    「引かれるかも?」「やりすぎでしょうか?」と思うのでしょう。
    本当に方向性を見失っているなぁと思います。
    人に聞くことは良いにせよ、自分で考えることが出来なくなって
    いるというか、混乱しているというか。。

    自分なりに考えてみました。

    多分、人の価値観が昔と異なり多様化しすぎた結果なのでは
    ないでしょうか。
    日本人って多様化をそのまま受け入れない国民ですから、
    なんとしてでも人間の生態やその行動を「カテゴライズ」しよう
    としてきたように思います。老若男女問わず人をグループ化して、
    彼らの生態を定義づける。団塊世代、オバタリアン、団塊ジュニア、
    勝ち組負け組、ヒルズ族、オタク、ヒッキー、腐女子、最近では
    草食男子、肉食女子など等。。
    「彼らの行動パターンは、これです、あれです」とそれはもう
    事細かに皆が分析してくれています。

    女性向けファッション雑誌も、最近知ったのですが、
    あれって世代別になっていて、ブランドも当然のように世代別に
    なっていて、それ以外を選ぶと「ちょっとズレてる者扱い」を
    受けてしまう。

    また、昔、学生時代に、実はあるクラスメイトの男子に執拗に追いか
    けられていたことがありました。周りの男子に助けを求めて
    事なきを得たのですが、あれも、今だったら、ただちに「ストーカー」
    というレッテルでしょう。ストーカーという言葉を知らない私は
    必要以上に怖がることも無かったですが、今や、ストーカー被害の
    極論(残忍な事件とか)が一人歩きしますから、少しでもそういう傾向
    の人が目の前に現れると、とたんに「恐怖」となります。

    何が言いたいのかと申しますと、現代は、人をグループ化し、
    彼らの言動一つ一つに定義がされていて、傾向と対策があるんです。
    この行為はこういう意味だとか、こういう人は浮気性とか、
    こういう言葉は依存症だとかetc。。

    人それぞれオリジナルなはずなのに、素直な相手の真意を知る前に
    先入観が入ってしまう。それが相手を知る妨げになるように思います。

    しかも、今は簡単な連絡ツールで交流できてしまう時代です。
    相手に会って目を見て話すことから感じられる、相手から醸し出される
    空気、みたいなものを察することがしずらくなっています。

    言葉も簡略化されて自分の思いを自由自在に操れる人が少なくなって
    いる昨今、文字情報のやり取りだけで相手を知るなんて、ハッキリ
    いって不可能に近いのではないでしょうか。

    そんなわけで・・・最近は、昔よりも、生活自体が楽になり便利に
    なった反面、実際の生身の人間同士の付き合いの喜怒哀楽、
    相手を掛け目なしに理解すること、自分を知ること、相手と
    真のコミュニケーションを取ること、が非常に難しくなっている
    のかもしれませんね。。。


    長々と持論をぶちかましてしまいましたが・・・笑
    そういうことをつらつらと考えております次第です。






引用返信 削除キー/
■9460 / inTopicNo.17)  Re[2]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ もみじ -(2009/07/30(Thu) 02:43:04) [ID:fWE1zeNA]
    こりんさん、お久しぶりです。
    前のトピックでは丁寧なお返事を有難う御座いました。^^
    こりんさんのレスに対して思ったことを、少し横レスを入れさせていただきます。

    > 蛇足ですが、どうして相談者の皆さんの最近の傾向として、
    > 恋愛のステージのそこかしこで「これって脈ありでしょうか?」
    > 「遊ばれてる?」と考えあぐね、自分が何かをするに当たっても
    > 「引かれるかも?」「やりすぎでしょうか?」と思うのでしょう。
    脈のありなしなんかを過剰に気にするのは失敗を過剰に恐れる傾向から来ていると思いますが
    前提には失敗をすると引かれる、ということもあると思います。
    最近は余り聞きませんが「痛い」という言葉が一時期よく使われていましたよね。
    それに代わるのが「引く」かなと思っているのですが、どちらの言葉も
    些細な言動や行動にも冗談半分によく使われているものです。
    性格の一部分なんかを指しても使われますよね。
    そういう言葉が流行ってよく使われるようになったということは根底には誰かに「引く」ような意識が
    元からすごくあって、それとマッチしたというような気もします。
    「引く」対象を共有することで結束を高めている一方で「引かれない」範囲内の行動で
    済ませることに皆さん、必死になっているのではないでしょうか。

    「無理」とか「あり得ない」なんて言葉も流行りましたよね。
    簡単に他人を否定できる言葉は沢山あるのですけれど他人を肯定する言葉はない気がします。
    「引く」に対応するような肯定の言葉は見当たりません。せいぜい「あると思います」くらいでしょうか?(笑)

    遊ばれていないか?を気にするのは相手の気持ちが見えないこと、
    判断能力や自分の魅力への自信のなさからと思います。
    判断能力はコミュニケーション能力と言い換えることができると思いますが
    魅力への自信のなさというのも「否定文化」から来ている部分も結構あるような気もしますね。

    > 多分、人の価値観が昔と異なり多様化しすぎた結果なのでは
    > ないでしょうか。
    なるほど、そうかもしれませんね。
    余りに多様化してきたせいで価値観の取捨選択が難しくなってしまった、
    できなくなってしまったのかもしれませんね。

    > 日本人って多様化をそのまま受け入れない国民ですから、
    > なんとしてでも人間の生態やその行動を「カテゴライズ」しよう
    > としてきたように思います。
    「自分探し」に関して講義で取り上げられたことがありまして、学生も結構当てられるような講義だったのですが
    私が感じましたことは自分探しは実は成功例のモデルがあるのではないかということです。
    自分を探しているのではなくて、実は自分探しの成功例と思しきモデル探しをしていて
    モデルが見つかっても自分には向いていないと分かれば別のモデルを探しにいく。
    他人だけでなく自らもすごく型に嵌りたがっているような印象でした。
    (自分探しの何たるかは正直なところよく分かりませんでしたので何ともいえないのですが)。

    他人だけではなく自分もカテゴライズしてしまっているとすれば・・・
    もはや人間同士のコミュニケーションではないですね(笑)
引用返信 削除キー/
■9461 / inTopicNo.18)  なかなか同感です。
□投稿者/ おやまあ -(2009/07/30(Thu) 10:40:00) [ID:UNR7X09L]
    こりんさん、こんにちはです。

    > 私は、「告白」というのは日々の好意的なアプローチの真意
    > を言葉で解りやすく知らせるもの、だと思っています。

    でしょ!?(笑)
    「日々の好意的アプローチ」って部分が大事だと思うんだ。

    で、「告白」ってのは、「儀式」としてあっても良いとは僕は思ってる。
    僕が日頃から苦言を呈しているのは、ある日突然の唐突な儀式に
    過大な権威を与え盲信し、その儀式へ全てを賭ける発想や姿勢が
    おかしいんじゃないかと感じてるからです。
    更には「いよいよ、こっ、こくはくするぞぉーっ!!」といった蛮勇を
    奮うような姿勢をエラいと誉めてあげたいところだが、何といおうか、
    一発勝負のインパクトで女心を揺すろうとしているような面もあって、
    ある意味でズルいし安直だとも思えちゃうな。

    とはいえ、本人は告白に臨む際は悲壮に武者震いしてるんだろう。
    うがって考えると、そのドキドキ感に本人は案外と自己陶酔してる
    ようにも思う。
    告白という儀式がいつのまにか権威を持ち過ぎ、美化され過ぎて、
    この慣習に乗せられちゃってる自分達が悪循環のドツボへ陥って
    いるとでもいうか、説明が難しいんだが、そんな印象もあるね。

    なんたって「好意を悟られないように」と、皆が最も留意する。
    「好意を悟られないようにデートに誘う」という、ずいぶん矛盾してる
    姿勢を旨とする人達が多い。
    そうして3回デートしたら「告白」だと。

    女は「まさかそんな風に想われていたとは全くわからなかったので
    ビックリしました。
    あなたを友達以上に思ったことがなかったので、考えさせて下さい」
    と反応したりする。

    こんなではさ?
    それまでに苦労して誘うキッカケ探しをしたり、勇気を出して誘って
    デートを実現させてた経緯は、いったい何だったのよ!?と思う。
    つまり、告白の直前まで一緒に食事しようがデートしようが、仲良く
    過ごしてようが、結局のところ告白の一発勝負だけで欲求をぶつけ、
    相手を動転させて(笑)落とそうってことみたい。

    「私のことをどこまで知ってて、そう言ってるの?」と、蛮勇を奮って
    告白した側にすればいささかシラケてしまうようなことを言われても、
    返す言葉がなくなってしまう。

    どうして、そういう反応もあり得ることへ思い至れないのかといえば、
    上述したように「告白」の権威を盲信し過ぎてるからでないでしょうか。
    「告白」さえしたら、白黒の結果はともかくも、少なくとも相手はいたく
    感動してくれるだろうという、思い込みと錯覚があるんじゃないか?

    とにもかくにも告白するまで「好意を悟られたくないという考え方と
    「さりげなさ」を演じる必死さは、言い換えると一切の「伏線」は与え
    たくないということでしょう。
    これってよくよく考えてみると、神代の昔からの色恋のアプローチの、
    根幹を否定することじゃない?(笑)

    僕自身は日頃から標榜してるように、どちらかといえばストレートで
    直球勝負です。
    押せ押せ派である以前の、基本的姿勢がストレートなんです。
    それと・・・えーっと、僕は意外にシャイなんですよ。(笑)
    たとえば、僕の席の周りに10人のOLがいるとする。
    どの子ともそこそこ親しくしているが、中の1人だけが目当ての子だ。
    10人中から特定の1人だけを食事に誘うとなれば、いくらなんでも
    「さりげなく」「自然に」はできるわけがないと感じるんです、僕はね。
    大の男がわざわざ1人の女を食事に誘う。
    しかもその女は、常に側にいるB子やC子やD子ではなく、A子だ。
    なぜ、10人も女がいるうちのA子なんだよ!?
    僕の感性では、そういう特別な行為や言動を、もっともらしい口実で
    「さりげなく」やろうなんて、とてもじゃないがこっぱずかしくて無理。(笑)

    「オレはお前、A子と食事したいんだ。
    なぜって、お前を好きだからに決まってんだろ!」
    という暗黙の意思表示で臨む方が、僕としてはずっと気楽なんです。
    僕はクサい「さりげなさ」など演じられないタチです、シャイだから。(笑)

    相手の子がよほど僕を嫌いだとかタイプを外れてるならいざしらず、
    好意で誘ってくれるんだから、こちらも好意で応じてみようかなと。
    オトナ同士にこそ、こういう暗黙の了解ってのがあるでしょう。
    この時点での好意とは、別に結婚を前提に付き合いましょうなんて
    大袈裟なものでなく、せいぜいお互いに憎からず思っているという
    程度に解してもらえれば良い。
    または、「この人と話すと楽しい」くらいに思ってもらえるのでも良い。

    そうこうして何回かデートもどきを続けるうちには、相手への好意の
    種類を微妙に使い分けて示唆することはできる。
    要は、気晴らしなのか、友情なのか、「ラブ」に類するものか、ってね。
    もしも「ラブ」を気取られた途端にてきめんに逃げられるようであれば、
    そもそも残念ながら根本的に脈は無いに等しい関係で、どっちみち
    どんな「告白」をしたって成就は無いでしょう。


    > 好意そのものを上手く隠してあくまで自然に振舞い、
    > そして突然「好きです」とカミングアウトする。
    > それは相手もビックリするでしょうよ。。。と苦笑してしまいます

    僕が誰かを口説こうとする時の頭の中には、常に、
    「好きだからこそ、10人の女の中からお前だけを誘うんだろ」
    「お前を知りたいからこそ、デートを続けたがってるんだろ」
    「何回か会ううち、やっぱり好きだと思ったから、こんなことやあんな
    ことを言ったりやったりしてるんだろ」
    といった構えがあって、これらについては
    「こんなこと決まりきっている。それ以上でも以下でもない」
    という断固とした意思があるし、必要なら隠さない方針だ。

    その上で「アンタが僕を好きじゃないと感じるなら自由だし、それは
    仕方のないことだ」という覚悟も持ってはいる。
    でも女が猜疑心や疑問を抱いた時は、僕の気持ちと考えを十分に
    説明して納得させられるだけの自信も持てる。
    つまり我ながら最初から特にウソもつかなきゃ演技もしてないから、
    女からどんなツッコミを入れられても、僕なりには答えられるという
    限りにおいては、まったく「怖い」ということが無いんですね。
    まあ言ってみれば、僕は整合の取れない言動ってのがいちばんに
    恥ずかしいと感じる性格なんです。
    「好きと言われても、私のことをよく知らないくせに」などと返されて、
    シドロモドロのまま一矢も報いられないなんて、イヤだよ。(笑)
    始めから堂々と「俺は君を好きだ。だからよく知りたいんだ」という
    姿勢を示唆してさえいれば、後々何を突っ込まれても、辻褄の合う
    答だけはできますからね。

    今日も行為は示唆したが、暗黙の了解で一日が無事に楽しく過ぎた。
    次の回はもっと好意を示唆したが、暗黙の了解でデート予定を消化。
    そして頃合いは良しと、暗黙の呼吸で、まさに形式的な「告白」を。
    「あのさ、うっすらわかってるだろうけども、俺、君を大好きでさ。
    この調子でずっと付き合ってかない?」
    なんて風でも「告白」じゃない?
    なにも、アッと驚くためごろう〜(古っ!)みたいなのだけが告白では
    ないと思うんだけどな。


    > 日本人って多様化をそのまま受け入れない国民ですから、
    > なんとしてでも人間の生態やその行動を「カテゴライズ」しよう

    括って定義するのが好きだよね、日本人。
    真剣な恋愛対策にさえ大真面目に血液型やら星座やらが出て
    来るからさぁ。
    括り方にも、言い得て妙な傑作ネーミングは確かにある。
    あるけども、問題はそれが固定化し、一種のミーハー的流行の
    観念にまでなってしまい、独り歩きすること。
    何かが流行りの時、括りから外れると異端とみなされ易いこと。
    異端とみなされることを若い人は極端に恐れたり嫌う。
    ゆえに、大多数が全く同一の慣習と振る舞いに呪縛される。
    やはり悪循環だ・・・。


    > 事なきを得たのですが、あれも、今だったら、ただちに「ストーカー」
    > というレッテルでしょう。

    投稿にもレスにも頻繁に出てきますね。
    確かに悪質なストーカー犯罪はあるし、怖い。
    決して油断しないに越したことはないが、実際は昔から性犯罪や
    色恋の絡んだ刑事事件ならたくさんあった。
    今調べてはいないけど、記憶によるとたしか、凶悪な刑事事件は
    昭和30年代頃から減ってるんじゃなかったかな??
    ネットがらみで若者が被害に遭う事件が顕著に増加してるために
    ストーカー云々の法律も成立したけれど、その手の事件の大半は、
    被害者が当初から慎重で節度をもって自重してれば、防げたはず
    なんですね。

    中高校生の子が携帯の出会い系伝言板へ「今日これから渋谷で
    会える人いますか?」と載せ、2,3通のメールで話のついた赤の
    他人の男と数時間後にはホテルへ行き、そこで話がこじれて男に
    暴力をふるわれたなんて事例なら日常茶飯事のようですよ。
    若い子たち自らが、ストーカーを生みやすい接触や、ストーカーに
    つきまとわれやすい境遇を作り出している面も多々あるかと。
    便利なツールを手にし、安易な快楽追求(広い意味での色恋沙汰)
    をできる代わり、リスクマネージメントへの意識が軽すぎると思う。

    多くの若者は「出会い系」の男をいささか偏見で見る傾向はある。
    逆にMIXIなんかだと、ほのぼとした好青年が集う場所のイメージ。
    でも現実にはMIXIでもネトゲでも同じことです。
    本来、注意すべき点を注意し自制すべき点は自制し、そう簡単に
    男へ舞い上がらないことが肝心なのであり、事件に巻き込まれる
    タイプの子はどんな場所へ顔を突っ込んでもリスクだらけだ。
    アレは危険、コレは健全、みたいなイメージも「括り」の一種では?

    「しつこい男」という日本語表現なら大昔から普通にあるでしょう。
    今で言われるところの法律で定義されたストーカーは犯罪者です。
    「しつこい男」と「病的な犯罪者」では、違い過ぎますよね。
    こりんさんも言う如く、ストーカーという言葉が独り歩きする以前は、
    粘って言い寄る男に対し、「ったく、しつこい男ね」と憤慨する女は
    大勢いたでしょうが、「彼はストーカーです」なんて言い切ることは
    あり得なかったでしょう。
    掲示板では「それはストーカーです」とレスされることもありますね。
    ストーカーは偏執的な犯罪者だよ?
    たとえ一表現にせよ、粘って言い寄る男をでもストーカー呼ばわり
    する以上は、その線引きなり定義なりは何だ?

    当然ストーカー犯罪には悲惨な例もあるが、その深刻さはさておき、
    やたらにストーカーという言葉が乱発される面についてだけ言えば、
    なんだか僕にはこれも流行りだと感じられるのね。
    流行りの括り、言い回しや流れを、果ては法律用語までを乱発する。
    誤解を恐れず言わせてもらえば「ハシャギ」だよ。「軽さ」だね。
    ストーカーだストーカーだ!と騒ぐ子がいたとして、その子は改めて
    法律の条文を読んで勉強したことあるのだろうか。
    ネットと出会い系は危険だと言う子は、飲み会で終電がなくなったと
    言って、簡単に「男の子の部屋に泊めてもらいました」ってなことして
    いないだろうか。
    掲示板上では、「軽い」ことをしたり「軽く」ハシャいでる子、多いです。
    自らを省みず、事の本質を見極めず、聞きかじりの綺麗事の観念を
    崇拝している子も少なくないと思います。
    マニュアル信奉に通ずる「何か」を感じる、今風のアレやコレやです。


引用返信 削除キー/
■9463 / inTopicNo.19)  自分探し
□投稿者/ おやまあ -(2009/07/30(Thu) 15:29:22) [ID:UNR7X09L]
    > 簡単に他人を否定できる言葉は沢山あるのですけれど他人を肯定する言葉はない気がします。

    いやはや。(笑)
    しかしそれら、確かにみんな「イジメ用語」でもあるな。(ーー;)


    > 「自分探し」に関して講義で取り上げられたことがありまして

    これは一時期、いろんな心理学者やら社会学者やら作家やらが
    いろんなこと言ってて、新聞や雑誌でも何度か読んだものだなぁ。
    僕思うに、モラトリアムじゃないですかね。
    若い時ほど何かにつけ試行錯誤で悩むもんだし、また悩むのは
    良いことだとも思うけど、この言葉が一つの流行になった時には、
    むしろカッコいいフレーズとして猫もしゃくしも口にした。
    特にこの手の誌的(?)な流行語に敏感なのは女性の方が多く、
    30才近くの女性でも30代になってる女性でもがだ。

    要は現状に不満、あるいは現状に不安を感じる人、自信の無い
    人たちが、新たな自我や新たな生活にたどり着けるか模索する。
    でも、そういった不満要素や不安要素、自信の無さって、結局は
    思考力や発想力を高めたり仕事で頑張ってみたりと、とりあえず
    身近の基礎的な努力からチャレンジしないと脱せない気がする。
    まあ他にも転職に挑むなど、試行錯誤の手段は様々にあるとは
    思うけど・・・

    まったく先入観なしで「自分探し」などと聞くと、ずいぶん哲学的な
    意味合いかなと思えて、たぶん己の思索を深めて極めることか?
    なんて風にも想像してしまうけど、元々がしょせん流行語であって、
    単に現状への不満を「自分探し中」なんて言い換えてしまったりと、
    けっこういいかげんに浅薄に使われてたようにも思い出す。
    多くの人が、自分はベターライフを得られるはずだと漠然と望んで
    いる時などに、「自分探し」と言ってなかっただろうか。

    本来、モラトリアムとはオトナになる過程で周囲が認める猶予の
    期間の意味もあるはずだが、ある程度の年に達した人が今だに
    「自分探し中です」なんて公言してたら、実はちょっと恥ずかしい。
    曖昧さの全て、落ち着きの無さをも、「自分探し中」という宣言で
    許してもらえるかのような便利な言い訳にも使えるわけで・・・
    常に不満や不安に捕われ、生きる目的意識や使命感、生き方を
    しっかり語れない状態の人なわけだから、魅力は薄いですよね。


引用返信 削除キー/
■9464 / inTopicNo.20)  Re[3]: 「告白」って、どんな風にするの?
□投稿者/ こりん -(2009/07/30(Thu) 21:41:36) [ID:hjVZCnMl]
    もみじさんこんばんは。
    いえいえこちらこそ、もみじさんのトピに私事を色々と・・・
    失礼しました。その後落ち着かれましたか?
    横レスへのレスなので、ちょっと控えめに、短めに・・
    お返事しますね (笑) ←おやまあさんすみません

    > 魅力への自信のなさというのも「否定文化」から来ている部分も
    > 結構あるような気もしますね。

    そうですねぇ。。自信がないというか、他人と違う行いをして
    ダメだしされるのを極度に恐れているように感じますね。
    誰がジャッジするんだろうかと思うことがありますけどね。
    法やモラルに反するのは別論、何をもって「ダメ」とするのか
    一体誰が決めたのかな、って不思議に思います。

    数年日本を離れたことがありましたけれど、戻ってきて
    元の友人知人と話した時に、「変わったね」と言われて
    驚いたことがありました。友人だったから控えめな表現だった
    けど、実のところは言外で「ダメだし」されたんだろうと
    思います(苦笑)友人の抱く私のイメージから少しでも
    外れると、それはもう彼(彼女)らにとっては理解不能な
    世界だったようです 笑
    人間誰しも否定されるのは嫌なので、そのうち意見を言わなく
    なりましたが、心の底では悶々としてしまいましたね 笑

    > 他人だけでなく自らもすごく型に嵌りたがっているような印象でした。

    自分を型にハメる方が楽ですもんね。
    そのうちね、自分をなんらかの型に入れて、その型の人間の
    考え方を取り入れて、ますますパターナリスティックな人になって
    いくんですね、怖いことに。 笑

    > 他人だけではなく自分もカテゴライズしてしまっているとすれば・・・
    > もはや人間同士のコミュニケーションではないですね(笑)

    そうそう。もうパズルみたいですね。
    自分をもカテゴライズしてしまうと、自分が違う考えを持った時点で
    すぐに行き詰る。本来自由であるはずの行動を自ら制約してしまうのは
    非常にもったいないですね。
    人の考えをコントロールすることは難しいので、まずは自分から、
    自分を型にハメずに自由な思考で、何を言われても気にしない、
    そういう心意気が欲しいところです。

    それは自分に対する戒めの言葉でもあります。


引用返信 削除キー/

次の20件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 >>

[このトピックに返信]
Pass/

恋愛相談室 TOPへ HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -